<   2015年 03月 ( 35 )   > この月の画像一覧

富士亭ろばた@長野県松本市

c0016177_23391331.jpg

c0016177_23393388.jpg

c0016177_23395930.jpg

c0016177_2340144.jpg

c0016177_23402751.jpg

c0016177_23404289.jpg

 松本駅の周辺をぶらぶらしていた時に発見したお店。ちょうど駅から続く商店街が、川を挟んで一旦切れるあたりの怪しげなビルの一階の奥まったところ。普通の観光客はまず入らない風情の外観で、僕も別に冒険がしたいわけでもなかったのだが、看板の馬刺につられて行ってみた。
 18時過ぎくらいに行ってみると、まだやってない感じだったので他の酒場で一杯(じゃなかったけど)ひっかけてから再び。無事やっていたので中に入ってみると、いい感じに雑然としたこじんまりとした店内。カウンター越しにおやじさんが、なにやら作業していた。こちらに気付くと、いまこれ作ってるから、とあしらいのようなものを切っていた。もうおじいちゃんで、この時点で酔っ払っている感じにみえた。 大丈夫です、ごゆっくりどうぞと見ていたら、おじいちゃんが涎をまな板に垂らしてしまった場面を目にしてしまった。誰にでも失敗はある。そう自分に言い聞かせた、、、。
 区切りのいいところで、ビールをもらった。にいちゃん、やっこ食べられる?とおじいさん。はい、と元気よく答えてお通しのような冷や奴を食べた。 またすぐに、これも食べて、とキュウリが登場。どういうシステムになっているのかは、よくわからない。
 常連さんが一人でやってきて、モツ煮込みを注文した。そうすると、にいちゃん、モツ煮食べる?と聞かれて、それを素直にいただいた。最初の涎でびっくりしてしまったが、なんだか居心地がいい。モツ煮はとびっきりの美味さではないが、普通に旨い。うちは不味いもんはださないから、と酔っぱらいのおじいさん。馬刺食べる?ときたので、待ってました!とばかりにお願いした。
 すると、うちは馬刺の味噌漬けが名物だから、どっちにする?と。馬刺の味噌漬け?そんなものがあるのか、と悩んでいると、半分づつ盛ってあげるねと二種類の馬刺を出してくれた。通常の刺身はロースの部分だそう(僕も相手も酔っぱらいだから、間違ってるかも)。確かにモモの刺身と比べて、脂の味わいが口に残る。モモの淡白な味わいも、それはそれで美味しいが、こちらも秀逸。 味噌漬けの方は、焼きをいれてから味噌に漬けるのだとか。
 口に入れたら、ローストビーフのような味わい。っておじいさんに言うと失礼だから言わなかったけど。でもほんと味噌風味のローストビーフが誰かに味を伝えるに的確な表現だと思う。面白さという点でも、これは当たり。このあたりで僕は興奮してしまって、たっぷりの焼酎をいただいておじいさんと話すようになってしまった。最後の方にはトマト。
 途中で奥さんも登場して、にいちゃん、にいちゃんと可愛がってくれた。おじいさんは若い頃には芸術家を目指していたそうで、お店には絵や模型が飾られていた。もうこの場所で30年以上やっているとのことだから、本当に地域密着のお店なのだろう。 こういう店に出会えて本当によかった、と満足した。
by atsushisaito | 2015-03-31 12:38 | 飯@23区外 | Comments(0)

海賊船@中野

c0016177_239581.jpg

c0016177_23101242.jpg

 お通しでこの気合いのスティックサラダw
by atsushisaito | 2015-03-30 12:09 | 飯@中野 | Comments(0)

