センセイの鞄

センセイの鞄 川上 弘美 (著)
c0016177_21461646.jpg

 孤独のグルメの画担当の谷口ジローが、アクションで新しく連載を始めた漫画が孤独のグルメの居酒屋版みたいだなあ、と思っていたら原作があって、それが有名な小説だということを後から知った。 そういえば孤独のグルメ新装版にこの小説の作家との座談が収録されていた。 それを見たときはなんでこの小説家となんだろう、と不思議にも思ったが小説を読んで納得。
 吉祥寺のある居酒屋が主な舞台。相当に酒が飲める作家なのだろう、居酒屋での描写がなんともいえなくて、いい。 酒場での人と人の間の空気感がうまく表現されている。 だけど実はこれ、恋愛小説で60過ぎの先生とそのもと教え子の30後半の女性が主人公。 いまいち身近にその年代の女性がいないので、その姿形振る舞いをうまく想像することができない。そして、その男性との年齢の隔たりもまったく遠い話。 例えば、それを僕自身に当てはめると、2,3年後に生まれてくる新生児と恋愛をすることになるのだ。 だけど、先に谷口ジローの連載を読んでいたので、それを思い浮かべながら読むと、なかなかしっくりきた。 
 これ映像でもいけるなあ、と思って、今調べたら映画化もされているんだ。 小泉今日子が主演。 あー、なんとなく、それはいい感じっぽい。 今度観てみよう。

 で、まあ関係のない話だけど、僕はよくbookoffの小説ハードカバーの100円コーナーを物色する。 単行本の100円コーナーに比べると、ハードカバーは場所をとって嫌われるのか、数年の落ちはあるものの意外といい作品がコンディション良く並んでいる。 で、この「センセイの鞄」もそこで購入したのだが、同時期に購入した舞城王太郎の「好き好き大好き超愛してる。」を最近読み始めた。 鞄にいれておくと表紙がぼろぼろになってしまうので、いつも取り外していれておくのだが、たまたま外し忘れた。 だいたい移動中の電車の中で読むのだが、車内で本を取りだすと表紙がピンクでけばけばしくなんだか恥ずかしい。 タイトルも知らない人から見ると明らかに変だ。 なので、家に帰ってから、表紙を取り外すと、こんどはきらきらと星が描かれていてやっぱり変。 R.D.レイン絡みの本を読んでいるのだ、ということにしておこう。
 
by atsushisaito | 2009-06-19 22:19 | | Comments(0)
<< ライカノ@北千住 福井県敦賀の立ち食い蕎麦 >>