タグ:うどん ( 94 ) タグの人気記事

大門@中野

c0016177_11431877.jpg
 ブロードウェイの地下でうどん。2回目。今回はひやあつに卵の天ぷら。麺が冷たく汁は熱い。麺の腰を楽しむのであればぶっかけなんかの冷やしがいいのは承知しているのだが、やはり出汁も楽しみたい。そういう時にひやあつというプランがあるのだが、ハイブリッドっていうのもなかなか難しく全ての人を満足させることができないのかなあ。汁はぬるくなるし、麺も腰も際立って残っているわけでもない。でも、ここで生まれるしなやかさってこのひやあつでしか生まれない瞬間でもあるわけで、僕はけっこう好き。玉子の天ぷらはもちろん半熟。
by atsushisaito | 2018-01-14 11:53 | 飯@中野 | Comments(0)

うどんや 大門@中野

c0016177_21405104.jpg
 以前に中華の大門があった場所だから、屋号を大門にしたとか。といっても中華の方の大門には行ったことがない。ブロードウェイの地下でも割合とマニアックな場所だから普通にうろうろしていて辿り着く場所ではない。
 正統派の讃岐うどんのお店ということで、まずは麺も出汁も冷たい「ひやひや」を注文。中盛りで500円だったかな。麺は割と細くそしてしなやか。一般的に東京の人が抱く讃岐うどんのイメージというと強いコシをイメージすると思うのだけど、意外と本場は柔らかい。柔らかいけど、噛み切る直前で跳ね返してくるのがコシ。これがとても心地いい。このうどんもまさしくそれで、もっともっと麺を啜りたい気持ちにさせてくれる。
 出汁はもうちょっと進化できる余地があるのではないかと、この日は思った。でもそのうちに気軽に食べることができないくらいの人気店になりそうな予感。

by atsushisaito | 2017-12-15 12:40 | 飯@中野 | Comments(0)

四国屋@新中野

c0016177_22523201.jpg

 前回行ったのが9年も前のことみたい、、、、。注文は冷やしうどんにちくわ天。900円と最近のうどん事情に照らし合わせると随分高く感じてしまう。今ははなまるうどんや丸亀製麺みたいなところでもそこそこのものが食べられる上に、丸香やこくわがたのような上位互換のような店も揃っているので老舗で高い店はけっこうしんどい状況。
 席に着くとまず、お漬物が出てくる。うどんが出来上がるまでちょっと摘む感じのもの。店内はうどんだけ食べるというより、なんだか一杯飲んでゆっくりしていく雰囲気。登場したうどんはぶっかけスタイル。醤油をぶっかけるのではなく、出汁がはられている。香川でいうところの『ひやひや』に近い感じでこういう形はけっこう珍しいかも。麺はストロングな感じではなく、しなやかな方、出汁はイリコの風味は抑えめ、ちくわ天はなかなかいい感じ。
 美味しいと思ったけど、やはり昼の一食としてはちょっと高めのイメージは払拭できないなあ。飲みモードだったら全然気にならないんだけど。


by atsushisaito | 2017-08-22 22:42 | 飯@中野 | Comments(0)

