川内倫子写真展 Semear

川内倫子写真展 Semear@FOIL Gallery
c0016177_19553657.jpg

 けっしてアンチではなくむしろ好きな作家。しかし今回、作品をしげしげと見つめたのだが、どうにも自分の思う川内とのズレが大きくて、満足に至らない展示だった。表面的なところでは、従来の川内となんら変わりないように見える。受け手側の変化だといってしまえばそれまでなのだが、ほんとうにしっくりこなかった。

アントワーヌ・プーペル写真展「saison5」@シャネルネクサスホール
c0016177_2023095.jpg

 以前に見たエリオット・アーウィット展から数えて2回目のシャネル。シャネルの店自体に入るのも人生通算2回目かと。 自然の写真て書くと、変じゃないけどなんか変だな。ネイチャーフォト。普通のネイチャーではなく、けっこう乱暴にイメージを重ねて重ねての作品。多重露光だとすごいなあと思ったかもしれないけど(その過程に対する労力に対して)、PCでやってる姿が安易に見えてしまって興ざめ。 美しいイメージもあるけど、面白い作品ではない。 そうだ!次の写真新世紀はこれでいこう!!

アンドレ・ケルテス写真展@ときの忘れもの
c0016177_20145327.jpg

 手持ちカメラのパイオニア的な人でブレッソンやブラッサイに影響を与えたのだとか。う~ん、刺激を受けすぎたチンコがそれ以下の刺激では不感症になる(一時的に)ようなもので、なかなかこちらには響いてこなかったが、一枚だけ"January 1, 1972, Martinique"という作品が気になってず~と見てた。
by atsushisaito | 2008-04-25 20:24 | 写真展 | Comments(0)
<< Dining マサラ@小伝馬町 犬 >>