タグ:ビール酒&etc ( 1074 ) タグの人気記事

法華クラブ@鹿児島県鹿児島市

c0016177_21454004.jpg
c0016177_21462788.jpg
 ハイブリッジでジントニックをいただき、近くの酒屋でいも焼酎を購入し部屋で飲んだ。
c0016177_21463283.jpg
 鹿児島市にもドーミーインがあって普段なら安心安定のドーミーインを選択しているのだが、近頃はタイミングが悪いともはやビジネスホテルの価格を逸脱してしまっていることが多く、この日は法華クラブに。名前がなんだか宗教を連想させる感じで、例えばいくつかのホテルチェーンが並列になって選択できる状況だと、その名前のせいだけで優先順位を下げてしまう人も多いのではないか。しかしこのホテルチェーン、日本のビジネスホテルのレベルの高さを如実に表している。清潔であることはもちろん、フロントの丁寧さはとても素晴らしく、非の打ち所がない。
 そして、今回驚いたのは朝食。ビジネスホテルというカテゴリーでこれほど素晴らしい朝食は食べたことがない。もちろん何を持って素晴らしいかということには人それぞれ定義が違うだろうし、誰にでも当てはまるものではない。この場合、観光として鹿児島市に1泊滞在する上で最高に素晴らしい、ということにしよう。だいたいどんなに品数が豊富な朝食ブッフェ(ビジネスホテルの!)でも、その土地の名物は数品あって、基本はまあだいたいどこも同じ。しかし、鹿児島の法華クラブは名産じゃないのってどれよ?とばかりに様々な郷土料理で楽しませてくれる。そして美味しい。鹿児島という県が本土のみならず奄美諸島の豊かな食文化を持っているからこそ成せる技ともいえる。
 法華クラブには沖縄で一度泊まったことがあるが、その時もいい印象だった。ここで鹿児島市のドーミーインと法華クラブの差はやはり温泉だと思う。法華クラブの大浴場は人工温泉。ただし、鹿児島市は銭湯からして源泉かけ流しなので、値段を比べると無理してドーミーインである必要はない。町のお風呂に入りに行けばいい。ドーミーインの温泉だって市役所近くのかごっま温泉のお湯を輸送しているのだ。
 ただし、僕はドーミーインの大浴場に置かれているポーラのアロマエッセのシャンプやコンディショナーが好きなので、やはりその日の値段をみてドーミーにするかどうか迷い続ける。ドーミー文庫(客室に持っている漫画)や夜鳴きそば(食べてくないのについ食べてしまう)など魅力的なアイテムはさすが王者ドーミーイン。しかし、法華クラブはもっと知名度上がっていいと思うなあ。ただし、デリヘルは完全ブロックだそうなので出張先で楽しみたいお父さん向きではない(らしい)。

by atsushisaito | 2017-10-17 12:44 | 飯@23区外 | Comments(0)

海賊船@中野

c0016177_23100849.jpg
c0016177_23100904.jpg
c0016177_23100953.jpg
 久々に海賊船で焼酎。
by atsushisaito | 2017-10-16 12:09 | 飯@中野 | Comments(0)

菜菜かまど@鹿児島県鹿児島市

c0016177_22303300.jpg
c0016177_22303418.jpg
c0016177_22303424.jpg
c0016177_22303528.jpg
 4年ぶりの訪問。一度来たことがあるにもかかわらず、こんな路地だっけ?という細いところにひっそり。しかし、太田和彦本掲載歴もある酒飲みには有名なお店。焼酎の八幡をもらって飛魚のつけ揚げ。大きく丸い形が独特。揚げたての魚の練り物が美味しくないわけがなく、白身の凝縮された甘みがどっしりと。そしてほのかに練りこまれた大葉の爽やかな香り。
 そして鹿児島といえばキビナゴ。東京の人間からすると、せっかくのキビナゴを焼いて食べるなんてもったいないような気が多少ありつつも今回は焼きで。刺身の美しさとは違って野趣溢れる見た目に内臓のほろ苦さと酒の合うこと。是非一度足を運んでみてください(太田和彦風な感じの〆)。

by atsushisaito | 2017-10-13 12:30 | 飯@23区外 | Comments(0)

さつき@鹿児島県鹿児島市

c0016177_23433034.jpg
 鹿児島は温泉県なので街の公衆浴場までも源泉掛け流し。390円。壁には桜島。これ、夜にライトが点灯したとこ見たかったなあ。
c0016177_23440053.jpg
c0016177_23440063.jpg
c0016177_23440106.jpg
 前回、鹿児島に来た時は菜菜かまどだけで、こちらのさつきには来れなかった。太田和彦の百名居酒屋掲載店。お店に行くと、最初の一人目の客で、まだ下拵えがすんでない感じの状態。音楽などはなくて女将さんとカウンター越しの対面勝負。まずは瓶ビールをお願いした。生ビールがレーベンブロイとちょっと変わった品揃え。お通しはナスの煮物に豚みそ。この豚味噌が美味かった。刺し盛りが出るまでの間、とても大活躍。
 女将さんが明るい方というか普通におばちゃんで、マンツーマンでもストレスなく飲めた。刺し盛りの登場と共に三岳のロック。刺身は青鯛、ハガツオ、〆さば、タコにキビナゴ。刺しはさすが、どれも美味しかった。太田和彦ネタで少し話も盛り上がり。
 酒が微妙なあまり方だったので、もう一杯追加でおつまみに、といもがら(ずいき)と冬瓜の煮物を注文。お出汁が美味しかった。

by atsushisaito | 2017-10-01 12:43 | 飯@23区外 | Comments(0)

