タグ:ビール酒&etc ( 1071 ) タグの人気記事

鳥やす@高田馬場

c0016177_20285533.jpg
 馬場でフラフラしていると時にお腹が減ったので、すぐ近くの鳥やすへ。べんてんが移転してから、いつもなんとなく気の抜けた炭酸のよう。この店は中野にも支店がある高田馬場で有名な安い焼き鳥やさんなのだが、ランチも人気。チキン南蛮がいいかなあと思ったのだけど、売り切れ。なので血迷ってジャンボチキンカツ。何にも考えてなかったけれど、本当にジャンボサイズで出てきてしまった。
 一口目を噛んだ瞬間、意外と柔らかいなと思ったのだけど、さすがにこの量を食べ終える時点でそうとうに顎が疲れてしまった。基本、ソースの味で素材が淡白な味わいだから、ほぼソース味でご飯を食べてしまった感もあるけれど、まあ男の子のランチという〆方にはちょうどいいランチ具合だったかと。
 高田馬場駅の利用率は人生の中ではかなりの回数だと思うけれど、もう少し色々と開拓したいなと思った次第。



by atsushisaito | 2017-11-23 12:21 | 飯@高田馬場 | Comments(0)

代一元@新井薬師

c0016177_11015999.jpg
c0016177_12465589.jpg
 一杯ひっかけて行くかと代一元。鍋の近くのカウンターあたりはアクリルみたいなので囲っていて、その下の小さな隙間から鍋を振り終えたばあさんにビールを注文するも聞き取ってもらえない。距離にしても1mくらいだし鍋を振り終わりを見計らっての注文なんだけど、、、、。何度かガンバって注文してみたが届かず、見かねた他の店員さんが聞いてくれた。それと餃子。
 鉄板の焦げがけっこうついてはいたものの、普通に美味しくビールとよく合う。なんか閉店に近いっぽく長居する雰囲気ではなかったのでワンタンを注文。蕎麦の抜き的な感覚で注文したのだけど、ビロビロのワンタンがたっぷりあって、これは五目ワンタンとかにすれば立派に一食になるなあと思った。若い頃は麺の入っていないワンタンというメニューの存在がいまいち理解できなかったのだけど。





by atsushisaito | 2017-11-21 12:40 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

BrewDog@六本木

c0016177_11015856.jpg
c0016177_11015896.jpg
BrewDogで次のイベントの打ち合わせ後に、そのまま軽く飲み。
by atsushisaito | 2017-11-19 12:33 | 飯@港区 | Comments(0)

富の蔵@新宿御苑前

c0016177_22445846.jpg
c0016177_22443813.jpg
c0016177_22443827.jpg
c0016177_22443962.jpg
c0016177_22443981.jpg
c0016177_22444022.jpg
 御苑で気軽に入れる蕎麦屋 富の蔵で酒。蕎麦も美味いが夜は完全に酒場。丁寧で美味しい。さわらの焼霜刺し、美味い。東京でも美味しい鰆の刺身が食べられるようになった感。ハガツオと大根の煮物や漬物をいただき、花巻蕎麦。汁、蕎麦はいいものの海苔はもう少しいいものだったらなあ、と思ったり。
c0016177_22444094.jpg
 近くのバー、ふらてでジントニック。
by atsushisaito | 2017-11-06 12:43 | 飯@新宿区 | Comments(0)

秀@中野

c0016177_12043834.jpg
c0016177_12044186.jpg
c0016177_12044400.jpg
c0016177_12044616.jpg
 
  秀で一杯。まずビールをもらってお通しを食べつつメニューを眺める。マグロが美味しそうだったので、刺し、アナゴの天ぷらにだし巻きのあんかけ。マグロは少しお高かっただけあって、赤身の旨さが際立っていた。ここでお酒を紀土に。穴子の天ぷらが予想以上にボリュームがあった。美味しいけれど一人では温かいうちに食べられない、、、。かつ電話がかかってきたので中座することに、、、。席に戻って気を取り直し、紀土もお代わり。そしてだし巻きのあんかけ。これも量があった。ふんわり柔らかなだし巻きにあんかけって乱暴な感じだけど、なかなか美味しい。僕の胃袋のキャパ的には2切れくらいがちょうどいいかと。
 なので、2、3人くらいで色々と美味しいものをシェアするのがちょうどいい中野の美味いもの屋さん。席が空いてたら10人とかでもいける。

by atsushisaito | 2017-11-02 12:04 | 飯@中野 | Comments(0)

ベルグ@新宿

c0016177_00404881.jpg
 これはTABFの帰りにflotsam booksの小林氏とのお疲れ一杯の時のナンコツ唐揚げ。ベルグの夜のおつまみでのナンコツ唐揚げはとても好き。二人とも疲れていたので、一杯か二杯で解散。ベルグの商品ラインナップで中野アネックス作っても流行るよなあ。むしろ今のキャパオーバーな状態より繁盛するかも。
by atsushisaito | 2017-10-25 12:40 | 飯@新宿区 | Comments(0)

