無鉄砲@沼袋

c0016177_22551003.jpg
 2010年に出店だから8年目。もうけっこう時間が経ったのだなあ。どうりで僕も年をとるはずだ、、、。最後に食べたのが2014年と随分と時間が空いてしまった。最近なんだか食べたいなあと思い始めていたので行ってみた。が、やはりもう自分にはきつい。ただ魚介のあっさりスープがあるので、豚骨2の魚介8とかのブレンドにするともっと頻度高く食べられるかなあ。
 この日はたまたまなのか最近の人手不足のせいか、中1外1で営業していてホールの人が大変そうだった、、、、。

# by atsushisaito | 2018-01-09 12:54 | 飯@沼袋 | Comments(0)

吉野家

c0016177_22464972.jpg
 朝定のしらす牛小鉢定食。吉野家のwebで見るよりしらすが少ない印象。そのせいか牛小鉢がないといまいち食べどころがわからない朝食。もしくは大根おろしをもう少し増量してもらうとか。生卵の存在もこの定食の存在を不確かにしている要因。


# by atsushisaito | 2018-01-08 12:46 | Comments(0)

おかやん ひろし

c0016177_22352119.jpg
c0016177_22355159.jpg
c0016177_22355192.jpg
c0016177_22355111.jpg
 近頃、めっきり中野で飲むことが少なくなってしまった。これは大晦日に久々に一杯。おかやんでおでんに蟹の共和えで日本酒。その後にひろしで里芋の唐揚げと豆腐煮で日本酒。ひろしには助手みたいな人がいたなあ。けっこう繁盛してるみたいだなあ。しかし里芋にふられてたのが塩じゃなくて砂糖だったのだけど??これは多分間違いだと思いたい。残念ながら海賊船は開いてなかった。
# by atsushisaito | 2018-01-07 22:44 | 飯@中野 | Comments(0)

Mathieu Asselin 「Monsanto: A photographic Investigation」



c0016177_21144721.jpg
c0016177_21144729.jpg
c0016177_21144809.jpg
c0016177_21144803.jpg
c0016177_21144857.jpg
c0016177_21152246.jpg
c0016177_21152271.jpg
c0016177_21152345.jpg
c0016177_21152393.jpg
c0016177_21152395.jpg
c0016177_21154264.jpg
c0016177_21154333.jpg
c0016177_21154319.jpg
c0016177_21154398.jpg
c0016177_21154389.jpg
c0016177_21162274.jpg
c0016177_21162380.jpg
c0016177_21162325.jpg
c0016177_21162317.jpg
published by Verlag Kettler, 2017,

 モンサントという企業をテーマに製作された作品。巨大な化学メーカーで、これまで開発されてきた製品から人類は多くの利便性を獲得してきているのは確かなのだが、それを遥かに凌ぐ悪名を得ている。ダイオキシン、枯葉剤、そして遺伝子組み換え作物。モンサントという企業の強すぎる光と影。

 ダイオキシンで汚染され人が住めなくなって放置されてしまったかつてモンサントの工場があった町。感情に任せない静かな視線で撮影されたそれらはとても力強い。挿入されている資料の1936年のポストカードには当時の輝かしい街並みが描かれている。福島双葉町の「原子力 明るい未来のエネルギー」という看板を連想した。汚染された町には多くの工場で働く人たちがいたが、今の状況を想像できた人は誰もいない。

 agent orangeこと枯葉剤の章。こちらはショッキングな写真が多く、写真集の表紙にもそういう写真が含まれているという注意書きがされている。枯葉剤についてはベトちゃんドクちゃんの報道がよくされていたので、モンサントを知らなくても枯葉剤のことagent orangeという言葉を聞いたことがなくてもそれをよく知っている人は多いかと。敵が隠れる森林や資源となる畑に大量に散布し続けた。人体への影響は今もなお問題となっている。そして遺伝子組み換え農作物。モンサントの除草薬に耐性があり次世代へ種を残さないという物を作る。農家から利益を吸い上げる構造をおぞましいと思いつつも、一円でも安くと買い求める我々消費者がいる限り、それらの追求の手は止まらない。

