やなぎみわ 「マイ・グランドマザーズ」展

やなぎみわ「マイ・グランドマザーズ」展@東京都写真美術館
c0016177_1953127.jpg

 若い女性が思い描く50年後の自分の姿、というインスタレーション(っていっていいのかなあ)。 各モデルがメイクでばあさんに変身、そして50年後の世界を作り上げる。恐ろしいくらいの時間と手間暇がかかっていることが容易に想像できるほど、完璧だ。 なんだけど、僕の意識は、その思い描かれた世界そのものの女の子特有のファンタジー色が強い世界にうまく馴染めない。 おそらく、この作品はその世界に共感できるかできないかがポイント。 残念ながら僕にはフィットしなかった。 いや思い描く世界なのだから、これだけ突拍子もない世界がむしろ現実的な視点なのかもしれない。 だけど、僕には古びた食堂で、腰が90度近く降り曲ったばあさんが、定食を運ぶような世界が欲しかった。 で、そこでよぼよぼした僕が箸をプルプルさせていると。

夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 Ⅱ.中部・近畿・中国地方編@東京都写真美術館

 こういう資料的なのは苦手なんだよなあ、と思いながら観たんだけど、いやいや面白かった。時代の違うまったく見知らぬ人が、はかない紙の上にうっすらと写るその姿は、なんだかよくわからないけどまじまじと見つめてしまった。 たくさんの写真が展示されているけど、笑顔がない。 手で着色された風景も、不思議な感じでよかった。

Stephen Gill 「Hackney Flowers」@G/P gallery
c0016177_20163023.jpg

 写真の上に花を置いてさらに撮影。 背景の写真の出来事に即した花の置き方で、違和感は感じられない。だけども、その置き換えられている花に気づくと、変な遠近感で、面白い。 
 なんか最近自分がいかに海外の作家のことを知らないかに、気付かされる。日本のも知らないんだけど。
by atsushisaito | 2009-03-12 20:22 | 写真展 | Comments(0)
<< 犬猫 三州屋@銀座一丁目 >>