タグ:ビール酒&etc ( 1051 ) タグの人気記事

北富士1日目

 とりあえず移動日。ということで、高速に乗らず、のんびり246-138-139と富士吉田に到着。まだ夕方前だけど、することもなく、肉屋で馬刺しを購入。200g1000円。東京に比べ、ちょっと安い程度かな。もう少し梨が原の方に行けば、100g350円くらいの店もあるのだけど、面倒なので近くですます。そしてスーパーで酒を調達。地方に行くと、必ず立ち寄るスーパー。その土地によって特徴があって面白い。 この店では、生でも食べられる、という近くの養鶏所から朝おろした肉を売っていた。試食があったので食べたが、十分おいしかった。
c0016177_2363033.jpg
c0016177_2363821.jpg
c0016177_2364632.jpg
c0016177_2365478.jpg
c0016177_2371285.jpg
c0016177_2372128.jpg
c0016177_237313.jpg
c0016177_2374155.jpg
c0016177_2374963.jpg
c0016177_238617.jpg
c0016177_23104066.jpg

初日は車中泊。馬刺しをつつき酒を飲む。明日の朝行く場所の近くの鳴沢の道の駅で。 途中、地元のkidsがスケボーをしにけっこうな人数でやってきた。それほどスケボーの音はきにならなかったのだが、ひとり太鼓を鳴らしてイヤッ!ホッ!などと奇声をあげる人がいて、我慢できず、110番に電話して、ボードの人はいいのだけど、太鼓だけなんとしてください、と伝えて、しばらくするとパトカーがやってきて、全てを排除して道の駅は静寂に包まれた。 さすがにちょっとかわいそうだった。
by atsushisaito | 2006-10-14 23:16 | Comments(0)

四文屋@新井薬師

c0016177_12425934.jpg

c0016177_12431326.jpg

c0016177_12432534.jpg

c0016177_12433418.jpg

c0016177_12434684.jpg

c0016177_1244171.jpg

c0016177_1244133.jpg

c0016177_1244244.jpg

c0016177_1244343.jpg

c0016177_12444535.jpg

c0016177_12445578.jpg

 焼串に行こうと思ったんだけど、思い切りがつかなく、そのままいつもの四文屋へ。メニューおいしそうなんだけどなあ。マグロの内臓の串食べてみたい。 初めての店で中がほとんど見えない店は、ちょっと入りづらい。
 四文屋は、まあいつもの味でおいしいかったのだが、なんか店員がぶっきらぼうというか、無言で注文したものを置いていく。 別に丁寧な接客など求めていないので、ちょっと言葉が乱暴だったりしても全然気にしないんだけど、今日はちょっと気になった。 いつもは元気がいい店なのに。
 店内のチレの看板の文字が、以前は赤色だったのに黒に変わってる。 あとミノ串は臭みがあって不味かった。先週石松で食べたミノが美味しくて、こちらでも頼んでみたのだが。
四文屋
by atsushisaito | 2006-10-08 12:56 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

カッパ@中野

c0016177_1794675.jpg

 中野のカッパ。9時半頃入店。先客はカウンター2人にテープル一組。相変わらず少ない。焼き台の前に座りたかったのだが(注文しやすいので)、焼き台の前あたりに座ると、先客と微妙に近い距離になってしまうので、店員がホールに出入りする、一番はしの席に座った。店員はおっさん、中国人女2人に中国人男一人の計4人。あきらかに多すぎ。女店員は、テレビに夢中。 別にいいのだけど、荻窪のあの雰囲気からはほど遠いなあ。味は同じなんだけど。 
 今日は初めから焼酎(280円)にレバ刺し塩2本。焼き物はトロとカシラをタレで一本ずつ。トロは相変わらずおいしい。カシラはちょっと一個一個が小さい。もう少し大きい方がいい。追加でオッパイと子袋タレで。なんにも言わないとタレででてくる。荻窪なら塩なんだけど。焼酎をお替りして、レバ刺しをタレ塩で2本。 ここでさくっと切り上げて1280円。 おいしかったけど、なんだかなあ。
by atsushisaito | 2006-09-17 17:26 | 飯@中野 | Comments(0)

