稲田屋@福山市

c0016177_22462994.jpg
 大衆食堂という屋号なのだけど、基本的には肉丼がメインのお店。丼以外にはいわゆる牛皿的なものと、あとは蕎麦とうどん。そして今回食べたのは関東煮。大阪で関東煮というとおでんのことなのだが、こちらはモツ煮込み。店の中はコンクリート打ちっぱなしの床にテーブルが並ぶざっくりした造りで、奥の厨房とは別に入口横に関東煮用の鍋スペースがあり、おっさんがその番をしている。
 適当に椅子に座って、おばちゃんに瓶ビールをもらって関東煮を二本もらった。牛の腸と肺の串。一般的に想像するタレの味とは違って、かなり甘い味付け。色の割に甘さが前に出てくるのでなんだか不思議な味。のんびり串とビールをやりながら店内を眺めてると、近所の人なのだろうか、店頭でのお持ち帰りの客もいてローカル感がほどよく良い。丼の方も食べてみたかったな。
c0016177_22462881.jpg
 ホテルに戻ったけど、もう一杯だけ飲みたくてホテルの地下のシャトレーヌというバーへ。ホテルのバーらしく落ち着いた雰囲気。カウンターに座ってとりあえずジントニックを。今年の全国バーテンダーズコンペティション金賞の女性の方がかっこいい。目の前に並んでいるボトルを見てるとジンの季の美が。このジン、VACANTでの写真集飲み会の時に、Brew DogブースでPunk IPAを注いでくれていた元木さんが京都で蒸留しているジン。言葉を交わした方もけっこういるかと。ちょっと嬉しくなって、その女性の方にこのジンでなにかお願いします、と出てきたギムレット。美味しかった。

 その後は部屋で酒屋で購入した竹鶴を飲みながら気絶して朝を迎えた。
c0016177_22462894.jpg
 福山で一番大きいフラッグシップ的なホテルだったので朝食は期待していたのだが、普通だった。他にもっと小さいながら壺湯が面白そうなホテルがあったのだけど、残念ながらそこは一杯だった。見栄えからしてパッとしないラインナップのブッフェだったのだが、料理を取って席に着くとオムレツなどはテーブルでスタッフにできるみたいで、うずめ飯というご当地ものをお願いしようと思ったのだが、僕を含めて店内に4名しか客がいないのにオーダーを聞きに来る気配もなく他の仕事をしている感じで、まあしょうがないかと席を立ってすぐ近くにいたスタッフにうずめ飯をくださいとお願いしに行ったら、お席はどこですか、と言う始末でこりゃダメだと思いつつ席を告げて座り直した。オムレツコーナーも無人だったし、まあ開店休業状態だったからしょうがないかな、と。


# by atsushisaito | 2017-07-09 23:26 | 飯@23区外 | Comments(0)

中平卓馬 Takuma Nakahira 「沖縄 OKINAWA」

c0016177_13360424.jpg

c0016177_13360591.jpg
c0016177_13360563.jpg
c0016177_13360660.jpg
c0016177_13360642.jpg
c0016177_13360737.jpg
c0016177_13360786.jpg
c0016177_13360853.jpg
c0016177_13360979.jpg
c0016177_13375798.jpg

c0016177_13360488.jpg
published by Rat Hole Gallery , 2017 , limited edition of 600,



# by atsushisaito | 2017-07-08 13:41 | 写真集 | Comments(0)

夜咄@広島県福山市

c0016177_22471897.jpg
c0016177_22482162.jpg
c0016177_22471647.jpg
c0016177_22471701.jpg
c0016177_22471772.jpg
 シャコを食べたいと思っていたけど、シーズンが終わっていた。お酒と魚が美味しいお店を探すとこのお店がいい感じだったので、行ってみた。カウンターのみ。ビール小をいただいてメニューと睨めっこ。旨そうなものは並ぶが決めきれずに、刺身盛り合わせ。瀬戸内の魚にこだわらずに、いいものを仕入れるという姿勢で、この日のキンメは伊豆の天竜のキンメ。盛り合わせはカスタムしてくれそうな感じ。何にも言わなかったのだが内容はハモ梅肉、ハモ炙り、キンメ、キンメ炙り、イサキ、イサキ炙りのキス昆布〆。どれもレベル高く、そしてキンメ美味しかった。
 日本酒にこだわりがあるお店だけど、銘柄は少なく厳選されている感じ。最初に宝剣。店主は山口の東洋美人の蔵元の人と飲む仲で、話をするとどんどんと話がでてくる。その東洋美人、そして風の森、津島屋などを飲んだ。
 次のつまみはイサキの白子。これがとても濃厚で美味い。サイズは小さいものの、味だけでいえばフグの白子に匹敵するんじゃないかと。そしてチイチイイカの酢味噌、イサキの焼き物、どちらも美味しく酒が進んだ。
 ほどほどにお腹が一杯になったのでお店自家製のカラスミを。いろいろと福山や広島のことを教えてもらいつつ、美味しい肴と酒をいただき、大満足で帰路に。

