朝昼晩


c0016177_9373684.jpg


c0016177_9375031.jpg


c0016177_938334.jpg

 鳥取に行こうと思っていたのだけど、面倒くさくなってしまった。そのため今週まるまるぽっかり空いてしまっている。なので家でゆっくり自炊。晩は適当にタラコスパゲティだけど。

c0016177_1022016.jpg

 シアノマイドを医者から処方してもらった。といってもまだ飲んではいない。酒を飲みたくなった時のストッパーとして置いてあるだけ。だけど、近所の高齢の医師は、シアノマイドは節酒剤だから、服用して酒飲んでみたら、なんて馬鹿なことをいう。5合6合飲んでいたのが一合で酔っ払っちゃうから経済的だし、なんて。 この人は、最初からそうなんだけど、僕の話を全く聞かない。喋っているその時点では、話を理解しているみたいなのだけど、ちょっと時間が経つと忘れる。 金が惜しいから酒をやめたいなど一言もいっていないのに、ふとした瞬間から、そういう流れになってしまった。 僕は、今のペースで酒を飲むと何年後かには確実に体に異常をきたすことになるから酒を控えたい、と最初にはっきりいったはずだ。 それに通常時にたくさん飲むのと、シアノマイドを飲んで少しのむことに、どれだけの違いがあるのだろうか。なぜわざわざ肝臓を弱くしたうえに酒を飲まなければいけないのか。 僕は酒を飲まないと書類にサインもできないようなアル中ではないが、アルコールの量を自分自身でコントロールできない、という意味では立派なアルコール依存症だ。飲んでもいいよ、という空間では飲めるだけ飲もうとする。そんな患者が、シアノマイドを服用し、お酒一合飲んで人並みに言えば十分に酔っ払った時、必ず思うはずだ「まだいけるなあ」と。その思考を繰り返し、最終的に悶絶するような苦しみを味わうのこの僕自身だ。
 ほんとうに何度も飲んでみたら、としつこい。シアノマイド飲んだ時には酒は飲みません!といってんだけどなあ。
by atsushisaito | 2008-03-27 10:02 | Comments(2)
Commented by 今は「一反ω御免!」 at 2008-04-02 09:10 x
睨み用にパソコンの横にでも置いとくか・・・
夏で37歳になるが、昔ほど自宅では呑まなくなったかなぁ。

外でのことは聞かないでね(笑

Commented by atsushisaito at 2008-04-02 19:51
要冷蔵です。
<< 猫 福居伸宏 展 "ジ... >>