<   2012年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

嵐風@新井薬師

c0016177_19141055.jpg

 ひろまるが、幡ヶ谷の有名店 不如帰のプロデュースを受けてリニューアル。 牛と煮干しのスープが売りなのとか。 以前は美味しいのだけど、どうしてもこの店じゃないと、というひきが弱かったせいか、2回くらいしか食べてない。 なのでこのリニューアルをひそかに楽しみにしていた。
 
 醤油ラーメンのチャーシュートッピングの食券を購入して席へ。 一人で店を回しているのは大変そう。2杯づつ作っているので、けっこう待つ。時間がないときには不向き。 一見少ないかなあと思う丼で出てくるのだが、意外と麺は入っている。 スープを口にした瞬間、あれ?これって、、、すき焼き?いや違う、、、、牛の煮込みの味だと思った。 かなり美味い煮込みの汁。これが牛が薫るってことかあ、と食べ始めた。
 麺はなにか粒粒が練りこまれている。細麺ですぐに伸びそうな感じなのだが、最後まで大丈夫だった。チャーシューは汁に沈めてから食べるより、そのまま食べたほうがいいかも。 僕は出てきた瞬間に沈めてしまったので、せっかくの赤身に熱が入りすぎてしまった。
 煮干しは補助的な感じ、というよりこれが煮干しだなあ、という味わいは感じられなかった。やはり牛が全面。油の層がちょっと気になった。 薬味もなんか多すぎかなあ。なかなか純粋に汁そのものを味わえない。 とはいえ、十分に美味しいラーメン。
 次は塩を食べてみたい。 でも立地がけっこう難しいよなあ。
by atsushisaito | 2012-02-27 19:31 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

ヤンヤン@銀座

c0016177_22254480.jpg

 注文してから1Fの麺打ち場で、バンバンという大きな音とともに麺を伸ばし始める。馬賊とかと同じ。 担担麺は胡麻風味たっぷりな汁でマイルド。 打ち立ての麺は、あんまりラーメンの麺の感じはしない。 今しがた作られた麺の味わいというか、まあそんな食感は感じられるのだけど、既存の麺という食感から少し離れたぷつぷつとした噛み応えはあまり汁との一体感はないような。 焼きそばの方が本領発揮できそう。
by atsushisaito | 2012-02-26 22:32 | 飯@銀座 | Comments(0)

吉野家

c0016177_2150574.jpg

 先日食べた松屋のものが非常に不味かったために、自分の舌への自信が少し揺らいでしまったことを修正するために吉野家へ。 恐る恐る口にしてみると、記憶の牛丼の味と整合。そうそう、牛丼ってこんな味だよなあ、と。 あんなに味気も脂気も削ぎ落ちたような松屋の牛めしが異常だったのだな。 ただ、一度の食で判断するのは酷なので、もう一度か二度くらいは松屋で食べてみよう。 
 吉野家の白眉は、辛くない七味。 あれうちに欲しいなあ。
by atsushisaito | 2012-02-20 21:15 | Comments(3)

松屋

c0016177_20202845.jpg

 時間がなかったので、近くの松屋で旨辛ネギたま牛めし。 肉が不味い。 ぱさぱさすぎる食感で味付けがどうのという以前の話。 大盛りの480円。 文句を言う値段ではないことは承知ながら、やはり不味いというしかないなあ。 久しぶりに松屋の牛めしを食べたけど、前からこんな感じだったっけなあ?? 
by atsushisaito | 2012-02-19 20:36 | Comments(0)

エリオット・アーウィット 『PARIS SERA TOUJOURS PARIS ! 』

エリオット・アーウィット 『PARIS SERA TOUJOURS PARIS ! 』@シャネル ネクサスホール
c0016177_10162358.jpg

 銀座のシャネルでエリオット・アーウィットの写真展を観るのは2回目。 前回はもう5年前にくらいになるのか。 一階のシャネルの中のエレベーターを使ってギャラリーに行かなければならないので、ドアマンにドアを開けてもらったりで、いつもながら恐縮してしまう。 おそらく人生でここで買い物をすることは一度もないだろうからなあ。
 アーウィットの写真の中でもパリをテーマに写真が選ばれている。『Elliott Erwitt's Paris』という写真集に収録されている写真からのものだとか(写真集は見てない)。 いつもながら、観ている人の顔を穏やかにする作品ばかり。 その中でもやはり犬好きの僕としては、犬の写真ばかりが印象に残った。 展示の最後に短い映像を観ることができるのだが、それによるとアーウィットは犬を撮るときは、犬に吠えるのだとか。 国によって、その吠え方を変える。 確かに各国、例えば日本とアメリカでは大きくその吠え方は違うように感じられる。  犬の目線に合わせたローアングルから撮影された「飼い主の靴と飛び上がる犬」の写真は、アーウィットが撮影するときに吠えたら飛び上がってしまった、という名作。
 
c0016177_10313374.jpg

 今月29日まで。 
by atsushisaito | 2012-02-17 10:33 | 写真展 | Comments(0)

