タグ:ラーメン ( 822 ) タグの人気記事

えぞ菊@高田馬場

c0016177_211342.jpg

 老舗の味噌ラーメンのお店。やまぐちに並びがあったからこちらへ。ここで醤油は食べたことなかったので、醤油。ランチタイムサービスで玉子をつけてもらった。入るタイミングが悪いと作る段取りの関係で、かなり出てくるのが遅いのがつらい。
 そして昔から変わらない味なんだろうけど、物足りなさが半端ない。これが味噌ならさほど感じないことなのかもしれないけれど、醤油だと俄然ダメなとこばかり目立ってしまう。この一杯は美味しくなかった。残念。
by atsushisaito | 2016-10-05 12:12 | 飯@高田馬場 | Comments(0)

ラーメン亭一番 @大分県別府市

c0016177_23574967.jpg
 食堂や冷麺専門店のお店で別府冷麺を食べたので、今度はラーメン屋さんの冷麺。やはりここでも直前にトコロテン方式で製麺するスタイル。なのでやはり麺のクオリティに関しては遜色がないというかどこもレベルが高い。丼に汁をはったスタイルも同じ。このキムチがアクセントになるのだけど、ひかり食堂のような酸味はない。ただ、汁の牛の臭みが一番出ていたのがこの店。それを臭みというのか個性というのかはわからないけれど、牛臭いなと思った。でもさらっとこんな冷麺が食べられる別府っていいなあ。うらやましい。

by atsushisaito | 2016-09-27 12:53 | 飯@23区外 | Comments(0)

ひらた食堂@大分県竹田市

c0016177_16454670.jpg
c0016177_16455994.jpg
 竹田市でなにか軽くささっと食べたいなあ、と調べてみるとちゃんぽんがちょっと有名なんだとか。なぜかというと江戸時代から長崎と竹田は繋がりがあって、それは近年まで続いていたので、ちゃんぽんが竹田市でも食べられるようになったとか、ほんとかどうかちょっと眉つばっぽくもあるけれど、そういうことなら、そうなのだろう。
 で、こちらのひらた食堂でもちゃんぽんを食べられることができるとのことで、行ってみた。ちゃんぽんよりカツ定食のツの小ささが気になったが、素直にちゃんぽんを注文。おばちゃんがうちは手打ちですからと丼を持ってきてくれた。不味いちゃんぽんなんてない、というのが世間一般の常識なので、安心して食べることができるのだけど、野菜以外の具材(肉や海老など)があんまり美味しくなくていまいち。麺も柔らかすぎだったなあ。あんまりいい印象はなかった。

by atsushisaito | 2016-09-19 12:45 | 飯@23区外 | Comments(0)

天王@高円寺

c0016177_2394969.jpg

c0016177_23102471.jpg

c0016177_2313936.jpg

 天王の飾らないお店の雰囲気好きだ。そして味もいい。キクラゲと玉子の炒め物でビール。本来なら飲んで〆るなんてやらないんだけど、天王にきて麺類を食べないなんてとても後ろ髪を引かれてしまうので、胃に負担のなさそうなつけ麺。それも塩つけ麺。
 登場した麺を汁につけて啜ると、出汁の旨味と香りが先行して美味しい。そして後味を塩できりっとしめている。半分くらいまで、その出汁の美味さで食べていける。そこから先は、塩の強さがだんだんと目立ってくるのだけど、なんとか最後まで食べきれられる。ただここまで塩気が強いと、さすがにこれをスープ割で飲もうと思えず、このままご馳走様。
 いやあ、天王は相変わらずいいお店。
 
by atsushisaito | 2016-09-18 12:08 | 飯@杉並区 | Comments(0)

ちばき屋@葛西

c0016177_22380064.jpg
 その美味しさには定評があって、期待していったお店。注文はワンタン麺。初めてのお店ではノーマルなものを食べるのが基本なのかもしれないけれど、ワンタンに惹かれてしまった。汁を啜ると出汁の美味さより、オイリーさが先行してしまっていまいち。これってラーメン発見伝であったようなスープの上澄みだけしか味わってない状況なのだろうか。
 スープの油っぽさが気になって他のパーツに集中できず。でもワンタンは美味しかった。もっと出汁ががつっとくると思ってたんだけどなあ。

by atsushisaito | 2016-09-11 12:36 | 飯@江東区 | Comments(0)

麺屋 ZETTON @新井薬師

 
c0016177_19162251.jpg
 駅前食堂以来、どこが入っても定着しない場所に入ったお店。しばらく様子見で入ることもなかったのだけど、そろそろいいかな、と中へ。狭苦しいカウンターとかとにかくレイアウト的にしんどい。一人でテーブルを占拠するのも悪いので、とりあえずその狭いカウンターに。買ったまぜそばの食券をかの国出身の店員さんに渡した。
 なぜかそのまぜそばに付いてくる味噌汁をこぼしながら、店員さんが持ってきてくれたまぜそばをさっそくいただく。載せられた具材で押し込むような強引な味で、決して不味いとまではいかないのだけれど、もうすこし攻めるポイント、基本的なところをしっかりすればここまでわけのわからない味にならないのではないだろうか、と思った。なにを食べさせたいかはっきりしない味。この味噌汁からして奇をてらっている感じで好きになれない。
 

by atsushisaito | 2016-09-07 12:15 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

