2006年 05月 31日 ( 1 )

キッチン南海@高円寺

キッチン南海@高円寺_c0016177_858177.jpg

キッチン南海@高円寺_c0016177_8581958.jpg

ヒラメチキン(770円)。ここのところ丸長、団らんと続いたので、この普通の価格が少し割高に感じる恐るべし高円寺。 他のキッチン南海と違って、この店は普通の食堂みたいな内装。僕は梅が丘、下北、井草の南海しか行ったことがないのだけど、どれもカウンターがメインの渋い内装。いかにも街の洋食屋といった感じで、期待させてくれる。 やっぱ雰囲気は大事。 そういう意味では高円寺の南海は、南海らしくないなあ。  チキンが胸肉だったのも残念。胸肉でも調理しだいでは、十分に柔らかくおいしく仕上げれられるだけに、ぱさぱさ感が強調されたこのフライはいまいち。ヒラメも軽く魚臭さを感じた。 でもライスはいい感じに炊かれており、おいしかった。マグカップで出てくる味噌汁がジャンクな感じでいい。 ちょっとマイナスな感じで書いたけれど、よくよく考えれば、文句を言う値段ではなく、それ相応な感じで、いい店の部類に入ると思う。  最初は量も少なく感じたけれど、ゆっくり食べればこれくらいがちょうどいい具合だし。

by atsushisaito | 2006-05-31 09:12 | 飯@高円寺 | Comments(0)