タグ:ビール酒&etc ( 1041 ) タグの人気記事

四文屋@新井薬師

c0016177_11261068.jpg

四文屋でレバ刺し。今日のはいまいち。あまり鮮度がよくないのかもしれない。柔らかめで噛み応えが少なかった。 ほんとは沼袋のホルモンに行きたかったのだが、閉店が22時と早めなので、近くの四文屋にしたのだけど。 最近、ここでもおっぱいを出すようになっていい感じ。 おっぱいは豚のおっぱいで、こりこりと小気味いい噛み応えと、口に広がる甘みがくどくなくてとてもおいしい。荻窪のかっぱではいつも食べてた品だ。 今日は初めて豚足(小250円)を注文してみた。あらかじめ作り置きされていた豚足をもつ煮の中で温めなおしてでてくる。 ので、味はもつ煮の味。そのままでもうまいが、添えられたチリソースにつけてもおいしい。 ビールにキンミヤ2杯でご馳走さま。
四文屋
by atsushisaito | 2006-05-11 11:33 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

本城直季写真展「small planet」@(g)

朝、新聞をぱらぱらめくっていると、見開きでドンッと写真を使ったゲームの広告が目に飛び込んだ。思いがけない衝撃でしばらく固まった。新聞の広告にびっくりしたのは宮沢りえの「santa fe」とホリエモンの「ライブオート」くらいだ。それくらい惹かれた。 そういえばこの写真家 本城 直季 の写真展が代官山でやってるのを思い出して、行ってみた。

本城直季写真展「small planet」@(g)
c0016177_11443612.jpg

恵比寿からセブンイレブンを目印に適当に歩くと、着いた。 いくつかの写真は以前、新世紀で見た記憶があった。 何点くらいだろう。全部で20点くらいなのかな。どれも面白くていい。 かなりお勧めな展示。 
参考メモ:Miklos Gaal

あー。。speak forまで足を伸ばしていたら。ホンマタカシの展示が見れていたのに。 20日まで展示をやっているのを知ったのは帰宅した後。speak forといいここ(g)もかっこいいギャラリー。普段はspeak forにも寄るのだけど、時間があまりなかったので、すぐに写真美術館に向かってしまった。

代官山からガーデンプレイスまでかなりの距離。道々うまい店でもあれば入ってやろう、とあちらこちらより道するので、さらに歩く。結局食指が動かないまま到着。喉が渇いたので、写美に直接いかずにそのままサッポロビール記念館へ。 
c0016177_124466.jpg

まずは4種類の飲み比べ(400円)。エビス、黒エビス、ヒューガルデンみたいなオレンジビール、にエールみたいな上面発酵のやつ。100円払ってスモークチーズを追加。
c0016177_126980.jpg

エビス(200円)。
c0016177_1264668.jpg

エーデルピルス(250円)。普段Bergで飲むものより、やや苦味が強い気がする。
ここは本当に穴場。周囲は観光客の外国人くらい。ただ週末はやはり混むのだろう。ワインもあるが飲んだことはない。 しかし、昼間から飲む酒は好きじゃない。酔いつぶれられないから。僕みたいなアルコホリックな人間は、酔いつぶれるということに向かって酒を飲む習性があるので、途中で酒を切り上げてなにかをする、というのはなんとも物足りなく中途半端な気がするから。 かといってここで潰れてしまう訳にもいかず写美へ。

「私のいる場所 新進作家展 vol.4 」 @東京都写真美術館
c0016177_12172571.gif

入館前におっさんに話しかけられた。チケットあげます、と。残念ながらすでに持っていた。いつも思うのだけど、写美は少し入場料高い気がする。図書館もいちいち見たいの申請するの面倒だし。なにげなく手にして発見する面白さがない。 
 展示はけっこう面白かった。しかしB1の展示は必要なのか?おもしろかったけど、そんなスペースがあるならもっといろんな作家を紹介して欲しい。 ロモの写真は階段のところで十分でしょ。

で、中野着。
なんか食べたいと、ふらふらするが中途半端な時間で、目ぼしいところはやっておらず。入ったことないから入ってみるかと
和@中野
c0016177_1235560.jpg

A定食。中華丼にラーメンがついてきた。なんてことはない。外見と同様普通の中華料理屋。まずくもなくうまくもなく。ややまずいか。
by atsushisaito | 2006-04-21 12:33 | 飯@中野 | Comments(2)

