博多風らーめん 潤@中野

c0016177_23581858.jpg
中野五丁目の交差点の所にあった黄色い看板の長浜やから独立なのか、カラーはそのまま博多風らーめん 潤というお店になっていた。長浜やはなんというかもろにフランチャイズといった感じなので、これまでも入ったことはなかったのだが、この潤の店の前を通った瞬間、あの博多の豚骨臭が漂っていたので思わず中へ。

昼の時間帯だったのだが、食べる客より飲む客がほとんど。ある意味、博多の屋台っぽい雰囲気ではある。ダメならそれは致し方ないと思いつつ注文したラーメン麺固め。出てきたラーメンの汁を飲んで、濃厚さに驚いた。とろっとした土台のしっかりとしたスープに味の素の甘味。昔、よく通った京都三条のみよしの豚骨ラーメンに似てる。泡泡した濃厚さとはまた別、でも中途半端さはなくしっかりと濃い。

そのままではやや物足りなさもあるのだが、ここに辛子高菜をブーストするといい感じの状態に。もともと長浜やがこういう味なのかどうかはわからないが、この潤の具合はかなり好みというか懐かしい味なので、これからちょくちょく行くかも。中野南口のジョニー跡地が長浜やになるというから、そっちも一度は行ってみようかと。



by atsushisaito | 2019-10-14 12:00 | 飯@中野 | Comments(0)
<< かさい@中野 ロージナ茶房@国立 >>