ROTI ROPPONGI@六本木

c0016177_20304905.jpg
c0016177_20305369.jpg
 野口里佳さんのTaka Ishii Galleryでのオープニングレセプションの後の2次会で。アメリカ料理とのことだが、実はあまり料理の内容を覚えていない。。。お店は六本木らしく海外の人たちも多い。この店でとてもよかったのはビール。さすがアメリカ料理の店だけあって生ビールはストーンとシエラネバダという重厚なクラフトビールを味わうことができる。もう1つゲストビールがあったが名前は忘れた。シエラネバダはボトルでしか飲んだことがなかったので、ついついたくさん飲んでしまった。
 
by atsushisaito | 2017-09-24 12:30 | 飯@港区 | Comments(0)

ねんじり亭@富山県魚津市

c0016177_22591904.jpg
c0016177_22593041.jpg
c0016177_22593411.jpg
c0016177_22593870.jpg
 太田和彦本に掲載されているねんじり亭。外から中の様子が窺えないので満席かどうかわからず、しばらく外でもじもじした後に覚悟を決めて中へ。小さいながらもとても落ち着いた雰囲気。店主に一人なのですけど、と伝えると少し考え込んでから、どうぞと店主の前のカウンター席に案内された。時間が遅かったからかもしれない。
 店主の背後に食器棚があり、神経質に開けたり閉めたりしている様を見て、ちょっと怖い人なのかなあと思った。お酒は勝駒。火入れをしていない生。随分と安いなと思ったら、まあ量もそれなり。でも色々と飲む分にはこれくらいがちょうどいいかな。落としは10品くらいなのから好きなのを2つとる。エシャロットに塩辛。
 注文はキジハタの刺身。ここでは刺し盛りがいいみたいなのだが、そんなに食べられなさそうだったので。お隣の刺し盛りをちらっと見ると全部白身。何がなんだかさっぱりわからないが、楽しそうだったなあ。勝駒は早々になくなったので、この店オリジナルの旨酒ねんじりを。300mlのラベルのない瓶に入っていて、最初の一杯を店主が注いでくれた。勝駒好きなんですか?と話しかけてくれて、緊張が少しやわらいだ。
 この酒旨いなあと刺身をいただく。あともう一品ということでゲンゲの天ぷらをお願いした。するすると刺身を食べ終わる頃に酒が空いたので、もう一本旨酒ねんじりを注文。食器棚の中に太田和彦の百名居酒屋に登場する百名盃があったので、あれは番組のですねーとお話しすると、これで飲みます?となんと百名盃でお酒を飲ませてくれた。ゲンゲの天ぷらも美味しく、気分良くお会計をしてもらった。最初の印象と最後の店主の印象がガラッと変わったなあ。もし魚津に来ることがあれば、1軒目から行こうと思ったり。

by atsushisaito | 2017-09-19 12:59 | 飯@23区外 | Comments(0)

語り@富山県魚津市

c0016177_23122258.jpg
 魚津の街についてホテルに荷物を置いて酒場に。地元の人が飲みに行くというこのお店を教えてもらったので、ここ「語り」に。意外と奥に長いお店。中に入ると焼肉屋かと思うくらいに何かの肉を焼いている煙でちょっとなあ、と思いつつカウンターに座った。座敷には団体さんがいるみたいで結構騒がしい。別に騒がしいことはいいのだが、注文するときの声が通らなくなってしまうので、しんどい。
 生ビールをもらってお通しを突きつつメニューをみる。あまりそそられるものがない。というのもどうしても観光客目線で見てしまうから、富山の魚津らしいものを食べたいという気持ちが強く、普通に美味しいものより、美味しくなくても地元ならではのものを食べたいという感じ。翻って地元の人の目線では、高くて観光客しか食べないものより、普通に安くて美味いものを日常の居酒屋に求めるものだからどうしても両方を喜ばせるのは難しい。
 イカキムチが名物と黒板に書かれていたので、それを。あとはワラサ(だったかな)の唐揚げを注文した。イカキムチはキムチのタレが辛いというよりしょっぱくて、ギブアップ。レモンサワーを追加して唐揚げを待ったが、刺身が出てきてしまった。やはり注文時の声がうまく通らなかったみたい。まあでも刺身は美味しく(レモンサワーと一緒に食べるものではないが)て、もし地元だったら通ってるのだろうな、と思ういい感じのお店。


by atsushisaito | 2017-09-17 12:12 | 飯@23区外 | Comments(0)

