<   2012年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

四季乃味 菜々草@新井薬師

c0016177_19453067.jpg

c0016177_19453714.jpg

c0016177_19454474.jpg

c0016177_19455290.jpg

 過去に十里木という蕎麦屋さんがあった場所。 その後居抜きでやる気のない居酒屋が入ったのだけど、それはすぐに潰れてこの店 菜々草が入った。 店の前の手書きのホワイトボードになかなか魅惑なメニューが書かれていたのは知っていたけど、なかなか店に行くタイミングがなくて、今回が初めて。
 お通しはワカサギとバイ貝の2種。生ビールから始める。 注文は刺身の盛り合わせに縞海老の唐揚げ。メニューは魚が中心。 お通し、刺身、唐揚げ、どれも旨い。 値段も手ごろなので、これから使う頻度が多くなりそう。
 しかし、カウンターの向こうの調理場で煙草を吸うのはどうかと、、、、。 僕しかいない店内で臭いがしだしたので、外で通行人が吸ってるのかと思ってたら、店内から煙がもくもく、、、。 料理に臭いが、、なんてことをいうつもりは全くないけど、気持ちいいものでもないので、隠れて吸ってもらいたい。
by atsushisaito | 2012-10-28 20:01 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

元祖寿司@中野

c0016177_193336.jpg

c0016177_193958.jpg

c0016177_1931666.jpg

c0016177_1932241.jpg

 ランチの時間が終わりパタパタとお店が閉まっていく時間帯に重宝する回転寿司。 中野にある回転寿司屋でアイドルタイムでもわりと多くの皿が回っているのがこの店。 回っている皿は絶対食べないっていう人もいるみたいだけど、僕は逆に回っているものだけをさくっと食べたい。 手の取ってみてから流石に失敗したかなあ、というのもあるけど、まあそれも回転寿司。 だけど最後にウニが多めにのっているのを注文。 、、、、不味い。やはりウニは食べる場所をちゃんと選ばないと。 こういうウニを食べて苦手になる人がいるのだろうなあ。 回転寿司はホッキマヨネーズやカニサラダみたいな軍艦が一番美味しかったりして。
by atsushisaito | 2012-10-27 19:21 | 飯@中野 | Comments(0)

山東餃子本舗  江古田店@江古田

c0016177_1862846.jpg

c0016177_1863349.jpg

c0016177_1864090.jpg

c0016177_1875895.jpg

c0016177_1865126.jpg

 江古田店といっても、本店は江古田店から少し離れた場所の同じ江古田。 江古田では有名な餃子屋。 注文は餃子、キクラゲ玉子、水餃子に上海焼きそば。 サービスで豆もやし。 焼き餃子のビジュアルには驚かされた。扇状に羽が広がっている。 味にはなんら関係してこないのだけど、登場した瞬間だけ面白かった。 ちょっと前に行ったので、どんな感じか忘れてしまったなあ、、、。普通に美味しかったような。 本店とは違い江古田店のメニューには水餃子の文字がないのだけれども、注文したらやってくれた。
by atsushisaito | 2012-10-26 18:18 | 飯@江古田 | Comments(0)

三笠食堂@新井薬師

c0016177_11154339.jpg

 チキンカツとビール。 これで千円札だしてお釣りが貰えるのだから、なんだか申し訳ない感じ。
by atsushisaito | 2012-10-25 11:16 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

Antoine d'Agata 「Ice」

c0016177_13515934.jpg

c0016177_1352665.jpg

c0016177_13521255.jpg

c0016177_13521981.jpg

c0016177_13522722.jpg

c0016177_13523329.jpg

c0016177_13523923.jpg

c0016177_13524650.jpg

 Antoine d'Agataの作品にはいつも圧倒されるのだけど、今回の新作iceはもう狂気が充満していて本を開くのも怖いくらい。 webに載せられない写真が多々あり、これでもかなりソフトなのを選んだつもり。 タイトルのiceはおそらく覚せい剤のice。 d'Agataってこんなにも暴力的な性を撮る人だったかなあ、と過去の「stigma」を開いてみると、びっくりするくらいに柔らかに感じる。とにかく最初から最後まで圧巻な一冊。 言葉がけっこう多いのだけど、フランス語で全くわからず、、、。
 
by atsushisaito | 2012-10-24 13:53 | 写真集 | Comments(0)

