<   2011年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ヘンリー・ダーガー展

ヘンリー・ダーガー展@ラフォーレ原宿
c0016177_2116399.jpg

 北島敬三の撮影したダーガーの部屋の写真展には行ったことがあるのだけど、本人の展示を観るのは初めて。 もう、ぶっとびすぎた世界が広がっていて、圧倒されてしまった。 ダーガーはそもそも絵を書くことそのものは苦手だったみたいで、描かれる世界は資料からのトレースをベースにしたものだそう。 そのため、絵の中に反復、つまりコピー&ペースト的に人や物が配置されていて、常人が描く絵からまずその時点で逸脱が始まっている。 
 その時点で、というのは間違いか。 そもそもこの絵の前に長大なきちがいじみた話を書きあげてる時点で、アウトサイダーたる栄誉を獲得しているのである。 この展示は、絵そのもののボリュームもさることながらキャプションも充実している。なるほどなあ、と思ったのはダーガーの隣人が、彼の家にはいつもいろんな人が訪れていると思っていて、実はそれがダーガーの一人芝居、声色を変えたひとり言であったということ。 もはや彼がいた部屋が写真作品になるくらいの小宇宙がそこに展開されていたのだ。

 もうとにかく、わー、すごいなーとドキドキしながら展示をみた。 こんな素晴らしい展示が見られる機会なんてそうそうないので、興味ないとか言わないでとりあえず足を運んでみて欲しい。 ちなみにダーガーは一枚の紙の両面に絵を描いているということなので、展示方法もそれを聞いてなるほどなあ、と思った。 

 もうすでに2011年の中で、最高の展示に決定です。

第36回木村伊兵衛写真賞受賞作品展:下薗詠子写真展「きずな」@コニカミノルタプラザ
c0016177_21404462.jpg

 写真は授賞式のときにいただいたローストビーフです。 旨かったー。 カレーもスパイスに負けない出汁の旨さが印象的。 
 コニカミノルタの展示は、受賞前のビジュアルアーツギャラリーの展示とはまた違って、面白かった。 残念ながら高田馬場で、これいいわあ、と思った飛んでる写真がなかった。 
 関係ない話だけど、例えばこのコニカミノルタの展示のような巨大なプリントをつくる時に、一つのプリンターから出したものを3つくらいつなげて展示しているのだけど、近代美術館で行われた「ドイツ写真の現在」でのグルスキーの写真は一枚そのものが巨大であったような覚えがある。 あれはどうしてたのかなあ。
 
by atsushisaito | 2011-04-30 21:38 | 写真展 | Comments(2)

無鉄砲@沼袋

c0016177_21175735.jpg

 関西では有名なこの無鉄砲、なにやら呪文があるというので唱えてみた。 コッテリネギ多めのナメラカ。 「ナメラカ」、、、、周りにこんなこと言ってる人はいなかったので、恥ずかしかったのだがいつものホールの店員さんにはすんなり注文が通った。 詳しくは知らないが、どうやら丼にスープを注ぐときに、ザルで汁を丁寧に濾すみたい。
 登場した汁を一口。 なるほど、なんだか「ナメラカ」なような気がする。 替え玉の麺がしずまないようなドロドロのスープがたしかにいつもよりはナメラカだ。 ただ、呪文を唱えるときに、玄人っぽさを演出するがために唱えた「コッテリ」は不要だったかなあ、、、、。コッテリにすると背脂が大量にのせられてくるのだが、ナメラカを味わう一杯目としては、この背脂は邪魔をしてくる。 今度は純粋にナメラカだけを堪能してみよう。
 ちなみにブロックっていうと背脂がとんでもないことになるらしい。 あとメンマオオメってのもできるのだとか。
by atsushisaito | 2011-04-26 21:28 | 飯@沼袋 | Comments(0)

東松照明展@六本木

東松照明展@Taka Ishii Gallery Photography / Film
c0016177_20492242.jpg

 まだ、ここに書いてなかったかなあ。 今年2月に六本木に新しく4つのギャラリーで構成されるアートコンプレックスが誕生した。 オオタファインアーツ、ワコウ・ワークス・オブ・アート、ゼンフォトギャラリーにこのTaka Ishii。 麻布警察の裏っかわのピラミデビルという建物。 東松照明展は、そのタカイシイでの展示。
 ビンテージプリントと新たに大きくインクジェットでプリントしなおされた作品の展示。 清澄白河ほどの大きさのギャラリーではなく、こじんまりとした空間なので展示数は少なめだが、よく見なれた作品のビンテージが目の前にあることにドキッとする。インクジェットの展示は、空間には大きすぎる印象。 ぎゅっと濃縮されたような銀塩プリントと並べられると、いささか灰汁が抜け落ちたように感じられた。
 東松照明はこの他に、名古屋市美術館で「写真家・東松照明 全仕事」、白金高輪のMISA SHIN GALLERYで「新宿騒乱」が行われている。 