岩井食堂@四谷三丁目

 ちゃりんこで四谷まで走る。 秋山さん村上さんと飯。有名な岩井食堂につれていってもらう。
c0016177_14123499.jpg

c0016177_14125523.jpg

いろいろ食べてみたかったのだが、僕の懐具合が値段についていけなかったので、軽く食事した後に、店を移動。次回、万札を用意して、また行きたい。
その後、新宿2丁目の秋山さん行き着けの居酒屋あいうえおへ。二人はタクシーで僕はちゃりんこで移動。
c0016177_14153539.jpg

c0016177_14154817.jpg

いろいろ話せて楽しかった。

あ、岩井食堂でちょっと気になったこと。ベルギービールが豊富だったんだけど、冷蔵庫で保管してなかった。提供する前に、常温にして酵母の香りが立つようにすることは普通なんだけど、やはり保管は冷蔵庫でしないと駄目だ。よくビックカメラや大型のディスカウントストアーでベルギービールを普通に棚に並べているところがあるけど、いくら安くても僕は絶対に買わない。ただでさえあれなカンティヨンなんかどんな味に変質してるのか怖いくらい。

ああ、岩井食堂でいろんなメニューを食ってみたい。メニューの本がでてるから購入しようかな。

by atsushisaito | 2006-04-16 14:24 | 飯@新宿区 | Comments(5)

二日目

 意外にもぽかぽかした陽気でまったく寒くない。
近所で朝めし。
c0016177_2333168.jpg

けっこう高い10ドル近いオムレツ。コーヒーは飲み放題。中にチーズやらなにゃらいろいろ入っていておいしかったけど。 チップがよくわからなくて、これじゃ足らん、ということで追加請求。

そしてチェルシーへ。案内してくれる人と落ち合いギャラリーをぐるぐる。もの凄い数と、大きさにびっくり。案内してくれた人は大学の写真部繋がりの人で、今回初対面。 堪能な英語で、同じ大学に通っていた人間としては恥ずかしいかぎり。

そして昼飯。
c0016177_23404414.jpg

本日のパスタ。ラビオリのクリームソースのバジルのペーストがのっかたの。NYのパスタはまずいと評判なので食べてみた。別にまずくはないんだけど、味が濃くて途中で断念。
しかし暑い。コートも脱いでオープンカフェ。2月なのに。
c0016177_23445436.jpg


そしてひたすらギャラリー巡り。一軒、写真を見てくれるアポがとれたので、土曜日再訪することにする。

そして夜。去年、一度日本で会ったNYのアーティストに会う。 今までは日本語で大丈夫だったのが、こっから一転、英語の世界。 チェルシーでは毎晩どっかで展示のレセプションが行われていて、どこでレセプションがあるか調べて巡るのだとか。 いろんな人に紹介されるも、ろくに喋れないし、もうひたすらワイン飲みまくり。結局4、5つほどのギャラリーを回ったと思う。かなり面白い体験ではあった。けっこう日本に来たことがある人が多く、日本の話題でちょろっと話した。 
c0016177_23562828.jpg

c0016177_23564374.jpg


その後、近くで食事。行ったのは昼間と同じダイナーだった。
c0016177_003995.jpg

ターキーのバーガー。せっかくおごっていただいたのだが、あんまりおいしくなかった。なんか揚げたポテトみたいなのが大量にあった。一緒のテーブルにいた人(名前は忘れた)がダイエットのためかそれをまるまる残していた。めっちゃ太ってるんだけど、すでに。やはりニューヨーカーは体に気を使うのか。

昼間からの疲れとワインの飲みすぎで、うとうとしてしまう始末。 時差ぼけも少し残ってたのかな。 先に帰らせてもらい地下鉄に乗ってアッパーウエストまで帰った。
by atsushisaito | 2006-02-20 00:09 | 飯@海外 | Comments(0)

Berg

源泉徴収関係の書類をもらうために、新宿へ。でBerg。
c0016177_15585553.jpg

c0016177_15591235.jpg

c0016177_15592367.jpg

c0016177_15593391.jpg

c0016177_15594461.jpg

全部、おごってもらったので普段食べないハムなんかも食べてみたが、やはりあまり旨いと思わない。軟骨の唐揚げはいつもながら旨かったけど。 
by atsushisaito | 2006-02-06 16:01 | 飯@新宿区 | Comments(0)

