<   2015年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

がんこ一徹@新井薬師

c0016177_14224728.jpg

 つけ麺。新井薬師の駅付近は、まああまりぱっとしない感じで、このお店も旨そうなものが出てくる雰囲気の外観ではないけれど、でもわりと美味しい。なんだかんだいってここらのラーメン屋さんは潰れないなあ。
 魚介系のラーメンだけど、最近のラーメンのように動物系がどろりというわけでもなく、適度な濃度に出汁が香る味わい。つけ麺の麺が太くなってて、いい進化。以前はラーメンの細麺をそのまま使っていたので、つけ汁に負けてた感があった。でもあのチープな感じの麺でのつけ麺も、嫌いではなかったなあ。
by atsushisaito | 2015-08-30 12:22 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

西町大喜 とやマルシェ店@富山県富山市

c0016177_167775.jpg

 富山県では富山ブラックというラーメンがあるとは知っていたが、東京で一度食べたことがあるだけで、それもそんなにしょっぱくなくて(いろはという店)なんだこんなものかと思っていたが、どうやらそうでもないみたいなので、一度、本場で食べて見たかった。
 駅の近くにもお店はあるのだけど、駅の隣のとやマルシェにも奇麗な店舗があったので、入ってみた。注文は中華そばの小。宇奈月温泉行きの電車の時間が迫っていたので、時計とにらめっこしながら待った。
 出てきたのは確かにブラック。黒い。汁を啜ってみると、がつんとしょっぱい。なんでも白飯を食べるためのしょっぱさだとか。つまりおかず。いやあこんなにしょっぱくなくても白飯は食べられるんじゃないかと思うのだが。塩気の中に隠れている旨味を感じる以前にとにかくしょっぱくて、またメンマやチャーシューがさらにしょっぱくて、殺人的。
 時間があったらもうちょっとスープを飲んでたかもしれないが、電車の時間が来たので急いでお会計をして地鉄の駅へ向かった。でも食べてると最中には、これは次はないなあと思っていたが、今はなんだかもう一度食べてみてもいいかもと思ってる自分がいるのだがら、中毒になる人の気持ちもわからなくはない。
by atsushisaito | 2015-08-29 12:06 | 飯@23区外 | Comments(0)

福しん@新井薬師

c0016177_1415634.jpg

c0016177_14152071.jpg

 帰りにちょっと飲みたいと思って、福しん。ビールに野菜炒め。それに水餃子なんてメニューを発見したので、頼んでみた。野菜炒めはさすが火力が違うからか、福しんのものでも家で作る野菜炒めでは遠く及ばない。旨い旨いとビールをグビっと。そして水餃子がやってきた。うーん、しかしこれはダメだわ。福しんはもともと餃子が美味しくないのだけど、その悪いところが全面に表れてきてる。皮の弱さ、餡の貧弱さ。不味い。
by atsushisaito | 2015-08-28 12:14 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

寿し冨@富山県富山市

c0016177_8424583.jpg

c0016177_8425982.jpg

 富山では安くて美味しい寿司というと、回転寿司ではなく栄という寿司屋が候補にはいるという。僕がいたホテルの近くの総曲輪(そうがわと読む)にも一件あり、開店時刻前に来てみたら、すでに並んでいる人がいて、そしてなんと店の中のカウンターに座っているひとすらいる。
 並ぶのがいやなので、あちこちうろうろしつつ店の前を伺いに来るも、ふらっと入れるような状態には当然なっておらず、別の代替案をとすぐ近くのこちらのお店に。
 客は誰もいなくて、店の雰囲気もどちらかというと昼より、夜に常連さんがゆっくりしているような雰囲気でもある寿司屋。酒類を一切出さないという栄とは対照的。せっかくだから、と特特上寿司をお願いすると、やめておいた方がいいという。特上でいいんじゃないか、と。出鼻を軽くくじかれてしまったので、じゃあ富山湾寿司というセットをいただいた。
 大将が握り初めて、ぽぽぽーんと寿司を並べていってくれるんだけど、寿司って慣れてないとなんだか忙しい食べ物だなあ、と思った。その起源がファストフードであったという寿司。さくっと食べてさくっと席をたつにふさわしく、握られて行くペースに合わせるとしんどい。ゆっくり食べればいいものを、食べないと悪いのかな、という思考が働く。これって一人でカウンターに座ってるせいもあるのかも。たかだか10貫の話で大袈裟なのだけど。
 富山県の魚の旨さはもう十二分に堪能してるので、握りの妙みたいなものを味わう方向にシフトした方がいいかも。そういう意味では今後、栄に行けたとしても満足できないかなあ。まあ、そうすると今度は予算の問題がでてくるわけで、、、。回転寿しのマヨネーズ系の軍艦がまだまだお似合いなんだな、、、いい大人なんだけど。
 しかし、なんでここでも蟹が入ってくるのかね、、、
 
 
by atsushisaito | 2015-08-27 12:41 | 飯@23区外 | Comments(0)

