花園蕎麦@埼玉県深谷市

c0016177_22155609.jpg
 花園インターチェンジを降りた先に目に入った大根蕎麦っていう看板が気になっていたので、帰りに寄ってみた。中に入ると讃岐うどんのセルフ方式のお店だった。最初に食べたい蕎麦を注文し、ずずっと横にスライドしていき食べたい天ぷらなどをピックアップしてからのお会計。
 大根蕎麦だけを食べたかったので、大根蕎麦を注文して蕎麦を受け取りそのままなにも取らずにレジでお会計。つけ汁はどうすれば?ときょろきょろするとサーバーがありそこから蕎麦猪口に注ぐ。大根蕎麦って最近福井で食べたような辛味大根のしぼり汁で食べるようなスタイルかと思いきや、蕎麦の上に麺風に刻まれた大根が盛り付けられていた。
 蕎麦に大根のシャキシャキ感とを合わせる新しい食べ方。汁が弱いので、蕎麦としてはい特筆することもないのだけど、やはり大根麺と合わせた時の食感は面白くて食べてみてよかったといえる。
 ちなみにこのすぐ側のJAの直売所がとてもよくて楽しかった。

# by atsushisaito | 2017-07-23 12:14 | 飯@23区外 | Comments(0)

麺彩房@新井薬師

c0016177_23143410.jpg
 つけ麺中盛り。たまにしか食べないのでなんとなくそう思うだけだと思うけど、どろどろな感じになり過ぎていたのが後退していい塩梅になってたような。安定して美味しいのでなんとなく面白みがないようでついつい他の店に行ってしまうけど、やはり美味かった。
# by atsushisaito | 2017-07-22 12:09 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

うさぎや@埼玉県大里郡寄居町

c0016177_21481272.jpg
 寄居まで車で来たので酒は飲めないがせっかくなのでラーメンを一杯。暑さに負けそうになってつけ麺を選びたくなる気持ちを抑えてラーメン。通常のラーメンではなくいわゆる特製的なうさぎらーめん。中盛り以降は太麺が選べるようになるが普通盛りなので細麺。
 スープの一口目は味の焦点をつかめなかったのだが、すぐに旨さがやってきた。魚の香り漂う中華そば。メンマは穂先との2種類がスープに浮かぶ。これで麺がパツパツしていると今風な感じだけど、割と柔らかめの細麺。でもこれはこれでスープと合って美味しい。逆に太麺だとスープとのバランスはどうなのだろうと思ったり。再び来れることがあるのかどうかわからないけど、その時は太麺で食べてみよう。
 



# by atsushisaito | 2017-07-21 22:02 | 飯@23区外 | Comments(0)

家宴@新井薬師

c0016177_13375657.jpg
 上海風焼きそば。油ぎとぎとだけどけっこう美味しい。
# by atsushisaito | 2017-07-20 13:38 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

松屋

c0016177_00131828.jpg
 松屋で山形のだしととろろ、そして牛皿、さらに野菜サラダの健康姿勢をアピールしたようなセットが目に入ったので食べてみた。単純に取得できる食物繊維はかなりあるのだけど、あまりわくわく感に欠ける。その要素はおそらく米の上に予め搭載されているとろろとだしなのではないかと思う。吉野家の牛皿とろろ御膳ではオクラの立ち位置が微妙でありつつ、しかしそれが御膳であるゆえであったかと思う。翻ってこのオールスターのような定食はどうであろう。とりあえず載せちゃえばいいんだろ?的なものを感じるのである。特のサラダ。サラダ別皿でお得に食べられますよ~。。。。ではないんだよな。サラダの分、だしを強化したり、吉野家みたいに山いもの皮も摺りおろすという手法をとってもよかったのではないだろうか。既にある既製品の寄せ集め感が全くもってもったいない。これ、生野菜の代わりに生卵だとだいぶ印象違うと思う。松屋の本部の人に言いたいのだが、アイデアは盛り込むのではなく、そぎ落としていかないと。このサラダなんか使いまわしの印象でしかない。

