2007年 04月 16日 ( 3 )

リー・フリードランダー

リー・フリードランダー レトロスペクティヴ@Rat Hole Gallery・表参道
c0016177_20033100.jpg

 森山大道展以来のRat Hole Gallery。都内のギャラリーとしては十分広いのだけど、フリードランダーの作品を回顧展として紹介するには、いささかスペースが足らない。なので彼の各作品をかいつまんだ形での展となるが、それでも日本でこれだけ彼のオリジナルプリントが見られるということは大変うれしく、ちょっと小躍りしたくなるほど。道行く人がギャラリーに吸い込まれずにmiumiuの方に歩いてゆくのを見て、もったいなあと思ってしまう。 展そのものは大変面白いものであったが、やはりもっと見たいと思ってしまう。ぜひ2005年のMOMAでのレトロスペクティブに巡回してもらいたい。
rathole gallery

石塚元太良展「はじまりへの導線 -Trans Alaska Pipeline-」@スパイラル・表参道
c0016177_20172533.jpg

 アラスカのパイプラインの写真。展示の方法がとても面白い。面白いけど好きではないなあ(方法が)。行動力が凄くてうらやましい。僕なんかちょっとでかけると、すぐそわそわして東京に帰りたくなってしまう。 しかし77年生組は勢いのいい写真家が多いなあ。
スパイラル

銀座ニコンサロンニコンサロン特別展ハナブサ・リュウ展[美の王国]@銀座ニコンサロン
c0016177_20254177.jpg

 彫刻や絵画の写真、、、、。あんまり面白くない。肉眼ではなく写真で見た時に見つかる新しい発見、それはわかるんだけど、分かりやすすぎるのではないだろうか。物が完成されているだけに作者の目が入り込む余地もないし、ただの複写の断片に落ち着いてしまっているような感。 プリントが凄く綺麗だとは思った。デジタルっぽいんだけど、そのあたりわからず。インクジェットなのかなあ。最近、そういうのまったくわからないなあ。
銀座ニコンサロン
by atsushisaito | 2007-04-16 20:32 | 写真展 | Comments(0)

赤のれん@九段下

c0016177_18363546.jpg

 昼に九段下周辺をふらふら散歩兼飯。斑鳩の異常なほどの行列を見ながら歩いていたら、ラーメン屋発見。よく外観を見ないで入ったら、あちこちにある赤のれんだった。店内の貼り紙にはラーメン明太子ご飯のセット800円!とサービス風に書かれていたが、それほど腹も減っていなかったので、普通のラーメン。うまかったら替え玉すればいいだろう、と。他の客は、そのセットを食べている人が多かったが。 さくっと出てきたのはいいのだが、丼手前に汚れが。別に盛りつけが汚くて汚れていたりするのは、気にはならないのだが、こびりついて乾燥した汚れなので、さすがに気になってしまった。 味はまあ悪くないのでは。個人的にはもっとがっつりと臭みがあって濃厚な方が好きだが、これくらいの濃さがまあ無難な味だろう。 ちょっと油の層が厚いけど。
 替え玉どうしようかなあ、と考えながらメニューを見ていると、セットになっている明太子ご飯などが単品で150円。えっと、、、これってなんにも安くなったりしてるわけではないんだ。上手いのかずるいのかよくわからないけど、ランチタイムにセットって書かれていたら、お得なものだと思ってしまうよなあ。
赤のれん
by atsushisaito | 2007-04-16 18:46 | 飯@千代田区 | Comments(0)

RYOMA@新井薬師

c0016177_16394365.jpg

 去年の秋くらいから出している新メニュー「塩鰹ラーメン」を食べに。だいぶ前にテレビに出たとかで、しばらく行列だったが、それも落ち着いたのかタイミングがよかったのか、店内に客はなし。塩鰹ラーメンを大盛りで注文した。さほど待たずにすぐに登場。
 さっそく食べ始めると、たしかに鰹の香りが。いつものなんか摑みどころのない味に、いいアクセントになっている。それにしても表面の油が熱い。うまく食べられなくて唇を噛んでしまった。大盛りにしたのは失敗。器が変わらないので、麺だけが多くなってしまって、麺が泳がない。食べ進めていくうちに、鰹の風味に慣れてきてしまって、いつもの味に戻ってしまった。
 やはりこの店とは相性よくないなあ。
ryoma
by atsushisaito | 2007-04-16 17:55 | 飯@新井薬師 | Comments(0)