<   2012年 09月 ( 40 )   > この月の画像一覧

鈴木理策 Risaku Suzuki 「TORII」

c0016177_10425197.jpg

c0016177_1038792.jpg

c0016177_1043951.jpg

c0016177_10382378.jpg

c0016177_1038326.jpg

c0016177_1038413.jpg

c0016177_10385033.jpg

c0016177_1039089.jpg

c0016177_1039966.jpg

c0016177_10391896.jpg

c0016177_10392845.jpg

c0016177_10393787.jpg

 東京フォトで購入。 8×10の大型のポラロイド(インスタントフィルム)で撮影された作品。 ギャラリー小柳で展示されたことがあるので、未発表というわけではないのだけれども写真集に纏められたのは初めて。 鳥居をモチーフにした作品。 ポラなので色が面白い。感度が80で、このサイズのフィルムだと各シートごとの色のバラつきも大きいのだろう。光の入り具合でずいぶんと色に対する印象が変わる。 神道の入り口である鳥居、その向こうの異世界を覗きこむ行為に、ポラという唯一無二の像を写しだすインスタントフィルム。なによりも最高の選択のように思える。 500部限定 ス―パーラボから。
by atsushisaito | 2012-09-30 11:01 | 写真集 | Comments(0)

海賊船@中野

c0016177_21104068.jpg

c0016177_21104657.jpg

c0016177_21105316.jpg

c0016177_21105825.jpg

c0016177_21115100.jpg

 黒糖焼酎からラム酒までがっつり。 ルリカケス旨い。
by atsushisaito | 2012-09-28 12:10 | 飯@中野 | Comments(0)

Stephen Shore 「The Hudson Valley」

c0016177_20553547.jpg

c0016177_20555040.jpg

c0016177_20555653.jpg

c0016177_2102477.jpg

c0016177_2104250.jpg

c0016177_20561740.jpg

c0016177_2125558.jpg

c0016177_20562997.jpg

c0016177_2056365.jpg

by atsushisaito | 2012-09-28 10:55 | 写真集 | Comments(0)

福しん@新井薬師

c0016177_1913308.jpg

 なにかと使い勝手が良すぎる福しん。 気軽に使えるチェーン系の店がないことが新井薬師の痛いところ。生姜焼きと味付け玉子にビール。 餃子も追加で、ビールももう一本。なんだか調子が出てきてしまって、さらに豚キムチ単品。 最後に頼むには量が多すぎた。旨かったが、残してしまった。 
by atsushisaito | 2012-09-27 12:13 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

Stephen Gill 「Outside In」

c0016177_11453840.jpg

c0016177_11454451.jpg

c0016177_1231056.jpg

c0016177_11455774.jpg

c0016177_1146360.jpg

c0016177_11592741.jpg

c0016177_11462287.jpg

c0016177_122599.jpg

c0016177_1203811.jpg

c0016177_11464211.jpg

c0016177_11464962.jpg

c0016177_121484.jpg

 常にコンセプチュアルな作品を作り続けるイギリスのStephen Gill。 この作品は2010年、イギリスのブライトン・フォト・ビエンナーレで発表された作品。 マーティン・パーのキュレーションによりStephen Gill、Alec Soth、そして川内倫子の展示が行われ、それぞれの写真集がPhotoworksから出版されている。 
 古いカメラの中にブライトンで拾ったものを入れて撮影するという、地産地消的な作品。どの写真も美しく幻想的。 
by atsushisaito | 2012-09-27 11:58 | 写真集 | Comments(0)

北京亭@中野

c0016177_20434385.jpg

c0016177_204354100.jpg

 水餃子に春巻、そしてビール。 とても感じのいい老夫婦がやってる中華屋。水餃子が出てきたときに、食べ方をお勧めされたのだけどうまく聞き取れず普通に醤油と酢で食べてしまったのだが、酢と胡椒で食べると美味しいですよ、と言われたことに食べた後に気付いた。次回は是非その食べ方で。 春巻は大きいのが4本。僕にはこれだけで十分お腹がいっぱいになってしまうボリューム。 なんとか食べきってご馳走さま。 素朴な味で素晴らしく美味いわけじゃないけれども、接客がとても丁寧でそれだけでいい気持ちになった。
by atsushisaito | 2012-09-26 12:41 | 飯@中野 | Comments(0)

