タグ:魚 ( 356 ) タグの人気記事

たき川@中野新橋

c0016177_21421596.jpg

c0016177_21422892.jpg

c0016177_21424179.jpg

 付き合いのある印刷所の東京支店があるのでたまに訪れる中野新橋。そしてそこに向かう途中になんだか旨そうだなあと思っていた大衆割烹たき川に入ってみた。外観は寂れた居酒屋。中に入ると4、5席のカウンターと小上がりの小さなお店。しかし黒板のメニューがとても良くて、この後の展開に期待できる。
 まずは瓶ビールで喉を潤しつつ注文するメニューを吟味する。どれも良さそうだけど、胃袋のキャパシティを考えるとあれこれと注文はできない。で、注文したのはイワシのつみれ鍋と芝海老とホタテの春巻き。
 お通しを突きつつ注文したものを待ったが、結構時間がかかった。で、登場した一人鍋がこれ。時間がかかったのは多分イワシをつみれにするところから始まっていたのではないかと思う。イワシの旨味が凝縮されたツミレというか、むしろ主役は素材の旨みが滲み出た鍋の汁。ツミレはもちろん美味いのだけど、この出汁がなんともたまらない。鍋が出てくる前に頼んだハイサワーが合わないことw
 急いでそれを飲み干し日本酒に。出汁と日本酒のコラボレーションはなんとも素晴らしく、するすると体に入っていく。そして春巻き。こちらは塩が添えられているが、もう素材の旨みだけで十分においしい。入店からお会計まで他に客は入って来なかったが、このレベルのお店が身近にあるって凄いことだと思う。意外と中野にこういう店って少ないから、中野新橋が少しだけ羨ましくなったり(でもあんまりお店の数はないね、、)。
 
by atsushisaito | 2017-02-06 12:41 | 飯@中野 | Comments(0)

てんまさ@茨城県水戸市

c0016177_23481896.jpg
c0016177_2348082.jpg

c0016177_23484314.jpg

 駅前にある昼から飲める店だけどハイレベルな地元のお店であるてんまさ。さすがにおやつの時間でその広い店内は閑散としていたのだけど、飲んで熱い職場論を交わしていたテーブルの隣に、、、、。微妙。
 せっかく水戸に来たのでアンコウ。あん肝と唐揚げ。あん肝は不揃いのテクスチャーがなんとなく良さげ。想像を超えるものではないもののそれなりによかった。唐揚げも骨までしゃぶり尽くして旨味を味わい尽くして、笠間の日本酒 郷乃誉も美味。
 駆け足だったけど水戸も美味しかった。
 
by atsushisaito | 2017-01-15 12:00 | 飯@23区外 | Comments(0)

ある日の中野飲み

c0016177_2382491.jpg

c0016177_2383890.jpg

c0016177_2385198.jpg

c0016177_239418.jpg

おかやんでおでんと刺身と日本酒
c0016177_239234.jpg

中野ビール工房でビール
c0016177_2395548.jpg

大雅でレバ焼きなど
by atsushisaito | 2017-01-12 12:07 | 飯@中野 | Comments(0)

権八@中井

c0016177_21375566.jpg

c0016177_21382336.jpg

c0016177_21383983.jpg

 中井の名居酒屋の権八へ。口開けの店内のカウンターに座り生ビール。お通しを突きつつ、注文する料理を慎重に決める。まずは生ガキから。それをちゅるりとやりつつビールをぐびっと飲み干し、お酒を黒龍に。対するつまみは鯵のなめろう。なめろうを焼いたさんが焼きも気になるなあ。今度食べてみよう。
 なめろうで黒龍を堪能した後に、お酒を立山にしてからの手羽先焼き。骨までしゃぶりながらいただいてご馳走様。
by atsushisaito | 2016-12-29 12:37 | 飯@中井 | Comments(0)

ごっつおらーめん@鳥取県鳥取市

c0016177_22133796.jpg

 鳥取に着いた日に食べたラーメン。この日は二日酔いがひどくて、どこか店で飲み始めたらいつ吐くかもわからないような状態で、だけどなにかお店で食べたいと思いつつ町をふらふらしていた先で、なんとか麺類なら大丈夫かな、と入ったお店。山陰の酒場を堪能したかったのだけど。。。
 この店は鳥取の中部に属する倉吉を本店とする牛骨ラーメンのお店。牛骨の他に鯛の頭やら野菜を使っているとのこと。この後にいろいろラーメンを食べたのだが、この店が一番牛骨感を感じた。
 基本メニューのごっつおらーめんを注文。読むのが恥ずかしくて、指差しで。店内、飲める感じの空気が漂っていた。夜なのに二日酔いの影響で朦朧としながら啜ったラーメンは、確かに牛な感じがしっかり。ただ甘さは控えめで、香味徳なんかよりバランスが良く、ラーメンとしていい感じに成立していた。
 
c0016177_2214055.jpg

 まだ遅れてやってくる二日酔いが来ていなかった時に駅前市場で購入してておいた松葉蟹と親かに。この繊維質の食感がやっぱり独特で美味しいな、と。翌日に蟹の臭いが部屋に充満してしまうので、いつかお金持ちになってお店で食べたいな、と。
by atsushisaito | 2016-12-20 12:09 | 飯@23区外 | Comments(0)

海鮮三崎港@高田馬場

c0016177_231276.jpg

 高田馬場で時間がない時にさくっとなにか食べたいと思ったときに重宝してる。基本レーンに回ってるものを取りたい派なんだけど、目の前のモニターでオーダーできる場合は別でいろいろと注文してしまう。回転寿しならではの旨いものってなんだろうって考えた先に行き着いたのが、軍艦。ほぼ軍艦の注文で終わってしまう時もあるくらいに軍艦巻きが好きだ(回転寿司の場合)。
by atsushisaito | 2016-12-19 12:59 | 飯@高田馬場 | Comments(0)

