タグ:ラーメン ( 873 ) タグの人気記事

佐内正史 写真展 「夏秋冬秋」@LOTUS ROOT GALLERY

よく考えると、個展として佐内の展示を見るのは初めてだ。ということで行ってきました。

佐内正史 写真展 「夏秋冬秋」@LOTUS ROOT GALLERY
c0016177_18455585.jpg

展示作品4枚!かなりでかい。どれくらいなのかな。たぶん1000×1500くらいの大きさ。同じ場所を季節ごとに撮った作品、、、だと思う。 当初、春夏秋冬だと思っていて、これが冬で、これが秋でこれが夏で、、、春はどれ?って感じだったのだけど、もう一つも秋やったんやね。 しかし、いくら見ても???。佐内のある時期からの写真ってなにか見る側との間に大きい壁ができてしまって、全然入っていけない。「girl like you」はよかったけど。  

清水さゆり写真展「SYNCHRONICITY with the others vol.3」@プレイスM
c0016177_18581699.jpg

なんか外国人の写真ばっかり。なんだろう。よく意図がわからないけど、ポートレート。これ、ポジの手焼きなのかなあ。紙の余白が黒くなってるから、ネガではないと思うのだけど。で、手焼きだと思うのは、色がなんか薄い。希薄な感じのプリント。全部が全部そういう色ではないのだけど。一部、そういうコーナーがあった。

で、すぐプレイスMのすぐ近くに新しいギャラリーができた。 なんとあのカメラのキタムラが作ったらしい。大阪人なら、誰でも店のテーマソングが歌えるほど有名なカメラやだが、東京の人はほとんど知らないと思う。有料の貸しギャラリーだってさ。
Photo Gallery KITAMURA

epSITE retrospective 1998-2006@エプサイト
もたもたしていたら 梶井照陰写真展「NAMI」を見逃して しまった。去年、実際に冬の佐渡の海を見たので、さらに面白く見られるだろうと楽しみにしていたのだが。  で、いままでエプサイトで行われた展示の回顧展ということで、いろんな作家が楽しめた。といっても会期を3回に分けての展示なので、今回は20名くらいの展示。 斎門富士夫の花はエロティックでよかった。

久しぶりにラーメン。
c0016177_19141719.jpg

まずいのはわかりきってる博多天神! 入り口に「替え玉無料券」がなかったらやめとこう、と思って行ったら、あったので入店。いつものキクラゲラーメン。速いなあ。1分くらいででてきた。 ?まずいぞ!っていつものことだけど、今回はちょっと薄い。薄すぎ。汁はもともと都内一濃厚と書かれた看板とは間逆で、都内で一番すかすか豚骨スープなので、あきれかえって文句もでないのだが、この薄さは、たれを入れ忘れてるのではないのか、というくらい薄い。 入れ忘れた店員が悪いのではなくて、入店した僕が悪い、というくらいおおらかな気持ちで、卓上のたれをどばどば注入。うん、いい感じだ。 そして替え玉。 ここから勝負とばかり、紅生姜、ごま、辛子高菜をトッピング! もうなにを食べてるのかよくわからないくらい入れるのがいい。 高菜や紅生姜が古くなっていておなかを壊しても自己責任なので、店を責めない。 そしてわしわし食べます!うまい! 最後はピンク色に染まった汁を飲んで終了。 満足。半年は行かないな。

近所の車
c0016177_19245071.jpg

気づいてないのか?
by atsushisaito | 2006-06-14 19:25 | 写真展 | Comments(2)

