インターコンチネンタル@東京ベイ

c0016177_22354994.jpg

c0016177_22363212.jpg

c0016177_22365154.jpg

c0016177_22371290.jpg

c0016177_22373264.jpg

c0016177_22374841.jpg

c0016177_2238546.jpg

 竹芝の東京ベイのインターコンチネンタルのスイートに宿泊。もちろん正規の値段で泊まれるはずはなく、期限切れ間近のICアンバサダーの週末無料券で。一泊分料金で二泊まれるという優れもの。ただしアンバサダーレートでの予約となりそれが少し高い設定で、旅行会社を通したディスカウントが効いた料金で2泊泊まるのと場合によってはあまり変わらないことも。なので予約には損をしないように注意しなければならない。一泊分の支払いとはいえ、スイートはとんでもない料金になってしまうので、その下のランクを予約。
 この時点では翌日の宿泊が無料になっても、高いレートで泊まることになるので翌日分が全額無料とはいえ、最安レートと比べると少し安く泊まれるな、というくらいのお得度にしかならない。だけど、会員特典のアップグレードで料金の桁が違ってくる1ランク上のスイートになるとお得度の桁もアップ。結果、10分の1くらいの料金で泊まれることになった。このあたりICアンバサダーについて詳しく書いてくれてるブログが色々あるので、そちらを見ていただいた方が早いかと。
 広い客室はとても良く持て余してしまうくらいに。でも一泊目の部屋がタバコの臭いがきつかったのでルームチェンジしてもらった。こちらのインターコンチネンタルはスイートの部屋はそれぞれにデザインのバリエーションがあって、その2つを堪能できてよかった。
 クラブラウンジが使える部屋を予約していたので、両日共に夜は無料のお酒と料理をいただく。料理は簡単なブッフェなのだけど、ラウンジのおつまみにしてはそこそこいい内容。普通の客はここをスターターにそれからレストランに行くのだろうけど、僕は時間一杯まで居座ってお酒を飲んで終了後はコンビニでミニ五郎を買って部屋で飲むという、、、。一般的なクラブラウンジは夜の早い時間にカクテルタイムとしてこういう時間があるけど、ここのはカクテルタイムとは別にディナーと銘うっているので、比較的長っ尻で飲んでる人は多かったような。
 ただ、朝食はいまいちだったなあ。大阪のICのラウンジに比べると格段に落ちる。とはいえ、これが普通といえば普通なのかも。
by atsushisaito | 2017-01-31 12:34 | 飯@港区 | Comments(0)
<< いせもん本店@三重県津市 向井酒の店 @三重県伊勢市 >>