五丁目煮干し@中野

c0016177_14125034.jpg

 中野の新店のラーメン屋、といっても僕の中では新店であるだけで、もう開店してから1年半くらい経っているそう。中野で飲む機会はそこそこあるけれど、ラーメンを食べる機会がめっきり減ってしまったので、全然お店を追えていない。
 お店に入って券売機の前でつけ麺かラーメンで悩んだ。暑いのでここはつけ麺かと思ったのだが、麺の湯で時間が8分くらいかかるということで、ラーメンにした。ラーメン味玉つき。それにメンマを追加。煮干しスープだとは店名からわかるので、どれくらいの煮干しなのだろう、と期待が膨らんだ。
 登場したラーメンは見た目からして煮干しが濃厚なのがわかる。一口スープを飲んでみると、煮干しで出汁をとってるんじゃなくて、煮干しをスープに溶かし込んだというか、煮干しの絞り汁といったハードコアな煮干しスープだった。これだけエクストリームな振り幅があるスープだと、さすがに好き嫌いが大きくわかれてしまうが、僕は嫌いではない。
 ざっくりとした味わいの麺とのマッチングもよく、こういうのもラーメンの進化の形の一つなのかなあ、と思いつつ、メンマと玉子を喰らってごちそうさま。
by atsushisaito | 2016-08-18 14:24 | 飯@中野 | Comments(0)

麺や つとむ@中野

c0016177_2222017.jpg

 中野から北上して早稲田通りを越えて少し進んだところの右手にあるラーメン屋さん。何年か前に一度行ったことがあるけど、いわゆる魚介動物系のダブルスープという、スタンダードな味わいだった記憶がある。それ系ならすぐ近くに麺彩房があるので、わざわざここに行くという理由もなく、でもこの日はちょっと行ってみよう、という気になった。
 ランチタイムが終わるぎりぎりだったみたで、ちょっと気まずいなと思いつつ、つけ麺の中盛りをお願いした。ランチタイムサービスでいくつか選択肢があったので、味玉子をお願いした。前払いというあまり慣れないスタイルなので、ちょっと焦る。
 で、食べた感想はというと、普通に美味しいというか、この組み立てでまあ外しはしないのだろうなあ、という味わい。どっちかというと魚の方に針が倒れているかなというか。面白いのは卓上にすだちの汁があって、それをかけると、独特のさっぱり感がでて普通に酢をいれるより、いい感じ。ただし量の加減を間違えると、味のバランスが壊れてしまうので、少量がいいかと。
 入店した時間がまずかったのか、店主のテンションが低くて、う~ん、という印象。。。 
by atsushisaito | 2016-07-31 12:02 | 飯@中野 | Comments(0)

麺屋 睡蓮 @新御茶ノ水

c0016177_21441416.jpg

 順天堂に受診のおりに、せっかくだから近くで食べたことないラーメンでも、とネットで調べて向かった。渋い名前だから勝手に和風のエッセンスが効いた外観かと思ったら、雑然とした幟やらでシンプルなデザインが台無しで、メニューとか表に出さない方がいいなあと思いつつ入店。
 つけ麺の中盛りの食券を購入。ちょっと高いなと思った。お店の人の対応はとても丁寧。つけ麺はまあよくある魚介系の味。これを例えば10年くらい前に食べたら、凄く美味い!って思う味ではあるけれど、いかんせん業界のレベルが高くなってしまって、これで普通だ、と思ってしまう。
 麺の茹で具合はとてもよくて、変な固さもなく茹ですぎでもなく、さすがといった感じだった。スープ割の時に柚子を加えて、さらに電子レンジで温めてくれるというサービスもあり、2度美味しいといったところ。だけど、器も熱々になる、、、、。
 
 
 
by atsushisaito | 2016-07-29 12:38 | 飯@文京区 | Comments(0)

神戸サウナ&スパ@兵庫県神戸市

c0016177_23242666.jpg

c0016177_23244554.jpg

c0016177_2325540.jpg

 こちら、サウナを愛する人々 サウナーの人達にとって楽園のスポット。泊まっていたホテルをチェックアウトして向かったのはここ、神戸サウナ&スパ。たしかにそこはサウナーにとって楽園であった。繁華街のど真ん中にこんなスポットがある神戸に少し嫉妬。
 ゆったりとサウナや風呂で時間を過ごした後に、館内のレストランでご飯。手首に巻いているキーについているバーコードで課金できる。ただここ、休憩所との隔てがあまりないからか、席についてもないがらしろにされる。とても空いている時間帯で誰もいないのに、メニュー片手に注文したい感満載の僕の目線を見向きもしないで真横を通り過ぎる。
 これほど接客に無関心なホールの人を初めてみたなあ、と新鮮な視線でホールの人に目線を合わす目、我関せず。花輪和一の「刑務所の中」の一節「願います!!」を再現するごとく無愛想なねーちゃんを引き付けて肉団子を注文するも品切れ。なのでトマトラーメンを代わりに注文。
 出てきた赤いラーメンは、トマトっていう感じもするし、これって粉チーズかけたら美味しいのかもなあ、とまあそんな不完全燃焼な具合での神戸サウナの一食。
by atsushisaito | 2016-07-22 12:23 | 飯@23区外 | Comments(0)