 この歪んだ構図を写真と丁寧な資料による説明で、この企業をビジュアル化することに成功している写真集。モンサントが悪い!という声はたくさん聞くけれど、結局はそれを求めすぎている我々にも問題の責任がある。巻末に連なる無機質な広告の写真と言葉はそれに疑問を持たずにイエスと言い続けてる我々を巻き込んでの問題提議をしている。

 写真集の内容は正直あまり好みではないけれど、B4(たぶん)サイズ的には骨太なごつい装丁でこれは結構好み。ただ、ボール紙でこういった形でガツンとすると反りが目立つ。イメージ的にはソフトカバーで十分いい線いけそうな感じだけど。


# by atsushisaito | 2018-01-07 22:27 | 写真集 | Comments(0)

吉野家

c0016177_10144999.jpg
初吉牛
# by atsushisaito | 2018-01-05 10:15 | Comments(0)

大勝軒@中野

c0016177_23073925.jpg
 今年一年、個人的に激動の一年でした。中野駅にもようやくカルディが進出。10年近く前にカルディに出店要請のメールをしたけど、そういう計画はないという返事だった。マルイに出店したカルディからの帰りに大勝軒でつけそば。来年は頑張ろう!という気概も特にないのだけど、酒浸りにはならないようにしようと思ったり。それでは、よいお年を。
# by atsushisaito | 2017-12-31 23:14 | 飯@中野 | Comments(0)

薬師の大番@新井薬師

c0016177_19140683.jpg
 大盛りが無料だったので、こて丸大盛り玉子。こて丸っていうのは背脂をさらにブーストしたようなの。ここに辛味を入れてワシワシと食べた。が、麺が減らない。思っていたより量が多かった。ホープ軒でいう唐華みたいな辛味だと思ってたけど、もっとシンプルな一味的なものなんだな。ここの辛味は。
# by atsushisaito | 2017-12-30 12:13 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

松葉@南長崎

c0016177_18492606.jpg
 目白の丸長まで自転車で行ったのだけど、到着したのが14時30分すぎでもう行列を打ち切っているところだった。まいったなあ、と引き返している途中に松葉があることを思い出して寄ってみた。中に入ると客はおらず、厨房の人も出て来るような気配がなく、もしかしたらここも休憩に入ってしまったのかと一旦外に出てお店の情報を確認していると、お店の人が出て来てくれて中に招いてくれた。
 注文はチャーシューつけ麺大盛り。麺は細麺で、スープは優しい味。特別に美味いかというとそういうわけじゃなく、でも不味いというわけでもなく。普段着の味わいだよなあ。二日酔いで起きたらそのまま食べに行くような。意外と近所にこういう店がない、というかなくなってしまった。

# by atsushisaito | 2017-12-29 19:06 | 飯@豊島区 | Comments(0)

第二力酒蔵@中野

c0016177_21373541.jpg
c0016177_21375367.jpg
 中野で飲むのは随分と久しぶりのような。まずは生牡蠣をいただく。ここに来るとかなりの割合で生牡蠣を食べてるような。最初のビールを飲み干したら早々に熱燗2合。そしてイワシの塩焼き。800円だったから大きいのが一匹かと思っていたら、大きいのが二匹。嬉しい気持ちとやってしまったなという気持ちとの複雑な感じ。内臓まで美味いイワシをつまみながら酒をくいっとやってご馳走さま。今回は豆腐の煮物を食べなかったなあ。


# by atsushisaito | 2017-12-28 12:37 | 飯@中野 | Comments(0)

福しん@新井薬師

c0016177_21295246.jpg
 絶対に美味しいものじゃないってわかっていて、これまで何度も福しんでご飯を食べてきたけど一度も注文しなかった豚骨ラーメン。気が向いてしまったので注文してしまった。端的に言えば丸々インスタントの豚骨スープ。最近のカップラーメンの進化は目覚ましくて、これより美味しいと思えるのも多くあるのではないだろうか。想定していたこととはいえ、やはりわざわざお店で食べる必要もないかと。
 ただし、ここに辛子高菜があれば違ってくると思う。ぜひ福しん本部には豚骨ラーメンの注文には辛子高菜を一緒に出してもらいたい。辛子高菜さえあれば豚骨ラーメンの売り上げの倍増も目に見えてる。博多天神や風龍あたりの顧客も奪っちゃえばいいと思う。

# by atsushisaito | 2017-12-27 12:29 | 飯@新井薬師 | Comments(0)