タグ:ラーメン ( 873 ) タグの人気記事

麺彩房@新井薬師

c0016177_22315772.jpg
 地元だから逆に足が遠のいてしまう、ということで久しぶりに麺彩房で和風つけ麺。通常のつけ麺の汁はけっこうどろどろ系なので、もう体にはしんどくなってきているが、これならなんとか美味しく食べられる。
 美味しくいただいた後、ここはタイミング悪いのか厨房の人が消えるときがたまにあって、食券で先にお金を払っていることもあるので問題はないのだが、なんだかここで黙って帰るのも申し訳ないなあ、と思いながら帰ることがたまに。もしくは、意外と帰る人に店員が気づかない。まあ空いてる時間の話だけど。


by atsushisaito | 2017-05-15 12:29 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

はし本@中野

c0016177_22344239.jpg
 以前より煮干しが強くなった感じだけど、美味しかった。卓上に柚子胡椒があったので足してみると、これがなかなかいい感じに清涼感と辛味が。この店ならではの辛いラーメンも美味しいけれど、この柚子胡椒との組み合わせもなかなか捨てがたい。

c0016177_22344345.jpg
 中野のブロードウェイで安いマッサージをするのにはまっていて最近ちょくちょく行っていて、この日は帰りに珈琲。前からいい雰囲気のお店で気になっていたのだが、ブロードウェイの2Fにはフグレンがサポートしてるbar zingaroもあるのでこのオーセンティックな感じのお店にはなかなか入る機会がなかった。
 高齢のおばさん2人で回していてけっこう大変そう。なので、席に座りゆっくり待った。注文はモカマタリ。正直なところ、全く期待してなかったのだが、注文が入ってからナイスカットミルで豆を挽くところから始まり、ネルドリップという本格派。
 珈琲はしっかりとボディが強い抽出で香りもよく、とても美味しくびっくりした。ケーキを注文する人が多くて、そちらも美味しそうだった。ブロードウェイのお店って全然マークしてなかったけど、実はいい店揃いだったりして。




by atsushisaito | 2017-05-11 12:46 | 飯@中野 | Comments(0)

博多天神@歌舞伎町

c0016177_22344291.jpg
 辛子高菜をブーストした博多天神は本当に旨い。


by atsushisaito | 2017-05-10 12:43 | 飯@新宿区 | Comments(0)

日高屋@中井


c0016177_23234451.jpg
 ちょっと小腹にいれていくか、と中井駅側の日高屋に。ぱぱっと食べられるであろうつけ麺を注文すると、熱盛りででてきた。
 標準で熱盛りなのかとメニューをみると、そこには『熱盛りにできます』の文字。水でしめた麺をさらに熱くするために茹で湯につける工程が加わるので、通常のつけ麺が熱盛りで出てくる可能性というのは、他の誰かのものが運ばれてこない限り天文学的な数字くらいに0に近いはずなのだ。そして混んでる時間ではなかった。暇を持て余すように惰性で胃になにかをいれてる人がほとんどであろう昼下がりも終わりの時間帯。
 なにかが中井の日高屋の厨房に、つけ麺イコール熱盛りを刷り込んでいるのだろうか。それともホールで働く外国の人たちの中ではつけ麺イコール熱盛りで、厨房に『つけ麺』とは伝えずに『熱盛り!』という符丁のようなものがあたかも普通であるがごとく植えつけられているものなのか。
 熱盛りのメリットは、麺が熱いのでスープが冷めない。以上。それだけ。デメリット。麺がくっつく。ぶよぶよ。ぱぱっと食えない。スープの温度差を楽しめない。
つけ麺の醍醐味ってやはり麺を啜る喜びなんだと思う。ラーメンって麺が良くてもスープがダメなら、ダメじゃないですか。でもつけ麺って麺がよかったら、スープがダメでもそこそこいけるんですよ。讃岐うどんで生醤油かけて食べるようなアレがあるような感じで、塩気があれば極論なんだっていけるものだと勝手に結論とさせていただくんだけど、でも麺をぶよぶよにして食べるほどに汁が冷めるのが嫌だったら、ラーメンを食べればいいじゃないですか。
 さらにつけ麺の醍醐味で、冷たい麺との攻防の末に冷めきった汁に熱いスープを足すことによって、新たな旨味が広がるこのジェットコースターのような口福があるわけじゃないですか。うむ、閉じこもっていた魚介が広がった!!みたいな。
 なんでもいいんだけど、勝手につけ麺を熱盛りにしないで欲しいんですよ。以上。

 全然以上じゃないんだけど、付け加えると工夫のない熱盛りが嫌いなだけで、工夫のある熱盛りに関してはなんにも異論はないです。でも僕にはお店で『熱盛りで!』っていう注文を耳にすると、リトル小岩井で「油少なめ」とかって注文してるおっさんの一言くらいに人生で無断な一コマだなって勝手に思ってるけど、でもそれは人の好き好きなので勝手にしてくれていいんだけど、僕のつけ麺はしっかりと水でしめたものであって欲しい。以上。
 


by atsushisaito | 2017-05-03 12:02 | 飯@中井 | Comments(0)

丸長@新井薬師

c0016177_22373458.jpg
 丸長でつけ麺。昔ながらすぎる味わいで麺はいいけど、汁がなあと。まあそう思いつつもたまに行くわけだけど、わりとチャーシューが美味しいのでチャーシューつけ麺にしてみた。
 900円と高額ではあるのだが、汁にチャーシューの旨味が加味されていい感じに。ついついシンプルなつけ麺ややさいつけ麺にしてしまうのだが、このチャーシューつけ麺は、それらとは別次元の味になっていて美味。


by atsushisaito | 2017-04-29 12:36 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

