<   2012年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧

担々麺 ほおずき@中野

c0016177_10335128.jpg

 汁なし坦々麺大盛り。 中辛で。 切り口がかたよった円錐形の器で出されるのだけど、この器、けっこうサイズが小さめ。 そこにたっぷり麺が入っているので、下から上へと混ぜ合わせる作業が難しいのと、狭いところで混ぜ合わせることになるので、どうも麺同士がだまになってしまいがちで食べにくい。
 辛さはほとんどなくマイルドな口当たり。 むしろ甘味の方が強いかも。 もっと麻や辣を欲しい人には、あらかじめお店の人と相談しないといけない。お店にはその準備はあるので、なんとかなるだろう。 
 自分の好みに合わせられるような注文具合を見つけられることができれば、いいかもしれない。 今のところ、そのあたりの味を出す店は、中野近辺にはないと思うし、とくに気軽にランチでとなればなおさらだから。
by atsushisaito | 2012-01-31 10:24 | 飯@中野 | Comments(0)

Alejandro Chaskielberg  「High Tide」

Alejandro Chaskielberg 写真展“High Tide” @RING CUBE
c0016177_20391347.jpg

 去年、Nazraeliから出版された写真集「La Creciente」がとてもよかったので、楽しみにしていた展示。 展示されていた作品は全てLa Crecienteに収録されているもの。 写真集の序文まで、写真展にそのまま使用しているのには驚いたが。 
 意外と硬質で、B0とかもっと大きいくらいのプリントが円周状のギャラリーを覆う。 Alejandro Chaskielbergが長時間露光を行ったデルタ地帯を徘徊するような雰囲気を楽しめる。
 できれば会場で写真集も一緒に閲覧できるようにしてほしかったなあ。 写真集、装丁も含めとてもよかった。僕のベスト写真集2011に入っている。
by atsushisaito | 2012-01-30 20:50 | 写真展 | Comments(0)

ジャポネ@銀座

c0016177_20312524.jpg

 ジャポネでヘルシー。 ヘルシーという名前のスパゲティだけど、別に他のメニューに比べて特別ヘルシーなわけじゃない。 ジャポネのスパゲティを食べて旨いなあ、と思うのはフライパンでがっつり火を入れて焼かれた麺から漂う香ばしさだ。 茹で置きのぶよぶよの麺が生まれ変わる瞬間。 わしわしと麺を頬張ることが、これほど似合うスパゲティはない。 
by atsushisaito | 2012-01-30 20:30 | 飯@中央区 | Comments(0)

ひょっとこ@有楽町

c0016177_10301537.jpg

 交通会館の地下、カウンターだけの店。 柚子ラーメン。 おじいちゃんがやってるお店なので、ここも時間とともになくなるのだろうなあ。 あっさりした汁に柚子の香りが映える。 もうちょっと雑然とした味だったと思うけど、中野にかつてあった平凡も、こんな感じだったかなあ。 
 しみじみ旨い。
by atsushisaito | 2012-01-23 21:48 | 飯@千代田区 | Comments(0)

案山子@新潟

c0016177_22154751.jpg

c0016177_22172568.jpg

c0016177_2216354.jpg

c0016177_22161096.jpg

 新潟で軽く一杯。 開店が間に合っていなかったみたいで、ビールとお通しでしばらく時間を潰す。 寒かったので、真鱈の鍋に日本酒。 そしてフナベタという魚の刺身とその骨せんべい。  
by atsushisaito | 2012-01-22 12:11 | 飯@23区外 | Comments(0)

無鉄砲@沼袋

c0016177_16494984.jpg

 麺固めこってりネギ多め。 なんだか調子がよかったので、こってりなんて注文してしまった。 が、こってりといっても背油増しになるだけで、汁の濃度が上がるわけじゃない(多分)。 久しぶりに来てみたが、ちょっと本日のスープはどろどろ感が薄かった。 なので調子にのって割りスープに、替え玉。 替え玉は、注文の度に自分で券売機で券を購入しなければいけなかったのだが、それが変更になったのか現金で頼めた。 年のせいだろう、脂がボディーブローのように後からじわじわ体にきて、結局後で吐いてしまった、、、、。 
 あ、ラーメンを持ち帰れるようになってた。 どんな風にテイクアウトするのかちょっと興味ある。 
by atsushisaito | 2012-01-21 16:58 | 飯@沼袋 | Comments(0)

