タグ:ビール酒&etc ( 1015 ) タグの人気記事

写真展巡り、、というほどでもないけど

 須田一政作品展 「風姿花伝」@JCIIフォトサロン
 説明するまでもなく有名な作品。あいかわらず単純な好きかそうでないかの分類をすると残念ながら好きな写真の部類ではないが、それでもいい作品だとは思う。モノクロバライタが美しい。最近新しくプリントしなおしたのも何枚かあるみたい。みた感じ。こういうのはどういう評価がされるのだろう。日本の風俗を記録した写真、ということなのだろうか。その裏に通じている水脈みたいなものを読み取れる能力は僕にはないみたいだ。ただキャプションにあった言葉には共感した。「歩く先に見えるものすべてが写真の対象に思えたものだ」

  ホンマタカシを見に表参道に降り立つも、日曜休業。。。。。。。。。。。。。。。。。。

  コニカミノルタプラザに行こうとするも1Fの案内を見て、まあいいや、とスルー。

  森下 大輔写真展[重力の様式]@ニコンサロン
  <写真展内容>
目の前の世界には、ただ物がその物としてあるだけで、それ以上でもそれ以下でもない、と云い切る人がいる。その一方で、作者が感じることの出来るこの現実こそがすべてなのだ、そう考える人もいる。
どちらの立場の人も、わかりやすい考え方にとびついてしまっていて、足元から広がる世界を見つめることが出来ない。
無限に広がる世界のありように思いを巡らせるためには、まず一つの場所に丁寧に留まる必要がある。そしてそこで、自分の身体とその場所が連なっていることを確かめなくてはならない。
本展のテーマは世界。立ち止まらせ、考えさせるという写真の特質は、世界と作者の間に繋がりをもたらしてくれている。モノクロ26点。

  ふーん。この人は展示会場に以上のキャプションをつけていなかった。まず、これを見ないで展示を見た感想を書けば、わからない、の一言。なにを?なにが重力?一生懸命タイトルとの関連を探し求めてみたけども、つかめず。単純に言えば、ただの街風景。。。で、このキャプションをWEBで読んだ感想、よくわからない。いや確かに作者が求めたいことはわかる。ただそれが伝わりにくすぎる。このキャプションの是非はどうだろう。これはあっても、また読み手を苦しめる結果になるような気がする。誰か解説してください。わかんない。

  山下 忠志写真展[其処に在るもの・其処にいること]@ニコンサロン
 西成の人たちのポートレイト。展示の仕方に工夫があって、通常の展示に加えて、中央にタペストリーの大きなプリント。いい。あのーーそのタペストリーの裏のハゲのおっさんはセトマサトさんじゃ、、、、。作者に聞いてみたかったな。こういう写真てやまほどあると思うんだけど、この作品は一枚一枚なんか気合いが入っていてよかった。特に、ああいいな、と思ったのはハッピー な感じの人。するどい眼差しの人の写真にもひかれるのだけど、それより無邪気なピースの大人の写真の方が面白い。ぜひアッパーな人たちの写真で次の作品をまとめてもらいたい。

ニコンの展示で思ったんだけど、ちょうど一年前の僕の個展の時と似てるなあ、と思った。藤本君と一緒だったんだけど、彼もポートレイトで、僕も風景でキャプションなし、ちょうど今行われてるような感じ。やはりキャプションがあった方がいいな、と思った。その時は、言葉で説明するなんて、野暮でかっこ悪いし写真があればそれでいいだろう、みたいな気持ちだったけど、それは見る人にかなりの力を強いている場合もある。挨拶文でもなんでもいいから、とっかかりみたいなのはつけた方がいいかも。

 で当然のごとく、ふらふらと長町さんがいたんだけど、逃げました!この一年なんら発表できない自分が恥ずかしすぎて。作品を見るふりして背面。ガラスの写り込みでバレてたかも。あ、そんなするどくないか。ポーっとしてるし。

 今日の飯

博多天神@新宿

はっきりいってうまくないけど、それでも行ってしまう店。コクもウマミもないスープにやわい細めん。まずは普通に食う。もちろんキクラゲ。キクラゲゴリゴリと麺をすすり、タイミングを見計らいカエダマ!!もちろんカエダマ無料券は入り口でGET!!賞味期限大丈夫?のタカナを投入、ゴマをザー、ベニショウガぐわー、そこにカエダマ!!ぐしゃぐしゃとジャンクな食べ物をくらう。これ正道。600円。ごちそうさまでした。いやそりゃ なんでんかんでんや御天の方がうまいけど、これはこれでいい。

BERG@新宿

 一杯目はドイツのケルシュ。美味いけど、それほどでもないなあ。次はエーデルピルスのハーフ&ハーフ。多分エビスの黒とのハーフ。苦みが強い。でもいい。あとはダラダラと生ビールをおかわり。4杯。合計6杯飲んだ。もうここではヒューガルデン飲めないのかなあ。ロッシュホールの生も飲んでみたい。いいビール屋さんを開拓しないと。
by atsushisaito | 2005-04-03 21:41 | Comments(0)