あら川@富山県富山市

c0016177_22510640.jpg
 富山での印刷立会いの夜。今回はかなり難航してしまい、でも結果的にいい感じになったのでよかったけどかなり疲れた。夜は前回連れて行ってもらったのと同じ店「あら川」。アラカルトで適当に。刺身は甘鯛の昆布〆(富山人はなんでも昆布〆にする)、白えび、あとなんだこれ、カンパチかな。最初にビールを飲んでから、あとは勝駒。ひたすら勝駒でお店の在庫がなくなったら他の日本酒に。
 なんかたくさん食べた。「鰤のいなだ」という変な名前の珍味が美味しく、酒がグイグイとすすんだ。

 一軒だけで飲み疲れてしまって、ホテルに帰った。まあ部屋でミニ五郎を飲んだけど。


c0016177_23005509.jpg
 そういうわけで朝はしっかりと二日酔いで、せっかくのクラウンプラザの朝食もこれだけ、、、、。すぐ近くにできたドーミーイン系の野乃が海鮮に強い朝食を展開しているので、こっちも刺身系が充実してきた。でもこの白えび醬やホタルイカ醬で食べるお粥、けっこう好き。二日酔いの朝にはちょうどいい。 


by atsushisaito | 2017-09-13 12:47 | 飯@23区外 | Comments(0)

いちえ@群馬県太田市

c0016177_22015126.jpg
c0016177_22015959.jpg
c0016177_22020368.jpg
c0016177_22020743.jpg
 群馬の太田市に。ここ太田という町はメイン通りに風俗が立ち並ぶという異様な雰囲気。ビジネスホテルにチェックインすると窓からその風俗店の並びが見えた。あれってでもどういうお店なのだろうか。キャバクラとかなのかな。とりあえず酒場に行きたいと街をうろうろするも、あまりパッとしないというかお店の数が少ない。商店街みたいなのもないし。群馬ではわりと大きい街ではあると思うが駅まわりに全く魅力がない。大きい自動車工場があるのになあ。
 あれでもないこれでもないと歩いた先に辿り着いたこの店。これでもないなあ、と一度パスしたのだがまた戻ってきてしまった。でもわりと正解。我ながら引きが強いと思った。安い大衆酒場ではあるだが、散々歩いた体に瓶ビールとお通しがしみる。まず最初の注文は自家製しゅうまい。美味いか、というとそうでもないのだが、自家製ってだけで3割り増しに感じられる。煮込みも「臭みがない」っていう言葉は使えないくらいなんだけど、まあ食べ進めば悪くない。ここらで焼酎をグッと。
 最後に手作り豆腐。これも大豆の旨味が濃厚!っていうベクトルのものではない、普通の味わいなのだが3割増しでそこそこ旨い。焼酎をもう一杯グッとやってご馳走様。この店は夫婦でずっとやってこられた感じで、旦那の名前から「いち」、奥さんの名前から「え」を足して「いちえ」という屋号。なんかいいな、と思いつつご馳走様。
c0016177_22021527.jpg
 ちょっと寂しいビジネスホテルの朝食、、、、、我ながら盛り方が汚い、、、、。なんかスパイシーな品があったな。ここらはブラジルの方が多いから、もしかしてそういうニーズにも答えているとか?
by atsushisaito | 2017-09-10 12:00 | 飯@23区外 | Comments(0)

のぼりや@愛知県豊橋市

c0016177_23203558.jpg
c0016177_23203689.jpg
c0016177_23203645.jpg
 お腹が膨れるので食事の前にビールは嫌だなあと思いつつ、でもここは飲まないといけない瞬間だ、と確信して泣く泣く瓶ビール大。あまり、というか鰻を食べる機会というのがそれほど頻繁になくて、特に大阪にいた頃に鰻の焼きまで意識したことがなかったのだけど、東と西では明確に鰻の焼き方が違っていて、ここ豊橋はその分水嶺的な場所でもあるとか。確かに名古屋で食べた鰻は蒸さない鰻だった。
 東京のようにふっくら柔らかな鰻っていうのは実は関西からすると異質なものであって、蒸さずに焼くという方法が関西流とか。鰻の裂き方まで違ってくるというので、この辺りちょっと勉強してみたい。
 鰻は時間がかかるのでまずは肝焼き。700円だったので串に3つくらいの肝が刺されてくるのかなあっと思ったら小鉢に肝がどっしり。これにはびっくりした。タレとの相性バッチリでビールが正解。美味いなあ、としみじみしていたらうな丼到着。
 見た目は焼きががっつり入っているけど、食べてみるとふっくら柔らか。こちらでは軽く蒸してから焼いているとのこと。なるほど、両者のいいところのハイブリッド。酒が飲みたいから腹にものを入れたくないという気持ちを圧倒的に凌駕する美味さで完敗。わしわしと食べてしまった。

by atsushisaito | 2017-08-02 12:19 | 飯@23区外 | Comments(0)