本格東京ジャージャー麺@中野

c0016177_00311936.jpg
中野の五丁目に移転した青雲の跡地にジャージャー麺のお店。並盛りで880円は流石に高いなあ、と小盛りの780円。汁が別で付いてくるならまだしも。ま、これはこの店だけの話じゃなくて、全体的な話。ちなみにこの店が踏襲したスタイルの元の中国のお店「老北京炸醤面大王」のジャージャー麺は200円、300円そこらだから。

登場したのは野菜たっぷりの器に味噌が別添え。まず味噌を皿の上で混ぜて、それを麺に投入して和える。辛味痺れはお店のオススメの2で。ちなみに1だと抜き、だからオススメはかなりマイルドな位置。味噌と和え和えして食べてみると、麺と同じくらいのバランスで野菜があるから、なんだかサラダを食べているみたい。コンビニでよくあるパスタサラダな感じ。

標準の2だと、痺れはかなり弱い。かすかに感じる程度。痺れはいくらでも調整してくれそうなので、その辺りは相談してみてもいいかと。チャーシューは八角の香りがしたりで、手間はかかってそうだけど、全体的に100円は下げてもらえれば随分と感じは違うんじゃないかあ、と思った。

by atsushisaito | 2019-11-27 12:01 | 飯@中野 | Comments(0)
<< 魚三酒場@門前仲町 屋台ソバ 八幡@門前仲町 >>