ジャンボ@新井薬師

c0016177_22142629.jpg
c0016177_22142692.jpg
c0016177_22142643.jpg
c0016177_22142793.jpg
c0016177_22142700.jpg
c0016177_22142866.jpg
 四文屋出身の店主が四文屋の近くに開いたお店で、もつ焼きは美味く、さらに四文屋にない要素もあり雰囲気もゆるくいい感じのお店。新井薬師でオススメの酒場。
by atsushisaito | 2017-10-20 12:09 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

法華クラブ@鹿児島県鹿児島市

c0016177_21454004.jpg
c0016177_21462788.jpg
 ハイブリッジでジントニックをいただき、近くの酒屋でいも焼酎を購入し部屋で飲んだ。
c0016177_21463283.jpg
 鹿児島市にもドーミーインがあって普段なら安心安定のドーミーインを選択しているのだが、近頃はタイミングが悪いともはやビジネスホテルの価格を逸脱してしまっていることが多く、この日は法華クラブに。名前がなんだか宗教を連想させる感じで、例えばいくつかのホテルチェーンが並列になって選択できる状況だと、その名前のせいだけで優先順位を下げてしまう人も多いのではないか。しかしこのホテルチェーン、日本のビジネスホテルのレベルの高さを如実に表している。清潔であることはもちろん、フロントの丁寧さはとても素晴らしく、非の打ち所がない。
 そして、今回驚いたのは朝食。ビジネスホテルというカテゴリーでこれほど素晴らしい朝食は食べたことがない。もちろん何を持って素晴らしいかということには人それぞれ定義が違うだろうし、誰にでも当てはまるものではない。この場合、観光として鹿児島市に1泊滞在する上で最高に素晴らしい、ということにしよう。だいたいどんなに品数が豊富な朝食ブッフェ(ビジネスホテルの!)でも、その土地の名物は数品あって、基本はまあだいたいどこも同じ。しかし、鹿児島の法華クラブは名産じゃないのってどれよ?とばかりに様々な郷土料理で楽しませてくれる。そして美味しい。鹿児島という県が本土のみならず奄美諸島の豊かな食文化を持っているからこそ成せる技ともいえる。
 法華クラブには沖縄で一度泊まったことがあるが、その時もいい印象だった。ここで鹿児島市のドーミーインと法華クラブの差はやはり温泉だと思う。法華クラブの大浴場は人工温泉。ただし、鹿児島市は銭湯からして源泉かけ流しなので、値段を比べると無理してドーミーインである必要はない。町のお風呂に入りに行けばいい。ドーミーインの温泉だって市役所近くのかごっま温泉のお湯を輸送しているのだ。
 ただし、僕はドーミーインの大浴場に置かれているポーラのアロマエッセのシャンプやコンディショナーが好きなので、やはりその日の値段をみてドーミーにするかどうか迷い続ける。ドーミー文庫(客室に持っている漫画)や夜鳴きそば(食べてくないのについ食べてしまう)など魅力的なアイテムはさすが王者ドーミーイン。しかし、法華クラブはもっと知名度上がっていいと思うなあ。ただし、デリヘルは完全ブロックだそうなので出張先で楽しみたいお父さん向きではない(らしい)。

by atsushisaito | 2017-10-17 12:44 | 飯@23区外 | Comments(0)

海賊船@中野

c0016177_23100849.jpg
c0016177_23100904.jpg
c0016177_23100953.jpg
 久々に海賊船で焼酎。
by atsushisaito | 2017-10-16 12:09 | 飯@中野 | Comments(0)

菜菜かまど@鹿児島県鹿児島市

c0016177_22303300.jpg
c0016177_22303418.jpg
c0016177_22303424.jpg
c0016177_22303528.jpg
 4年ぶりの訪問。一度来たことがあるにもかかわらず、こんな路地だっけ?という細いところにひっそり。しかし、太田和彦本掲載歴もある酒飲みには有名なお店。焼酎の八幡をもらって飛魚のつけ揚げ。大きく丸い形が独特。揚げたての魚の練り物が美味しくないわけがなく、白身の凝縮された甘みがどっしりと。そしてほのかに練りこまれた大葉の爽やかな香り。
 そして鹿児島といえばキビナゴ。東京の人間からすると、せっかくのキビナゴを焼いて食べるなんてもったいないような気が多少ありつつも今回は焼きで。刺身の美しさとは違って野趣溢れる見た目に内臓のほろ苦さと酒の合うこと。是非一度足を運んでみてください(太田和彦風な感じの〆)。

by atsushisaito | 2017-10-13 12:30 | 飯@23区外 | Comments(0)