太陽@高円寺

c0016177_14431479.jpg

c0016177_14432573.jpg

ラーメン大盛り(500円)。店に入ると煮干のいい香りが。 バランスが悪くて座りにくいカウンターでしばし待つ。椅子が高すぎて、その割にカウンターが低い。そしてそのカウンターの下の荷物を置く棚がカウンターより申し訳程度ひっこんでいる程度なので、椅子をひくと棚に膝があたってしまう。そしてラーメン登場。 スープを飲む。うまい。天王みたいな味。つまり永福町大勝軒みたいに、魚がガツンと来て、そして表面は油で覆われスープが熱々といった。 正直これほどのものとは思ってなかった。だって普通盛りだと450円のラーメンですよ。 大盛りの量もけっこうなもの。 最後までおいしくいただいた。 麺がちょっと柔らかかったかな。もうちょい固めでしゃっきりした麺だとさらにおいしくなる、というか僕の好みになるかも。

c0016177_14433749.jpg

トマトのスパゲティを作ろうと思って、にんにくをフライパンにかけたところで、トマトの缶詰がないことに気がついた。いまさら買いに行くのもなんなので、そのまま適当なカルボナーラに変更。 といってもパンチェッタはおろかベーコンすらないので、サントクで買ったシーフードミックス(99円)を解凍。フライパンに唐辛子投入。そして麺湯で。麺もサントクで買っておいたディチェコ。 にんにくの香りが十分出たところでシーフードミックス投入。塩胡椒してさらに加熱、そしてバター投入。さらに麺の茹で汁を投入。そこから激しくフライパンを揺すり加熱!乳化!そこに茹で上がった麺を投入。火は消して、麺をあおって具と混ぜる。適度に混ざったら、ボウルに移し、そこに溶いた卵を投入。麺と混ぜ合わせる。そして黒胡椒をガリガリっとたっぷり。 適当に作ったのに、かなりおいしかった。 シーフードミックスもなかなか使えるな。
by atsushisaito | 2006-06-05 15:05 | 飯@高円寺 | Comments(0)

若月@しょんべん横丁

撮影の途中に下北沢!ちょっと懐かしい。下北が好きで、初めて住む街もわりと近い経堂を選んだ。 うまいもつ焼きに出会ったのも、ここ。そういえば「秀」にしばらくいってないな。 けっこう頻繁に行っていたわりにはうまい店あまり知らない。 よく行ったのは「秀」、「牛鉄」、で駅前の安い回転寿司屋くらい。 あ、地ビールたくさん揃えている店もあったなあ。  しばらくふらふらした後、キッチン南海で黒いカレーでも食べたろう、とお店に行くもやってなかった。 他に店、思いつかず退散。ヴィレッジバンガードもちょっと寄った。 女の子もかわいいし、やっぱり下北いい。
c0016177_14412644.jpg

c0016177_14433932.jpg

c0016177_14435311.jpg

c0016177_144468.jpg


新宿で飯。
c0016177_14451772.jpg

c0016177_14452715.jpg

ほんとは「かめや」でそばを食べたかったのだけど、満席なのでそのまま「若月」へ。 ラーメン大盛り(500円)。 うーん、おばちゃん湯切りろくにしないから、お湯が丼にボタボタボタっと注ぎ落ちて行く。B級すぎて気が遠くなりそう。 味も素晴らしく、僕がウエーバーと醤油で作るラーメンの方が味が濃厚でうまい、と断言できる。麺は平打ちのビロビロしたもので、これが最高に汁にからまない。いや、絡んでいるのかもしれないが、汁が弱すぎ。 でもしっかりと完食しました。 いやーまずかったけど、楽しかった。

佐内の写真展やってるんだ。近いうちに行こう。

なんでも江古田に「らすた」ができたらしい。6,7年前に日吉で食べたことがある。まだ上京して間もない時で、太麺が苦手だった時期なので、あまりいい印象はなかった。今は開店セールで200円で食べられるらしい。 多分、並ばないといけないので、通常の値段になったら行こう。

あー、あと調布の方で畠山の写真展もやってるはず。行かないと。
by atsushisaito | 2006-06-02 14:55 | 飯@新宿区 | Comments(0)