リハビリ

というか、しばらく(3日ほど)酒を抜いてみた。というのも10月から数えると、酒を飲まなかった日が3日間しかなかったから。しかも毎回気絶並。 こりゃあいかん、ということでリハビリ、っていったってアルコール アノニマスに参加したりなど、そういうわけじゃなくただ飲まない。
 これが非常に苦痛で、飲まない欲求よりも眠れないことによるストレスが増大。たいていのアル中は睡眠障害に落ち入っていて、すんなりと眠れない。もうひたすら現実と夢の狭間を漂う。そして48時間以内にアルコールが切れることによる退薬の症状がでる。中島らも風に言うと、小さな大名行列の幻惑が見えたり。これは個人差があるので全ての人に当てはまる訳ではない。僕も別になにかあったわけではないが、不眠とそれに伴う日中の集中力のなさに悩まされた。
 そんなことを書きながら、3日あけた今、飲んでいるのだが、どうも風邪を引いたみたい。調子わり。
そして久しぶりにBergへ。

Berg@新宿
c0016177_1192453.jpg

生ビールに本日のおつまみのシューマイ、そしてゆで卵2つ。シューマイは特になんてことはなく、しかも3個(350円)。Bergにしては珍しくコストパフォーマンスの悪い商品だ。いや、それなりに上質なものを使われているのかもしれないが、残念ながら感じることができなかった。今日はサクッと生ビール3杯で切り上げ。
 正月にブルベリーの生があったらしい。僕もベルギーの果汁添加のランビック好きなんで、飲みたかった。 ところでNYの食べ物調べてるけど、どれもあまり食べたくない。僕、マクドやらのファストフード系凄く嫌いだからなあ。そうじゃない、ハンバーガーもあるけど。。食の楽しみがない旅行なんて、単なる移動やね。 サースティー系のビールを飲みに行くのもあほらしいし。

意味もなく、西武新宿駅への移動の途中、歌舞伎町経由で行く。しかし、なんで歌舞伎町では海老を店頭で焼いてるんかな。なんかの名残か。しょんべん経由と関係あるのかな。
小腹がすいたので、目に飛び込んだ博多天神へ。

博多天神@歌舞伎町
c0016177_1302314.jpg

きくらげラーメンを注文。もちろん、入り口に置いてある替え玉無料券を取っての入店。博多天神は自分の中で、東京で一番食べてるラーメンだと思う。はっきりいって美味くない。しかしまずいか?というと、そのランクへ落ちる寸前で踏みとどまっている、というかそこで僕が後ろから背中を押しているというか。 多分、これがもう少しうまかったら、他店との選択を競合するし、まずかったら、絶対に行かない、そういう店。  ここではあのゴツいスープを抽出する機械はなかった。 あれが本当に稼働してるのか謎だ。  旨くないラーメンだけど、でも値段相応(500円)だと思う。  

 今日はいいことがあった。 博多天神で、600円のキクラゲラーメンを500円で精算してもらい、新宿へ行く際には、新井薬師の駅で100円拾った。

近所のゲーム屋さんが閉店で店内ゲーム半額セールに行って、SDガンダムGジェネレーションネオというのを購入(500円くらい)。これが難しい。最近(ここ5、6年)のゲームはダメできない。 なにせ説明書の段階でOUT。携帯電話と一緒。いまだに俺の携帯の電話帳はひらがな満載。 3年近くやって、最近007ナイトファイヤをクリヤ(一番簡単なモード)したばかりなのに。 
by atsushisaito | 2006-01-18 01:47 | 飯@新宿区 | Comments(2)

東京に帰る前に、再び新世界。今度はJR天王寺から。
c0016177_23135081.jpg

自由な人達が、よく犬を飼っているんだけど、かわいい。貰ったばっかりなのか、嬉しそうに子犬を抱えて歩く人とすれ違う。 でも中には外道がいて、食べたりするんだろうな。

連日の深酒と、全ての荷物を詰め込んだバックパックの重さで気分がすぐれない。ぜひとも新世界でホルモンを体験したかったのだが、おいしく食べるどころか、吐いてしまうかもしれないので、断念。
で、ジャンジャン横丁のおでんの立ち飲みへ。
c0016177_2319296.jpg

