<   2016年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧

麺や つとむ@中野

c0016177_2222017.jpg

 中野から北上して早稲田通りを越えて少し進んだところの右手にあるラーメン屋さん。何年か前に一度行ったことがあるけど、いわゆる魚介動物系のダブルスープという、スタンダードな味わいだった記憶がある。それ系ならすぐ近くに麺彩房があるので、わざわざここに行くという理由もなく、でもこの日はちょっと行ってみよう、という気になった。
 ランチタイムが終わるぎりぎりだったみたで、ちょっと気まずいなと思いつつ、つけ麺の中盛りをお願いした。ランチタイムサービスでいくつか選択肢があったので、味玉子をお願いした。前払いというあまり慣れないスタイルなので、ちょっと焦る。
 で、食べた感想はというと、普通に美味しいというか、この組み立てでまあ外しはしないのだろうなあ、という味わい。どっちかというと魚の方に針が倒れているかなというか。面白いのは卓上にすだちの汁があって、それをかけると、独特のさっぱり感がでて普通に酢をいれるより、いい感じ。ただし量の加減を間違えると、味のバランスが壊れてしまうので、少量がいいかと。
 入店した時間がまずかったのか、店主のテンションが低くて、う~ん、という印象。。。 
by atsushisaito | 2016-07-31 12:02 | 飯@中野 | Comments(0)

麺屋 睡蓮 @新御茶ノ水

c0016177_21441416.jpg

 順天堂に受診のおりに、せっかくだから近くで食べたことないラーメンでも、とネットで調べて向かった。渋い名前だから勝手に和風のエッセンスが効いた外観かと思ったら、雑然とした幟やらでシンプルなデザインが台無しで、メニューとか表に出さない方がいいなあと思いつつ入店。
 つけ麺の中盛りの食券を購入。ちょっと高いなと思った。お店の人の対応はとても丁寧。つけ麺はまあよくある魚介系の味。これを例えば10年くらい前に食べたら、凄く美味い!って思う味ではあるけれど、いかんせん業界のレベルが高くなってしまって、これで普通だ、と思ってしまう。
 麺の茹で具合はとてもよくて、変な固さもなく茹ですぎでもなく、さすがといった感じだった。スープ割の時に柚子を加えて、さらに電子レンジで温めてくれるというサービスもあり、2度美味しいといったところ。だけど、器も熱々になる、、、、。
 
 
 
by atsushisaito | 2016-07-29 12:38 | 飯@文京区 | Comments(0)

海鮮三崎港@高田馬場

c0016177_21182537.jpg

 青野とおるがモーニングで連載している「その「おこだわり」、俺にもくれよ!!」のすしざんまいの回で語られる内容がとても印象的で、それからというものなんだか寿司というジャンルでの海苔巻というものが一段上に感じられるようになってしまい、回転寿司に足を運ぶと、最初から最後まで海苔巻というパターンになることも。
 きっかけはともかく、回転寿司における海苔巻ってある種独特で、これはもはや寿司なのか?というメニューもあり面白い。酢飯に合うのであればなにもかも全部海苔で軍艦を作って乗せてしまえ!という思い切りの良さがあって、むしろ回転寿司では海苔巻こそが醍醐味ではないのか、と思ってしまったり。
by atsushisaito | 2016-07-27 12:17 | 飯@高田馬場 | Comments(0)

Vice the photo issue

c0016177_12114140.jpg

c0016177_12114947.jpg

c0016177_12115611.jpg

c0016177_1212367.jpg

c0016177_12121011.jpg

c0016177_12121845.jpg

 何ヶ月か前のViceの写真特集の号の巻頭にAlec Soth。北海道を今年の2月あたりに撮影したもの。日本人の女性との二人旅で、深瀬昌久好きのSothらしく鴉へのオマージュも含まれている。
 ちょうどAlec Sothに僕のInstagramアカウントを担当してもらうという企画をこの旅行のタイミングでやってもらえたので、この旅の一部を共有しているようで嬉しかった。
https://www.instagram.com/p/BCMCnioFswZ/
Alec Sothが泊まるホテルでよく撮る窓からの風景
https://www.instagram.com/p/BCMqCzWFs9r/?taken-by=atsushisaito11
by atsushisaito | 2016-07-26 12:22 | 写真集 | Comments(0)