にかけうどん

c0016177_22323342.jpg
 豊橋のホテルを事前に酔っ払いながら探していて、無難にコンフォートホテルでいいかあと思いつつもtripadvisorだとどこの旅行系サイトも満室。いやーでも、僕こういうの慣れてるからーと検索を繰り返して空室を発見。じゃらんポイントも駆使してお得に予約できたわーとふわふわしつつそのまま酔いつぶれ、翌日に二日酔いで豊橋駅に到着。ホテルの場所を予約メールから検索すると随分と遠い。まず豊橋市ではない。appleのマップは使えねーな、とグーグルマップで開くと指し示す場所は遠く離れた隣街。そこでようやく事態を飲み込めて改めて予約メールをじっくりと見ると、予約してたのは豊川市のコンフォートホテルだった。
 電車に乗って移動できない距離ではない。むしろ不幸中の幸いであったくらいの近さなのだけど、僕は豊橋市で飲みたかったのだ。二日酔いで思考は半分停止していた。暑いし移動したくない。幼児のイヤイヤ期の如く豊川市への移動を拒む自分がいた。その場で駅直結のアソシアホテルのロビーに行き、レセプションの前のソファーでwebから予約を入れてチェックインした。コンフォートホテルは泣く泣くキャンセルしてしまった。
 前日にこのホテルもチェックしていたのだが、その時には満室だったので諦めていたが、当日キャンセルがあったのか1部屋の空きが出ていた。おまけに余りものの部屋がいい部屋だったみたいでお得にアップグレード。快適に過ごせた。
 そして朝食。これがなんというか中途半端で物足りない。やはり地方だとその土地の特色を生かしたものが欲しい。その辺りドーミーインなんかは上手くて、決して高い食材ではないのだが旅人の心をきゅっと鷲掴みする引きを作っている。このホテルは例えばドーミーインと比べるとワンランク上の豊橋では1、2を争うようなビジネスホテルなわけだけど、どうも引きがない。品数が少ない訳ではない。欧州の人なら十分にこれで満足するはずだ。こういう大型の施設になると和と洋、どちらにも対応しなければいけない。なので、和一辺倒に注力できるドーミーインと勝負するとなると弱い。だからどうしても和洋どちらもアベレージのものになってしまう。
 よかったのはトロロくらいかなあ。ちょっと残念。
c0016177_22323679.jpg
 豊橋というか三河地方の名物といえば「にかけ」だそう。かけうどんの頭に「に」がつくだけでイマイチパッとしない感じの名前のこのうどん、まあそんなにパッとするものでもない。食べたのは新城市の久五郎というお店。移動中にこのあたりで食べておかないと食べ逃すな、という予感のもと車を駐車場に。
 席についておばちゃんにズバッと「にかけ」でお願いしますと伝えた。ていうかそもそも「かけ」というメニューがなくて、にかけこそが我々が共有しているであろう「かけ」という認識。三河地方は徳川の癖に贅沢な地域だ。
 この店のにかけには鰹節、刻み油揚げ、かまぼこにワカメ。この具沢山な感じが「荷」かけ、ということらしい。白醤油を使ったカエシなので、色は澄んで西日本的。出汁の具合もいい感じに出ているが、少し甘め。麺には特に感想ないなあ。しかしこれ、いろんなお店を回って深堀りしていけば結構面白いかも。


by atsushisaito | 2017-08-01 23:13 | 飯@23区外 | Comments(0)

和乃家@高田馬場

c0016177_23255849.jpg
 高田馬場駅前のビルの奥まったところにあるうどん屋さん。このあたりミャンマー料理に押されている感があるが、しっかりと根付いているお店。うどんはもちろんお店で打たれている。居酒屋のようなカウンターのみのお店だけど、製麺のスペースはしっかりととられている。
 注文はもりうどんの大盛り。もりもりと麺を食べたかった気分だったので。しかし登場したうどんは大盛りにしては割と少なめ。これ以上盛りが少ないと残念な感じなので大盛りは正解ともいえるが200円増しだからなんとも複雑な気分。
 うどんそのものはピチピチでハイレベル。程よく固め。武蔵野うどんみたいな無骨な固さではなく、しなやかさを伴った固さでこれはとてもいい。うどんを作るおやじさんが客に一言二言声をかけるのもいい。大事にされてる感じがする。
 残念といえば汁が弱いかなあ。うどんがしっかりとしてるだけあって、弱いなと。




by atsushisaito | 2017-07-27 12:25 | 飯@高田馬場 | Comments(0)

うどん市場@香川県高松市

c0016177_21415967.jpg
 空港に戻るバスの時間を勘違いしていて30分ほどぽっかりと時間が空いてしまった。まあそしたらうどんしかないか、と近くのこのお店へ。香川県の面白いのは茹で置きで時間が経ってしまった麺を店頭で売っていること。それでもスーパーで売ってる茹で麺なんかより美味しいのだろうな。どんだけうどん偏差値高いんだ。。。
 酒とうどんを天秤にかけたのだけど、酒を注文してしまうとさすがに忙しくなってしまうので、冷たい麺に冷たい汁のひやひやに茹で卵。いりこ出汁の効いた汁はやはり美味しい。どこにいってもハイレベルなうどんが普通に出てくるからうどん県は恐ろしい。あと飲まなかったけど凱陣も普通に飲めて、羨ましい。。

by atsushisaito | 2017-07-15 12:41 | 飯@23区外 | Comments(0)