平和苑@沼袋 孤独のグルメのための予習

c0016177_10484726.jpg

c0016177_10485475.jpg

c0016177_10485913.jpg

 孤独のグルメの主人公 井之頭五郎を演じる松重氏のインタビューをR25で読んでいたら、沼袋の焼き肉屋でロケをした話がでてきた。お店の名前こそ伏せられていたものの、沼袋の焼き肉屋情報を少し齧っている人ならすぐに見当がつくお店。 僕も以前から行きたかったお店だったのだけど、残念ながら何度かその機会を逃したまま。これが孤独のグルメで放送されてしまうと、さらに当分の間は行くことができないだろうと思い慌てて行った次第。
 とにかく小さいお店で席数も少ない。 そんな少ないテーブルを一人で占拠するのはどうも具合が悪い。人数を合わせて行くのも面倒、思い立ったが吉日とばかりに電話してみると19時までだったら大丈夫というわけで、自転車で行って着いたのが18時前。 奥のお座敷を一人。ビール大で。テーブル席では名物親父がえんえんと話し続けている。仕事の合間に話すのかと思っていたら、話すことが仕事みたい。
 注文はわさびカルビにおススメカルビ、そしてホルモン皿。 ホールの女の子がわさびカルビの焼き方を見せてくれた。まだ乗せたばかりの冷えた網の上でささっと肉を炙ってワサビをのせて、出来ました、と。 生肉ですね、、、。 旨い。 旨いが生すぎ。 もしかしたら親父に怒られるかも、と思いながらもその後は、もう少し火を通して食べた。 オススメカルビは塩味をお願いしたのだけど、塩が強すぎ。もったいないことをしてしまった。タレで食べるのが正解だったか。
 ホルモン皿もタレ塩選べたので塩で。こちらは見た目もいいなあ。焼き肉屋さんのホルモンだと、べったりタレの味一色で素材の味が皆無なのが多くて面白くない。 ただ、臭みもダイレクトでシロなんかはちょっとしんどい。 ミノが一番美味しいし食感もいい。 サービスのキャベツをポリポリ食べながら、背後の親父の講釈をBGMに肉を食べた。 本当はこの後の玉子かけごはんも食べたかったのだけど、けっこうお腹一杯になってしまった。
 時間にして30分くらいかなあ。今回はさくっと短時間だったので、残念ながら親父さんの接客は受けられなかった。 孤独のグルメの影響がなくなった頃、親父さんの接客を受けにまた行こうと思う。まあ、でも聞いてる感じでは、ああいうのが嫌な人もいるのはわかる。 好き嫌いが分かれる店。 
by atsushisaito | 2012-10-24 11:32 | 飯@沼袋 | Comments(0)

たらこスパゲティ

c0016177_2118946.jpg

 自家製のタラコとバターで和えただけ。
by atsushisaito | 2012-10-23 12:17 | Comments(0)

つげ義春 北井一夫 Yoshiharu Tsuge,Kazuo Kitai 「流れ雲旅」

c0016177_216557.jpg

c0016177_2178100.jpg

c0016177_2171760.jpg

c0016177_2172624.jpg

c0016177_2173326.jpg

c0016177_2174038.jpg

c0016177_2174889.jpg

c0016177_217562.jpg

c0016177_218456.jpg

c0016177_2181151.jpg

c0016177_2181765.jpg

c0016177_2182317.jpg

c0016177_2183060.jpg

c0016177_2183698.jpg

c0016177_218437.jpg

Illustrated by Yoshiharu Tsuge, Photograph by Kazuo Kitai,Essay by Norio Oosaki, published by Asahisonorama 1971
by atsushisaito | 2012-10-22 21:14 | 写真集 | Comments(0)

三幸軒@新井薬師

c0016177_2185646.jpg

 表面パリッとしながら餡はニュルっとして面白い餃子でランチ。 美味い。 夜にはこの餃子とビールで満足だなあ。
by atsushisaito | 2012-10-21 12:07 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

丸長@沼袋

c0016177_20101214.jpg

 お昼休みがないので行きやすい丸長。 ただ問題は、そんなに旨くないこと。濃厚そうな汁は見た目だけで、実際の味わいはすかすか。 好意的に書けばあっさりともいえるのだけれども、出汁の味わいがほとんど感じられないので、その表現ですら的外れになるかも。 ただ、それでも特別になにかが不味い要素もないので、美味しいとはいえなくても不味いわけでもない。 いつも美味くないなあと思いつつも、不思議とリピートしてしまうお店。 目白や桜台の味わいを決して期待してはいけない丸長だけど、不思議な吸引力があるのも確か。 あ、でもチャーシューはけっこう美味しい。
by atsushisaito | 2012-10-20 20:21 | 飯@沼袋 | Comments(0)