大鵬@京都府京都市

c0016177_23552030.jpg

 前回、こちらで夜に一杯飲んだのだけど、四川の味わいを堪能している横で若者達が注文する丼飯が気になっていた。お酒を飲む時にご飯物は食べないので縁はないかなあ、と思っていたのだけど、たまたまお昼時に二条に行くことがあったので、行ってみて注文。
 てりどんきんし。てりどんに錦糸玉子をトッピングしたもの。通常のてりどんに錦糸玉子があるのかどうかわからないが、わざわざきんし+のメニューがあるので、通常だと錦糸玉子はついてこないのかもしれない。
 丼はいたってシンプル。ご飯の上に錦糸玉子、その上に醤油ベースで甘い味付けの豚肉。がつがつご飯を食べられる丼だけど、なんというかまあここでわざわざ食べる必要があるのかどうかは少し疑問でもある。
 もちろん、この組み合わせで不味いってことはないけど、でもこの店だと普通に四川麻婆でがつがつ行った方が正解なんじゃないかと。ただこのてりどん、ご飯や肉の盛りが2倍になる地獄盛りなるメニューがあるところを見ると、やはり熱狂的なファンがいるのではないかと思われる。 
 僕は普通盛りのご飯でかなりしんどかった。味付けもなんだか普通(誰でもすぐにできそうな)。お腹を空かせた学生用のメニューなのかなあ、と。他のランチメニューはそれなりに美味しそうで値段もそこそこ、時には行列もできるそうなので、名物というてりどんはもしかしたら亜流なのかなと思う。
 店員さんの接客がとても良くて好印象。
 
 
 
 
by atsushisaito | 2016-05-09 12:52 | 飯@23区外 | Comments(0)
<< 伊藤@浅草 クラブラウンジ@インターコンチ... >>