Robert Adams 「The Place We Live」

c0016177_15495948.jpg

c0016177_1550612.jpg

c0016177_15501592.jpg

c0016177_15502244.jpg

c0016177_15502845.jpg

c0016177_15503433.jpg

c0016177_15504084.jpg

c0016177_15504545.jpg

c0016177_15505178.jpg

c0016177_15505797.jpg

c0016177_1551373.jpg

c0016177_15511050.jpg

c0016177_15511715.jpg

 Robert Adamsを知るのにこれ一組(3冊セット)で十分、、、、と書こうとしたんだけど、やっぱり各作品の枚数が絞られているので、そんな断言しちゃあダメかなあ、と思いつつだけどやはり内容は濃いし、印刷もとても奇麗で充実している。 今回はvolume1、初期から中期の作品。 volume 2は中期から最新のSea storiesまで。volume 3はRobert Adams関連の文章やいままで出版してきた本の紹介など。
by atsushisaito | 2012-01-21 16:04 | 写真集 | Comments(0)

青島食堂@新潟

c0016177_21355868.jpg

 古町あたりで。 東京にも支店があるこのお店、さぞかし混んでるかと思いきや、僕以外の客はなし。 町はおそらくもっと深夜あたりに賑わいを見せるのだと思うけど、それでもちょっと寂しい夜の7時。 
 生姜が効いているらしい、との情報だったのだが、食べてみたところ主役だと思っていた生姜は実はスープを支える脇役的な存在だった。 この生姜の存在がなかったら、そこそこ旨い程度だったのだろうけど、その存在を利用し見事に味を補完して、この旨いラーメンに仕上がっている、、、、、のだと思う、、、だって生姜の香りしなかったし、、、、。

 人がいないなあ、と思った新潟の古町。 人の動線が変わってきていると耳にした。 時間と金があったら入ってみたい店がいろいろあったから、また近いうちに行きたい。
by atsushisaito | 2012-01-20 12:35 | 飯@23区外 | Comments(0)

三吉屋 駅南けやき通り店@新潟

c0016177_2203098.jpg
 
 新潟四大ラーメンのあっさりを担っているお店の一つだとか。あっさりすぎてもなんだかなあ、と思いながら汁を啜ると、全然そんな物足りないなんてことはなく旨い。 そして極細の中華麺。 汁の濃さと麺の細さのバランスがとてもいい。 でも十代二十代くらいの脂を飲みたい世代には向いていないかも。 酒飲んだ後に〆るラーメンとして最高だろうなあ。 僕は〆ないけど。
by atsushisaito | 2012-01-19 12:58 | 飯@23区外 | Comments(0)

Robert Adams 「Sea Stories」

c0016177_174221.jpg

c0016177_16511791.jpg

c0016177_16512678.jpg

c0016177_1651335.jpg

c0016177_16514330.jpg

c0016177_16514999.jpg

c0016177_16515758.jpg

c0016177_1652494.jpg

c0016177_16521050.jpg

c0016177_1652167.jpg

c0016177_16522397.jpg

c0016177_16522998.jpg

c0016177_16523592.jpg

c0016177_16524143.jpg

 最近、手にしたソフトカバーの中で一番いい。 サイズもしっくりくるんだけど、手触りかなあ、いい。 基本、連続した風景なので、こういう風に抜粋してみると、あまりその良さが伝わらないなあ、というのが実感(写真をとるにはちょっと開き辛かったりも)。 3部作の自然の物語。 
 値段も3000円程度と手ごろだし、普通の本棚にあっても自然な感じなので、誰かにあげたりするのにちょうどいい。 しかし、これは僕の好みにピッたりすぎるなあ。 
 残念ながら、裏表紙に貼られたバーコードのシールが貼られた紙と相性がよくないみたいで、スルッと剥がれてくれない。 大惨事にならないように牛歩作戦中。
by atsushisaito | 2012-01-18 17:03 | 写真集 | Comments(0)