タグ:ビール酒&etc ( 1015 ) タグの人気記事

ふくべ@八重洲

c0016177_235367.jpg

 日本橋と東京駅の中間に位置するこの酒場。創業が昭和13年という老舗で、昔と変わらずこのあたりの飲んべえのたまり場になっている。太田和彦の著作でその存在は知っていたものの、まだ行ったことはなく、打ち合わせの流れで偶然辿り着いた。店の前まできて、そういえばここは、と気がついた。
 それまでイベントのオープニングで獺祭をしこたま飲んでいたので、それほど飲み食いはしなかったのだが、ここの名物ともいえる「くさや」はいただいた。それほど広くないお店の中でくさやを焼いてだすお店は23区内では珍しいと思う。もちろん東京都である伊豆諸島では普通にあるのだけど。
 群馬泉などの日本酒をぬる燗でいただいて食べるくさやは大変美味しく(周囲の迷惑はともかく)、そしてお店の人達がとても丁寧でいい酒場だった。またあの辺りで飲む時に行きたいな、と思った。
 
by atsushisaito | 2016-12-09 12:03 | 飯@中央区 | Comments(0)

写真集飲み会 in 代官山

c0016177_2136516.jpg

 あの写真集飲み会が再び東京で! 昨年は原宿のVACANTで2回開催、今年の5月には大阪のDerapeauで開催された写真集だけのアートブックフェア 写真集飲み会!
 https://www.facebook.com/events/139631269838192/
 今回は代官山ヒルサイドテラスのアネックスAでの二日間、近くのバンケットでは土曜日にトークショー、その近くの代官山蔦谷では特設テント、4日は関連イベントとしてその蔦谷でChad Mooreのサイン会など盛りだくさんの2days。
 まだ更新していませんが、これから更新します。続きはwebで!
http://pnd.tokyo/

 ちなみに今回の美味いビールは甲府のOutsider Brewingさんです。そこで目がキラリと光った人、わかってますね~
http://outsiderbrewing.jp/outsider/top.htm
 

イベントを手伝ってもらえるスタッフを募集しています
info@pnd.tokyo
までお願いします
by atsushisaito | 2016-12-03 21:50 | Comments(0)

旬味酒好 かん@宮城県仙台市

c0016177_21535023.jpg

c0016177_2154057.jpg

c0016177_21541354.jpg

c0016177_21542957.jpg

c0016177_21561589.jpg

c0016177_21552296.jpg

c0016177_21553415.jpg

c0016177_21554699.jpg

 前回、仙台に行ったときに飲んだお店に再訪。こじんまりとしたお店だけど、地酒の品揃えはとても良く、ここ一軒だけで十分堪能できてしまう。お料理の品数は多くはなく、店主が市場で仕入れてきた地の素材を手の届く範疇で丁寧に出してくれる。無理をしていない感じ。常連として季節と共に変わるメニューで毎日一杯やりたいお店。
 お通しは3品。地鶏ときのこのスープから。柚子の香りがアクセントで美味しい。胃が温まる。二品目は鯛のお刺身、そしてコハダの酢〆。日本酒は蒼天伝から。一人一杯だけ注文できる、その日のお薦めの一杯。お得な値段。それから宮城でとれた穴子を焼いてもらって、戦勝正宗。最後に塩竈のメバチマグロのブランド「ひがしもの」の中落ち。ビロードのような食感でうっとりしながら、乾坤一の純米吟醸やまだにしき ひやおろしを飲みほして御馳走様。
 風情のある源氏もいいけど、お酒と料理はこっちの方が楽しめる。一心より安いしw
 
by atsushisaito | 2016-11-30 22:15 | 飯@23区外 | Comments(0)

信@福岡県福岡市

c0016177_23573539.jpg

c0016177_23575127.jpg

c0016177_2358428.jpg

c0016177_23582038.jpg

c0016177_23583694.jpg

c0016177_23585850.jpg

 博多へ来たときにちょこちょこ行っているお店。刺し盛りのウニが北海道産だったことから、唐津のウニもメニューにあったので注文してみた。北海道は濃厚、唐津はあっさりといった感じ。その他、うにの塩辛も美味しかった。
 いちじくの天ぷらを注文すると、今日の品種は甘いけど大丈夫ですか、と聞かれ大丈夫と答えたけれど、とても甘かった。。。。いろいろつまみ最後にアスパラ。
 また来ます。
by atsushisaito | 2016-11-15 12:56 | 飯@23区外 | Comments(0)

旭軒@福岡県福岡市

c0016177_2365264.jpg

c0016177_2371190.jpg

c0016177_2374431.jpg

 勢いがついてしまい旭軒で餃子。ついカウンターにのってる手羽先を頼んでしまうのだが、別にこれは美味しくない、、、、。こんがり焼きたての一口餃子は旨しでビールにぴったり。
 さらに勢いづいてホテルの裏手にある博多一幸舎 博多本店でラーメン、でホテルでミニ五郎でぐっすりな夜。
by atsushisaito | 2016-11-11 12:06 | 飯@23区外 | Comments(0)