久仁衛@新井薬師

c0016177_22321791.jpg

 新陳代謝が遅い新井薬師にあって唯一どんどん店が変わっていく場所にまた新店。これまで牛のスープのラーメン、名古屋かどっかの卵ラーメン、あと担々麺のお店か。どの店も短命で終わっている。駅前あたりのラーメン屋はどこも息が長いから、決して立地が最悪とかではないと思うのだけど。
 まだ開店したてなのか券売機のメニューはラーメンと特製、それにトッピングのみ。とりあえず普通のラーメンを。登場したのは醤油ラーメン。一口飲むとけっこう醤油のあたりが強い。ただ、塩っぱいの手前くらいで収まっている。そしてその醤油の強さを鳥の出汁、脂がうまくオブラートしていて、けっこう面白い味。
 麺が一般的なラーメンにおける平打ちというものより、もっと平べったくピロピロ。なんかこういうの饂飩であったような。ただ初めはスープとよく絡んで面白い食感だなあと思ったのだけど、最初からかなり柔らかめな食感が後半はダレすぎてしまって、ラーメンの麺を食べてる感がしなかった。
 ゴリゴリの極太メンマは美味しかった。あと、カウンターの高さと椅子が全く合ってないのは大丈夫なのかなあ、、、、。どちらかという背は高い方の僕でも食べ辛かったんだけど。

by atsushisaito | 2017-04-28 12:12 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

はし本@中野

c0016177_21543677.jpg
 中野で人気店として急上昇のはし本。今のところラーメンとこの辛いラーメンの二本立てのメニュー。チリバディというマレーシア産の唐辛子を使用したラーメンで、けっこう辛いもののスープの素材の良さを邪魔しない感じに仕上がっていて、これはこれであり。
 メンマ好きとしてはメンマが水煮なのが残念なところ。
 


by atsushisaito | 2017-04-21 12:54 | 飯@中野 | Comments(0)

菜華@中野

c0016177_01004633.jpg
 支那そば。ここまで生き残っているのはやはり高いアベレージのラーメンを提供できてきている証左なんだよなあ。青葉にはめったに行かないけれど、菜華にはちょくちょく行ってる。場所もちょうどいいところにあるからなのだけど。ほどほどに軽くて美味しい。


by atsushisaito | 2017-04-18 12:00 | 飯@中野 | Comments(0)

ほりうち@新宿

c0016177_08094941.jpg
 特別僕は満来やほりうちのどちらかを贔屓しているわけではない。満来の分裂の流れは承知しているがさほど興味もないし、そしてことさらに美味いラーメンでもない。実際の話。ただ、僕にとっては『昔懐かしい東京の味』であることは確かだ。
 東京で最初に食べたラーメンは博多天神のそれで、大学生の頃に豚骨ラーメンにはまってわざわざ青春18切符で福岡県まで行った僕にはなんともダメな感が満載の博多天神のラーメンではあった。だけどもそのダメさすぎる感に心をしっかりと鷲掴みされて以来、今でもたまに食べるわけなんだけど、この満来の味も東京で初めて個展をした際に、ギャラリーからすぐ行ける距離にあるラーメン屋さんで、半ば仕方なしにお昼に食べていたラーメンなのだ。
 当時、といってもさほど昔ではないけれど、満来はあまり店員の態度はよくなかったような記憶がある。今の店舗になってからは全くそんなことはないのだが。なので、満来が一時閉まった時にすぐそばに開店したほりうちには旧来の満来にはない丁寧さがあるな、と思えた。
 満来が紆余曲折後に今の場所に再オープンとなり、ほりうちと至近距離で同じ味を出す店が並んでしまったことになったのだが、僕は気分というか、空いてる方を選ぶようにしている。すると必然的にほりうちの方に行くことになるのだが。。。
 ここまで前置き。。。。で、メンマざる(らーめん)を注文。けっこうな量だなあ、このやる気のない麺がいいんですよ、って汁につけて口に運んだら必要以上に暖かい。普通のつけ麺を食べる時とは明らかに麺の温度が違う。いやいや、最初だから汁が熱いんだよ汁が、と再度試すもやはり、、、、。
 まさかな、と思い麺だけを啜ると、暖かい!ちょっと水での締め方が弱かったのかなあ、ともう一度麺だけ食べてみると、これはさすがにないでしょ、ってなった。これ、熱盛り。一度締めた麺をもうお湯で温めて出してる。
 そもそもほりうちの麺は細めだし、熱で食感はふにゃふにゃだし、にんともかんとも。これって熱盛りになってません?って何度も聞こうと思いつつも勇気でず。16時くらいのまばらな客入りで間違えようはないだろうし、こっちがおかしいのかと自問自答を繰り返しながら麺は少し残して、スープ割だけしてもらった。スープ割美味い。
 家に帰ってからそもそもほりうちが熱盛りをしているのかどうか調べてみると、やってない、って書いているところもあるし、やはり悶々としてしまう。
 

by atsushisaito | 2017-04-15 12:56 | 飯@新宿区 | Comments(0)

五香菜館@新井薬師

c0016177_00201725.jpg
 五香菜館でタンメン。だんだんと営業時間が短くなってきてしまっていて、ここでラーメンを食べられる時間も残り少ないのかも。


by atsushisaito | 2017-04-12 12:20 | 飯@新井薬師 | Comments(0)