ビー玉@新井薬師

c0016177_16365650.jpg

c0016177_16372571.jpg

c0016177_1637379.jpg

 新井薬師に引っ越してきた時から気になっていた店。このなんとも気の抜けた外観に惹かれて入店。 店内は常連さんばかり。てきとうにビールを頼むも、次の注文をなかなか言い出せない。ちなみにマスターの動きもブリキのおもちゃばりに遅い。 そしてつきだしに、なんかこんにゃくが出てきたので、それをちびちび食べてると、横のおっさんにいろいろ聞かれる。焼き鳥はもうない、とのことなので、無難そうな茄子のなんかを注文。 店内の話題は、いかにここのサワーが濃いか、という話題で盛り上がっていたので、レモンサワーを注文。たしかに濃いが、飲める。サービスタイムにはこれが100円。 腹は減っていなかったので、その後、何杯かサワーを飲んでいたら、大吉(FCから抜けて名前は変わっている)に行こう、という話になった。帰るつもりだったが、奢るから、の一言で行くことに。
 そして、大吉でレバ刺しなどを食べた記憶はなんとなくあるが、だいたいの記憶を失って次の日の朝を迎えた。別にうまいものがでるわけではないが、雰囲気はある意味面白いので、また行ってみたい。
by atsushisaito | 2006-09-09 16:52 | 飯@新井薬師 | Comments(3)

カッパ@中野

c0016177_12435499.jpg

c0016177_1244758.jpg

c0016177_12442661.jpg

c0016177_12443642.jpg

c0016177_12444464.jpg

またまたカッパ。この日は店主の姿はなく、中国人の女性が二人、カウンター内に、男性が一人ホールにいた。テーブル2席が埋まっている以外は客はなし。 荻窪と同じく、遅い時間は店主が引っ込むシステムなのか。 テーブルの客が中国語を勉強している学生なのか、店員とカタコトの中国語で盛り上がっている。焼き台では、女性店員が、てきとうに自分の食べたい串を焼いて、パクついている。 うーん。荻窪の渋い雰囲気はなし。 まずはビール小瓶に、レバ刺し。前回はなかったオッパイを焼いてもらう。タレがおいしい。荻窪ではシオで食べるのがほとんど。レバ刺しすらシオが基本だから。初めて行く人は、塩をかけられただけのレバ刺しに驚く。 トロやナンコツなどを食べ、おしんこを注文。やっぱり味が薄いような。おしんこには最初から、醤油がかけられているのだけど、それでは少ししょっぱいため、荻窪ではおしんこを醤油抜きで頼む人が多い。醤油がかかっているのに、これでは少し物足りない。 中国人の店員さん、仕事が少し大雑把な感じだけど、焼酎を注ぐ時にはその大雑把さが功を奏して、コップの受け皿が溢れるほどいれてくれる。 椎茸の石突(?足のところ)の串が残ってたので、注文。いつもあれば頼んでしまう。 適当に串を食べて、焼酎3杯で、2500円ほどだった。
by atsushisaito | 2006-09-07 12:48 | 飯@中野 | Comments(0)

石松@中野

c0016177_16131878.jpg

移転前のもつ焼き春の時から、ずっと行きたかった店。 常連率が高く、敷居が高いなあと思っていたので、なかなか足を運べなかった。  たまたま店の前を通ると、けっこう空いてたので入ってみた。The La'sのリー・メイヴァース似の店主が一人でやっていた。いままでいろいろ石松に関して調べた情報によると、注文を受けてから、肉を切り、串にさすので、手間も時間もかかる、一人でやってるので、誰かが注文したのに便乗して注文すると、店主も仕事がしやすいし、はやく食べられる、らしい。 飲み物を聞かれたので、ビールを注文。さて、誰かが注文するのに便乗するか、と待つが、誰も注文しない。みなさん、マイボトルの金宮を飲みながら、店主を交えて話をしている。まいったなあ、としばらくぽーっとしていたら、つきだし登場。 で、焼き物をきかれたので、とりあえずおっぱいを注文。 それから、またしばらくぽーっと待ってた。その間、何人かお客さんが入ってきたけど、凄いことに、みんな金宮をキープしている。へーって感心してたらおっぱい登場。ちなみにこの日はレバ刺しがなかった。 おっぱいはうまかった。で、他の人がタンを注文したので、便乗。けっこう待った。しかしもうビールはない。 どうしようか迷ったが、この日は退散。 このゆっくりしたペースについていけなかった。 また次回、レバ刺しがある日を狙って、行ってみたい。
by atsushisaito | 2006-09-05 16:37 | 飯@中野 | Comments(0)

魚の四文屋@中野

c0016177_9381394.jpg

c0016177_9382546.jpg

c0016177_9383514.jpg

もつ焼きの四文屋の新しい展開の店。面白そうなので行ってみた。 秋刀魚の焼き物(400円)、つぶ貝(250円)、のどぐろの刺身(700円)、岩かき(500円)、なめろう(400円?)、たこぶつ(300円?)。 どれもべつにおいしくない。 それより値段設定の中途半端さが気になった。安くもなく高くもなく。あえて四文屋の名前を使うのならもっとジャンキーな感じでもいいと思う。 特に岩かきがひとつ500円というのには呆れた。大泉学園の丸辰を知っているから、その落差にがっかりしてしまうのかもしれないけど、切り置きの刺身はないんじゃないか。300円くらいの値段なら、文句はないけど。 富士川食堂のおばはんでも、注文受けてから切るぞ。

