<   2015年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

来々軒@木場

c0016177_10273066.jpg

 タンメンの名店とのことで、行ってみた。タンメンというと最近では、トナリが有名だがここのメニューのタンギョー、つまりタンメンとギョウザという言葉は、この来々軒から生まれたとのこと。皮肉というかなんというか、来々軒の斜め向かいにそのトナリはあり、新旧のタンギョー戦争が繰り広げられているのだ。
 10時30分からオープンしているとのことなので、早めの11時前に店へ。食券を買っておばちゃんに案内されたカウンターに座った。まだ2組しかいない店内。あまり人が入らない人もあるのかな、と思って待ってると、続々と客がやってきて、食べ終えて帰る頃には待ちができるほどであった。
 席についてすぐに平皿に野菜が盛られてやってくる。タンメンのアタマといった感じ。出来る過程であまりをストックしておいて、それを前菜替わりに提供しているのかな。ラー油をかけて食べてとのことなので、ラー油をかけて一口。野菜そのものに味付けはなくラー油の辛さで食べ進める。最初はなんてことなかったラー油なんだけど、食べているうちに口の中が随分と熱くなってきた。そうこうしてるうちにタンメン登場。
 先ほどのラー油で、スープの味がわからない、、、。とてもあっさりした味わいなので、先ほどのラー油のいれすぎが悔やまれる。野菜への火の入りはどうなのだろう。タンメンというと火で炙られた香ばしさも味に一役買っていると思うのだが、そういうタイプのタンメンではないようだ。麺に特徴があり、太めのごわごわしたもの。一見、薄い塩系のラーメンには合わなさそうなのだが、このタンメンの面白さって、このアンバランス感であるのかと思う。豪を柔でつつむ。ぐいぐいと主張してくる麺が、ほどよくスープを纏って、これはこれで美味しい。逆に普通の麺だと、スープとの境界が曖昧になりすぎてなんら主張することのない一杯になっているのでは。
 最初にラー油を使ってなかったら、もっと美味しく食べられたのかなあとも思う。でも当たり前の話なのかもしれないけれど、後発のトナリの方が僕には美味しく感じられる。隣に座っていた人が餃子とライスを注文していたので、今度はそれをやってみようと思う。
by atsushisaito | 2015-09-30 12:25 | 飯@江東区 | Comments(0)

立ち呑み処 ほんだ@大阪府大阪市

c0016177_15441055.jpg

c0016177_15442398.jpg

c0016177_15443659.jpg

 場所が北新地という場所なので、間違えた店選びをしてしまうと財布がふっとんでしまう、そう思ったらなかなかどこのお店にも入ることができなくて、うろうろしてしまった。さすがに今はそんな高級な店もそうないみたいだけど。なんとなくイメージで。
 そんなわけで立ち飲み。安かろうっていう感じかと半分思いつつなのだけど、活気もあるしもしかして、、、と思い中へ。まずはビール。最初にポテトサラダをもらった。まずまずだなあ、とそれほどピンとこなくて、次に鱧の天ぷら。3切れと量は多くないのだが、300円ちょっとで活の鱧?同じ値段で湯引きも出してるから活のものなのは間違いなさそう。揚った鱧の天ぷらは確かに旨かった。臭みもなく鱧の食感と旨味を味わった。
 続いてイワシの梅煮。こぶりの鰯だが、こちらもなかなかのお味で満足。もう少したくさん食べられるコンディションで来たかったなあ、と思いつつご馳走様。次回に北新地に来ることがあればまた行く。
by atsushisaito | 2015-09-29 12:41 | 飯@23区外 | Comments(0)

とん久@高田馬場

c0016177_2304741.jpg

 駅の向かいのビルの地下にあるとんかつのお店。行列もできるくらいの人気店。高田馬場では成蔵という店がとんかつでは有名だそうだが、そちらは行ったことがなく、もう一軒の有名店 とん太には行ったことがある。そこはカウンター中心の、いかにも職人って感じの方が揚げてるのだが、とん久はもっと開放感があるというか、女性が一人でも気兼ねなく入ることができるお店。ホールに人が十分にいて、接客がいいこともこのお店の人気の一つだと思う。
 ランチの1030円のロース定食を注文。登場したのは肉質みっちりの脂身が少なめなお肉だった。せっかくお店に来たのだから、特選にするべきだったかという思いも過ったのだが、これはこれで美味しいので、最初はなにもつけず、次に塩、そしてソース、最後に大根おろしという順番で味わった。塩が一番いい感じだった。せっかくだから特選にしてもよかったかなあ、と少し思いつつ。
 しじみの味噌汁も美味しかった。残念なのは皿に盛られたキャベツの水分がトンカツの下部に回ってしまい、そこの衣がふにゃふにゃになってた。けっこうそれは気になった。
 
 
by atsushisaito | 2015-09-28 12:00 | 飯@高田馬場 | Comments(0)