長浜食堂@中野

高円寺に食べに行きたかったのだけど、突然の大雨で中止。
嵐みたいだった。 ので近場のラーメン屋へ。

長浜食堂@中野
c0016177_20375736.jpg

普通のこってりタイプを注文(590円)。 確かにこってりなとんこつラーメン。臭いは若干抑え気味かも。 出身の御天に比べると。  最初ちょっと薄いかな、と思ったけど、食べ進めていくうちに、ちょうどいい具合に感じるようになった。もちろん替え玉(130円)追加。そしてゴマ、紅しょうがに辛い高菜をたくさん入れて、ジャンクにいただく。 おいしかった。

サントクによると、セールでディチェコのパスタが2袋350円、と安売りしてたので、スパゲティーニとフェディリーニを2袋ずつ購入。1キロ350円はけっこう安いと思う。 横にバリラの1Kg入りが420円くらいだったし。 セコイ話ではあるが。

c0016177_20465020.jpg

by atsushisaito | 2006-05-20 20:47 | 飯@中野 | Comments(0)

天王@高円寺

c0016177_15105471.jpg

Aセット(600円)。ラーメンと半チャーハン。 ラーメンは永福町大勝軒な感じで、熱々なところも同じ。煮干のいい香りがしておいしい。チャーハンはちょっと僕には味が濃すぎ。 いいなあ。近所に欲しい。

近所といえば、昨日、マチダヤで醤油を買った。美味んぼにも登場したことがあるほどの、全国的に有名な酒屋。 調味料もいいやつが置いてある。 僕が日本酒マニアでなくてよかった。もしそうだったらここにどんどこ金を注ぎ込んでたとこだ。 いろんなお酒のワンカップがたくさんあって面白い。

高円寺に飯沢耕太郎が協力してる、写真ライブラリー「D-library カオリナイト」ができてるみたい。一度行ってみようと思う。http://tcp.typepad.jp/expo/2006/04/_dcollection_100c.html
by atsushisaito | 2006-05-18 15:26 | 飯@高円寺 | Comments(0)

インスタントラーメンさくら@新井薬師

さっきDUN吉の前を通ったら、けっこう人入ってた。ほぼ満席に近い。宣伝するまでもなかったのかなあ。

それはともかく、開店以来、マスコミへの露出が凄い、話題のラーメン屋「さくら」に行ってきました。
c0016177_1312279.jpg

インスタント専門店! 店内に様々な袋入りラーメンがレイアウトされており、どれを食べていいのかわからなかったので、お店の人にお勧めを聞いて選んだのが、なまはげラーメン(340円)。青森のご当地ラーメンだそう。麺とスープは別々の鍋で作ってる。 味はまあインスタントそのものなんだけど、ほうれん草、メンマとチャーシューがのっており、ちゃんと手間がかけられていていい感じ。すこししょうがの香りが強いのかな。 いろいろ選べる楽しみもあり安価なので、おいしいというより面白い店で、注目を浴びるのも納得。 
c0016177_13241915.jpg
c0016177_13253814.jpg


by atsushisaito | 2006-05-16 13:26 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

はやしまる@高円寺

c0016177_1158280.jpg

つけめん塩大盛り(730円)。大盛りのしても料金は変わらず。 以前醤油を食べたので、今回は塩。 しょっぱいだけのつけ汁が出てきたらいやだなあ、と思っていたが、全くそんなことはなく、魚の香りもしっかりしたおいしい汁でした。 麺もしっかりしめられていておいしい。若干、茹で加減は固めかも。もう少しやわらかくてもいいかな。しかしこれって本当に塩なのかなあ、と疑うほど旨みたっぷりのスープで薄茶色に濁った感じ。 よくわかんないけどとにかく旨かった。味は基本的にたんたん亭系の店。わんたんなども旨そう。スープ割りを頼むと、小瓶に汁を入れてもってきてくれる。その汁だけ飲むと、魚介系の味はなくあっさりした動物系の汁だったので、作る際に合わせてるのかな。
 ちなみに「しょっぱいだけのつけ汁」で想像していたのがはやし家のつけめん。 あれだけ世間的には評価が高いので、僕とは相性が悪いだけなのかもしれないが、いまだ旨いと思えない。
by atsushisaito | 2006-05-07 12:10 | 飯@高円寺 | Comments(0)