# by atsushisaito | 2017-07-06 12:45 | 飯@23区外 | Comments(0)

富士そば@新井薬師

c0016177_23011266.jpg
 富士そばで朝蕎麦。頼むから朝の時間に茹でるから待ってコールはやめてほしい。。。。。せめて朝蕎麦を出す時間帯くらいは茹で置いて欲しいんだわ。


# by atsushisaito | 2017-07-05 12:00 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

尾道ラーメン 一丁@広島県福山市

c0016177_21460489.jpg
 広島空港についてバスで福山市へ。どこに行くのにも不便な広島空港、、、、。福山駅に着いてなにかラーメンでも、と調べるとすぐ近くにあったお店。隣が尾道市なので福山にも尾道ラーメンの店がたくさんある。
 普通のラーメンが550円とかなりお安く感じる。醤油に背脂がたっぷりのスープ。かなり熱々。軽い醤油のスープは化調もばっちりなんだけど、なんだかそれもいい感じでスープをぐいぐい飲んでしまう。卓上にあった胡椒をふといれたくなって(普段は使わない)ばさっといれたけど、味が変わらない。?と思ってバサバサとかけるとようやく効いてきたのだけど、これが美味い。そういえばかしわぎ@東中野でも醤油ラーメンには胡椒が合いますって言われた。
 ラーメンに胡椒をかけるなんて味をぶち壊すようなものだと思っていたけど、その概念がなんだか変わってきた。


# by atsushisaito | 2017-07-04 12:45 | 飯@23区外 | Comments(0)

かしわぎ@東中野

c0016177_22213107.jpg
 
 前回は醤油ラーメンだったので、今回は塩。玉子かけご飯も。塩ラーメン、美味しい。ほんのりとバターのような香りが立つスープ、しょっぱいと感じるぎりぎりまでしっかりと塩を効かせている。卵かけご飯の値段=ほぼ原価くらいの卵を使っているのだけど、ラーメンと一緒に食べてしまうとちょっともったいないというか、汁の塩気が強い分、卵の方まで十分に味わえなかった。次回は替え玉にしてみよう。
# by atsushisaito | 2017-07-03 12:21 | 飯@東中野 | Comments(0)

Viviane Sassen 「ROXANE II」

c0016177_13500580.jpg
c0016177_13500551.jpg
c0016177_13500664.jpg
c0016177_13500449.jpg
c0016177_13502605.jpg
c0016177_13502725.jpg
c0016177_13502796.jpg
c0016177_13512973.jpg
c0016177_13512921.jpg

c0016177_13502656.jpg
c0016177_13513044.jpg
c0016177_13513035.jpg
c0016177_13512829.jpg
published by OODEE , 2017 , edition of 1000,

 Roxane、Etan & Meと版型をA4の同じサイズで続いてきたので(その後のUmbraは本ではないので)、今回のB4サイズと一回り大きく布クロスにシルクのシンプルなスタイルはとても存在感があり、OODEEの意気込みが見られる。RoxaneからEtan & Meの時には、版型こそ同じもののコスト的なトーンダウンを感じられたから余計に今回の版型は攻めに感じられる。
 表紙の身体を形どったシルクの青が、そのまま見返しの青に、そして体にペイントを施しそれを紙に当てて色づけた青へと続く展開がとてもいい。Sassenというとアフリカの鮮やかな原色をモチーフにした作品が多いが、今回も色の使い方には独特のセンスを感じる。モデルのロクサーヌの身体と色のコラボレーション。またプリントにペイントを施したりしているのも面白い。
 この色鮮やかな作品とそれを包むカバーのシックな灰色と青というシンプルさとのバランスがとても好き。
http://www.flotsambooks.com/smp/item/PH03221.html



