アピチャッポン・ウィーラセタクン「Replicas」@SCAI THE BATHHOUSE

アピチャッポン・ウィーラセタクン「Replicas」@SCAI THE BATHHOUSE
c0016177_19424096.jpg

 写真作品は3点だけで、あとは映像インスタレーション作品。映像に近づくと音声が入るワイヤレスのヘッドホンをつけて鑑賞。トラックに乗せられ運ばれる労働者がどうの、というテーマだそうだが、残念ながらよく理解できなかった。 プロジェクターで投影しているのだが、自然光が大きく差し込むギャラリーなので、かなり薄い映像になっている。最初はそれを意図したものなのか、と思ってたのだが、ギャラリーのHPを見ると暗くして投影してる場面の写真があったので、そういうことではないらしい。 遮光はしないのかなあ。
 写真は、男性が野原で、アレをしている写真。アレって別になにかやらしいことがらではなくて、単純に言葉が出てこない。 仰向けになって手と足だけでグッと体を持ち上げるやつ。なんだっけ?むずむずする。バックドロップじゃないしなあ。とにかくアレ。アーチを作るようなアレ。作品としてもよく理解できなかったですが。

映画「CONTROL」PHOTO EXHIBITION by Anton Corbijn@Paul Smith SPACE GALLERY
c0016177_19581519.jpg

 映画のスチール。残念ながらイアン・カーティスって知らない。かなり粗い粒子な写真。当時Anton Corbijnが本人を撮影した写真も並べられていた。 ギャラリーに入ってしばらくするとショップの人が上がってきて、いろいろ説明してくれた。なぜか、そのまま地下のブックを展示しているところにつれていかれ、マーティン・パーの話をしたりして、最後に名刺交換までしてた。
 次回の展示は本城直季だって。

山内道雄写真展 「 TOKYO 」 @ギャラリー蒼穹社
c0016177_2063872.jpg

 プレイスMからすぐ近くのビルに移転した蒼穹社。ギャラリーも併設されている。小さいけど、いい感じのギャラリー。 展示は山内道雄氏の東京を撮った作品。スナップというのはあまり好きなジャンルではないけど、一枚一枚被写体の視線がこちらに突き刺さるような鋭さがあって、よかった。

Connelly LAMAR「"On the Outs" 2005」@プレイスM
c0016177_20141949.jpg

 タイの娼婦を撮影してるのだと思う。露骨なのもいろいろあったが、いまいち僕の息子は反応しなかった。作品としては、そういった猥雑な感じからコミカルなものまで、とても面白いとは思ったけど。 蒼穹社が抜けて広くなったが、あの壁ははずせないのかなあ。開放感が全然違うと思う。あとなんか床の汚さが目立った。あんなだったかなあ。
by atsushisaito | 2008-01-10 20:18 | 写真展 | Comments(4)
Commented by チャム at 2008-01-10 22:46 x
ブリッジでしょうか?
Commented by atsushisaito at 2008-01-11 05:14
そうだそうだ。ブリッジだ!
ありがとうございます!
Commented by genmegane at 2008-01-11 10:42 x
壁は可動式なので、外して広く使うことも可能ですよ~
Commented by atsushisaito at 2008-01-11 20:40
あれ動くんだ。 今の展示もとっぱらった方がいいと思うんだけどなあ。
あまり区切る意味がない。
<< 麺食い 慎太郎 @西新宿 米 >>