# by atsushisaito | 2017-07-19 12:12 | Comments(0)

今庄そば@福井県福井市

c0016177_23545694.jpg
c0016177_23550619.jpg
 今回、短い福井滞在だというのに2回食べてる福井駅の今庄そば。普通に駅蕎麦でまあはっきりいって旨いか不味いかというと、その狭間で揺れているような蕎麦なんだけど、しかしまあそれがなんだか使い勝手がよくて、2杯目も空港行きのバスの前の空き時間にちょうど良くて結局2回食べてしまったと。
 これを食べる前の週に香川でぶっかけを出汁醤油で食べてたわけだけど、福井の蕎麦はその醤油感がハゲ落ちて出汁で食わせる感じ。まあ白醤油あたりを使ってるのかもしれないけれど、冷や温も汁の色は薄い。ただ、関西のうどんの汁に比べると甘みが強い。
 福井駅に来たときの通過儀礼的な立ち食い蕎麦。


# by atsushisaito | 2017-07-18 12:54 | 飯@23区外 | Comments(0)

富士そば@新井薬師

c0016177_23323625.jpg
 朝蕎麦。とりあえず茹で置きでいいから、さくっと出てほしい、、、、
c0016177_23323575.jpg
 最近、空港に到着するのがギリギリでろくにラウンジでビールも飲めないことが続いている。前回は実際に飛行機に乗れなかったし。ちゃんと時刻表を調べて向かわないと。。。。羽田まで遠い、、、。


# by atsushisaito | 2017-07-17 12:32 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

博多天神@歌舞伎町

c0016177_23284210.jpg
 いつかこれが伝説として語られる日が来るのだろうなあ、と思いつつラーメン。辛し高菜たっぷり。旨い不味いっていう話じゃないんだな。


# by atsushisaito | 2017-07-16 12:28 | 飯@新宿区 | Comments(0)

山谷佑介 Yusuke Yamatani 「RAMA LAMA DING DONG」


c0016177_15232333.jpg
c0016177_15232407.jpg
c0016177_15232408.jpg
c0016177_15232484.jpg
c0016177_15232297.jpg
c0016177_15243643.jpg
c0016177_15243645.jpg
c0016177_15243797.jpg
c0016177_15243773.jpg
c0016177_15243504.jpg
c0016177_15251709.jpg
c0016177_15251861.jpg
c0016177_15251786.jpg
self-published, 2015, edition of 300,

 新婚旅行を題材とした写真集。表紙のイラストの箔押しがかわいい。デザイナーを起用せずの夫婦共作の1冊。新婚旅行というとアラーキーの名作「センチメンタルの旅」(今月25日から東京都写真美術館で展示)がすぐに思い浮かぶが、それをオマージュしたような作品も。もっとも全体的にはストリートの写真で活躍する作家のテイストがたっぷりのっていて、かつその写真のセレクトに入り込んでいる繊細さが絶妙なシークエンスを作りあげている。
 本の造りは正直、手放しで褒められない部分もあるのだが、きっちりとハードカバーで仕上げてくる姿勢はとてもいい。この300部という数字が後に大きな楔となって効いてくると思う(コレクター的にw)。

 現在、原宿のBOOKMARCで新作で個展開催中

 2017.7.14-7.18
【個展】”Into the Light"
【写真集「Into the Light」出版】
会期:2017年7月14日(金)-7月18日(火)12:00 - 19:00
場所:BOOKMARC (ブックマーク) 東京都渋谷区神宮前4-26-14

# by atsushisaito | 2017-07-15 15:45 | 写真集 | Comments(0)

うどん市場@香川県高松市

c0016177_21415967.jpg
 空港に戻るバスの時間を勘違いしていて30分ほどぽっかりと時間が空いてしまった。まあそしたらうどんしかないか、と近くのこのお店へ。香川県の面白いのは茹で置きで時間が経ってしまった麺を店頭で売っていること。それでもスーパーで売ってる茹で麺なんかより美味しいのだろうな。どんだけうどん偏差値高いんだ。。。
 酒とうどんを天秤にかけたのだけど、酒を注文してしまうとさすがに忙しくなってしまうので、冷たい麺に冷たい汁のひやひやに茹で卵。いりこ出汁の効いた汁はやはり美味しい。どこにいってもハイレベルなうどんが普通に出てくるからうどん県は恐ろしい。あと飲まなかったけど凱陣も普通に飲めて、羨ましい。。

# by atsushisaito | 2017-07-15 12:41 | 飯@23区外 | Comments(0)