じゃんず@江古田

c0016177_949317.jpg

特製つけめん大盛り(900円くらい)。 僕が食べた中で似たような味だと、十兵衛@大泉学園が近いかも。 十兵衛から動物系をだいぶおとなくして、魚粉プラスな感じで。そうするともう全然近くないか。  茹でに10分かかるという太い麺は売り切れで、平べったい麺。店内落ち着いた感じでいい。カウンターの座席数が驚くほど少ない。なので隣との距離がゆったりしてていい。 汁を割ってもらう時、小さな鍋にいれてきてくれるのだが、注ぐので好きなとこで止めてくれと。 そこは客任せにされても、初めてだから割る汁の味も濃さもわからないので止めようがない。 おいしかったからいいんだけど。
by atsushisaito | 2006-05-05 10:00 | 飯@江古田 | Comments(0)

ばりこて@高円寺

c0016177_2124523.jpg

博多系の豚骨ラーメン。 特有の臭みはないけど、汁はこってりしている。僕としては臭いもあった方が好きなのだが、たまにはないのもいい。 ただ麺がいまいちしっくりこなかった。噛んだ時の噛み応えが弱いのか、くちゃっとした印象。最初は普通の茹で加減で頼んで、あれ?っと思ったので替え玉では固めで注文。それでもやはり同じ印象。 店頭のポップには、いい麺を使っている、と書かれていた。多分、それは間違いないのだろう。でも僕はジャンクでいいから、もっとばりばりわしわし食べたい。

最近、久しぶりに体重を量ってみた。 あれ?っと思うくらい日本軍(入隊式で宣誓書に署名捺印後教官が、ここは軍隊だ!大声で断言していた)を除隊した時の頃と変わっていなかった。早いものでまるまる半年。 我ながらだいぶぽっちゃりしたと思う。体重が変わらないのは、脂肪が増えるのと同時に筋肉が落ちていったからだろう。 筋肉は脂肪の2倍の重さがあるらしい。当時から筋肉質な体ではなく、ぼてっとした感じだったので、今はかなりひどい状態なのかもしれない。 毎号買っていたTARZANもいつのまにか買わなくなってしまった。 内容がマンネリということもあったのだけど。  そういうわけでこれからしばらく体を鍛えようと思います。

で、ここまで状態を悪化させているのは、主に酒が原因なのは鬱になるくらいわかっているのだ。だけど、じゃあ明日から禁酒ね、ってやってみても2,3日後のは忘れて2,3ヶ月飲み続けることになるのは目に見えている。 だからちょっと考え方を変えてみようと思う。 酒を飲みたくなったら、まず考えてみる。なんで酒を飲まないといけないのか。今日、なんかあったっけ?めでたいことあった?めでたいこと、楽しいことがあれば、飲んでもいいと思う。でも、なんかしながら、作業しながら、本読みながら、そういう理由がない時に飲むのはよそう。というか飲む必要がないのだ。 あと○×。よくこういう節酒活動に入ると僕は、カレンダーに飲んだ日、飲まなかった日に印をつける。飲まなかったら○って。それを止める。飲まなかった日にはなにもつけない。酒を飲まなかった日は特別な日ではないのだ。飲んだ日は記録程度に記す。 
 アルコール中毒に関する知識はそれなりにあるので、こういうのがあまり意味はないのはよくわかっているのだが、とりあえずこれでやってみることにする。
by atsushisaito | 2006-05-04 21:55 | 飯@高円寺 | Comments(0)

