タグ:ビール酒&etc ( 1084 ) タグの人気記事

かぶら寿司

c0016177_22024782.jpg
c0016177_22004993.jpg
結局、金沢では何にもできずに東京へ。でもかぶら寿司が買えた!初のかぶら寿司。最初の夜のお供も蟹じゃなくてこれでよかったかも、、、、


by atsushisaito | 2018-01-20 12:33 | Comments(0)

蟹@ANAクラウンプラザホテル金沢

c0016177_21192969.jpg
c0016177_21193088.jpg
c0016177_21193007.jpg
c0016177_21193045.jpg
c0016177_21193175.jpg
c0016177_21193104.jpg
c0016177_21193198.jpg
 もう、吹雪やテレビ塔のアンテナが落雷でやられてしまうような雷で、最初からホテルで食べる予定だったことが結果的に最上の選択だったことになるなんて思いもしなかったという、、、。お座敷でいただく蟹はまあ普通に美味しかったのだけど、でも料金の半分くらいは場所代かなあという感想。ちゃんとお店を選べば満足度はもう少し高かったかも。それとお腹がすぐに一杯になってしまうという個人的事情もあり、頑張って食べねばという気持ちと酒高い!というのがあって疲れた。
 蟹は産地のちょっとお高いカウンター割烹とかで、ちょこっと蒸しをいただく程度がちょうどいいかも。食事をした雲海(ANA系ホテルの和食レストラン)では兼六園を想起させるようなお庭があるのだけど、ピカピカと稲光で鮮やかに光ってた。北陸の冬は雷多いんだな、、、、。
c0016177_21193154.jpg
 朝食券をランチにも使えるということで、朝食は食べずにランチ。IHGの特典で14時までのレイトチェックアウトにしてもらったので、お尻が10時で決まってる朝食に頑張って起きて時間を気にしながらの食事よりはゆったりしていてよかった。とはいってもちょこっとしか食べないのだけど。カレーはしょっぱかった。
by atsushisaito | 2018-01-18 12:18 | 飯@23区外 | Comments(0)

家宴@新井薬師

c0016177_20504883.jpg
c0016177_20505224.jpg
 
 瓶ビールにザーサイ。そして豚肉とピーマンの四川風炒め。新井薬師の安旨中華。

by atsushisaito | 2018-01-17 12:50 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

ジャンボ@新井薬師

c0016177_20432720.jpg
c0016177_20433412.jpg
c0016177_20433770.jpg
 生ビールから始めてマカサラ。マカサラって言葉は割と最近知ったのだけど、注文するまで植物のマカ(サプリであるやつ)のことだと思ってたけど普通にマカロニサラダの略。それに厚切りハムカツ。渋谷の富士屋のようなパン粉の衣をまとったハムカツではなく、唐揚げのような(片栗粉?)薄衣。パン粉のやつにソースをかけるのも美味しいけれど、これはこれでいける。
 ここでキンミヤをストレートで。焼き物はタン、ハラミに砂肝。ここでもう一杯のキンミヤをお代わりしてからのご馳走さま。

by atsushisaito | 2018-01-15 20:50 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

おかやん ひろし

c0016177_22352119.jpg
c0016177_22355159.jpg
c0016177_22355192.jpg
c0016177_22355111.jpg
 近頃、めっきり中野で飲むことが少なくなってしまった。これは大晦日に久々に一杯。おかやんでおでんに蟹の共和えで日本酒。その後にひろしで里芋の唐揚げと豆腐煮で日本酒。ひろしには助手みたいな人がいたなあ。けっこう繁盛してるみたいだなあ。しかし里芋にふられてたのが塩じゃなくて砂糖だったのだけど??これは多分間違いだと思いたい。残念ながら海賊船は開いてなかった。
by atsushisaito | 2018-01-07 22:44 | 飯@中野 | Comments(0)

第二力酒蔵@中野

c0016177_21373541.jpg
c0016177_21375367.jpg
 中野で飲むのは随分と久しぶりのような。まずは生牡蠣をいただく。ここに来るとかなりの割合で生牡蠣を食べてるような。最初のビールを飲み干したら早々に熱燗2合。そしてイワシの塩焼き。800円だったから大きいのが一匹かと思っていたら、大きいのが二匹。嬉しい気持ちとやってしまったなという気持ちとの複雑な感じ。内臓まで美味いイワシをつまみながら酒をくいっとやってご馳走さま。今回は豆腐の煮物を食べなかったなあ。


by atsushisaito | 2017-12-28 12:37 | 飯@中野 | Comments(0)

