福しん@新井薬師

c0016177_22555097.jpg
 タンメンが旨いとわかってはいても、そんなど定番を選択してしまっていいのかという葛藤のせいで、かなりお久しぶりの福しんのタンメン。記憶も遠のきどの程度の旨さだったかももはや忘れてしまいそうではあったが、一口スープを飲んでみて、一瞬で記憶が戻った。間違いない。鍋肌で焼けたスープ。スープが油と乳化し、野菜の旨さが溶け込み渾然一体となった旨さは、タンメンのお手本。
 もう少し麺がストロングであれば別の次元の高みに行けそうだけど、それはそれ、これはこれ。福しんのタンメン、最高だ。

by atsushisaito | 2018-07-16 12:54 | 飯@新井薬師 | Comments(0)
<< 味のじゅん天@福島県郡山市 ブラザー@高田馬場 >>