<   2010年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

やまいち@淡路町

c0016177_2034854.jpg

 とんかつ界隈では有名なお店なのだとか。 ご主人が修行したという勝漫のすぐ近くにあるお店。  お昼の時間が終わるすこし前に行ったら、並ばずに普通に座ることができた。 カウンターと大きいテーブルの構成なのだが、店仕舞の準備なのか大きなテーブルへ相席、、、。どうも空いてるカウンターには座らせてくれそうになかったので、大人しくテーブル。向かいでは若い子がばくばくとご飯を食べている。 メニューを見て迷ったが、そうそう何度も来ないところなので、特ロースを注文。それでも2000円なので上野で食べるとんかつに比べると安い。 とんかつはそこそこ時間がかかるのを承知なので、卓上に並ぶ多彩な調味料を眺めたりしながら(外観を。開けたりはしない)待ってると、向かいの大学生が、ご飯とキャベツをお替り。 メニューをそ~っと見てみると、どこにもお替り料金は書かれていない。 キャベツはともかく、ご飯もお替り自由なのだろうか。 
 そうこうしているうちにとんかつ登場。 一口サイズにカットされているので食べやすい。 まずは味付けなしでそのまま。うむ、旨い。 そして次は塩をパラり。 うむ、旨い。 旨いけど、脂の強さが勝ち過ぎている気もする、、、、。 そしてソース、ソースはとんかつソースとウスターの2種類がある。 ここは無難にとんかつソース。 うむ、旨い。  でも、すごい旨いのだろう、という期待前提で来てるから、その気持ちを凌駕する圧倒的な旨さではなかったのが残念。 でもそのへんのとんかつ屋のものと並べて食べ比べると、旨さは歴然とするのかもしれない。 とにかく僕のとんかつ経験値が低いので、そのあたりはなんとも。  ただ、僕の好みはもっと脂身が少なく肉の旨みが強いものだと思う。んー、でもそうでもないかあ。脂身も好きだしなあ。 ようはバランスか。そう考えると、必ずしも高いものが僕にとって旨いわけではなくなってきてしまうのだけど。

 ご飯のお替りは無料だった。 最初は胃袋の塩梅を考えてお替りをするつもりはなかったのだけど、ご飯に減りに対してとんかつが余ってしまった。 まあ、ここで有料でも200円くらいだろう、とお願いしたが、結果、無料。 とんかつ屋さんは、特別、メニューに案内はなくてもご飯やキャベツは無料なのだろうか。 

 結果、食べ過ぎ。
by atsushisaito | 2010-07-31 21:04 | 飯@千代田区 | Comments(0)

福しん@新井薬師

c0016177_23313183.jpg

 福しんの進出の影響もあるのかもしれないが、揚子江が閉めてしまった。 でも確かにコストパフォーマンスは高いと思う。 王将と天秤にかけられたら僕は福しんに行く。 というか王将の定食に1000円近い値段つけている店舗があるが、もう気狂いじみているとしかいいようがない。 王将はもう静かにそのまま規模を収縮してくれ。

 で、冷やしそば。 冷やし中華みたいなメニューだけど、ゴマだれ。 麺もしっかり水でしめられていて悪くない。トッピングの野菜の名前が思いだせそうで、思いだせない。 なんだっけ、この軸の赤いの、、、、。
 
by atsushisaito | 2010-07-27 23:42 | 飯@新井薬師 | Comments(2)