Chad States 「Cruising」

c0016177_11121984.jpg

c0016177_11122851.jpg

c0016177_11123534.jpg

c0016177_11124116.jpg

c0016177_1112497.jpg

c0016177_11125773.jpg

c0016177_1113323.jpg

c0016177_11131013.jpg

c0016177_11131759.jpg

c0016177_1113239.jpg

c0016177_11132997.jpg

c0016177_11133598.jpg

c0016177_11134136.jpg

 Chad Statesが撮影したのは公園。 なんてことはないただの草木が茂る世界。 光が差し込む美しい光景なのだが、少し様子が違う。 その草木の向こうに隠れるように立つ男。 そう、これはいわゆるハッテンバ。彼らは特定の場所に立ち、相手を探しているゲイなのだ。 近年、ゲイに対する世間の認知度が高まっきていて、こういう場所も少なくなってきたらしい。  、、、、after HIVとか、そういうことを書こうかと思ったけど、全然詳しくないことにきづ、やっぱりやめた。
 Statesの目線がとにかくクールだ。 発想を変えると簡単に世界の価値観、見え方が変わってしまう。 作家本人がゲイだということもこの作品の撮影を始める動機になったのだが、徹底した傍観の視点はなかなか得られるものではない。 一枚目の森にのそっと入って行く男性を捉えた写真の時間の止まり具合なんて、しびれる。 物語の始まりがぷんぷんしている。
 
by atsushisaito | 2012-02-13 12:02 | 写真集 | Comments(0)

五香菜館@新井薬師

c0016177_18355994.jpg

 野菜そば(タンメン)。 軒先のシェードの赤色が被ってしまい変な色、、、補正できる人は簡単にできるんだろうなあ。 
 で、肝心の野菜そば、これはいまいちだった。野菜の量がスープの量に比べて少ないせいか、元の汁の弱さが際立ってしまった。 タンメンというと野菜炒めと、そこからでる出汁とスープのコンビネーションが真骨頂だと思うのだが、オイリーさが目立つだけのものだった。
 870円はちょっと高いなあ、と感じた。 醤油系が無難かなあ。 このあたり閉店した高揚といい、なんだか中華系のラーメンが高いんだよな。
by atsushisaito | 2012-02-11 18:48 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

川内倫子 Rinko Kawauchi 「SNOWFLAKE TWELFTH」

c0016177_21401722.jpg

c0016177_21402928.jpg

c0016177_21403963.jpg

c0016177_21404532.jpg

c0016177_21405248.jpg

c0016177_2141034.jpg

c0016177_214181.jpg

c0016177_21411653.jpg

c0016177_21412372.jpg

c0016177_21413485.jpg

c0016177_21414310.jpg

 ポール・ギャリコの小説をインスパイアとして撮影された作品、、、てポール・ギャリコの作品を読んだことがないからそもそもがわからないけど。 TWELFTHっていうのは被写体の女の子が12歳だから。 撮影はクレマチスの丘、このZineのために一日で撮影したとか。 いってみれば、雑誌のグラビアとかなどとかわらないのだけど、もっと川内倫子の世界にシフトされていて、面白さはある。 掲載しているのは、そのなかでも僕が気に行ったシークエンスをピックアップしたので、全体としてはもう少し広がりあるが、僕は被写体の女の子があまり好みではないので、極力そのあたりが気にならないものを選んだ。
by atsushisaito | 2012-02-09 22:03 | 写真集 | Comments(0)

富山ブラック 麺家いろは@東武百貨店

c0016177_102157.jpg

 初の富山ブラック。 富山に派生する黒い汁のラーメンを富山ブラックというのだとか。 確かに汁は黒っぽいし濃そうなのだけど、汁を味わってみるとそんなに塩気が強いというわけでもない。 いや、色に比べてという話だが。 だけど、この味、醤油の強さが大きい汁に甘味はもう少しで僕にはダメな領域に入っていきそう。 危うさを感じながら食べ進めたが、慣れると大丈夫だった。 
 とりあえず、富山に行く機会があったら他の店を食べてみようと思った。
by atsushisaito | 2012-02-09 10:20 | 飯@豊島区 | Comments(0)

海賊船@中野

c0016177_9535329.jpg

c0016177_954322.jpg

c0016177_954972.jpg

c0016177_10142100.jpg

 まずは黒糖焼酎の長雲のお湯割り。 2杯目はハードなものをとお願いすると、杜氏の隠し酒37度の黒糖焼酎。 トビンニャという貝をつまみながら。 話の種にと、舞富名という60度の泡盛を一口だけいただいた。 さすがにきつい、、、、花酒というのだとか。
by atsushisaito | 2012-02-08 09:53 | 飯@中野 | Comments(0)