# by atsushisaito | 2017-07-02 14:14 | 写真集 | Comments(0)

粋仙@宮崎県宮崎市

c0016177_21042632.jpg
c0016177_21042636.jpg
c0016177_21042717.jpg
c0016177_21042532.jpg
 宮崎駅と宮崎空港ってとても近くて利便性が高いと思いきや、電車の本数が非常に少なくて結局バスになるっていう不便さ極まりないもったいない町。東京に帰るまでのぎりぎりまで飲んでいたいので、電車で空港に向かうとなると必然的に駅の近くで飲むことになるのだが、繁華街は駅から離れている。しかし、調べてみると人気店が駅の近くにあったので、そこで飲むことに。ただ、よく観光客がたくさん行って単純に高い評価をつけるようなそんなお店なのかなあ、と思ってた。
 駅から歩いて数百メートルのところに、その掘立小屋のような店を発見してなんとなく大丈夫な感じがしたので中に。カウンターの端っこに詰め込まれるような形で席を指定されたのだが、目の前のカレンダーに書きこまれた夥しい予約の文字を見て、すでにほとんどの席が予約なんだな、と理解できた。まずはビール。そしてごりごりの地鶏の食感を期待して赤鶏の炭火焼きを注文したら、地頭鶏の方がやわらかいですよ、と言われたのでじゃあそれで、とお願いした。
 地元のひでじビールに炭火焼き。炭で真っ黒になった鳥を食べつつ爽やかなホップの香りが効いたビールで脂を流し込む。そして心臓の刺身。これが美味かった。味わい歯応え、1級品。おまけに心臓のハツモトを焼いてくれた。心臓に繋がる血管の部位。
 ここで焼酎。宮崎の主な焼酎は取り揃えられている。ただし、川越や三段仕込みなどはなし。店主にうちの焼酎は安いでしょ、と言われたので、ええ、昨晩も他のお店で三段仕込みを飲んだけど安くてびっくりしました、と伝えると、三段仕込みは鹿児島でしょう、と言われたので、そうでしたか、、、、と返答したけど宮崎だよなあ。マニアックなお店ではなく、やはりそこそこなんだけど宮崎に来るお客さんには好まれる店って感じ。
 でもお店の人は意外と気さくで、忙しい合い間にいろいろ話かけてくれたりで、別に天狗になってるとかそういうわけではないから、まあどんな人も楽しめる優良店なんだなあ、と思った。
 
# by atsushisaito | 2017-07-02 12:03 | 飯@23区外 | Comments(0)

海賊船@中野

c0016177_21551948.jpg
c0016177_21551969.jpg
c0016177_21551895.jpg
 宮崎から帰ってきた足でそのまま海賊船で宮崎の焼酎。


# by atsushisaito | 2017-07-01 12:54 | 飯@中野 | Comments(0)

飫肥

c0016177_20282336.jpg
 翌日、飫肥に行くため、飫肥の焼酎で予習。
c0016177_20283106.jpg
 宮崎のドーミーインであてがわれた部屋の向かいが駐車場と最悪だったのだけれど、ドーミーインに景色など求めるなど愚問なので、カーテンは閉じたまま。最上階の温泉はドーミーインにしてはヌルッとしたお湯で楽しい。ただしドーミー文庫がないというのががっかり。これからのドーミーインはドーミー文庫を廃止に持って行こうとしてるのであろうか。確かにホテル側にとっては面倒臭いかもしれないけれど。
 朝食はドーミープライドを損なうことなく地元の名産が満載。冷汁でご飯をいただいた。残念ながら今回は夜泣きそばを食べられなかったのだけど、宮崎のドーミーは割と繁華街に近くよかった。駅近くのリッチモンドもホテルはいいけど、やはり立地に問題。
c0016177_20283770.jpg
 ゆらゆら電車で日南市の飫肥に移動。
c0016177_20284256.jpg
 飫肥についてからどこでご飯を食べるかに迷ってしまった。なにせ選択肢が少ない。いろいろ調べてみると飫肥ラーメンというのを出している器食堂というのがヒットしたので、レンタサイクルでそこに。用水路では鯉が泳いでいる道をキコキコ。夜中に酔っ払ってたら落ちて死ぬな、と思ってたら到着。食堂というにはモダンというか喫茶店よりな感じの店内。
 10食限定という飫肥ラーメンを注文。まさしく地元の喫茶店という感じで地元の人が店主と談笑している店内。のんびりした雰囲気の中、ラーメンが登場した。軽く獣臭いのは肉なのか、汁はその色からすると想像できないくらいにあっさり。飫肥の天ぷらから染み出す油がアクセントか。なにをもって飫肥ラーメンとするのかわからないけれど、無化調っぽい一杯だった。
c0016177_20284723.jpg
 宮崎県というと戸村っていうくらい焼肉のたれやドレッシングが全国区で有名で、その戸村がまさかスーパーだったっていうのに唖然とした。調べてみると日南市に5店舗のお店があった。中に入ると普通のスーパーなのだけれど、やはり戸村のタレコーナーがあったりで興奮した。そしてお惣菜コーナーには戸村のタレを使って揚げられた戸村焼きも。
 さっそく買って食べてみたけれど、甘い。そう、戸村のタレは甘い。ドレッシングも甘い。この甘さが戸村の売りなのだと思う。九州の醤油が甘いという文化から形成されているのか、本場の戸村のタレも甘かった。


# by atsushisaito | 2017-06-30 12:26 | 飯@23区外 | Comments(0)