寿久@福岡県福岡市

c0016177_22462199.jpg

c0016177_2246322.jpg

c0016177_22465377.jpg

c0016177_2247845.jpg

 宿泊先が駅近くのクラウンプラザだったので天神あたりまででるのも面倒くさくて、博多駅周辺で一杯で。前に来たときに建造中だったKITTEも完成して、駅周辺も賑わってきていた。飲んだのは天神の方とは反対側の筑紫口から歩いてすぐそばの寿久。大衆割烹のお店。
 入ると細長く広い店内でリーマンがわいわいとしている。入り口で優しく店の人が迎えれてくれて、まずはいきなり左手の冷蔵カウンターから好きなものをどうぞ、と言われる。そこにはお刺身などが並べられていて、好きなものを自分の席へ持っていくシステム。秋刀魚を強くプッシュされたが、手に取ったのはゴマサバと鳥モツ酢。
 長いカウンターの一席に陣取り、おばちゃんにビールをお願いして、持ってきたおつまみを食べる。作り置きだけあって、ふだん博多で食べるようなきれきれのごまサバではないけれど、まあこれも雰囲気。モツ酢もしかり。
 焼酎をお願いすると、たっぷりの量がやってきた。このあたりさすが九州。300円ちょっとでたっぷり飲ませてくれる。続いて厚揚げ豆腐煮を注文。けっこう時間がかかったので、いつものごとくスルーされてしまったのかと思っていたけど、そんなことはなく出てきた。愛想のないおばちゃんもしっかり気を使ってくれて、要所要所でごめんねと声をかけてくれた。
 いい出汁で煮含められた厚揚げをいただき、でも酒が余っていたので鶏皮の唐揚げ。これがサクサクと美味しく、いいじゃないか、博多!と一人テンション上げてお会計してもらった。空港に至近の博多なので、最後にさくっと一杯にいい店。
by atsushisaito | 2016-11-09 12:39 | 飯@23区外 | Comments(0)

プロヴァンサル@西武新宿

c0016177_1992376.jpg

c0016177_1993775.jpg

c0016177_1994811.jpg

c0016177_1910192.jpg
c0016177_19101912.jpg

 立ち飲みフレンチ。
by atsushisaito | 2016-11-08 12:06 | 飯@新宿区 | Comments(0)

大雅@中野

c0016177_21583164.jpg

c0016177_21593544.jpg
c0016177_2202073.jpg

c0016177_2212146.jpg

 肉が食べたくなって大雅へ。お通しのお刺身をつつきつつビール。焼きものも美味いけれど、目の前のショーケースに控えめに並ぶお魚も美味しそうなんだなあ。悩ましいところだけど、レバのちょい焼とハラミのたたきを注文。オーダーが入ってから切り分けて串に刺す店に不味いところなんかないよなあ。
 さっと炙られたレバの甘いこと。ゴマ油を用意してもらったけどふられた塩だけで十分に美味い。ハラミはいわずもがな肉の旨みがみちっとしてる。いつだったか暑い時期に煮込みを注文したら、寒い時期しかやってないっていわれたのを思い出して、煮込みを注文。まだ早いかなあと思ったけれど、大丈夫だった。
 チューハイをいただき、脛肉の煮込み。自家製ならではの大ぶりなカットの肉がほろっと口の中でとけて美味い。塩ベースの味付けがとても合っている。他にもかすべの煮つけや銀鮭など見るからに美味そうな姿でショーケースに並んでいる肴たちを惜しみつつお会計。
by atsushisaito | 2016-11-06 12:57 | 飯@中野 | Comments(0)

家宴@新井薬師

c0016177_22332010.jpg

c0016177_22334472.jpg

 福しんで軽飲みでもいいんだけど、でもちょっと物足りないときにはこちら。お昼は焼そばが鉄板だけど、夜もいろいろ美味しく食べれて楽しい。
by atsushisaito | 2016-10-31 12:32 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

両国 桜木店@富山県富山市

c0016177_23155741.jpg

c0016177_23161173.jpg

c0016177_23162585.jpg

c0016177_23163713.jpg

 ひさしで飲んだ後に、ホテルに歩いて帰る途中に、萌える赤ちょうちんを発見。大きい通りだったので余計にいい感じだなあ、思ってしまいつられて路地へ。そのどんつきにあったのがここ両国。店の前は少々カオスな感じになっており、一瞬入るのをためらってしまったのだが、まあせっかくだし、と中へ。
 雑然とした店内では、妙齢の男女の二人が酒を飲んでいた。かなりの常連のようだ。カウンターの向こうの店主に日本酒を注文した。さすがにやってしまったかなあ、思いつつお通しの漬物で酒をぐいっと。なにか頼まないと悪いので、黒板から魚のすり身揚げを注文した。どうも市販のものを袋からだして揚げている。まあそういうわけで、揚げたてでもあることから普通に食べることができた。
 このあたりでカップルの女性がウプっと座席に座りながら少し吐いてしまったので、二人共々帰ってしまった。残されて僕は少々気まずいので、豚のハツ(たぶん)を注文。タレで味付けされた串を食べてみると、これが意外とちゃんとしたモツ焼きになっていて、オヤジ、美味いじゃないか、と言いそうになった。
 実はこれだけ寂れているような感じだけど、調べてみると総曲輪に本店があるちゃんとした(?)酒場の支店みたいだ。駅前にもあるみたい。串のちゃんとした感はそういうことなのかあ、と思った次第。ただ、酔ってないとまず入ることはできない雰囲気だよなあ。
by atsushisaito | 2016-10-30 12:14 | 飯@23区外 | Comments(0)