エビス亭 田平店@長崎県平戸市

c0016177_15193114.jpg

 平戸市から佐世保へ戻る道すがら、せっかくなのでヒラメの他にもなにか食べたいと思いつつも、なかなか適当な店がみつからないなあ、と思っていた矢先に目に飛び込んできた麺の文字。一度は通りすぎたものの、気になって引き返してきた。
 うどん屋のようであり、しかし店先ではうどんと同じくらいな力強さで弁当をアピールしていて、なんだか不思議なお店。中に入るとカウンターが数席、厨房はそれに比べて広い。なんとなくだが、うどんだけではやっていけないので、仕出し弁当を受注しているように見受けられた。
 あまりいい予感はしなかったが、冷やしうどんを注文。氷を浮かべた水がはられた桶に麺。なかなか美味しそう。その細さから五島うどんのお店だということがわかる。麺をつけ汁に浸して、ずるっといくと細いながらもごりごりとした歯応えで、これはなんだ、新鮮!と食べていったのだが、ようするに茹でが浅くてその芯がごりごりとしていただけだった。
 温かい汁ありのメニューなら、ちょうど良い湯で具合だったのかなあ、と思う。しかし、ただ一食を消耗するだけの食事にはならなかったので、これはこれであり。
by atsushisaito | 2016-03-06 12:18 | 飯@23区外 | Comments(0)
<< Beer Stand Hira... 渡なべ@高田馬場 >>