やき屋のおばちゃんは無愛想

 リクルートの公募NIPPONに出してきました。水ものなので落ちてもしょうがないけど、落ちると素直にショックです。。。。

 帰りに荻窪で一杯、と思いカッパへ。満席で入れず、そのままやき屋へ。立ち飲みの店。メニューは簡単なつけものとかに加えてイカがメイン。ほとんど150円。とりあえず生ビールとイカ刺し、ゲソ揚げを注文。この時点で680円。刺しも特に新鮮でうまいわけでもないし、ゲソも揚げ置きをそのままでてくるけど150円のものに文句は言えません。サクっと生を飲み干しレモンサワー。カッパみたいに焼酎があればなあ。大五郎に市販のレモンサワーで280円。あんまり安く感じない。でワタアエとイカ大根を注文。これで1260円。このワタアエが絶品。なんともいえない甘みとこく!!わざと残しておいたイカ刺しをこのワタのソースで和えて食べてもうまい!イカ大根の大根は真っ黒で驚くが旨味十分のやわらかで150円の品じゃない。このあとサワーを2杯おかわりして帰宅。   でもやき屋のおばさんはいついっても苦手。変に馴れ馴れしい接客はもっと嫌だけど。
by atsushisaito | 2005-03-22 21:49 | Comments(0)

飲酒

昨日は荻窪で、中村屋のインドカリー。おいしいんか?これ。まずい訳ではないけど、1300円払うにはそれなりの感動がないとなあ。新宿の本店はうまいらしい。こんど行ってみよう。
その後、新宿でふらふら。東口のヨドバシカメラでまったりする。マッサージ機が気持ちいい。これで30万は安いなあ、と思う。そしてゲーム館へ。ソフト売り場にいるとどうしてもなんか買いたくなる。昨日はXboxのプラティナパックという本体とソフト4本で1万8000円が無性に欲しくなった。マイクロソフトが親元だからPCエンジンDuoみたいな悲しいことにはならないと思うが、なかなか一歩が踏み切れない。そうこうしてるうちにPSP福袋が入荷。店内が慌ただしくなり行列が出来始めた。こんどはPSPが欲しくなり、さらに悶々とする。でも結局自分はゲームほとんどしないし、説明書読むだけでしんどくなるので、買ってもしょうがないかなあ、と思い断念。ゲームって買う前が一番楽しいな、自分にとっては。うちのプレステ2にはプレステ用の昔の三国志が挿入されたままやわ。で、いちおう2000円くらいの007のゲームを買った。
帰りに新宿駅構内のBergへ。ここはもうちょいゆったりしてたら最高な場所。なに飲んだかな。生ビール、エーデルピルス、ケルシュの生2杯。ハム食べた。ヒューガルデンの生飲みたかったんだけど、なさそうだった。その代わりにケルシュがあったのかな。久しぶりの飲酒。時間が遅かったのでカッパ@荻窪には寄らずに帰宅。家で飲んだバーボンが現在まで残る。。。。。
by atsushisaito | 2005-01-09 14:25 | 飯@荻窪 | Comments(0)

調子が悪い

昼頃、数日前着信があった電話番号から電話。この前のキャバクラ嬢からの営業電話かな、と思いでるとニコンサロンの長町さん。ちょっとがっかりした。なんでも今年Junaで個展した人で新年会があるとか。残念なことに仕事とかぶってる。出席できない、と伝えたがなんとか調整が効くかもしれない。
昼飯は石神井公園のイルポンテでカルボナーラ。玉子の白身も使ってるせいかソースがボソボソになっている。でも許容範囲かなあ。夜は荻窪のカッパへ。調子が悪いのでビール、おしんこ、レバ刺し2本、レバ(焼き)タレ2本で出る。1100円。無礼なおっさん2人組がマスターをすこし怒らせる。メニューにあるものしかできません、って言ってるのにしつこくないものを注文。しきりにうまいうまい言ってたから悪気はないのだろうけど、そのぶんたちが悪い。カワを食いたければ焼き鳥屋へ行け。
by atsushisaito | 2004-12-27 22:43 | 飯@荻窪 | Comments(0)

ティルマンス

 オペラシティの展示でグラっときた勢いでアマゾンに写真集を4冊注文したのが11月の頭。 ようやくそのうちの一冊(3週〜5週)が到着した。10日間程度で来るはずの残りの3冊は来年の2月まで延期、、、。 届いたのは「Portraits」。ゲイっぽさ溢れる一冊でした。対象が人物でこういう風に集積されるとフィルターもなにもなしに鼻先に突きつけらて、あんまり気持ちよくない、というのが正直な感想。 頻繁には見ないかも。気が向いた時か、なんかの参照に使う程度かな。ついでにNick Waplingtonの「safety in numbers」も注文しといた。2月頃には来るのか。

 夜、荻窪のカッパでレバ刺し食べようと、行ったら満席でしょうがないなあ、なんてうろうろしてると春木屋が目に入ったがスルーして○福へ。店主が風邪ひいてつらそうだった。腰も曲がって鼻もズルズルして。玉子入りのラーメンを注文。今時の世間の評価は○福にはとても辛いんだけど、食べると別にまずくない。そりゃ化調で舌はビリビリするけど、その代わりにジャンクな旨味も楽しめていい。いま旨いとされる店は魚介系の店が多くて、確かにそれもいいんだけど、バリエーションを考えると○福にはまだまだ頑張ってほしい。で食ってカッパに行ったのだけど失敗した。腹一杯だからなに食べてもしんどいし、ビールも進まない。店も空いてきていたので、けっこうダラダラいたんだけど、お会計が1820円。空きっ腹に酒は毒だけど、楽しみにしていたカッパなのでとても後悔。
by atsushisaito | 2004-12-17 23:30 | 飯@荻窪 | Comments(0)