ひとつぼ

行ってきました。

 ひとつぼ展@ガーディアンガーデン
c0016177_20472862.jpg


 今回はグランプリ発表前に、予想などしてみました。僕の本命は宇津裕美子さん。で、ひとつぼっぽいかな、ということで次点に百瀬裕子さん。最近、グランプリ受賞時の討論で、将来性ということをちょくちょく耳にするので大穴に、若い、というだけで助田徹臣さんを選びました。いずれも展示もみないでDMだけの判断だったので、想像とのギャップを楽しむべくGGに足を運びました。ちなみにグランプリは助田徹臣さんだそうです。
 グランプリの助田徹臣さんの作品は、え?これでグランプリなの?っていう感じです。なんだか深さみたいなのも衝撃的なものもなにも感じられなかった。だいたい登場する女の子がかわいくないだけで僕の場合は減点です。なんかファイルちゃちいし。
 宇津裕美子さんの作品はよかった。DMの写真からだと、審査で誰かが質問してたような今道子のような感じしか受け取れないけど、実際はもっと幅広かった。ていうか今道子はどう?みたいなくだらない質問するなよな。
 実際に見て一番おもしろかったのは渡辺大祐さん。 展示よりファイルがよかった。写す人を撮ってるつもりが、そこにコンパニオンの写真を混ぜることにより、自身もその中にまじってる奇妙な感覚憶えるって、、うまく書けないけど 展示とファイルでは微妙に意図したいことが違っているのではないか、と思う。 これに比べて秋葉原の写真はなんか気の抜けた炭酸のようでだめだね。 百瀬裕子さんもあんまり。
 なんか今回、全体的にファイルの作りが甘いと感じたのは僕だけだろうか。
by atsushisaito | 2005-10-21 21:06 | 写真展 | Comments(0)
<< The La's 地震 >>