琴平荘@山形県鶴岡市

c0016177_17172068.jpg
c0016177_17172087.jpg
大雨のおかげで危うく飛行機に乗り遅れそうになった。飛行時間が短いせいもあるが、機内ではほぼほぼシートベルトサインが点灯、食事も10分くらいで終わり。久しぶりに怖いな、と思うほど揺れた。周りの人もパクパクっと手早く食べ終えていた。
c0016177_17172110.jpg
c0016177_17172145.jpg
c0016177_17172184.jpg
c0016177_17172169.jpg
c0016177_17172128.jpg
そういえば鶴岡に有名なラーメン屋があるなと、空港に着いてから思い立ちレンタカーで向かった。鶴岡の端っこ、こんなとこにラーメン屋があるのかと半分ナビを疑いながら道を進めて行くと、その店はあった。店というより大きな旅館。もともと旅館だったところでラーメンを出している。毎年10月1日〜翌年5月31日までの営業で、夏はお休み。だいたい2時間くらい待つのが普通という。

中に入って自分の番号を札を取った時点で前に50組ほどの待ち。ただし大広間でゆったり座ってくつろげるので、さほど待っているのは苦痛ではなかった。食べるスペースも広いので、人数の割には待っている時間も短い。だいたい先客の数に2分をかけた数字が待ち時間になるそう。なので約1時間40分ほど。確かにそれくらいの待ち時間で自分の番がきた。

せっかくなので、色々と注文してしまった。メンマ中華そばにチャーシュー2枚、味玉そして海苔。この日は大盛りが無料と店の人に教えてもらったのだが、夜もあるので一度は大丈夫ですとお断りしたのだが、ここまで来るのはもしかして人生で再びはないのかもしれない、という考えが浮かんでしまって、大盛りに変更してしまった。

登場したラーメンは絶対美味いだろっていう姿で、そして美味しかった。客の回転を最大限上げるために約40秒ほどで茹で上がるという麺は、ビロビロとした食感で心地よい。夏の休業している時に作っているトビウオの焼き干しのスープが体に沁みていく。メンマは太いのと細いの2種類が。2つの食感が楽しめる。これまで食べてきたメンマの中でも最高峰ではないかと思う。待たずに帰らなくて本当によかった、と思いながら食べた。

ただし。ただし、大盛りにしてしまったのは失敗だった。普通の盛りで十分麺量が多い。それを大盛りにしてしまったから、これはのんびり食べてたらお腹がすぐに満腹になって大変なことになるぞ、と最初からペースを早めにせざるを得なかった。並の量で、もう少しゆっくりと味わえればよかった。

地理的な物珍しさで人が集まっているだけで、そこそこ美味い程度だろうと思っていたが、完璧に間違っていた。美味い。

by atsushisaito | 2019-11-13 12:16 | 飯@23区外 | Comments(0)
<< 松屋 哲ちゃん@新井薬師 >>