神戸サウナ&スパ@兵庫県神戸市

c0016177_23242666.jpg

c0016177_23244554.jpg

c0016177_2325540.jpg

 こちら、サウナを愛する人々 サウナーの人達にとって楽園のスポット。泊まっていたホテルをチェックアウトして向かったのはここ、神戸サウナ&スパ。たしかにそこはサウナーにとって楽園であった。繁華街のど真ん中にこんなスポットがある神戸に少し嫉妬。
 ゆったりとサウナや風呂で時間を過ごした後に、館内のレストランでご飯。手首に巻いているキーについているバーコードで課金できる。ただここ、休憩所との隔てがあまりないからか、席についてもないがらしろにされる。とても空いている時間帯で誰もいないのに、メニュー片手に注文したい感満載の僕の目線を見向きもしないで真横を通り過ぎる。
 これほど接客に無関心なホールの人を初めてみたなあ、と新鮮な視線でホールの人に目線を合わす目、我関せず。花輪和一の「刑務所の中」の一節「願います!!」を再現するごとく無愛想なねーちゃんを引き付けて肉団子を注文するも品切れ。なのでトマトラーメンを代わりに注文。
 出てきた赤いラーメンは、トマトっていう感じもするし、これって粉チーズかけたら美味しいのかもなあ、とまあそんな不完全燃焼な具合での神戸サウナの一食。
by atsushisaito | 2016-07-22 12:23 | 飯@23区外 | Comments(0)

いたぎ家@兵庫県神戸市

c0016177_2219449.jpg

c0016177_22213949.jpg

 このお店に行きたいと思っていたのだが、運悪く電話した時には満席で断られてしまっていて、機会がなかった。今回は当日に満席だったものの、時間を終えて電話すると大丈夫だった。
 普段から飲み始めが早くて、遅い時間帯にはホテルに帰って大五郎をあおって寝るっていうスタイルなので、一回転したあとのお店で飲むには記憶力が飛んでしまっていて、今回も実はあまり覚えていない。ただ、いいお店だったということだけは覚えている。
 小さいお店。地方にふらっときて、キャパの小さいお店でかつ良いお店って地元の人御用達で、1日2日いるだけではなかなか出会えないのだけど、この日は出会えた。もう既に飲んでいたので、日本酒。マニアックな滋賀県一色のお酒のラインナップの記憶だった。他の地方のもあるのかもしれないけれど、滋賀だな、という強い記憶。ベルギービールの瓶も充実していた。
 お通しの麺が実は飲んべえの体にやさしく嬉しい。注文したのは重箱。お一人さま限定のいろいろ詰まった重箱。素材にこだわったシンプルな料理が少しずつ入っていて、なんとも嬉しい。こちらのお店は和歌山の実家から送られてくる無農薬野菜を使っているとのこと。 正直、僕には無農薬かどうかの味の違いはわからないけれど、それだけ大事に育てられた野菜を使っているんだ、と思うとなんともありがたい気持ちになった。
 次回は素面で行きます。
by atsushisaito | 2016-07-20 12:17 | 飯@23区外 | Comments(0)