旬味酒好 かん@宮城県仙台市

c0016177_21535023.jpg

c0016177_2154057.jpg

c0016177_21541354.jpg

c0016177_21542957.jpg

c0016177_21561589.jpg

c0016177_21552296.jpg

c0016177_21553415.jpg

c0016177_21554699.jpg

 前回、仙台に行ったときに飲んだお店に再訪。こじんまりとしたお店だけど、地酒の品揃えはとても良く、ここ一軒だけで十分堪能できてしまう。お料理の品数は多くはなく、店主が市場で仕入れてきた地の素材を手の届く範疇で丁寧に出してくれる。無理をしていない感じ。常連として季節と共に変わるメニューで毎日一杯やりたいお店。
 お通しは3品。地鶏ときのこのスープから。柚子の香りがアクセントで美味しい。胃が温まる。二品目は鯛のお刺身、そしてコハダの酢〆。日本酒は蒼天伝から。一人一杯だけ注文できる、その日のお薦めの一杯。お得な値段。それから宮城でとれた穴子を焼いてもらって、戦勝正宗。最後に塩竈のメバチマグロのブランド「ひがしもの」の中落ち。ビロードのような食感でうっとりしながら、乾坤一の純米吟醸やまだにしき ひやおろしを飲みほして御馳走様。
 風情のある源氏もいいけど、お酒と料理はこっちの方が楽しめる。一心より安いしw
 
by atsushisaito | 2016-11-30 22:15 | 飯@23区外 | Comments(0)

信@福岡県福岡市

c0016177_23573539.jpg

c0016177_23575127.jpg

c0016177_2358428.jpg

c0016177_23582038.jpg

c0016177_23583694.jpg

c0016177_23585850.jpg

 博多へ来たときにちょこちょこ行っているお店。刺し盛りのウニが北海道産だったことから、唐津のウニもメニューにあったので注文してみた。北海道は濃厚、唐津はあっさりといった感じ。その他、うにの塩辛も美味しかった。
 いちじくの天ぷらを注文すると、今日の品種は甘いけど大丈夫ですか、と聞かれ大丈夫と答えたけれど、とても甘かった。。。。いろいろつまみ最後にアスパラ。
 また来ます。
by atsushisaito | 2016-11-15 12:56 | 飯@23区外 | Comments(0)

呼子のイカ

c0016177_23264723.jpg

 ラウンジの朝食は品数が少ないからあんまり好きじゃないんもで、ブッフェの方へ。博多のクラウンプラザらしく明太子オムレツを作ってもらった。
c0016177_23272813.jpg

 呼子の漁協組合が運営している呼子台場みなとプラザでイカ刺し。朝どれのイカが水槽の中で活かされていて、それをすくって刺身にしてくれる。甘くて美味しい。が、あまりにも鮮度が高すぎてゲソの吸盤に舌をかまれてしまった。
 
c0016177_23274636.jpg

 唐津駅に降り立ったときに豚骨臭を感じて、この臭いはどこぞからと探ると駅に併設されていたラーメン屋からだった。メニューをみた感じ、福岡ではない佐賀の色を感じたのでこれはいけるのではと思いつつ、レンタカー屋へ。そして返却した後、次の電車まで時間があったので行ってみた。
 で、普通のラーメンを食べてみたわけだが、これが佐賀っぽくなくがっかり。麺は替え玉前提のもので、汁はなんだか薄いうえに味噌を溶かす感じのもの。こちらが勝手に佐賀ラーメンだと勘違いしてしまったせいなのだろうか。佐賀2位の看板を前にがっくりしてしまった。
by atsushisaito | 2016-11-13 12:26 | 飯@23区外 | Comments(0)

寿久@福岡県福岡市

c0016177_22462199.jpg

c0016177_2246322.jpg

c0016177_22465377.jpg

c0016177_2247845.jpg

 宿泊先が駅近くのクラウンプラザだったので天神あたりまででるのも面倒くさくて、博多駅周辺で一杯で。前に来たときに建造中だったKITTEも完成して、駅周辺も賑わってきていた。飲んだのは天神の方とは反対側の筑紫口から歩いてすぐそばの寿久。大衆割烹のお店。
 入ると細長く広い店内でリーマンがわいわいとしている。入り口で優しく店の人が迎えれてくれて、まずはいきなり左手の冷蔵カウンターから好きなものをどうぞ、と言われる。そこにはお刺身などが並べられていて、好きなものを自分の席へ持っていくシステム。秋刀魚を強くプッシュされたが、手に取ったのはゴマサバと鳥モツ酢。
 長いカウンターの一席に陣取り、おばちゃんにビールをお願いして、持ってきたおつまみを食べる。作り置きだけあって、ふだん博多で食べるようなきれきれのごまサバではないけれど、まあこれも雰囲気。モツ酢もしかり。
 焼酎をお願いすると、たっぷりの量がやってきた。このあたりさすが九州。300円ちょっとでたっぷり飲ませてくれる。続いて厚揚げ豆腐煮を注文。けっこう時間がかかったので、いつものごとくスルーされてしまったのかと思っていたけど、そんなことはなく出てきた。愛想のないおばちゃんもしっかり気を使ってくれて、要所要所でごめんねと声をかけてくれた。
 いい出汁で煮含められた厚揚げをいただき、でも酒が余っていたので鶏皮の唐揚げ。これがサクサクと美味しく、いいじゃないか、博多!と一人テンション上げてお会計してもらった。空港に至近の博多なので、最後にさくっと一杯にいい店。
by atsushisaito | 2016-11-09 12:39 | 飯@23区外 | Comments(0)