白龍 本店@岩手県盛岡市

c0016177_21211142.jpg

 盛岡で有名な麺といえばじゃじゃ麺。10年くらい前に車で青森まで高速で行って、下道で帰ってきたときに盛岡に寄って一度だけ食べたことがある。当時泊まっていたホテルの人に、本店よりカワトクというデパートに入っている支店の方が並ばなくて食べられるというアドバイスをいただいて行って食べた。
 今回はせっかくなので本店へ。飲みや横丁でもある桜山という呼ばれる場所に本店があり、古い建物に白い暖簾が似合っていて風情がある。注文はじゃじゃ麺の小。このじゃじゃ麺とろうすう麺と呼ばれる麺類の2種類のみ。ろうすう麺は汁ありの麺がうどんで汁がラーメンのそれだそう。
 ばあちゃんが茹でてくれるわけだが、今回行く前に教えてもらったのが、カワトクの方が麺の茹で方はしっかりしているとか。本店はアバウトというか比べると茹で過ぎなのだそう。登場した小という名前にもかかわらずたっぷりのうどんは確かに柔らかめ。その上にのっている味噌をぐちゃぐちゃと混ぜ合わせて食べる。
 この味噌、すごくインパクトがあるというわけでなく、いろいろな素材を混ぜ合わせているのでまろやかな口当たりになっている。ただ、それだとこの伸び過ぎの麺には少し物足りないわけで途中からお酢やラー油などで味変したり。
 食べ終えた後には、卓上にある生卵を器に落としてよく溶いたものをカウンター向こうに手渡して、うどんの茹で汁をいれてもらう。すると溶き卵にほんわり火が入りちょうどいい塩梅な玉子スープになる。これが「ちーたんたん」というもの。
 器にこびりついた味噌とは別に追加で味噌をいれてもらう。それがベースの味わいとなるわけだけど、いかんせんそば湯ならぬうどん湯などで、かなり味気ない。塩や胡椒、はたまたラー油などをいれて飲み干し、ご馳走様。
 まあ美味いかどうかというと、う〜んとなるけど、まあ楽しくはあった。
by atsushisaito | 2016-12-08 12:17 | 飯@23区外 | Comments(0)
<< ふくべ@八重洲 写真集飲み会 in 代官山 >>