牛丼

c0016177_1472716.jpg

 吉野家。
 
by atsushisaito | 2015-08-26 12:06 | Comments(0)

ANAクラウンプラザ富山@富山

c0016177_8215571.jpg

 オムレツコーナーをみると、メニューに白いオムレツとあったので、それをお願いしてみた。黄身を取り除いた卵白だけで作ったものだそう。食べるのは初めて。レストランなどで食べると、もっとちゃんと成形されたり彩りもあるのかもしれないけれど、朝食コーナーの一角なので、こんなものか。
 食べてみると見た目通りに淡白な味わい。なんのためにこういうメニューがあるのかなあ、と調べると、タンパク質は欲しいけど他はいらないというダイエット中や肉体作り系の人のためにあるのだとか。
 
by atsushisaito | 2015-08-25 12:21 | 飯@23区外 | Comments(0)

四文屋@新井薬師

c0016177_1422818.jpg

c0016177_142425.jpg

 安定の四文屋へ。他にもっとうまいもつ焼き屋はたくさんあると思うけど、まあうちから徒歩3分くらいなので。
by atsushisaito | 2015-08-24 12:02 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

すし玉 富山駅店@富山県富山市

c0016177_23294466.jpg

 富山駅のリニューアルに伴い、商業施設も充実してきて駅のすぐ側でおみやげや名物を食べることができるようになった。とはいっても、寿司屋は駅の近くのそこらにあるし、富山ブラックといわれるラーメン屋もそう離れてはいないので、ある程度、町を知る人間にとってはそんなところに行く必要はないと思われるが、観光客の僕にとってはこれ幸いとばかりに、回転寿司のすし玉へ。
 北陸の回転寿司に一定の定評があるが、僕はそれほどいいと思わない。なぜなら、それなりに一皿が高い。いい物が高い、というのはとても当然なことだけど、一皿一皿をレーンからとるごとにお金の勘定をすることになる高額な皿を揃える回転寿司というのは、結果的には安く美味しく上がることになるのかもしれないけれど、皿単位で計算は気乗りがしない。
 というわけで、お店に入ったまではよかったけれど、結局はランチセットの朝獲れ地物盛り。1500円かつ税別で高価ではあるのだが、お皿の計算をしないでいいので、気持ちは軽い。そして、味噌汁はセルフでお替わり自由。回転寿司屋の味噌汁は、どこもなかなか侮れない。
 さて、肝心のお寿司はというと、普通に美味しいと思う。って感想でもなんでもないのだが、しかめ面してしかと味わう程のものでもなし、パクパクっといただいて旨い!っていうには十分でそれ以上それ以下でもないかなあ、と。セットにいれてもよかったような地物の魚は他に黒板にいろいろあったし、右端のはこの季節には獲れないし、とまあそういうことを書くほどのレベルでもないってことで。
by atsushisaito | 2015-08-23 12:29 | 飯@23区外 | Comments(0)

京洋食文吉@新井薬師

c0016177_2356668.jpg

 メニューにのってないけど、カツカレー。
by atsushisaito | 2015-08-22 12:53 | 飯@新井薬師 | Comments(5)

やつはし@富山県富山市

c0016177_23174369.jpg

c0016177_23175741.jpg

c0016177_23181066.jpg

c0016177_23182025.jpg

c0016177_23183457.jpg

c0016177_2318464.jpg

c0016177_2319336.jpg

c0016177_23191853.jpg

 太田和彦本に掲載されている居酒屋。前回は単品だったので、今回のコースはお腹が膨れすぎてしんどかった。が、やはり美味しかった。特にタナカゲンゲという深海魚の煮物。ゼラチン質を感じさせながらも、身はほくほくとした不思議な食感。普段なら、刺しをちょっとつまんで、これをメインで十分かも。
 
by atsushisaito | 2015-08-21 12:17 | 飯@23区外 | Comments(0)