キングラーメン

 ひさびさにモノクロのプリントをするため池袋にILFORDの現像液を買いに行く。池袋も歩くのも久しぶりだなー、とうろうろしながら居酒屋を物色。かぶらやは一杯。みつぼも一杯。甚六亭の前を通ると、キングラーメンの文字が!!IWGPのキング??怖いものみたさに入店。後で居酒屋に行きたかったので、キングラーメン並を注文。ちゃんとIWGPのキャストと店主が並んだ写真が飾られています。なにやら豚骨、丸鳥、かつおのトリプルスープだそうで。実際食べてみると、かつおはいまいち感じられず、ホープ軒みたいな(あくまでそういう感じ)のっぺりとした味。化調がきつい。メンマは凄くコリコリしてうまい。これならトッピングしてもいいなあ。キクラゲみたい。チャーシューも八角で香り付けされてるみたい。トータルではおいしい部類にはいるのだろうけど、800円(デフォで)のラーメンじゃないなあ。食後の口の中は味の素をたくさんなめたような感じでした。
 その後、居酒屋物色。加賀谷も一人で入る店じゃないしなあ。やはり一人の時はあそこか、とパルコの方へ足を伸ばす。男体山にやってきました。こういうカウンターの店は気楽でいい。ただ欠点が。モツ焼きを頼むのに、最初の注文は必ず5本注文しなければいけない。でもゆっくり飲みたい時に5本いっぺんに来ると、食べてる途中に冷めてしまうのだ。もちろんその5本を消化したあとは1本から頼めるので問題はないんだけど。今回はレバハツタンカシラナンコツを注文。あとレバ刺しも。レバ刺しは420円と、いつも行くカッパなんかと比べると少し割高。でも注文が入る度に切り分けるのと、池袋という立地上しかたがないのかな。生でぐびぐびしてるとモツが到着。カシラが凄く旨かった。そんな焼きにこだわる店でもないので、レバのちょい焼きみいたいな細かな注文はしないのだが、今日のカシラの焼きは最高だった。て言い過ぎか。でもラーメン食べたあとだから、パクパクいけず3本めぐらいになると冷めていた。サワーを注文。このサワーもちょっと文句あるなあ。氷いれすぎ。あれ氷抜くと三分の一程度しか入ってないだろう。十杯飲んでもまったく酔わないぞ。で、サクっと飲み干してまたサワー。煮込みも注文。モツの臭みもあるけど、熱々の
豆腐がおいしい。全然酔っていないけど、おなかも一杯なので今日はおしまい。駅に向かいながら計算すると、煮込みの料金が入っていなかった。
 切符を購入して、ふと足下をみると100円が落ちていた。今日は400円ほど得したなあ。
# by atsushisaito | 2005-03-11 23:24 | Comments(0)

67がなおった。

荻窪と永福町で撮影。どうせ巻き上がらないだろうな、とペンタ67をいじくると簡単にレバーが動いた。寒すぎるとダメなんかなあ。
永福町の大勝軒の前を通ると、別段並んでもなく、店内も空席が目立っていたので、撮影終了後よってみた。永福町系の大勝軒は梅が丘と保谷しか行ったことがなく、これが初本家。保谷も梅が丘も暖簾分けの店としては評判もいいので、それほど劇的な違いもないだろうとは思っていたが、心の隅では驚くほどの味を期待していた。でも出された物は、いつもの永福町系大勝軒との違いを感じられず、むしろ一口めの煮干しのえぐみが口に残った。麺もちょっと柔かった。でも本店のデフォはこういうものなのかもしれない。梅が丘も保谷どちらも5回は行ってるのだけれど、ここ半年ぐらいは行ってないから、記憶を美化して比べてる可能性があるので、明日時間があったら保谷にでも行ってくるか。腹が減ってたいたせいか、汁も全部飲んでしまいタプタプの胃を抱え帰りました。みんな170センチ以下なの????
# by atsushisaito | 2005-03-10 22:20 | Comments(0)