 同じビルのWako Works of Artでは平川典俊の展示のほかにティルマンスの巨大なプリントが展示されていた(今、現在もそうなのかはHPからではわからないので、要問合せ)。
by atsushisaito | 2011-04-26 21:03 | 写真展 | Comments(0)


c0016177_12162118.jpg

by atsushisaito | 2011-04-24 12:15 | Comments(0)

GOMA@沼袋

c0016177_010265.jpg

c0016177_0101215.jpg

c0016177_010215.jpg

 ホルモンを後にして向ったのが、かってしったるGOMA。最近はなかなか新店に行くことが億劫となってしまい、冒険ができない、、。 だけど、席について思ったのが、ここで〆かよ、、、と、速すぎる。だけど麺のお店だから、ここで〆ることが席についた瞬間から自動的にその流れに。 しまった!と思いながらビールとメンマにチャーシュー。 ビールが小瓶なのが残念。 結局、このまま湯麺を注文し、適度に残ったメンマ、チャーシューを投入して麺をずるずるいただきました。
by atsushisaito | 2011-04-24 00:17 | 飯@沼袋 | Comments(0)

黒岩麻衣「体温を奪いあって眠る」

黒岩麻衣「体温を奪いあって眠る」 @M2 Gallery
c0016177_23395125.jpg

 繊細な感じで僕は好きなのだが、それと同時に「繊細さ」を作ることの安易さを再認識した。 質量のともなっていない繊細さ、上っ面では簡単にできることなのだけど、その上着をまといながらもずっしりと地表に足をつけられる質量を兼ね備えることは難しい。 一つの個展だけでその結果を求めるのは酷なことだし、早急だとも思う。 できれば続けての展開をみてみたい。 4面ある壁の2面を絶ちおとした潔さはいい。 「もし」なんてずるい言葉だけど、それなら展示枚数もびっくりするくらいの少なさで勝負しても面白かったかも。

 僕は、この作品好き。
by atsushisaito | 2011-04-23 23:50 | 写真展 | Comments(0)

ホルモン@沼袋

c0016177_12202360.jpg

c0016177_12203177.jpg

c0016177_12203758.jpg

c0016177_12204411.jpg

 満席かなあ、と思ったら意外なくらいに空いていた。 沼袋は「たつや」ができたおかげでモツ焼きゴールデントライアングルが形成され、うまいぐあいに客が分散しつつあるのだろうか。 
 おしんこにビール、レバのちょい焼きでゆったり。 お店の人が年をとってきて、あまり動けないところにむやみやたらと注文して動かすわけにはいかないので、うまいタイミングを狙いつつ焼きものを注文。 石松とはまた違う種類のタイミングで難しい。 4本食べて、この日はご馳走さま。
by atsushisaito | 2011-04-23 12:28 | 飯@沼袋 | Comments(0)

海鮮三崎港 中野サンモール北店@中野

c0016177_20523818.jpg

c0016177_20524614.jpg

c0016177_20525368.jpg

 駅に近いほうにもう一店あるが、こちらはタッチパネルを備えた新しいお店。 僕が回転寿司に求めるのは、味よりも気軽さ。 回転レールに全然回っていなくて一皿ごとにわざわざ注文しなければいけないような煩わしさがあるような店は論外、人によっては握りたてが食べられる!と喜ぶ人もいると思うが、それなら普通の寿司屋へ行けばいい話。 意外なことに普通に握り一人前ならむしろ回転寿司より安く食べられる。
 なので、適度に皿が回りつつ、さらにはタッチパネルで注文した皿がブイーンと自動で運ばれるのは嬉しい。ただ、値段だけの勝負でいえばすぐ近所の店の方に軍配が上がるか。 そもそも寿司の質を最初から求めていない次元での比較だと、やはり値段で勝敗が決まってしまうのかなあ。
 
by atsushisaito | 2011-04-22 21:02 | 飯@中野 | Comments(0)

栄楽@中野

c0016177_22245781.jpg

 永楽で竹の子つけそば。 どうもメンマに弱い。 奇麗に盛りつけられた麺は美しい、、、のだがこの日の麺はぶよぶよだった、、、。 何度も食べているので、そうじゃないときもあるからこの日は運が悪かったのだろう。 だけど、つけ麺の麺が不味かったら、この大盛りを食べるのもなんだかただの作業のようで、辛かった。 次回に期待。
by atsushisaito | 2011-04-21 22:28 | 飯@中野 | Comments(1)

丸長@荻窪

c0016177_9404021.jpg

 チャーシューつけ麺大盛り。 麺をいれる隙間がまったくない、、、、、。 初めてここでつけ麺を食べたときは、そのスパイシーさにびっくりしたものだが、年をとって刺激に鈍感になってしまったせいか、記憶以上の鮮烈さは感じなかったなあ。 美味しかったけど。
by atsushisaito | 2011-04-20 09:44 | 飯@荻窪 | Comments(0)