堂島サンボア@大阪府大阪市

c0016177_1523177.jpg

c0016177_15231698.jpg

c0016177_15233621.jpg

 ホテルから歩いてすぐの場所にあった。歴史あるバーで、基本スタンディング。初めてのバーで一人スタンディングだとけっこう落ち着かなくて、ついドリンクのメニューを探してしまうのだが、近くにはない。帰るころに気付いたのだが、入り口の側にメニューがあった。でもそんなの誰もみないで、それぞれお好みのものを注文していた。
 ハイボールが名物とのことなので、ハイボールください、とバーテンに伝えた。ウイスキーは?と聞かれたところで、おろおろしてしまった。ハイボールを作るウイスキー。そこまで頭がまわらなかった。わからなければ素直に聞けばいいことなのに、自尊心がそれを許さない。微妙に震えた声で「え〜〜と、なにかスタンダードなやつで、、、」と応えると「スタンダード?」と若いバーテンは、はて?という顔に一瞬なったのだが、年配のバーテンがそれを側で聞いていてすぐに角瓶でハイボールを作り始めた。他の人の注文も、「角で」という人が多かった。そうかあ、今度からそう言おう。いつもはトリスで作るトリハイだからな、、、。
 氷の入っていないハイボールをぐびりとやったところで、落ち着いてきたのでチーズの盛り合わせを。トーストしてくれたパンが美味しい。チーズをちびりとやりながらハイボールを飲み干した。せっかくだから、ということでもう一杯ハイボールを。なにか違うウイスキーでとお願いした。バーボン、たしかジンビームで作ったハイボール。周りのお客さんが、さらっと一杯だけ飲んで帰っていくのがかっこいい。あまり長っ尻も野暮なので、ここでご馳走様。
 
by atsushisaito | 2015-09-27 12:22 | 飯@23区外 | Comments(0)

幸寿司@高田馬場

c0016177_22384717.jpg

 高田馬場の駅前に寿司やなのか立ち食い蕎麦なのかよくわからない店があることは、随分前から知っていたけれど入るのは今回が初めて。入る前に少し調べてみると、朝から昼は立ち食い蕎麦、夜は寿司屋の二毛作という珍しい形態。朝から昼は暖簾が蕎麦うどんに変わるだけで、扉に貼られた寿司のメニューはそのままなので、わかっていても入ってから寿司も注文できるのかな、と思いつつ中へ。
 中は確かに寿司屋。うどん蕎麦のメニューと並列して寿司のものも並んでいる。変な感じだなあと思いつつ月見そばを注文。けっこう長く茹で置かれた麺を軽く温める形。早朝からやってるので、お昼に行くと既にお店としては閉店間際な感じで、麺もぐだぐだになってしまうのだろう。
 てっきり寿司屋の二毛作だから、出汁も効いてるのかと期待したのだが、まあ簡単に家庭で作れるような感じ。まあでも昔から高田馬場で働く人達に食べられてきたのだろうし、余所者があれこれいうものでもないかなあ。次回はお寿司の時間に行ってみたい。
 
by atsushisaito | 2015-09-26 12:38 | 飯@高田馬場 | Comments(0)

インデアンカレー アバンザ店@大阪府大阪市

c0016177_1649136.jpg

c0016177_16491891.jpg

 大阪のティルマンス展にいった時の。国際美術館からわりと近いクラウンプラザにチェックインして、ふらふら美術館に向かったのだけど、お腹が空いてしまってどこかでなにか食べたいなあ、という時に発見。
 大阪のカレーといえばインデアン。まあ今では東京でも丸の内のTOKIAに店舗があるのだが、やはり大阪で食べたい。口当たりが甘いのに、そこから辛さが襲ってくる独特の味わいで多くのファンを魅了し続けているのだが、それと同時にお店の人の接客態度がビシッとしていることも大変好ましい。お店の人が作り出す雰囲気がカレーの味わいを一段上に上げている。
 今回は初めてスパゲティを注文してみた。御馴染みのキャベツのピクルスをつついていると、裏で麺を炒める音が聞こえてくる。炒められたスパゲティに普通のソースをかけるだけで完成。もし、日常にインデアンがあるのだったら、他にもハヤシライスなどにも挑戦してみたいところなんだけど、僕にはスパゲティで一杯一杯。
 白いシャツだったので、ソースを飛ばさないように気をつけながら食べてみたのだが、やはり小さく一点、ソースを飛ばしてしまった。もっとふにゃふにゃな麺かと思いきや、意外と固めでそこにねっとりと絡むソースがやはり美味しく、ライスとは違う食感で楽しめた。まあでもライスの方がいいかな、というのが結論かなあ。
 この甘くて辛い独特のカレーは一度は試してもらいたい一品。ちなみに釧路の方にもインデアンという同名のチェーンがあるが、そちらとは全く味が違う。
by atsushisaito | 2015-09-25 12:46 | 飯@23区外 | Comments(0)

