<   2013年 07月 ( 40 )   > この月の画像一覧

Alec Soth 「Sleeping by the Mississippi」

c0016177_1042198.jpg

c0016177_10422719.jpg

c0016177_10423572.jpg

c0016177_1042431.jpg

c0016177_1038751.jpg

c0016177_10381320.jpg

c0016177_10381884.jpg

c0016177_10382470.jpg

c0016177_10382997.jpg

c0016177_10383420.jpg

c0016177_10384037.jpg

c0016177_10384539.jpg

c0016177_10385168.jpg

c0016177_10485974.jpg

c0016177_1039397.jpg

c0016177_1039996.jpg

c0016177_1049780.jpg

c0016177_10392225.jpg

c0016177_10393090.jpg

published by Steidl ,2004, first edition,

 写真集の歴史においてとても重要な一冊で、Sothを一気に有名にした作品。始まりは自らインクジェットで作成した25冊のダミーブックだった。その当時のSothのキャリアでは、出版社に持ち込みに行けなかったという。 そして2003年のthe Santa Fe Prize for photographyを受賞したことで、世界が一気に広がった。
 師であるJoel Sternfeldの勧めでSteidlから出版されたSleeping by the Mississippiが、どのような売れ方をしたのかは、当時まだ写真集を集めていなかったので、わからない。しかし、2004年のWhitney Biennial のポスターに、両手に飛行機の模型を手にした男性のポートレート「Charles」が起用されていることから、ちょっとしたブームになったのかもしれない。 2008年には3rd editionが発売されている。
 この「Charles」が表紙になってるのが2nd editionなのだが、面白いエピソードが。本当なのかどうか疑わしくもある話なのだが、Soth自らがインタビューで語っているのだから本当なのだろう。 2ndは当初、ソフトカバーで出版される予定だったとか。 それが蓋を開けてみるとハードカバーで刷られてきた。ソフトカバーにするアイデアは出版社のGerhard Steidlのものだというし、Sothもその案に賛成していた。ちょっと考えられないような「ミス」なのだが、確かに1st、3rdと比べると、2ndは雰囲気が違う。 一度、触らせてもらったのだが、繊細さに欠ける造りで、しかしダイナミックではある。 1stの壁の模様を表紙にプリントにしたような繊細さは感じられない。 言われてみればペーパーバックを意識したデザインのように感じる。
 
 Sothの写真は、アメリカの写真の歴史を上手に踏襲している。 よく上げれるのはロバート・フランクの「Americans」。ケルアックの「路上」に描かれているロードトリップの光景、またエグルストンやショアのような色に対する感性、それらに加えて、2011年の「Broken Manual」へと繋がる隠遁生活への渇望。 時系列的には「Sleeping by the Mississippi」の前になる2012年の「Looking for love」から連なる、社会の周辺の外に立ち続ける視点で捉えられる作品は、どれも魅力的だ。 

 今年、彼が来日していろいろイベントがあるという。サイン貰おう。去年、パリのoffprintで握手してもらったけど。
Alec Soth初来日企画
by atsushisaito | 2013-07-31 10:46 | 写真集 | Comments(0)

つるとんたん@羽田国際空港

c0016177_20341250.jpg

 羽田国際空港でうどん。 あちらこちらで行列のつるとんたんがあったので、入ってみた。 なんというか、値段高いなあ、と。 面白そうだったので明太子と玉子とじのうどん。 千円を超えてしまうが、しょっちゅう来る場所ではないし、まあいいかあ、と。 
 さすが人気店。 時間が経つにつれてどんどん人がやってきてほぼ満席。 一人でテーブルを占拠してるのがつらい状況の中、うどん登場。 噂に違わず大きすぎるどんぶり。 ずるずると啜ると、うどんの腰は関西風なのか柔らかい。 明太子と卵があまり功を奏してないように感じる。これは冷たいメニューで、同じような味の組み合わせの方がよかったのかもしれない。 
 汁の熱さのおかげで素材の風味がうまく味わえないし、そこに柔らかい腰のうどんがのしかかる。初めての訪問だったので、もっとシンプルなのを食べればよかったかも。
by atsushisaito | 2013-07-30 20:32 | 飯@大田区 | Comments(0)

c0016177_22241464.jpg

 シンガポールのBook Actuallyにいた猫。
by atsushisaito | 2013-07-29 22:24 | Comments(0)

Emma@新井薬師

c0016177_215233100.jpg

 以前、BARがあった場所にできてたワインバー。 もうできてから1、2年くらい経つのかな。初めて行ってみた。 まずはハートランドビール。 お通しはない。でもチャージ200円。 最初におから入りのポテトサラダ。これ、レシピしらべて一度作ってみたことがある。 その時は、自分の適当な作り方がまずかったのだろうなあって思ったのだけど、やはりおから入りのってあんまり美味しくない。食感が極端に悪くなる。 味じゃなくて食感。
 続いて砂肝の白ワイン煮。 濃い味のソースで煮られた砂肝は旨かった。 これにグラスワイン。 中に入ってみてはじめてわかったけれど、意外と奥行がある店内。 
 また次回にじっくり。
 
by atsushisaito | 2013-07-27 12:51 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

