<   2010年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

リストランテ プリマヴェーラ@クレマチスの丘

c0016177_2136341.jpg

c0016177_21361180.jpg

c0016177_21362293.jpg

c0016177_21363249.jpg

c0016177_2153592.jpg

 IZU PHOTO MUSEUMに行ったついでにランチ。 コースのみだったので3500円のモンタナというのを注文。 車で来ていたためアルコールが飲めなかったのだけど、サービスで緑茶をベースのレモングラスを効かせたドリンクをいただいた。 正直、こういうリストランテというものに行きなれていないので、おどおどしながら食べた。 不慣れのため、どうしてもがつがつ早く食べてしまう。
 生ハムを乗せたのも美味かったし、レタスのスープは初めて、香草を和えながらのカツオの刺身もよかった。 パスタは普通だったかなあ。もっと驚かせて欲しかった、という気持ち。 デザートは普段口にしないのだけど、爽やかな味わいでおいしかった。
 3500円という値段を考えると、十二分に安くて旨い。 同じレベルの物、サービスを都心で体験すると倍くらいの価格になってしまうのでは、と思う(都心で味わったことないけど、、、、)。
by atsushisaito | 2010-09-30 21:48 | 飯@23区外 | Comments(2)

綾瀬飯店@綾瀬

c0016177_22225978.jpg

 綾瀬飯店の定食。 豚肉た山芋の炒め物。 美味。 ここの豚肉、一枚一枚厚い切り方でなおかつ固くなくて、旨いんだよなあ。 
by atsushisaito | 2010-09-29 22:25 | 飯@足立区 | Comments(0)

満月@山形県酒田市

c0016177_220035.jpg

 この店の暖簾分けが市内に数店もある総本山的なお店なのだとか。 名物はワンタンメン。 山形最後のご飯に向かった。 平日12時なる前に行ったらさすが、もうすでにほぼ満席。 座敷に座ってワンタンメンを注文。 うーん、スタミナワンタンメンも食べたいなあ、とメニューを眺めたり、暖簾分けマップを見たりしながら待ってると、登場。 いいお顔している。。
 汁を啜ると、魚の旨味がたっぷり。 動物系は弱め。東京はどちらも過剰の汁が多いから、新鮮。ワンタンは薄い、、、、というかほんとビロビロの薄い皮。食感を楽しめます。美味い!っていうものじゃないけど。 それにしても麺の量が多い。 麺と汁を食べ終えたら、もうお腹一杯でしんどかった。
by atsushisaito | 2010-09-28 22:16 | 飯@23区外 | Comments(0)

魚亭いいざか@山形県酒田市

c0016177_21344235.jpg

c0016177_2134534.jpg

c0016177_213558.jpg

 ホテルの近くから、車を使わずに飲みにいけるところで、なおかつ土地のものが食べられるお店というと、なかなか難しく、なおかつお腹があまり空いていないことや、街で購入した日本酒が部屋で待っていたので、近くのお店で軽く一杯。
 駐車場が共通で看板が二つ、どちらも「いいざか」なのだが、片方が魚亭、もう片方は「居酒屋風」とどちらに入っていいのかわからない。 とりあえず、左の魚亭の入り口に入った。 座敷中心でなんだか高そう。 ビールを注文してからメニューを見ると、定食メニューが中心で飲み屋っぽくない、、、、。 お通しを持ってきてもらったタイミングで、飲むのはとなりの方ですか?と聞いてから無理を言って隣に移動させてもらった。 経営が共通でなおかつ厨房も共通だったので、すんなりお願いを聞いてもらいビートとお通しをそのまま隣へと、運んでもらった。
 刺し盛り一人前では、ちょっと多いかなあ、とまたまた無理をお願いして、メニューに載っていない地魚を2品盛ってもらった。んー、たしかメゴチとなんだっけ、、、。  続いて飛島名物のさざえ塩辛。 塩っぱい、、、これは日本酒だな、と初孫をお願いした。 最後に天ぷら、美味しかったー、、、、けどなんの魚か忘れてしまった、、。
by atsushisaito | 2010-09-28 21:35 | 飯@23区外 | Comments(0)

