キッチン長崎@東長崎

c0016177_13481958.jpg

 孤独のグルメで五郎が「せきざわ」と「キッチン長崎」どちらに入るか迷ったお店。結局、この店はのちの宿題とし、五郎はせきざわに行ったわけだ。 僕は最初からせきざわに向かったのだが、混んでるというほどではないが、それなりに客が入っている。空いてるかもという時間を選んだつもりだったので、あらら、、という感じ。翻って反対のキッチン長崎を見てみると、店員さんがご飯を食べているのが見えた。 営業中の看板を確認して中へ。
 サービスのスタミナ焼き肉定食を注文。 せきざわと比べると少し割高に感じられるが、町の洋食屋さんとしては、極普通の値段。 神保町店以外のローカルなキッチン南海な雰囲気でいい。 さっそく料理が登場。肉2枚は少しさみしい感じもした。これに味噌汁、おしんこと冷奴がつく。 平べったい皿に盛られたご飯。肉の配分を考えなければ、このご飯が路頭に迷うことになる。 にんにくの効いたタレはご飯を食べさせるには十分だ。 下品にならない程度に肉を噛みきり、ご飯を食らう。これの繰り返し。たまに味噌汁。 最終的に予想通りにご飯が余ってしまったのだけど、おしんことともに食べた。 
by atsushisaito | 2012-10-09 13:46 | 飯@豊島区 | Comments(0)
<< 尾中浩二 Koji Onaka... after a crimina... >>