海賊船@中野

c0016177_21343393.jpg

c0016177_21344456.jpg

c0016177_21345126.jpg

c0016177_2135075.jpg

 海賊船で酒。 この店に来るときはお通しが楽しみ。 いつも凝ったものがでてくる。この日は漬物。島の野菜を使ったもので、旨い。あまりお腹がへっていなかったので、海ぶどうをちまちまやってご馳走さま。
by atsushisaito | 2013-07-26 12:34 | 飯@中野 | Comments(0)

三幸軒@新井薬師

c0016177_21305685.jpg

 実は新井薬師前駅近くでの隠れ名所。 独特の餃子が人気。焼きでもなく水餃子でもない、焼きに軽く揚げを加えたもの。 申し訳ないけれども、素直に表現させてもらうと店構えはどこの町にでもあるどうやって生計を立てているのかわからないよう雰囲気の中華屋。 事実、中の空気もゆる~い感じ。 
 しかし、餃子にはキレがある。 この外側がパリッとしつつ中の餡がニュルっとした感触は他の店では得られない。 目を見開くほどの特別の旨さがあるわけではないのだが、しかしこの食感の餃子をこのあたりの他の店で食べられることなどできない。 わざわざここまで足を運んでも、決してそれは無駄にならない。 
 唯一無二とかって書くと、多分同じような店はどこかにあって嘘になるのだろうけど、しかし、近所に住んでるのなら一度行くことをお薦めする。
by atsushisaito | 2013-07-25 12:30 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

春木屋 めんめん@中目黒

c0016177_2120129.jpg

 あの春木屋が中目黒にあったんだ。ということで行ってみた。 近くのギャラリーに行く前に。綺麗に整備された場所の一店舗だけどメインストリートの裏側のなので、事前に調べてなかったら行けない感じ。 
 いろいろメニューがあったのだけど、基本的なラーメンを注文。 登場したラーメンを見て、こんなにオイリーだったかなあ、と昔に荻窪で食べたラーメンを思い出そうとしてみた。 実際そんなに克明に思い出せるものではなくて、なんだか食べてるうちにこんなものだったかなあ、という気にはなった。
 本家じゃないということで、いろいろアラを探してしまうということもあるのだろうなあ。 十分に美味しいのだけれど、物足りない。 有名店の支店は、本店より旨くないとイメージが悪い。
by atsushisaito | 2013-07-24 12:18 | 飯@目黒区 | Comments(0)

四文屋@新井薬師

c0016177_21134721.jpg

c0016177_21135354.jpg

c0016177_2114090.jpg

 馬鹿げたレバ刺し騒ぎがようやく落ち着いて安心のレバ刺し。 旨い。 比べてみるとホルモン@沼袋のコブクロより、四文屋のコブクロは大きいサイズなんだなあ。 そして焼き物。 チレが、、、、。最初に刺した部位が小さすぎて炭素化している。 ありなのですか?これって。 こんな串焼きに遭遇するのって、四文屋くらいなんだけど、、、。接客のお姉さんはとてもいい感じなのに。  自分の中ではよく行くほうの店なので、余計に残念。 これでいいんですか、社長!?
by atsushisaito | 2013-07-23 21:20 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

コリンズ@中野

c0016177_21341415.jpg

 とにかくビールが飲みたくなった。 そしてどこかにないかと彷徨った。中野にはスタンダードなビールバーはないのだけれど、旨いガージェリーを置いているお店が少なからずある。しかし、もうとにかくビールだけをさくっと飲んでさっと帰りたい気分で、そういう使い方をできるくらいの気軽に行ける馴染みの店がない。なのでどこかないかと探したところに、泡系列のお店がビールバーを始めたことを知った。 コリンズ。
 系列と同じ立ち飲みパブ。 一杯目はPRIMUSというベルギーのピルスナータイプの生。 ベルギーというと上面、自然という日本にはないタイプのビールをイメージするのだけれど、これは日本でよく飲まれる味。ごくごくっと飲めてとても美味しい。 
 おつまみに、直前にスモークするという肉を。 正直、スモーク感はあまり感じられなかったような。 でもパフォーマンスとしては面白い。 最後に大阪の箕面のビール。どっしりとしていて、二杯目にちょういい。 中野で生ビール飲みたいときはここになるかも。
by atsushisaito | 2013-07-22 19:31 | 飯@中野 | Comments(0)

麺彩房@新井薬師

c0016177_2112055.jpg

 メンマつけそば大盛り。 体調によってはここの大盛りも無理なようになってきた、、、。まあ単に二日酔いのせいだったのかもだけど。 メンマを入れているせいか、わりと味わいは薄く感じられたような。 しかし、この店で味わうべきなのは麺だなあ。これが大盛り無料なんだから嬉しい。 メンマも旨い。 しかし、体調があまり良くないせいか、途中でのギブアップも頭によぎったが、なんとか食べきれた。  
 二日酔いなときは、普通盛りで十分、、、。 無理して吐くともったいないから。いや、吐いてないけど。
by atsushisaito | 2013-07-21 12:39 | 飯@新井薬師 | Comments(0)