石川うどん@香川県丸亀市

c0016177_21134558.jpg
 丸亀の猪熊弦一郎現代美術館で志賀理江子展を観た後に石川うどん。丸亀の周辺には有名なお店が点在しているのだがどこも徒歩ではいささか遠くて、駅近の歩いていけるこのお店は貴重。香川のうどんのセルフ方式が苦手なので、フルサービス(普通のお店形式)なのが嬉しい。
 ランチに冷たいうどんがなくて、100円足してぶっかけに。今でも後悔しているのだけど、ここは暑くても出汁を堪能すればよかったかなあ、と。いろいろとこだわっているお店なので、その出汁を味合わなかったなんて。それでも主役のうどんはさすがハイレベル。柔らかな噛みごたえなのに噛み切る前に腰が押してくる。繊細かつ大胆。
 麺の量が一般的な讃岐のうどんと比べてけっこう多い。1.5倍から2倍ほどあるのでは。いろいろと薬味がついてきて、その量を感じさせない。東京にあれば大行列店になるのは必至。


by atsushisaito | 2017-07-13 21:26 | 飯@23区外 | Comments(0)

織田薪@宮崎県宮崎市

c0016177_23223592.jpg
 宮崎を代表するうどんのお店。メニューはシンプルに釜揚げうどん、釜揚げうどん大盛り、釜揚げうどん玉子入りの3つ。正直、宮崎のふにゃふにゃなうどんで釜揚げだとけっこうしんどいのではないかとも思ったのだが、そんなことはなかった。五島うどんに近い感じで、細めでこしがある。それをつける汁がとても出汁が効いていて、美味しい。
 釜揚げの温かさが汁の旨味や香りを増幅して、釜揚げである意味を証明している。ただ、この汁を冷たく締めた麺で食べたいな、と思ったのも正直なところ。まあどちらにせよ、宮崎の夜はこんな素敵なものが〆に用意されているので、素敵。


by atsushisaito | 2017-06-28 12:20 | 飯@23区外 | Comments(0)

東京麺通団@西武新宿

c0016177_10541457.jpg
 西武新宿あたりで小腹が空くと博多天神に向かうのだが、この日はもう少しあっさりしたものが食べたくて東京麺通団。セルフ方式には全然なれなくて、緊張しながら入り口でひやかけと注文。冷たい麺に冷たい汁。これだけでは寂しいので玉子の天ぷらも。そしてレジに向かうと、ちょっと玉子が、とことで新しいのを持ってきてくれた。防腐剤とか使ってなくて、という話だったから、傷んでいたのかな。しかし玉子の天ぷらが傷んでいるとは、どういうことだったのだろうか。
 レジを終えると自分で汁を注ぐので、熱い汁を注ぐとひやあつにもできるという自由度がいい。冷たい汁をかけて食べたが、いりこが効いた冷たい出汁にピンピンのうどん、シンプルながら清涼感に溢れた一杯。麺を食べ終え汁を飲み干すと、そこに天ぷらをいれて熱い汁を注ぎ、出汁と油の饗宴を楽しんだ。でも玉子の黄身は半熟ではなく固かった。。。


by atsushisaito | 2017-06-25 12:52 | 飯@新宿区 | Comments(0)

ふくや@宮崎県宮崎市

c0016177_01052794.jpg
 ふくやで玉子うどん。九州の一部、例えば福岡やここ宮崎のうどんは柔らかいというより、ふにゃふにゃの離乳食のような腰。讃岐うどんのようなものを期待してしまうと拍子抜けしてしまうのだが、大阪のうどんなんかも麺に腰があるわけではないので、それほど違和感はない。日本のうどん全体をみると讃岐が異端なのかも。むしろ汁。東京から西に進んでいくと汁の色がだんだんと薄くなっていくのだが、九州に入ると一転、汁に醤油の色が復活していく。ただし東京のものと色は同じでも出汁と甘みが強く、その味は全く違う。
 やわ麺と汁のマッチングがとても良く、ほどよく汁を持ち上げてぐいぐいと食が進む。終盤は玉子を汁に溶かしてまろやかに。
 
 


by atsushisaito | 2017-06-20 12:05 | 飯@23区外 | Comments(0)