海鮮どんや とびしま@山形県酒田市

c0016177_23201795.jpg

 お昼頃なら観光バスが来て、わらわらと観光客で賑わう海鮮どんや。 港バージョンの道の駅といった感じで、鮮魚店やお土産やが立ち並ぶ港。 飲食スペースは広く、セルフサービスの店内。 お昼は海鮮丼がメインなのだが、朝は簡単な定食がメイン。 
 というわけで、僕もちょこっとした刺身とアラ汁のセットを選らんで注文。 卵は半熟だった。 特になにかが美味しかった!みたいなことはなく、まあ普通の朝ご飯。 アラの味噌汁が珍しいかなあ、といった感じ。 
 
by atsushisaito | 2010-09-26 23:27 | 飯@23区外 | Comments(0)

道の駅「あつみ」@山形県鶴岡市

c0016177_2282913.jpg

 道の駅での食事。 周辺で適当なところが見つからなかったので、妥協してみた。 座敷に座ってあたりを見まわすと、意外と近隣の客がいる。 これはいけるのかなあ、と一番高い「しゃりん定食」2800円を注文。 中途半端に外れるなら、どかんっといってしまえ、という気持ちで。
 しばらくすると運ばれてきたご飯。 ちょっと物足りなさを感じたけど、まあこういう観光のところは、こんなものかなあ、と疑問を覚えなかったのだけど、次のが運ばれてきた。  

 味は総じて美味しい。 もうお腹一杯だわあ、なんて思ってると次。
c0016177_22101487.jpg

 何人前のメニューだと、、、、。 美味しいけどお腹一杯。すると次。
c0016177_2211910.jpg

 刺身。 んー、とこの定食を2人前注文すると、はたして卓上にのりきりものなのだろうか。そして、これは一人の人間が注文する定食ではないのだろうか。  

 もし、これを見て、この道の駅に行く人は注意。 2人で「しゃりん定食」一人前で十分です。 美味しい。
by atsushisaito | 2010-09-25 22:14 | 飯@23区外 | Comments(0)

焼肉翠苑 みずほ店@山形県酒田市

c0016177_19302242.jpg

c0016177_19303216.jpg

c0016177_19304251.jpg

c0016177_19305159.jpg

 漁港のすぐそばの町に来たのに、肉。 ネットで検索すると、ここの本店がよくでてくるのでレンタカーで向かった。 あいにくの豪雨のためなのかはわからないが、店内に客がいない、、、結局食べ終え店を出るまで他の客はこなかった。 山形の牛なのか、と思ってきたのだけどそれっぽい感じじゃない。 でもトイレにトレーサビリティ のポスターが貼ってあったので、山形の牛だと思って食べる。
 肉のランクが特、中、普通のものと3段階あって、中のロースとカルビがお得の2800円のセットにオイキムチ、ユッケそしてレバーを注文。 中でも十分美味しい。 じゃあ、普通のはどうか、とカルビにハラミを追加したのだが、これはいまいちで残念。 
 やっぱり焼き肉屋は普通の肉で旨くないと、だめだわ。
by atsushisaito | 2010-09-24 19:46 | 飯@23区外 | Comments(0)