オノデラユキ  写真の迷宮(ラビリンス)へ

オノデラユキ 写真の迷宮(ラビリンス)へ@東京都写真美術館
c0016177_21111245.jpg

 本日からのスタート。 さっそく初日へ。 いままでのツアイトでの個展をちょくちょく見ていたので、特別な新鮮さはなかったのだけど、時間をおいてみることにより、理解が多少深まったような。  実際、2006年のツアイトでの「オルフェウスの下方へ」は当時の個展会場では、かなり強引な理屈だなあ、と思ったのだけど、今あらためて見ると、妙に納得してしまった。 ただ「12 speed」に関しては、もちろん作品の趣旨はわかるものの、それは僕の中では面白さにはつながらなかった。 ちょうど夏休みなので観光客が増える時期だけど、難解すぎて一枚一枚の変化にすら気づかないままの人が多そう。 
 それにしても、もっと作品が観たいなあ、と思うのがいつもの写真美術館の展示。 2005年の国立国際美術館(大阪)の展示よりは多少規模は大きいのだが、常設展が国立国際美術館にはあって、そこで杉本博司や畠山直哉の展示などが見ることができて満足度が高かった覚えがあった、、、、、、。
 図録が充実している。 写真新世紀第一回で優秀賞受賞作品も掲載されている。 展示より内容が充実しているのでいい。 もちろんオリジナルプリントの存在の替わりになるわけじゃないのだけど。
by atsushisaito | 2010-07-27 21:51 | 写真展 | Comments(0)

石松@中野

c0016177_22314067.jpg

 久々に石松でモツ。 最近はご無沙汰なので、マイボトルがけっこうぼろぼろな感じになってる。それでも店に入るなりたくさんのボトルの中から僕のを探してくれるマスターの記憶力に脱帽。 ホッピーのシロをいただいて、ちびちびやってるとお通し。 ハツの炙り焼き! 美味い。 ここで妙なおばはんグループがやってきて店の雰囲気が激変。 みな、お通しをいただき注文のタイミングをうかがっていたところに、おばはんどもの空気を読まない注文でぐらりと予定がずれた。 マスターも人がいいものだから、そういうイレギュラー的なものも真正面からとらえてしまうので、通常の出てくるであろう時間を越えて、最初の串が出てくることになった。
 まずはレバー。 今日はいいところない、という宣言のもとに出てきたレバーは確かに普段の石松のレベルを下回るものだった。 その他、ガツ、シビレなどはいつも通り美味かった。
 
 できればボトルが空くぐらいの長居をしたかったのだけど、ばばあどもの嬌声がうるさく不快だったので、撤収。ああいう間の読めないやつらがいると、こちらも無駄な待ち時間が増えるだけ。 頼むからババアどもはせめて2人単位で行動して。
by atsushisaito | 2010-07-25 22:42 | 飯@中野 | Comments(4)

四国屋@中野新橋

c0016177_8593292.jpg

 中野で四国屋というと、まず初めに尚ちゃんラーメンの近くの四国屋が頭に浮かぶのだが、こちらはそこから少し離れた場所、青梅街道から中野新橋入り口へ入ったすぐそば。 てっきり支店かなあ、と思っていたのだけど、関係ないのだとか。 
 中に入るとテンションの高いお姉さん(ということにしておこう)と少し暗い(ということにしておこう)おばあちゃんの二人でやっていた。 夏場にうどんというと、きりっと水で締められた冷たいうどんがつい食べたくなる。 だが僕はそれ以上にうどんの旨さに欠かせない出汁の効いた汁を味わいたくなる。 冷たい生醤油うどんと温かいうどん、長考といってもさしつかえないくらいの時間を使ったのちに出した結論は温かいたぬきうどん。 この天かすがトッピングされらうどん、天かすだけ、というとさぞ貧相なイメージのたぬきなのだが、この油が出汁の効いた汁になんともいえないコクを加算してくれるのだ。 それならケチケチしないで天ぷらやかき揚げにしなさいよ、という声もあるかもしれない。 だけど違うですよ。 確かに天ぷら、かき揚げは否定しない。だけど天かすのみのシンプルさは、それらと同等なくらいのシンプルという個性を持っているのだ。 天かす。 汁へ溶けだす油、そしてさらに汁を吸う天かす、純然たるそのシンプルさは海老天の海老の風味すらも余計と感じさせる孤高な存在である。
 