とりあえずの生ビール。鍋でぐつぐつしていたどて焼きがめちゃめちゃうまそうだったので、2本注文。 だめだった。なんか甘い。白みそがベースなのかなあ。よく煮込まれていてやわらかいのだけど。そのやわらかさもちょっと気持ちわるかった。はじめなにか違うものか、と思ったくらい。  お会計にしてもらおうか、とタイミングを計っていると、おっさん入店。手には牛乳瓶。注文したストレートのウイスキーにその牛乳をどぼどぼどぼー。 たしかに胃にはやさしそうですね。

中途半端な腹具合をかかえて、うろうろ。どこに入るのも中途半端なので、たこ焼きでしめ。
c0016177_23264579.jpg

ちょっと名前忘れた。「かんかん」だったかな。8個300円。  たこ焼き一個がでかくて、口に一気に放り込むのは無理。どうしてもばらさなければ食べられない。 生地はまあまあ。 なんか熱いのを頑張って食べるので精一杯で、よく味がわからなかった。 大きすぎるたこ焼きも問題やね。

ジャンジャン横丁一角。
c0016177_23353225.jpg


で、もう東京に帰ってきてます。そして今日の飯。
 
駅前食堂@新井薬師
c0016177_23402325.jpg

牛スジチャーハン(750円)。飯の量が多い。一合くらいあるのかなあ。少なめメニューが50円引きであるので、僕はそっちの方がいいみたい。 とにかく味が濃い。前もアジアンチャーハンというのも食べたんだけど、それも味が濃かった。 塩も強い。 でも牛スジはやわらかく八角の香りも。 チャーハン系は僕にはちょっと合わなかったけど、他のぶっかけめしや麺類にもチャレンジしてみたい。
by atsushisaito | 2006-01-07 23:53 | 飯@大阪 | Comments(2)

食い倒れてしまえ!

東京駅ビルで購入した弁当。
c0016177_22534285.jpg

1200円くらいしたのにまずい。500円で買っても不満がでたはず。

新幹線を降りて、地下鉄御堂筋に乗り換えたとたん、目に飛び込んだ強烈な広告。
c0016177_22541431.jpg

翌日、朝、難波の駅で南海そば。
c0016177_22543625.jpg

月見そば(290円)。 高校の頃、予備校に通うついでにちょくちょくよっていた。その頃、通っていた大阪予備校は潰れたらしいけど。 大阪に帰ると、舌の矯正もかねて、ほぼ必ず食べる。それくらい東京のたち食い蕎麦とは違うもの。醤油っぽさはないんだけど、出汁が強烈。 まあたち食い蕎麦の中での話なんですけど。

初日から撮影に行こうと思っていたが、せっかくなので一日大阪を観光することに。よく考えると、大阪で名物っていうものをほとんど体験していないような。。。。アメ村のレコード屋はよく知っていても、ここ自由軒には入ったことなかった。 それでもニューライトでセイロンライス食べたり、北極星でオムライスくらいは食ってるんだけど。 あと近所のたこ焼き屋で500円分(25個くらい)買ってきて食事にしたり。 そんなわけで行ってきました。あと僕の中では心斎橋も堀江も道頓堀も全部「なんば」なので気にしないでください。

自由軒@なんば
c0016177_22564513.jpg

名物カレー(650円)。タイミングが開店直後だったため、すんなり座れる、、も、店員の客席への割り振りが変。隙間なく埋めるため、例えば二人組は4人席に並列着席。こう書くと、人気店だからしょうがなく思えるような配置なんですが、テーブル自体めちゃめちゃ小さいため、前の座る二人組ともうお見合いより近い距離。 二人組は対面で割り振ってほしい。横に座られるのは近くてもまだ平気。
c0016177_2315647.jpg

c0016177_232976.jpg

 味は、、、自宅でボンカレーみたいな癖のないカレーの辛口とご飯をべチャべチャに混ぜて、その上に生卵を落とせば、けっこう近い味になると思います。そしてそこにウスターソースをかけて生卵もろともさらにぐちゃぐちゃに。辛さが生卵で包まれて柔らかくなります。  観光地に旨いものはなし、というのに当てはめるとかなり良心的ないい店です。僕は多分もう行くことはないと思うけど。 せんば自由軒との味比べはしてみたいな。