松本市役所の食堂@長野県松本市

c0016177_22361589.jpg

c0016177_22363451.jpg

 日本に現存する12天守の一つを堪能した後に、市役所にも展望台があると知って、向かってみた。松本城の天守は、どちらかというと見晴らしの点では視野が広くなく、あまりまわりを見渡せない形で、近年に再建された天守のような自由さはない。それを補うかのように、市役所の最上階に展望台があるのだが、こちらもさほどよく見えるわけでもなく、お腹も空いたので地下の食堂へ。
 馬の煮込み定食なんかが安く食べられるのかも、と少々期待して向かったのだが、まだお昼時にさしかかる直前だったので、客は誰もいなくて一番乗り。食堂というより、ちょっとした休憩室という風情のその部屋の入り口におばちゃんがいて、きょうはカタ焼きそば、という。もしかして一品しかないところなのかと焦ってたら、ちょこっと料理が並んだメニューを発見。 よく考えずに月見そばを注文してしまった。
 あとから来た客、といってもほぼ職員だと思うが、みな一様にかた焼きそばを食べていた。本日の日替わりのお得なこの焼きそばを皆が食べるから、厨房も楽だし、客もすぐ食べられる。そういう流れを出っ歯なから挫いてしまい、おばちゃんの一瞬、え?蕎麦?みたいな感じのようなリアクションがなんだったのかは、なんの変哲もない月見蕎麦を啜りだしてから、わかったことだった。蕎麦は意外と時間がかかった。
 味は、長野に来てまで食べるものでもないな、と。むしろかた焼きそばを皆と一緒に食べればよかったかなあ。
by atsushisaito | 2015-03-29 12:35 | 飯@23区外 | Comments(0)

おかやん@中野

c0016177_2256948.jpg

c0016177_22562150.jpg

c0016177_2256344.jpg

c0016177_22564739.jpg

 プチリニューアルで禁煙にもなった立ち飲みおかやん。飲食店は全部禁煙でいいと思うけどなあ。この日は5点盛り。鱒、白魚、黒鯛、赤貝に、、、あと一つ覚えていない。。というかシラスと白魚を混同していることにこの年で気付いたという、、。白魚、とても美味しかった。ビールからお酒を2杯、最後のつまみはマテ貝のおでん蒸し。貝の旨味もさることながら、この昆布がしっかり効いた出汁が日本酒のつまみとしても美味い。焼酎をおでんの汁で割ることもあるのだから、合わないわけもないのだが。
 マテ貝といえば、先日愛知県の杉むらという居酒屋のおかみさんが、マテ貝は端の食感、真ん中、そしてその端の食感の3口で味わうものだと話されていた。おかやんでは、2口で食べた記憶が。マテ貝美味しい。
by atsushisaito | 2015-03-28 12:55 | 飯@中野 | Comments(0)

松本丸の内ホテル@長野県松本市

c0016177_21271958.jpg

c0016177_21275260.jpg

c0016177_21281522.jpg

 ちょっと変わった構成のホテルで、旧第一勧業銀行という文化財の建物にビジネスホテルが併設されている。で、朝食会場はこの旧第一勧業銀行の方で食べる。部屋は普通のビジネスホテルにしては、なかなかいい方。リーズナブルなのに清潔感もあってwifiもあって。っていうのが海外ではびっくりするほど少なくて、このクラスは日本が一番満足度のレベルが高くて安心して泊まれる。
 で、なによりびっくりしたのが、この朝食会場。普段、結婚式の披露宴で使われているところみたい。ひな壇、そしてライティング設備も完備。んー、天井が高いこの建物での披露宴、なかなかいいものなんだろうね、と思いつつ、ここで汚いかっこうで朝食を食べてる自分との世界が、あまりにも不釣り合いなのでなんだか恥ずかしくなる。高級な場所で恥ずかしくなるのとは、また違った感じ、、、。
 冬場で閑散期なのか人の気配が少ない会場だったけど、スタッフや料理はきちんと用意されていて、品数もホテルの値段を考えると十分。食後もゆっくりお茶を飲みながら新聞を読んだりして、のんびりできた。丸の内の名前の通り、松本城の天守まですぐ近く。駅からはちょっと遠いけど。
 
 
 
 
by atsushisaito | 2015-03-27 10:23 | 飯@23区外 | Comments(0)

石松@中野

c0016177_22523971.jpg

c0016177_22525019.jpg

c0016177_2253282.jpg

 串2本だけ食べて帰ってる、、、。
by atsushisaito | 2015-03-26 12:51 | 飯@中野 | Comments(0)

