鈴木涼子作品展“ ANIKORA-SEIFUKU/ uniform ”

鈴木涼子作品展“ ANIKORA-SEIFUKU/ uniform ” @ZEIT-FOTO SALON
c0016177_2205845.jpg

 作者の顔と、秋葉原の人達が好きなフィギュアをコラージュした作品。フィギュアはけっこうエロい感じのもの。生身の人間の顔とプラスティックな質感の組み合わせは面白い。画像処理も違和感なく上手。  ただ、問題になってくるのが作者の年齢。けっして若くない作者の顔を使うのは無理がある。もともと綺麗な人なので、実年齢ほどの年齢は感じられないが、その分、端々に感じられる年の波が痛々しい。だいたいフィギュアそのものの想定年齢って15、6歳の女だろう。  そもそも素材に自分を使う必要性ってあるのだろうか。この作品では、それ相応の年代のモデルを使った方が作品としての完成度が高まると思う。 澤田知子のように大いなる負のエネルギーを抱えている人が、それを転換して爆発させるような場合は有効だとは思うが。

長広恵美子「maze」@PUNCTUM Photo+Graphix Tokyo 
c0016177_2217726.jpg

 ギャラリーのHPの写真がいい感じだったので行ってみた。ツアイトと近いし。なんだろう。印画紙をピンでとめる展示そのものは嫌いではないのだけど、なんだか乱雑な展示に感じた。もちろん実際の展示そのものはきちんとしたものではあったのだが、なんとなく。未完成のポートフォリオのような。
by atsushisaito | 2007-05-20 22:24 | 写真展 | Comments(3)
Commented by もち at 2007-05-22 22:18 x
こんな写真展があるなんてw
普通のとまた違って遊び心があっていいですね。
Commented by atsushisaito at 2007-05-22 23:12
村上隆とかの影響で、海外ではけっこう受けそうな作品ですね。
値段は20万か30万くらいだったかと。
Commented by 村石太ちゃんマンエロー&とおる at 2011-10-18 11:29 x
個室で 見たくなる 芸術ですね
<< 我王@沼袋 羅生門@中野 >>