わなか@なんば
c0016177_234885.jpg

すごい行列。まだまだ正月のためかなんばの周辺のたこ焼きはどこも行列。吉本ツアーの方々がガイドに誘導されていくのをはた目にしながら、行列に並ぶ。 事前にネットで調べるとけっこう旨いらしい。 僕の中でたこ焼きというと、アメ村の甲賀流で、それを三角公園で食べるという図式があるので、あまりなんばのたこ焼きは知らない。基本的に並ぶのが嫌いなので、甲賀流も行列がない合間にしか買わない。大たこには並んだことが一度だけあるけど、食べて肩が落ちた。
 で買えました!
c0016177_2353445.jpg
 小8個(350円)、小ねぎポン(400円)。 オーソドックスなソース味と、ポン酢をかけた上にねぎを投下の2種類。 生地がおいしい。こんなけ生地が旨かったらマヨネーズはいらなかったかも。ネットで調べている時、東京と大阪ではうまいたこ焼きの定義が違う、というものがあった。東京は表面がカリッとして中がとろっとしていて、大阪では表面も中も柔らかいものが受ける、と。 その東京の味を代表するのが銀だこなんだろうけど、僕はいまいち好きじゃない。高いし。 正直、蛸そのものの旨い不味いはどうでもいいし、どこもそんな変わらないと思う。大事なのは生地の旨い不味いか。 ポン酢で食べたのは初めてだったのだが、意外といける。 粉っぽさもない。350円という値段は田中康夫風にいうと「しごくまっとうな値段」だろう。

帰りに新今宮で降りて、通天閣を目指して歩いた。 実は初新世界。 余談だが、新今宮のことはずっと「しいんまみや」と呼んでいたので、改めて書くと妙な違和感がある。

新今宮の便所で見た、しごく真当な落書き。
c0016177_2361714.jpg

新今宮の路上で愛を叫ぶ。
c0016177_2363452.jpg

多分、どっかの浮浪者に飼われている犬。元気です。

わー到着、新世界。
c0016177_236479.jpg

店頭のあちらこちらにビリケン様が。招き猫みたいなもんやね。
c0016177_23103116.jpg

c0016177_23104599.jpg

串カツとドテ焼きが食べたくて、いろいろ店をみたのだけど、やはり休日も重なって、どこも行列ありの超満員。 かなり浄化されて観光スポットになってしまったジャンジャン横丁。じゃりんこチエの世界はもっと殺伐としていたんだろう。 通天閣から離れて、生ビールが450円と近辺の相場からすると、かなり高い店にちょうど空き席をみつけたので入店。ちなみに周辺の生ビール(発泡酒じゃない)の相場は280円。最初は観光客が大半かと思いきや、けっこう馴染みの人が多くてそんなこともないみたい。 で、串カツ盛り合わせと、ドテ焼きを注文。ここのドテ焼きは皿で串ではなかった。
c0016177_2311569.jpg

c0016177_23111911.jpg

正直、ドテ焼きうまい!間違ってたらすいませんけど、僕の認識では、すじの煮込みがドテ焼きだと思うんですが。。。モツ煮とはまた違います。ドテ焼きという名称でこれを食べたのは、大学生の頃、枚方の酒道場で食べた以来。懐かしい。 そして串カツ。うーん。パン粉のフライやね。いや、めちゃめちゃタネが小さいというわけではないのだけど、これでもかと、パン粉をまぶして揚げているので、味がどうこうってあんまりわからない。それに二度つけ禁止のタレにがーっと浸すわけだから、なんか油とソース。いや、まずくはないです。東京に帰る前に、もう一日くらい日を設けられたら、再度新世界チャレンジしたいです。
by atsushisaito | 2006-01-03 23:11 | 飯@大阪 | Comments(4)

佐渡・新潟・東京

 佐渡紀行っぽいものをUPしようと思ったんだけど、とりあえず食ったものを。
c0016177_21181870.jpg

新潟駅についたものの店はどこもやっていなくて、唯一やってたみやげやで買ったはらこ丼弁当。まずい。
c0016177_21204871.jpg

佐渡汽船でフェリーを待つ間に食べた。ながもそば。ぬるぬるした海草がはいってる。 なかなかおいしかった。 せっかくだから新潟の米を食べようと思ったのだけど、ハムエッグ定食1300円の値段を見てやめた。 こういう観光客をぼるような値段を見るとうんざりする。
c0016177_2123759.jpg