ニュータナカ@山口県山口市

c0016177_20290147.jpg
 近所の飲食店の情報の聞き込みのために購入した山口県周南市のお酒。これを購入した酒屋さん、とてもいい感じに古びた外観で温泉街だなあという雰囲気。酒の品揃えも凄い。お店の名前が原田酒舗だけど、この日本酒とは別に関係ないみたい。
c0016177_20290661.jpg
 宿泊したのはニュータナカという大型のホテル。街に観光客がどっさりと来ていた時代には大変賑わっていただろうなあ、という感じの古びたホテルではあるが、スタッフの対応がとても良くて泊まった感想としては、いいホテルだなと。しかし、やはり設備が古いので温泉はいまいち。ホテルの最上階にある露天風呂は殺風景だし塩素きつい。メインの大浴場は地下にあるのだけど、こちらも温泉っていう感じではない。近くに源泉掛け流しの公衆浴場もあるので、お風呂は割り切ってそちらではいるという方がいいかも。
 毎度、自分で盛るブッフェの朝食の写真を見返して絶望的に不味そうだなと思うのだけど、本当にここの朝食は良かった。二日酔いで朦朧としているのでひどい盛り付けなんだけど、低価格で宿泊した割にとても充実していた。味噌汁だけで2種類。他に定番からご当地ものの料理まで。遅い時間に行ったので、朝食会場に一人きりという大変申し訳ない状況になってしまったので、早々に引き上げたが価格で比べると過去に宿泊したホテルの中でも上位にくるのでは。

by atsushisaito | 2017-12-20 12:16 | 飯@23区外 | Comments(0)

旬の香@東中野

c0016177_22081231.jpg
c0016177_22081660.jpg
c0016177_22082014.jpg
 昼のランチで繁盛しているみたいだが、夜も安く飲める中華。福建家庭料理のお店。まずは生ビールとセロリとエビの炒めもの。軽い味付け。続いての焼き餃子は羽が凄くて見た目のインパクト強し。実際には焼き餃子6つなのだが。肉肉しい感じが前面に出ていて美味しい。羽もパリパリといただいた。ここで紹興酒。町中華は本当に安くて美味しく飲めるので大好きだけど、この日は客が他にいなかったなあ。主力のリーマンは夜は新宿に流れてしまうのだろうか。
 最後に卵と海鮮の甘酢あんかけ。こちらも優しい味わい。もう一杯紹興酒をいただきお会計してもらった。

by atsushisaito | 2017-12-19 12:07 | 飯@東中野 | Comments(0)

六角@山口県山口市

c0016177_00153533.jpg
c0016177_00155076.jpg
 ふらふらと湯田温泉の町を歩いていた時に、この店はなんの店だろうかと気になっていた。バーでいい店はないかと聞いてみたところにこの店が最初に上がったので、メニューも店頭にないからなんの店かわかんなかったけど、あそこか、と盛り上がったり。
 これぞ山口に来たな、とヒットするメニューで、もういい感じ。ただしカウンターだけのお店で、店頭にメニューがないわけだからもう地元の人しか相手していないお店。いわゆる郷土料理じゃない美味しいお店。一軒目からここに来たかったなあ。。。
 日本酒のラインアップも山口でもマイナーどころを押さえている。刺身は盛り合わせてもらった。どれも美味しかったけれど、甘鯛が特に美味しかったなあ。山口の甘い醤油でも負けないというか、素材の良さがグイグイと前に出てくる。
 渡蟹が美味しそうだったので、お腹のキャパを超えてしまっていたけど注文。内子の旨さが半端なく、ほろ苦さと甘さが絶妙に同居していて日本酒のおかわりが進むという。もちろん身も最高。
 今度、湯田に来た時にはこの店でがっつり飲みたい。

by atsushisaito | 2017-12-18 12:15 | 飯@23区外 | Comments(0)

バー サムシング オールド@山口県山口市

c0016177_23550920.jpg
 ふらふらと湯田温泉の町は歩いていると、外れになんだか面白そうな古びた建物があったので近づいてみた。おそらく昔はこのあたりもとても賑やかであったのだろうと思わせる建築物。1Fにスナックぽい外観ながらも表の立て看板はチャージなしでカクテルを飲ませてくれるみたいだし、軽く一杯情報収集としていいかと中へ。
 扉を開けると中はこれが意外にもオーセンティックな雰囲気を漂わす本格的なバー。そのギャップにクラクラっときた。さぞかし歴史が深いバーかと思いジントニックを飲みつつバーテンダーと話すと、東京で展開するコネスールというシガーバーで働いていて、この店を開いてまだ数年とのこと。
 地元の情報も教えていただき、2杯目にはウィスキーもいただいた。これでお会計が千円と格安でまた頭がクラクラして外へ。湯田温泉に行く機会があれば、このお店はマストです。


by atsushisaito | 2017-12-16 12:54 | 飯@23区外 | Comments(0)