東新宿ギャラリー巡り

東新宿とは言わないか。新宿東?
まずは
コンテンポラリーフォトギャラリーへ。
作者、タイトル覚えていない。ギャラリーのHPには掲載されていなかった。とにかく中がヤニ臭くて不快だった。そんなに長くいたわけでもないのに、服にまでしみついた。パチンコ屋なみ。写真は街の風景。特に印象に残らず。カラーとモノクロが混じる展示はちょっといい。

そして靖国通りを直進PGへ。

高橋万里子写真展「手触りの細く小さきほど」@photographer's gallery
c0016177_12162447.jpg

シンディ・シャーマンの怖い人形の写真を思い出した。 ちょっと僕には難解でよくわからなかった。感じ?感じ?でいいのか。こんな感じ?

さらに四谷方面へ。新しくできたロータスルートギャラリーへ。

藤巻いづみ写真展 「さすらいの丘」@LOTUS ROOT GALLERY
c0016177_12203853.jpg

よくわかんない。 光が気持ちよくあたってる所でシャッター押しました!ということはわかったが。

そして四谷まで前進、ルーニー、ニエプスと行ったのだが、やってなかった。
そしてプレイスMへ。 その前にトンネルやら新宿通りやらが交錯する5差路で、いつも警察が取り締まっており、いつも誰かしら捕まっているので、警官に聞いてみた。なにを取り締まっているのか。黄色の線での車線変更や原付の右折だそう。四谷から新宿通りにななめ右方向に前進すると右折になるんだってさ。 でも、これ警官1000人にアンケートとると多分、意見がわかれると思う。 そもそも前のトンネルは原付侵入不可なのだから、結局原付は左折するか、二段階右折するしかない。なにかしら看板かなんかで大きく示さないと、どんどこみんな捕まるだけ。僕はよく解釈がわからなかったから、いつも降りて押して渡ってたけど。どう考えても右折して外苑通りに進入しない限り、やや右方向に直進してもよい、と考える人が多数ではないか。あと、車線変更だけど、何年もここで頻繁に取り締まらなければいけないほど、違法な車線変更があるということは、それだけわかりにくい場所なはず。 全然対策取られてないなんておかしい。 

まあそんなわけで、前進。プレイスMへ。
熊木裕高写真展「晴天」@プレイスM
c0016177_12382674.jpg

写真の展示ではなく、写真集を作る際に、使用した色校を貼り付けてた。自費で作ったと思われる写真集がとてもしっかりとした作りだった。いくらでこれだけのものが作れるのだろう?写真そのものはよく覚えていない。隣の蒼穹社で、誰かが話する声とサインペンの音がするなあ、とチラっとみると森山大道がいた。復刊した「写真よさようなら」について話してた。多分、蒼穹社で扱う分にサインしてたのだろう。

そしてシリウスの前を通る。看板を見たけど面白くなさそうなので、コニカミノルタへ。木村伊兵衛受賞展をやっている。

第31回木村伊兵衛写真賞受賞作品展『鷹野隆大写真展「IN MY ROOM」』
c0016177_124511100.jpg

ホモの人もそうでない人も一緒くたに撮影してるらしい。が、生理的に僕は許容できない。嫌なものは嫌だ。 

山田 直写真展 「DREDGER」
c0016177_12505752.jpg

水族館で撮影してるのかな?わざと抽象的な写真にしてるとは思うだけど。綺麗な写真だけど、ちょっと中途半端な感じ。

森 弓月写真展 「花天」
c0016177_1253868.jpg

夕方にストロボで花を浮かびあがらせた写真。 綺麗。

そして飯

佐高@新宿御苑
c0016177_1375186.jpg

満来出身の店。 つけラーメンメンマを注文(800円)。全体的に満来より4、500円安い感じ。麺も茹でおきのものではなく、しっかりと水でしめられおいしい。つけ汁は、満来のものにポン酢をいれたような味。ちょっと酸味がきついか。 魚介系ではないラーメンが食べたいときにはいい店だ。
by atsushisaito | 2006-04-25 13:11 | 飯@新宿区 | Comments(0)