サニーヒルズ@表参道

c0016177_23555370.jpg

 表参道の裏通りから外苑前の方に歩いていくと、一際目に付く建築物が。こちら隈研吾デザインの建物で、その存在感は周囲の人の目をとにかくひく。一体これはなに屋なんだと。なにかこの建物の意味を表す屋号らしきものは見当たらず、木を大胆に組んだ建物。中に入って、これは何屋なのかと聞いてみると、台湾のパイナップルケーキ屋だとか。
 そういえば数年前に台湾に行った時に、お土産に人気だからとパイナップルケーキを購入したものの、どっかの店で置き忘れてしまった覚えが。お店の人曰く、試食スペースだとか。これだけの贅沢なスペースが試食のスペースなんだと、2Fに上がり席につくとお茶とパイナップルケーキがサーブされた。ゆったりした空間、かつお茶まで、そしてパイナップルケーキは一つまるごと。
 このサニーヒルズこと微熱山丘はパイナップルケーキの火付け役として名を馳せたお店で、今でも台湾みやげにこのパイナップルケーキを購入してくる人が多いとか。もちろん青山でも購入はできて、5個入りのものを購入。かわいいバッグに入って渡された。
 普段甘いものは食べないので、食べた感想は、うん、まあ~という具合ではあったものの、このスポットを知っててお茶するにはなんか青山っぽくていいのかな、と思ったり。お茶するだけだったら無料だし。
 
by atsushisaito | 2016-07-19 12:55 | 飯@港区 | Comments(0)

東松照明 Shomei Tomatsu 「NAGASAKI」

c0016177_1502882.jpg

c0016177_1503494.jpg

c0016177_1503922.jpg

c0016177_1504588.jpg

c0016177_1505118.jpg

c0016177_150579.jpg

c0016177_151467.jpg

c0016177_1511071.jpg

c0016177_1511620.jpg

c0016177_1512415.jpg

c0016177_15130100.jpg

c0016177_1513872.jpg

c0016177_1514560.jpg

c0016177_1515170.jpg

c0016177_1515953.jpg

published by Akio Nagasawa publishing, 2016, edition of 1000,
by atsushisaito | 2016-07-18 15:06 | 写真集 | Comments(0)

特産館ささやま 味の郷土館 @兵庫県篠山市

c0016177_2254106.jpg

 地方のスーパー好きなので、町から少し離れたところのスーパーに行ってみたものの全く地方色がなくてがっかりして、バス停に向かう途中にJAの直売所みたいなものを見つけていってみた。こちらも産直の販売所ではなくて、篠山の食べ物の加工品、お土産的なものを中心とした品揃えで、あんまり。どうもこの施設は観光客がバスでどーんと乗り付けて、わらわらと訪れるといったような施設みたい。
 併設されているレストランも大人数に耐えうる大きさ。雰囲気的には全くそそられなかったものの、外にあるメニューをみてるとさすが食材の多くは篠山のもので、なんだか旨そう。というわけでがらんと誰もいない店内に踏み込んでいってみた。
 注文は丹波篠山しぐれ丼。篠山牛がメニューにあるだけあって、単価がけっこう高い。金持ってるじいちゃんばあちゃんがせっかくだから、とお金を使うのだろうか。僕はどっちかというととろろを食べたかったので、しぐれ煮ととろろの丼でかつハーフサイズのもの。なお、このしぐれ煮の肉は篠山牛でないみたい。。。。
 とろろに甘辛い牛肉のミックスが不味いはずもなく、美味しい。が、ご飯に味がついている。説明を読むと、出汁に一度ご飯をくぐらせているのだとか。さすがにこの味の重奏をうるさすぎて、白いご飯で食べたかったなあと思った。出汁には篠山牛が使われてるっぽい。たぶん。
 
by atsushisaito | 2016-07-18 12:53 | 飯@23区外 | Comments(0)

伊藤@銀座

c0016177_2321262.jpg

 つけ麺。今年に角館で食べた伊藤の支那そばの記憶が強烈なので、こちらでもそれなりに美味しいとは思うのだけど、二番煎じすぎるというかなんというか、浅草もそうだけどあの角館の記憶を更新してくれるほどではないなあ、というのが正直な感想。
 記憶ってあやふやなので、もしかすると比べて食べるとこっちの方が美味しいのかもしれないけれど、あの食体験を超えるものではないなあ。前回のラーメンの感想と合せて。角館にもう一度行こうかなあ、と。
by atsushisaito | 2016-07-17 12:20 | 飯@銀座 | Comments(0)