越間有紀子展[Fine, occasionally Sandstorm 「晴れときどき砂嵐」

 越間有紀子展[Fine, occasionally Sandstorm 「晴れときどき砂嵐」@新宿ニコンサロン
c0016177_2251322.jpg

 中国、北京の急速的に進む近代化への波の写真。話を聞かせてもらったが、焦点は額装の話。普通の人から見ると、なんとも思わない額装なんだけど、実情を知っているとその苦労がわかってせつない。 その金を、おいしいものへ、、、と思ってしまう僕には覚悟が足りないのだ、と再認識する。

 砥上 淳展[食を摂る ~弁当配達員の記録~]@新宿ニコンサロンbis
c0016177_2256636.jpg

 なんだか救いがないな、と思った。それは被写体の老人に対してではなく、撮っている写真家に対して。 なんで芸大を出て老人に弁当を配る仕事につかなけれないけないのか。 この写真を撮るために就職したなら多少なりとも頷ける点はあるのだが、実際はそうではないだろう。 これを土台にステップアップできれば、幸いではあるが、あまりにもその土台が脆すぎてみていられない。

宮川かほり: 光と水と眠りの隙間@PUNCTUM Photo+Graphix Tokyo 
 
c0016177_2324312.jpg

 よくわからないポートレート。とりあえず紙がぽこぽこなので写真そのものがみにくい。インクジェットだと思うのだけど、出力が弱すぎて写真そのものが曖昧。それを狙っているのかどうかはわからないが、僕にはつまらない。紹介文には「進化した」なんて言葉が書かれているが、以前はどんなにつまらなかったのか!と想像してしまうので、適当な言葉は置かないでほしい。
by atsushisaito | 2008-05-04 23:06 | Comments(4)
Commented by aizak3 at 2008-05-06 09:51
いつも、つまらないものはつまらないと書く痛快な寸評、大いに参考になります。
Commented by atsushisaito at 2008-05-06 14:29
参考にはしないほうがいいと思います。
Commented by aizak3 at 2008-05-08 20:34
いや、参ったな、まったくその通りだと思っただけです。
Commented by atsushisaito at 2008-05-09 01:28
ああ、言葉以上に他意はないんですよ。きつい感じにとられたかもしれませんが。
あくまで主観で好き勝手言ってるだけで、作品そのものの評価とは別、
ということを言いたかっただけです。
<< 壱蔵家@小滝橋通り PEACE LAND m.ha... >>