 と、書いてみたものの、やはりこれで750円は高いかなあ、と思う。 とりわけ少し前の讃岐ブームのおかげで東京でも麺通団のようなレベルのものが格安で食べられる時代を考えると、取り残されていってる感があるのは事実。 肝心のうどんも冷やにしていれば、もう少し印象は違ったのかもしれないが、それを考えても普通なレベル。 汁は美味しかった。
by atsushisaito | 2010-07-23 09:14 | 飯@中野 | Comments(8)

四文屋@新井薬師

c0016177_94211.jpg

c0016177_942975.jpg

c0016177_9421873.jpg

 それこそジャージにサンダルでふらっと行ける(さすがにそんな格好では行かないけど)くらい近所なモツ焼き屋。 最高でこそないものの普段使いには申し分ない。 さらに、中野に肉の四文屋(牛専門店)がオープンしてからは、この本店でも牛串が食べられるようになった。 この日は写真が手ぶれで使えるようなのがなかったので写真はないが、一本目はいちぼ串。 一本200円と四文屋にしては高価な串だが、牛の旨みがぎっしりで旨い。 ミノサンドも食べたが、こちらは臭みも少しありいまいち。 レバ刺しは夏場だから(このあたりの理屈がよくわからない)なのか、軽く湯引きしたもの。 食感が変わってこれはこれで悪くない。 なんだか普通の焼きとりが食べたくなって、モモ肉を2本、つくねを一本。 モモはよかったのだが、つくねは最悪といってしまっていいくらい。かちかちの表面、それでも中がふんわりしているようならまだ救いはあるのだが、小振りの串ではそれも期待できず。もうこの店で注文することはないなあ。 キンミヤが余ってしまったので、最後にキムチ盛り合わせ。 100円でこれだけ食べさせてくれれば十分。 大根酢も食べた。
 
 
by atsushisaito | 2010-07-22 09:55 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

大江戸そば@西日暮里駅構内

c0016177_23212335.jpg

 なんかラー油がのっかった冷やし蕎麦。 タレはゴマがベースの味わい、そこにラー油がからむ。 そのラー油が、これがラー油なのか、といってしまっていいほど個性的で辛みはかなり少なく、甘味が強い。 玉ねぎをしっかり炒めたような甘味。 まあ、悪くはないのだけど、インパクトもないかなあ。
by atsushisaito | 2010-07-20 23:26 | 飯@荒川区 | Comments(0)

宗家一条流 がんこラーメン 八代目直系@落合

c0016177_14332476.jpg

 落合のがんこで冷やしラーメン。 昼なので大盛りが無料だった。 さわやかにくっきりすっきりの冷たい汁がいい。 紫蘇の香りもほんのりと。 麺は細めながらも歯ごたえがしっかりしていて、食感も良し。 暑い日の二日酔いにちょうどいい。
by atsushisaito | 2010-07-19 14:37 | 飯@新宿区 | Comments(0)

与論島4

c0016177_18483523.jpg

 最終日、起床してまず犬をしばらくいじくる。 
c0016177_18482235.jpg

 この日の朝も前日に続いてビュッフェ形式の朝御飯。 あまり人がいなさそうな9時過ぎに食べにいったのだが、そこそこ人がいた。 ご飯を食べ終えた後すぐに荷物を詰めてチェックアウト。飛行機は昼過ぎなのでそれまで荷物を預かってもらってから出発。 とはいってもどこにも行くあてがない。 適当に原付で走り回った。途中、中学校で合唱コンクールがあって、ちょこっとそれを見たり。 
c0016177_1856627.jpg

 昼飯は「ふらいぱん」という洋食屋さんでハンバーグ。 ひょっとしてライスは別注文?と思わせられるほどのフライドポテトの量にびっくりした。 後から時間差でライスはやってきたけど、少なめ。 もう一回もずくそば食べればよかったかなあ。
 
c0016177_18593097.jpg

 時間を持て余してしまうかなあ、と思ってたらあっという間にビレッジに帰らなければいけない時間になった。 原付に給油して帰還。 メーターを見ると一周20㎞の島で200㎞近く走ってた。よく走った。 鍵を刺しっぱなしにして犬のいるところらへんに置いておいて、とレンタルバイクのおっちゃんに言われてたので、その通りに停めた。 そしてビレッジの車で空港に。
c0016177_1952381.jpg