67がつぶれた

 朝から立川で撮影。 昨日まで群馬にいたので、別に寒くないだろうと、薄着でモペットに乗ったのが間違い。えらく寒かった。で、準備を終えてシャッターを押す。ガシャリといつものペンタ67の音。巻き上げようとしたらレバーがうごかない。よく見るとスイッチがタイマーに。ああ、これかあ、と通常のオンに直すも動かず。結局さわれるとこ触って、フィルムも抜いても動かないので、サブで持ってきたEOS-1に切り替え。。。寒い思いしてもってきたのに。。直ればいいんだけど。
# by atsushisaito | 2005-03-06 20:13 | Comments(0)

なんか

改行をうまくいれないとガタガタになるね。へたに改行いれない方がいいんかな。
# by atsushisaito | 2005-02-28 20:54 | Comments(0)

晴れ

第22回写真『ひとつぼ展』グランプリ 元木みゆき「学籍番号011145」@GG

デジタルの粒子になじめない。もうすでに僕は時代に取り残されたみたい。
映像の一部の静止画を見てる見たい。内容はポップでちょっとエッチでよかったです。
男心をくすぐる写真です。どんなにハードコアなヌード写真でも、エロいとは思いませんが
こういう日常に垣間みるエロには反応してしまいます。

林和美写真展「くちびるへ」@ナダール

女子校の下校の時間と重なったので、ナダールに着くまで楽しめました。
移転前と比べると、えらい変わりようですね。人付き合いがあまり好きでない僕と
しては、今の方がいいです。でもちょっと酸素薄くないですか?息が苦しくなった。
写真は全体的にふんわり。色もふんわり。色もけっこういじってる。手焼きなんだろう。
写真の善し悪しは別として、僕の趣味ではないなあ。

「地球を生きる子どもたち」@Bunkamuraザ・ミュージアム

ドロシア・ラングの母子の写真が凄く気に入った。
戦争や災害等のドキュメンタリーが圧倒的に多かった、と思う。あまりそういう写真は
好きではない。死体を見ると気が滅入るし、かわいそうな写真を見れば、当然
かわいそう、と思う。楽しくないのだ。歴史から目を背けてはいけない、とかどうでもいいんで。
でもよく目にする写真が生で見れて、よかったです。
ドキュメント以外の写真も楽しめた。ウィージーあんなの撮ってたんだ、とか。
高梨、荒木、ホンマ、森山、牛腸の並びはなんか全体の中で違和感を感じた。
牛腸のプリントってあんなに大きかったかなあ?

久しぶりに渋谷の街を歩いて面白かった。池袋や新宿とはまた違う雰囲気でいい。
学生の頃は渋谷を基点に行動していた。週に3回はシスコ、テクニークにレコードの
チェックしに行ってた。なつかしいなあ。ちょっと渋谷撮ろうかな。

二葉@荻窪

内装が変わっていた。コの字の内側で食べる感じ。前のままでよかったのに。
つけめん中。あぶなかった。会計時に気がついたのだが、財布には950円しか入って
いなかった。大1000円を頼んでたらやばかった。しかしこんな旨いのに
行列できないなんていい街だなあ、荻窪。ちょっとゆず胡椒いれすぎた。

麺屋武蔵 虎洞@吉祥寺

並んでなかったので行ってみた。味玉ラーメンを注文。ガリ入れますか?と聞かれたので
いれてもらった。ガリ? かなり油っこいラーメンが運ばれてきた。スープを飲むと
なんか??なんか食ったことあるぞ、こういう味。お好み焼きだ。なんかそういう
粉ものをソース味で食ってる感じ。しかもしょっぱいなあ。メンマは旨かった。
チャーシューもおいしい。でもあんま好きじゃないや。武蔵はどこも行ったことないんで
こんど新宿に食いにいこう。

結局ランニングシューズはナイキのカタナ3に決定、購入。
紐なしのハラチも気になったけど、高校生の頃に初代のハラチが合わなくて
すぐ手放した経験があるので無難にカタナ。ランバードもけっこうよさげだった。
でもやっぱりアシックスのターサーあたりが一番いいんだろうな。こんどターサーにしよう。
# by atsushisaito | 2005-02-28 20:52 | 写真展 | Comments(0)