三笠食堂@新井薬師

c0016177_1916518.jpg

c0016177_19162018.jpg

c0016177_19171881.jpg

 小鉢、タコぶつにハムエッグ。 ビール飲んで千円ちょっと。
by atsushisaito | 2012-09-25 16:30 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

「歴史の天使」@ワタリウム

c0016177_19113918.png

 ダイアン・アーバス、アウグスト・ザンダー、ルネ・マグリット、マン・レイ、ジョエル=ピーター・ウィトキン、デュアン・マイケルズ、ロバート・メイプルソープ、クリスチャン・ボルタンスキー、チン↑ポム、アレン・ギンズバーグ、ロバート・フランク、鈴木理策。 多木浩二の写真論を軸に構成された展示。見応えがあり満足。一度チケットを購入すると会期中は何度でも行けるのもうれしい。 

c0016177_2155658.jpg

 ワタリウムの4階の窓。
by atsushisaito | 2012-09-25 12:00 | 写真展 | Comments(0)

蟹とキャベツのスパゲティ

c0016177_1537593.jpg

 蟹のむき身を買ってきて適当に。半分を炒めて、残り半分は後のせ。
by atsushisaito | 2012-09-24 15:36 | Comments(0)

野村浩 Hiroshi Nomura 「エキスドラ」

c0016177_1441064.jpg

c0016177_14411333.jpg

c0016177_14412281.jpg

c0016177_14464025.jpg

c0016177_14423356.jpg

c0016177_14424268.jpg

c0016177_14425543.jpg

c0016177_1443518.jpg

c0016177_14431680.jpg

c0016177_14432853.jpg

c0016177_14433928.jpg

c0016177_14434983.jpg

c0016177_144408.jpg

c0016177_1444102.jpg

c0016177_14442345.jpg

 今月28日から行われるNYのICPとFacebookのphotobook groupが主催の10 x 10 Japanese Photobooks。てっきり会場はICPだと思っていたら、PS1の近くみたい。10人の選者がそれぞれ10冊の日本の写真集をセレクトして、それを会場で来場者が手にしてみることができる。実際に多数の人が本を触ることになるので、レアものは除外するという条件付き。 また同時にオンライン版も並行で行われ、こちらはまた別の選者。レアなものも可なのでセレクトが多岐に広がり、手にすることはできないものの見ていて面白い。 そのオンライン版でパリのLaurence Vectenが選んだ一冊の中に、このエキスドラが入っていた。
 写真新世紀の92年、93年と連続で優秀賞作品。 そのころ僕は中3かそのあたりなので、当然それをリアルタイムでは知らないのだけど、デジャブという今でいうIMAのような写真季刊誌に、写真新世紀の受賞作品が大きく掲載されていたので、後にバックナンバーを購入しこのエキスドラを観たときに、こんな変態な人がいるのか、と衝撃を受けた記憶がある。それは野村氏の作品だけに限らず、他の人の作品にもいえるのだけど、なんだかすごい人達がいるぞと思っていたら、今現在、世界的に活躍しているアーティストがここから生まれているのだから、やっぱり凄かったんだ。
 それはともかくこの私家版の写真集(?)、いやZineといってしまっていいのだろうか、当時のコピー機を利用した作品をまたコピーしてそれを糸で綴じたもの。 階調がぶっとんで無機質さに拍車がかかり、エキスドラに狂気すら感じるようになるのだけれども、最後はなんだか物悲しく、この夏の終わりに開いて観ると、のび太君の気持ちがわかるようなわからないような。

 購入はこちらからできます。  商品ページにはないので、コンタクトからメールがいいと思います。
by atsushisaito | 2012-09-24 15:28 | 写真集 | Comments(0)