佐渡に到着後、やっぱり寒ブリでしょう、ということで定食に一品加えたブリの刺身。 特別、佐渡だからうまい、ということはなかった。
c0016177_21244125.jpg

でメインの定食。値段だけ立派なんだけど、まあ普通の味です。
c0016177_2126278.jpg

夜、旅館の近所の店で食べたはたはたの焼き物。 卵がいっぱいあって美味しかった。 値段が書いてなかったので、いくらかはわからないが多分1000円ちょっと。 翌日、魚屋で一匹15円で売られてるはたはたを見てびっくり。正直、違うものであってほしい。 佐渡のスーパーはさすが魚介類充実してた。牡蠣なんか当然のごとく地元両津産。茹でズワイガニも小ぶりなんだけど、一匹150円。しかも赤泊産。 うらやましい。
c0016177_21294621.jpg

で、その店でまた鰤を注文したんだけど、これがびっくり。マグロのトロみたいにさしが入っていて脂がのっていておしかった。 こういうブリは初めて。
c0016177_21324181.jpg

で一気に新潟なんだけど、新潟名物?卵でとじていないカツ丼。よくわかんないんだけど、カツに甘いタレ。 正直、僕にはちょっとくどい味だった。店によってタレにもいろいろあるらしい。ただ店のご主人がほんといい人のオーラを醸し出していて、とても気持ちがいい。 帰るときも、ありがとう、ありがとうと扉を閉めて出て行くまでずっと言ってた。またきてねーとか。 別に大きい声とかじゃなくて、普通に話しける感じで。がんばってね!というのはよくわからなかったけど。 なぜか店内には若き日の主人と友達(?)二人の3人で移っている写真が全紙に伸ばされて飾られている。 若くてもめっちゃオヤジ顔。 カツ丼を食べている時に、ちょうど浅田真央が優勝した。
c0016177_21415340.jpg

すでに東京。Bergでジャーマンセットかなんか。
c0016177_21424914.jpg

全然旅行と関係なくて、その二日後くらいに永福町大勝軒。中華麺にメンマ。
c0016177_21441154.jpg

その次の日に落合でがんこ。末広町8代目の暖簾わけ。 やっぱりしょっぱい。苦手だ。
by atsushisaito | 2005-12-24 21:47 | 飯@23区外 | Comments(2)

Berg

 ニコンサロンによって、その後ビックカメラでリュックサックを購入。 17インチのノートPCとカメラ一式、そして三脚を装着できるやつ。3万円と意外に安く購入できた。基本的には登山用みたいね。
 で、ぷらぷらしてたら、強引に若い男に止められた。韓国人の観光客みたい。  ヒルトンホテルはどこかというので、あっちだ!この道を真っすぐいったところだ!と日本語で説明する。わかったかどうなのかわからない表情で「ありがと」と言われた。 英語で教えたほうがてっとり早かった。中学生英語しか使えないけど。

 その後、キンコーズに行こうと、丸の内の地下に入る。
面白い広告があった。髪の部分が梱包材のプチプチになってる。人目をはばからず、そのプチプチをつぶした。 
c0016177_21513261.jpg

c0016177_21514921.jpg


その後、キンコーズはみつからず、気付くと東口に。 そしてBergに吸い寄せられた。

 定番のビールと卵2つ。  Bergでみんなハムやソーセージがうまいうまいというが、そこまでおいしいとは思わない。確かに同じ値段でここまでのクオリティーのものを出す店はなかなかないと思うが。 隣のおっさんはレバーペーストを口にいれると目を瞑って堪能していた。 
c0016177_21551299.jpg

で、またビールと本日のおつまみ。名前はなんだっけ?なんというか豚ベーコン?それに生ハムみたいな熟成が加わって、うまい。 ちょっとこのナイフでは脂身が切りづらいけど。 これでさらにエーデルピルス、生ビールいけました。
c0016177_21592874.jpg

 で最後にフライッシュブルスト(ぶっといソーセージ)に生ビールで〆。
by atsushisaito | 2005-12-12 21:59 | 飯@新宿区 | Comments(0)