忘れてた

永津広空写真展@エプサイト

まるでライトボックスで展示してるみたいなほんわかした写真。テーマは団地、あんまり
というかほとんど興味がない。いい写真だとは思うけど。展示の仕方がちょっと変わっていて
見づらい。ブックはよく手作りでこんなに綺麗にできるもんだなあ、と。僕はポートフォリオ
作るの苦手なので、素直に尊敬します。

チキンカレー&チゲ(?)@松屋
松屋に入るのって何年ぶりかなあ。経堂に住んでいた頃はよく行ってたけど。
久しぶりの松屋でしかもカレー。松屋のカレーがココイチなんかより旨いのは
知っていたけど、ひさしぶりに食べてみてあらためて見直した。
僕の中のランクではC&Cの方が上だったんだけど、全然負けてない。
1000円のカレーで松屋の3倍うまいカレーを出す店ってないだろう。290円で最高レベル
の一品だ。セットにしたチゲスープ?みたいなのは辛すぎ。辛いのはわりと平気な方だけど
それでも辛くてうまいを通り越して、辛い、になってる。辛さのランクを作ったほうが
いいだろう。日本人1億人として5000万人は飲み干せない辛さ。
# by atsushisaito | 2005-02-27 20:54 | 写真展 | Comments(0)

ランニングシューズ

アディダスの新しいランニングシューズが気になったので、通りかかった新宿ビックカメラの
ハルクスポーツへ寄り道。
踵の固さや足の踏み出しなど、かなりスマートでいい感じなのだが、足幅が少々窮屈。
無理して使えないレベルではなかったのだけど、他のワイドを履いてみるまで見送り。
しかし、ハルクスポーツは品揃えほんと中途半端。あのスペース死んでる。
もう少し力いれてやれば、新宿のスポーツ用品はあそこ、って言われるぐらいの
フラッグシップになれるのに。もったいない。

今日のギャラリー巡り

中野愛子展「アロハ フロム カウアイ -Aloha from Kauai-」@ギャラリー舫

入り口がわからず、少し迷った。裏なのね。
感じは違うけどイルテンポみたいな小さなギャラリー。
キャビネほどの大きさのプリントにアクリル。花が多く、あとは風景。
柔らかいタッチの写真群だが、特になにか感じるものはなかった。
昔のガーリーフォトの残滓。

ダイアン・アーバス @小柳ギャラリー

これも入り口に少し戸惑った。銀座のギャラリーは裏ですね。基本的に。
8Fに降り立つと、いままで自分はこんなギャラリー知らなかったのか、と恥じるほど
素敵な場所。作品自体はもちろんよかったのですが、オリジナルプリントだから
ほほーー、とくるものはなかったです。 点数がもう少しあればよかったです。
併設されていた杉本博司の作品、はじめてsea scapeのオリジナルみました。感動。
「盲目の人が見る海は、僕の写真の方がふさわしい」
こんな感じのキャプションがついてました。
先日、大阪の美術館で見たフェルメールにまつわる写真もあって、とてもよかったです。

「夜の中へ」岩瀬菜美写真展@プレイスM

女の子の写真。夜の。
夜の街で出会ったいろいろな女の子を撮影してるみたい。
一貫したテーマはそれくらいで、内容は散漫。
DMの写真はそれなりの特徴を放っているが、実際の展示はそれらの区別もなく
普通の女の子も特徴のある女の子も同じ目線。

山本貴士・豊島重之二人展「開かずの間・行かずの地が与えられたとせよ」「Camera Scotomata(カメラ・スコトマータ)II」@photographer's gallery+IKAZUCHI

時間がなかったので飛ばそうと思ってた展示。青葉でらーめんを啜り、道々オカマを
見てたら辿り着いた。
凄く現代美術よりの作品(間違ってる?????)。なんともコメントしがたい。漠然と
わからないものに対しての、凄いだとか、いい、とかそういうものはあるけど、
それを言葉にどうこうは言えない。決定的にわからないからだ。わからないものに
対しての畏敬の念は感じました(日本語間違ってる??)。
覗き窓の方は、まったくわかりません。見えにくいです。