味もたいしたことないし、安いわけでもない。これならちょっと高いお金払っても第二力酒造や陸蒸気に行ったほうが、気持ちがいい。 開店したてだから、これからどうなるかはわからないけど、よくなる方向に期待。
by atsushisaito | 2006-09-04 09:58 | 飯@中野 | Comments(0)

だるま@ジャンジャン横丁

c0016177_9251619.jpg

c0016177_9253282.jpg

てんぐと並び、この界隈では行列店のだるま。平日の昼間だけど、3店舗あるうちのどの店舗も満席。この本店の近くの越源という店がいい、と聞いていたのだけど、どうやら昼間はやっていないみたい。 で、たまたま空席ができただるまに入店。 ただ、この本店、他の店舗でやっているどて焼きをやっていない。串カツより、どて焼きの方が好きなので、ちょっと失敗。それでも串カツはおいしく満足できた。  串カツ、チーズ、アスパラ、はも、キス、、と適当に食べて瓶ビールをくいっと。 しかしこのあたりにしては強気の値段設定で、瓶ビール600円(たしか)。周囲の店では発泡酒でない生ビールが280円ほどで飲める。マグナムドライなどの発泡酒だと250円。  やっぱりどて焼き食べたかったなあ。

c0016177_9512524.jpg
c0016177_9515287.jpg
c0016177_9522526.jpg
c0016177_9524524.jpg
c0016177_9534338.jpg
c0016177_954265.jpg
c0016177_9541967.jpg
c0016177_9544173.jpg
c0016177_95503.jpg
c0016177_9551785.jpg
c0016177_9553689.jpg
c0016177_9555276.jpg

by atsushisaito | 2006-08-29 09:57 | 飯@大阪 | Comments(0)

ホルモン@沼袋

c0016177_17135534.jpg

c0016177_17141892.jpg

c0016177_17142943.jpg

c0016177_17144113.jpg

c0016177_17144928.jpg

久しぶりにホルモンへ。 22時閉店なので、空いてるだろうと21時くらいに行ってみると、空いてた!線路のところの四文屋沼袋店はけっこうな人だったけど。 まずはビールにレバちょい焼き。この店にはレバ刺しがなく、ほんとに軽くあぶった程度のレバーをだす。ほとんどレバ刺しなんだけど。おいしかった。そしておしんこ。これもいい感じでおいしい。そして焼き物。やっぱり子袋はこれくらい小ぶりのやつが好きだ。育ちすぎてるのは、ちょっとちょっとグロいし、軽く臭いが気になる。そして焼酎。梅シロップ入れほうだいがいい。四文屋じゃあ350円と割高だけど、ホルモンだと210円。ただ銘柄が四文屋は金宮だけど、こっちはサッポロ焼酎と見たことないやつ。 もつ焼き屋って、焼酎は一人3杯までの制限がついてるとこが多いけど、この店はどうなんだろうなあ。貼り紙なかったしな。 気になるメニューで月見っていうのがあったけど、どんなのだろう。
by atsushisaito | 2006-08-01 17:33 | 飯@沼袋 | Comments(0)

川名@阿佐ヶ谷

阿佐ヶ谷で安くて旨い居酒屋といえば、ここ川名。初めてここを知ったのは居酒屋礼賛。最近は「酒場百選」という本も出版されたそう。
 
で、久しぶりに行きました。というかつれていってもらった、というか。
まずはブロッコリーサラダ。
c0016177_9302271.jpg

卵とトマト炒め
c0016177_9313012.jpg

いさきの刺身
c0016177_9322490.jpg

ゴーヤチャンプル(だっけ?)
c0016177_9405531.jpg

ほっけ
c0016177_9332776.jpg

春雨なんとか
c0016177_934552.jpg

焼き物
c0016177_9345257.jpg

c0016177_935510.jpg

いかの粕漬け?
c0016177_9354918.jpg


このあたりから、撮るのも面倒になり記録していない。 ここからさらにいろいろ注文した覚えが、、。やまいもチーズおいしかったな。 酒もビールに始まって、ホッピー、生グレープフルーツサワーなどなど。 ここの生グレープフルーツサワーは、300円くらいなのに、グレープフルーツ半玉が絞り皿と一緒に付いてきて、かなりお得。

いやあ、どうもごちそうさまでした。
by atsushisaito | 2006-07-01 09:41 | 飯@阿佐ヶ谷 | Comments(0)