やしま@西葛西

c0016177_22271799.jpg

 そういえばこっちの方に立ち食い蕎麦の名店があったなと、西葛西へ。鶏天とナスの天ぷら。いけてる。かけそばでも十分美味しいんじゃないかな。冷やしなども食べてみたい。
by atsushisaito | 2015-09-24 12:26 | 飯@江戸川区 | Comments(0)

今井@ニューオータニ大阪

c0016177_21514455.jpg

c0016177_21515615.jpg

c0016177_2152786.jpg

 この日は朝から強烈な二日酔いで、結局夜まで回復せず。でもどこかお店に行きたい、ということでホテルの地下のうどん屋へ。ほろ酔いセットみたいなお得なものがあったので、それを注文。しかし、出てきた日本酒を飲むペースが全然上がらない。
 おまけにおつまみで出てきた板わさや穴子の肝煮にも箸が伸びず。。。時間もあまりなかったので、セットの刻みうどんを出してもらった。これも食べられないかもなあ、とちょっと汁を飲んでみると、出汁が実に旨い。体に沁み入るように出汁の味わいが心地よい。二日酔いが酷いからこその旨さ。どれ、うどんも食べてみるか、と麺を口にするとしっかりこしがあって驚いた。大阪のうどんはふにゃふにゃだという先入観というか、大阪で育ったからこその概念があったのだけど、きつねうどんの発祥とするこの大阪の老舗のうどんがこれほどしっかりしているのかと。もちろん讃岐のような腰とはまた別物であるのだが、こういう大阪のうどんがあるのだなあ、と驚いた。
 まあこれも二日酔いで弱っていたからそう思ったのかもしれない。しかし、出汁は本当に美味しかった。
by atsushisaito | 2015-09-23 12:50 | 飯@大阪 | Comments(0)

海賊船@中野

c0016177_22235620.jpg

c0016177_22241123.jpg

c0016177_22242469.jpg

c0016177_22243692.jpg

 海賊船で軽く2杯。
by atsushisaito | 2015-09-22 12:23 | 飯@中野 | Comments(0)

大観苑@ニューオータニ大阪

c0016177_21121669.jpg

c0016177_21123274.jpg

 大阪城が見えるホテルに泊まりたかったのだけど、意外にもそういうホテルは少なくて、安い方は満室で泣く泣く高い方にせざるを得なかった。旅行会社のサイトからとったので、そのプランに朝食に使えるクーポンがついていたのだけど、二日酔いで起きれなくて使えなかった。オータニの朝食を楽しみにしていたのに。でも、それが2500円の分のクーポンとして館内のホテルで使えることに気付き、ランチタイムまで時間を潰して、レストランの中でも安そうな中華の大観苑に。
 東京では天津丼、関西では天津飯、僕の大好きなメニューを注文。ランチの天津飯セットは税抜きで3000円。こっからサービス料もつくのでまあ普段なら食べようとも思わないのだが、クーポンがあるので頼んでみた。
 登場したのはかなり大きい天津飯で、見るからに美味そう。フカヒレと蟹がのっかっているのだけど、それらは重要な要素のようにみえて、実は実際の味わいにはあまり関係がなく、無駄に単価を上げているだけの代物になってしまっているのが残念だけれど、さすがさすが、玉子のふんわり感と上にかけられた餡の美味しさは王将を凌ぐ。王将の天津飯もCPを考えれば十分に美味しいわけで、けっして下に見ているわけではない。濃厚なチリワインとそこそこに高いナパのワインを同レベルで論じることと同じくらい、王将とこの店の天津飯を比べるのは無駄な話だ。と、自分で比べておきながらわけのわけらない脱線をしているけれど、酔っ払っているので仕方がない。
 天津飯の美味さもさることながら、ミニラーメンのスープも美味しくて満足。全体のボリュームがありすぎてお腹が一杯になり二日酔いの体にはしんどかった。
by atsushisaito | 2015-09-21 12:10 | 飯@大阪 | Comments(0)