島尾伸三作品展「その時も 今も」@Contemporary Photo Gallery

初の島尾伸三、初のContemporary Photo Gallery!
で、行きました。名前とは裏腹にボローいところでした。
いや、ボローいところは大好きです。ほんと。
写真は一見して、え?プロヴォーク??っていうほどブレボケ写真で、面食らいました。
キャプションを読んで見て初めて昔のネガだと気付き納得。
僕は氏の写真をそれほど知らず、もっとかっちりしたイメージを持っていました。
キャプションであった言葉が凄くよかっです。酔って思い出せないんですけど。

フォト・プレミオ −24人の新しい写真家登場− 吉田穂積写真展「Chronic Absence」@コニカミノルタプラザ ギャラリー

まず目についたのが、ギャラリーの半分の照明を落として使用しなかったこと。
それがいいかわるいかよくわからないけど、もったいなあ、と感じた。
当初、ギャラリーに行く前にそういうふうだとは、ネットで知っていたがその時は
もっと実験的もしくは美術よりのものだと勝ってに思っていた。
作品はモノクロブレボケで場所がニューヨーク。展示をミニマムにする必要はどこにも
ないと思う。

フォト・プレミオ −24人の新しい写真家登場−林 知遠(イム ジウォン)写真展「光を求めつ」@ コニカミノルタプラザ ギャラリー

正直、こういう障害者ものは苦手。

森脇啓好写真展「宗谷」-冬の旅-@コニカミノルタプラザ ギャラリー

作者が会場にて携帯で電話。
写真自体はなんともコメントしがたい普通の風景。
僕が出て行く時も携帯。

「おおさか人」堀川列@ペンタックスフォーラム

もうこの人はおっさん。凄い余裕あるのが写真から伝わる。
うーーん。君はもう19にしておっさんです。
永遠のおっさん道をいってください!

で、荻窪でかっぱ。
4人の田舎大学生、3人連れ×2とつらい状況でした。
かっぱでホーデン頼む人いないね。うまいの?
# by atsushisaito | 2005-02-26 22:06 | 写真展 | Comments(2)

オペラシティ

森山・新宿・荒木 展@オペラシティ
特に面白いものではなかったと思う。二人でスナップした新宿は即席感漂うもので、
その過程を撮った映像の方が見てて面白い。
その他は、二人の過去の新宿にまつわる作品の展示であったが、印刷(どのような出力
とかわかんない)のような紙はベコベコになり、展示として非常におそまつな結果と
なっている。空間を見せたいのか、写真を見せたいのか。
銀塩写真にも文句がいいたい。森山氏の写真の背景にパントマイムの胎児を
プリントした壁紙が使われていたが、それが、額のガラスに写りこんでとても見づらい。

写真のクオリティーが損なわれるような大きさに無理にする必要ではない、と思う。
つぎはぎむき出しの紙など見てもなんとも思わない。
キャビネでもバイテンでも勝負できるような展示が見たかった。

、、、とか書いてるけど、自分の初個展の時は作品のクオリティー無視の大伸ばし
しました。。。
# by atsushisaito | 2005-02-20 20:30 | 写真展 | Comments(0)

メモ

オノデラ ユキ@国立国際美術館
# by atsushisaito | 2005-02-19 19:50 | Comments(0)

タイ料理

吉祥寺でタイ料理。ランチで米の麺の焼きそばみたいなの食べた。しょっぱくて駄目。恐ろしく原価率の低い料理だな。具はタマゴともやし。調味料もろもろ合わせて50円くらいかな。  自分とタイ料理って合わないのは最近自覚しだした。ココナッツミルクだめ、パクチーだめレモングラスだめ、、、、辛いのは平気だけど酸っぱいのや甘いのはだめだなあ。決して嫌いではないんだけど、苦手。忘れた頃に食べてだめなことに気づくの繰り返し。

モペット帰宅。いままでが最悪の状態だったので、あまりの快調ぶりに乗るのがすこし怖くなる。すぐ慣れたけど。

iShuffleはなかなか好調。あまりにも小さく軽すぎてポロっとどっか落としてしまいそうで、たまに不安になる。

オペラシティはまた今度。
# by atsushisaito | 2005-02-13 19:13 | 飯@武蔵野市 | Comments(0)