メインバー コート@長野県松本市

c0016177_10174653.jpg

 この日の最後の〆に訪れたメインバー コート。松本はいいバーが多い街だそうだが、その中でも有名なところ。蔵をそのまま使っているのか、模しているのか日が落ちて暗く、そして酔っ払ってる状態ではよくわからなかったが、いい雰囲気だなあ、と扉を開けて2Fへ。
 僕の中ではだいたいのバーは、オーセンティックかそうじゃないかのどちらかなので、オーセンティックで素敵なバー、という表現がなんだかもっと違ういい方があるんじゃないか、と思ったりもするのだが、オーセンティックで素敵なバー。あ、でも木の温もりが強かったような印象。
 お酒はジントニック。これ、グラスがすごくどっしり重くて、ジントニックのグラスで、こういうのを使っているとこで飲むのは初めて。まあ、それだけ他の店に行っていないということだろうけど。グラスといえば、新潟の春日はとても薄かったなあ。 
 お通しはミニグラタン。和づくしだったので、洋風なこってり感が嬉しい。バーテンダーと少しお話して、で、毎度のことだけど、松本のお薦めのお店を教えてもらったりして、ごちそうさま。
by atsushisaito | 2015-03-25 12:17 | 飯@23区外 | Comments(0)

森本@渋谷

c0016177_22475821.jpg

c0016177_22481045.jpg

c0016177_22482425.jpg

 ビールを注文して、簡単につくね、砂ずり、はつにレバー。 さくっと一杯。つくねに練り込まれている柚子がいいアクセント。
by atsushisaito | 2015-03-24 12:47 | 飯@渋谷区 | Comments(0)

山女や@長野県松本市

c0016177_8424494.jpg
 
c0016177_843947.jpg

c0016177_8432781.jpg

c0016177_8434578.jpg

c0016177_844173.jpg

 8オンスでいい感じに酔っ払って、山女や。ほぼ満席でダメかなあ、と思ったら一人分だけ席が空いていて、座れた。店内を見回すと、小さい座敷があって、そこは空いていた。すぐに3人の客が来て埋まったけど。そういえばあの人たちも8オンスで飲んでた人だ。 8オンスをスターターに、この近辺の酒場に流れるのが、定番なのかな。地元の人には。
 お酒は信濃錦の特別純米をいただく。ここは信濃錦一択のお店で、ほぼ全ラインナップが揃っているみたい。8オンスで飲んだあとだから、少し高く感じるがこれが普通。むしろ安いか。
 わりとなんでもある感じの居酒屋だけど、やはりその中でもメインは焼き鳥。紙に欲しい本数を書き入れて渡す。しかし、この大根おろしがのってるはなんだっけ??? あと焼き鳥を3本ほど食べたところで、けっこうお腹一杯に。 でもこんな少しで引き下がるのはくやしいので、漬け物を注文。美味しいけれど、全部食べきれず、、。けっこう量が多かった。
by atsushisaito | 2015-03-23 12:41 | 飯@23区外 | Comments(0)

福ちゃん@渋谷

c0016177_22425528.jpg

c0016177_2243828.jpg

c0016177_22432320.jpg

 制限時間、注文は最初の一回注文の立ち食いの酒場 福ちゃん。一つ一つの盛りが多いので、始めから焼酎ロックで始めた。ドリンクの注文は制限時間内だと、何度でも注文ができる。注文は一度限り、ホワイトボードへの集中力も、この始まりの時間が最高潮。
 肝心なことは注文しすぎないこと。あれもこれもと注文してしまうと、最後に苦しむのは自分だ。注文を待つおばちゃんからのプレッシャーを耐えながら選択したのは、生牡蠣、ひらめ刺し、極上マグロ刺し。
 生牡蠣は赤穂は坂越のもの。たしか一昨年あたりに赤穂に訪れた時に食べた。本当に一年でこんなに育ってしまうのか、と山から流れる豊かなミネラルをたっぷりと身に蓄えた一年牡蠣の名に恥じない味で、素晴らしい。ただ、僕としてはこんなに美味しい牡蠣に、紅葉おろしを最初からのせてしまうのはもったいないと思う。いつもお箸でよける。
 ひらめ刺しの上品な旨味もさることながら、エンガワの味わいがこれまた美味。まぐろは中トロ。強さはもちろん中トロなんだけど、赤身の方の舌触りの心地よさがこれまた。お値段はそこそこするが、間違いのない一品。 
by atsushisaito | 2015-03-22 12:42 | 飯@渋谷区 | Comments(0)