街の活力中華食堂 虎髭@綾瀬

c0016177_15223726.jpg

 綾瀬ではちょっと有名なデカ盛りの店。駅前、サンポップの地下にあり家族連れでも余裕がある店内。 実は一度来ているのだが、はっきりいっておいしくない。むしろ不味い。不味くてもリピートする店はあるのだが、ここはそういった面白みにも欠ける。面白みに欠けるがゆえに無難なのかもしれない、そして家族でも来ることができる。ファミレスっぽいんだよなあ。
 それなのになぜ再び入ったかというと、店頭のディスプレイに四川風冷麺なんてものを見つけたから。花椒たっぷりでひーひー言わせてくれるんか、と思って。 セットにします?と言われセットに。焼き飯とから揚げ2こがついてくる。 
 しかし、というか薄々はわかっていたのだが、ちょっと辛い餡がのっているだけの冷麺。意外だったのは餡は熱かった。だがそれだけ。なんでも四川ってつけたらあかんねん。 さらに焼き飯も絶対味見してないだろう。味が薄い。味気ない飯を口の中でもしゃもしゃしてたら、なんだか疲れてしまって、焼き飯も残してしまった。 から揚げは、ほんとオマケみたいな感じ。
 やっぱりここはファミレスだ。 僕の感想はサイゼリヤのペペロンチーノ食べて「乳化してない!」なんて騒いでいるようなものだ。もっと温かい目で見なければ。

by atsushisaito | 2008-04-29 15:48 | 飯@足立区 | Comments(0)
<< おいしいもの食べる会@土地 おいしいもの食べる会2次会について >>