炭焼豚丼 豚野郎@御茶ノ水

c0016177_2154810.jpg

 御茶ノ水のラーメン屋 博多天神の上の3F。 スタ丼並にガテン系だとは聞いていたが、狭い店内見事に男だらけだった。 ランチのピークの時間なだけに階段の踊り場でちょっと待った。 ビルそのものがとても小さいので店内に並ぶスペースはない。 ちらっと中の様子を見ることができたけど、食べている人より待ってる人の方が多かったので、タイミングによっては出てくるのに時間がかかるのかもしれない。
 僕の順番がきたので、簡易な食券機で中豚丼の券を購入してカウンター席へ(カウンターしかない)。ちょうど川を見下ろす席だったので、左の焼き台でもくもく焼かれている豚肉を気にしつつものんびり待った。 丁寧に炭火で焼いている。 それはいいのだけど、目の前にはタレを作るための調味料が入った段ボールが積み上げられていて、もうそれを見るだけで味の組み立てがわかってしまうので、やめてほしい(それも安っぽい醤油や料理酒など)
 僕より先客の隣のおじさんに丼と味噌汁が登場。 残念ながらこのターンではなかったかあ、と新たに網の上に並べられる豚肉を眺める。 席についてすぐにパッと出てくるようなイメージなこの店だが、意外と時間がかかる。その要因はすべてこの豚肉を焼くところから発生する。 それは少し残念なような気もするが、旨ければすべてよし。むしろその丁寧さは称賛されるべきであろう。
 そして僕の目の前に丼が置かれた。丼の上を埋め尽くす豚肉は強烈なオーラを放っている。 だけど、僕には味噌汁がない。 この問題は、豚丼を食べ終えて店を後にしたあとも解決することはなかった。 試しに周囲のカウンターの様子を窺ってみたのだが、味噌汁は確かに添えられている。 みな100円のエクストラ料金を払って味噌汁を注文しているのだろうか。 自分だけが忘れられているのではないか、という疎外感を抱きながら、いざ丼へ!
 たっぷりの豚肉、ご飯との配分を気にせず食べることができる。 不味い豚肉なんかないんだよ!というばかりに少し濃いめの味付けの豚肉は旨い!!! ご飯がすすむ! 肉たっぷり、ご飯たっぷりでバクバクと口の中へかきこめる。 具が先になくなって紅ショウガで泣く泣く白飯を食べたりするようなことはない。 実際、肉が余ってしまったほど。
 680円の中盛りでこの味と量はいいところついている。 ただ、排煙がいくらしっかりしていても、やはり服に臭いがついてしまうので、そのあたり気にしないでいいときに食べる飯。
 正直、
by atsushisaito | 2010-09-23 22:26 | 飯@千代田区 | Comments(2)

Tokyo Photo 2010

c0016177_21264566.jpg

もう終了してしまったのだけど、六本木ヒルズで行われたTokyo Photo 2010。 今回で2回目。 今年初めて観にいったのだけど、予想以上に規模が大きくてびっくりした。もう少しちまちましてるものだと思っていた。日本のギャラリーだけの参加と思っていたらNYのYossi Milo Galleryのブースもあり興奮してしまった。 とはいうものの、僕の体調が良くなく睡眠不足でぼけぼけした頭では、はっきりとした記憶も定かではなく、一応全体を見まわって体験してみた、という感じで、来年はもっとこの写真の祭典に体調を整えてのぞみたい。
 やはり強烈に印象に残ったのは写真を売買するという場であったということ。 普段、ギャラリーを訪れるときにも、その作品にいくらくらいの値段が設定されているかは見るのだけど、この会場で売約済みのシールがずらっと貼られているのを見ると、いろいろな思いが頭をよぎる。 例えば、隣のおばちゃんが出展ギャラリーの人に「この人、賞取ったのよね、いくらなの?」なんて質問を投げかけてる。 そんなのを目の当たりにすると、僕もこの作家のは買ったら将来高くなるんじゃ!?という考えが正直よぎる。 作品のよさと価格、そんなのは連動するものではないなんて性善説的な思いが浮かんだりして、う~む~とぼけぼけな頭で会場をうろうろしてた。 
by atsushisaito | 2010-09-23 21:50 | 写真展 | Comments(0)

味龍@山形県酒田市

c0016177_22231240.jpg

 庄内空港についてから、車で酒田市へ。 ちょうど昼時だったので近くのラーメン屋へ。 酒田がラーメンどころで有名だとは着いてから知った。 アゴからとる出汁の汁や、手打ちの麺が有名なのだとか。
 駐車場に車を停めて店へ。 ほぼ満席の店内。 普通のラーメンにしようすると、この日が平田牧場の金華豚を使ったチャーシューの日だということを壁の貼り紙で知った。 すみません、あの金華の、、、と口に出すと、やさしい口調で、あれはもう11時で終わってしまいました、と言われた。 11時って開店直後ってことか、、、、。
 出てきたラーメンはみるからに美味そう。 喜々として汁を啜った。 あっさりだ。とてもあっさり。だけど魚介の出汁をくっきりとしている。それも嫌みなしに。 昨今の東京のラーメンに慣れてしまった舌には、実際、物足りなさが先行するのは事実だが、食べ進めるうちにそのベールはあっさり脱げ落ち、舌に旨味が伝わる。 麺も強さだけのものではなく、しなやかさを兼ねそえた心地よい食感。 
 毎日がこれだと、さすがに飽きてくるのだろうけど、近所の選択肢として欲しいお店。
by atsushisaito | 2010-09-16 22:41 | 飯@23区外 | Comments(0)