 短い旅行だった。

c0016177_1973880.jpg

c0016177_1975829.jpg

 那覇に戻った。 東京への便まで3時間くらいあったので、那覇で酒。 お薦めしてもらった安里のうりずんへ。東京にも出店してる有名店。 モノレールで移動、店の開店まで近所をうろうろと歩いた。ラー油で有名な辺銀食堂の那覇支店もこの近く。 開店と同時にうりずんへ。 写真入りのメニューをじーっと眺めるけど、なにを注文していいのかわからない、、、、。 僕みたいな初心者はうりずん定食という沖縄料理の有名どころを一通り食べられる3150円のセットを注文するのがいいみたいなのだが、お腹がそこまで空いてないので、単品の注文に。 まずは海ぶどう。 プチプチ旨いのだが、これがけっこうな量。 さすがに飽きてくる。 酒は古酒の8年物に移行。 つまみに豆腐ようを。 臭みが強いのかなあ、と思っていたけどそうでもなかった。 濃厚なチーズみたいな旨み。 だけどしょっぱい。 続いてスーチキ。 豚肉の塩漬け。 これもしょっぱい、、、、。 古酒をお替り。 最後にゴーヤーチャンプル。塩気の強いものが続いたので安心して食べることができた。 
 お店の作りも古くて雰囲気がとてもいい店なのだけど、酒が高いなあ、といった印象。 そのぶん料理は安かったけど。  もう少し時間があればよかったのだけど、残念ながらタイムリミットになってしまったのでお会計して空港へ。
 んー那覇も面白い。 近いうちに沖縄もう一度行こう。
by atsushisaito | 2010-07-18 19:24 | 飯@23区外 | Comments(0)

与論島3

c0016177_20191922.jpg

 朝は意外にもビュッフェ形式。 お腹一杯に食べて原付でとくにあてもなく走る。 海に入ったりもしたが、暇。わかっていたとはいえすることがない。 やはりたそがれる才能はなかった。本当に那覇に戻りたくなって、航空券の値段を調べると1万ちょっと、、、、さすがにそれは出ないし、またさらに那覇での宿代が加わるので現実的ではない。フェリーも調べてみたが、こちらは那覇までの所要時間が5時間と、あまり意味がない。 と、わかると少し前向きになれた。
c0016177_20274777.jpg

 昼飯はラーメン。こんなとこまで来てラーメンを食べなくても、と思うかもしれないが、そもそも飲食店が少ないうえ、ランチタイムにご飯が食べられるところというと、さらに選択肢が狭まってしまうのだ。 醤油ラーメンを注文したのだが、けっこうあっさり。 醤油も強くなくて、東京だと十分に塩ラーメンで通じる。 地味に焦がしネギなんか入っていたりして小技が効いてた。
c0016177_20323818.jpg

c0016177_20463662.jpg

 むやみやたらと原付であちらこちら移動した後、最後の夜だからもう一度たそがれてみようとして海岸へ行くとスコールのような雨。 宿に戻ってしばらくすると雨が止んだ。 オリオンビールを手に再び海岸へ。ヤドカリがのそのそ歩いているので踏まないように注意しながら。 日が落ちるまではかなり明るいのだが、落ちてからは急速に暗くなっていく海を見ながら、少したそがれることができた気がした。 
c0016177_2039731.jpg

c0016177_20392026.jpg

c0016177_20393148.jpg

 ビレッジに帰って、晩飯。 ソーメンの炒めたものにはキビナゴが入っていた。 スーパーで売られていた鳥刺しもなかなか。 ドラゴンフルーツは無人販売所で150円で購入。 そういえばドラゴンフルーツの畑(畑でいいのか、、、)って初めて見た。 
by atsushisaito | 2010-07-15 20:44 | 飯@23区外 | Comments(0)