<   2010年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

Thai Photography NOW

アジアの写真家たち2010―タイ― Thai Photography NOW Part I@銀座ニコンサロン
c0016177_22142511.jpg

アジアの写真家たち2010 -タイ-「Thai Photography NOW Part -II」@Ring Cube
c0016177_22125575.jpg

 明日、6月1日は「写真の日」ということで、ただいま東京写真月間というイベントが行われてる。その一環で、アジアの写真家を紹介する写真展ということで今年はタイ。 このThai Photography NOWという展示は銀座ニコンサロン、同じく銀座にあるRing Cubeそして新宿御苑のPlace Mの3会場で開催されている。 今日は銀座の2つの展示をみた。
 不勉強なので全然バンコクの写真家のことは知らなかったのだが、今回の企画はマニット・スリワニチプーンという有名な作家が中心に動いているのだとか。この作家の「Pink Man in paradaice」という作品がとくに面白かった。両会場共、氏のPink Man作品が展示されている。 なんかRing Cubeの展示は雑に見えたのだけど、照明のせいなのかなあ。展示はグループ展になっていて、氏が選んだ作家が展示している。
 Ring Cubeでは会場に入った瞬間からナンプラーの香りが漂っていた。うっすらだけど。 これ冗談じゃなくて本当に。 タイっぽい!って思ってしまった。 ニコンはそんなことなかったけど。

高梨豊写真展 「PORTRAIT ポルトレ」@gallery bauhaus
c0016177_2238461.jpg

 ポートレートの写真展。 上手いのは当たり前なのだけど、それにしても淀川長治の一枚は傑作(僕が好きなだけなのだが、、、)。つげ義春の作品もなんか哀愁と愛情が入り混じった不思議な写真。 当時のネガからの再プリントも多いが、中には当時のヴィンテージのプリントもあった。 

蒼井優展 “うそっ。”@パルコファクトリー
c0016177_22503066.jpg

 えー、写真展とは関係ないのだけど、蒼井優と聞いてつい足がパルコへ。 パルコカードを持っていたので500円の入場料が250円に。 靴を脱いでビニール袋にいれ持ち歩く。会場内は撮影自由なのだとか。どちらかというと、展示より展示を見に来る森ガールと呼ばれる人達に興味があったのだが、それらしき人は見当たらなかった。平日の昼間で人も少なめ。 オバハンが靴を脱がず上がりこんだので、親切な僕は自分の足を指差し静かに靴を脱ぐことを促した。 10秒前に係の人に説明とビニール袋を渡されたはずのオバハンは、あっと小さい声を上げ顔を引きつらせて靴を脱ぎ始めた。 はい、靴を脱いだおばさんの巻。終わり。 こんな感じでアクションで連載されている福満しげゆきの「僕の妻ってどうでしょう」という漫画は展開する。 はい。終わり。 で、展示会場なのだが、どうもチープ。紙の3Dメガネであちらこちらの飛び出る写真の蒼井優を見るわけだけど、いまいち立体してこないし、立体になったからといって、それでどう楽しめばいいのだろうと悩んでしまった。 だけど、多分それは僕がメガネをかけていたから面白さが半減したのかもしれない。 メガネの上からさらにちょこんとそれをのせるわけだが、当然うまくフィットせずに両手でレンズとレンズをぴっちり合わせなければ、うまく見ることはできない。 会場にいる間、そんなストレスを感じながら見ることになってしまったわけだ。 あと、動画が唯一のまともな展示。だけどモニターが小さすぎ。 会場そのものも小さくて、これで週末に大勢の客がきたらどうするのだろう、というキャパ。 定価の500円で入場してたらがっかりしたかも。 
 「うそっ。」っていう本の販促イベントなのだろうけど、売り場で中身が見られなかったのは残念。
by atsushisaito | 2010-05-31 22:32 | 写真展 | Comments(0)

石松@中野

c0016177_21534811.jpg

c0016177_21535749.jpg

c0016177_215482.jpg

c0016177_2154178.jpg

 久しぶりに石松に行ったらマイボトルのキンミヤが埃だらけ、、、、。もっと頻繁に行かないと。 ホッピーに突き出し、ハツ炙り焼き、ガツ2本にレバ2本。ここでお呼びがかかってしまい、泣く泣く店を出ることに。 お会計は1200円。 安すぎ。たぶんなにか抜けてるはず、、、、、。
by atsushisaito | 2010-05-29 21:58 | 飯@中野 | Comments(0)

鷹野隆大 作品展「それでも、ワールドカップ」

鷹野隆大 作品展「それでも、ワールドカップ」@東塔堂
c0016177_21173547.jpg

 申し訳ないのですが、本日で展示終了みたいです、、、、、。 渋谷と代官山の中ほどにある本屋さん「東塔堂」での展示。 半畳ほどの小さいスペースではあるものの、靴を脱いで上がったそのスペースには所狭しとばかりにインクジェットのプリントが貼られている。ところによっては何枚も重ねられていて、それをめくるスタイル。写真は世界各国で撮影されたスナップ。 もしかしたらどこか僕の中でなめてるところがあったのかもしれないが、上手いじゃないか、、と思ってしまった。 
 
 んー、ワイン飲みながら書いてたら酔っぱらってしまったみたい。正確に続けられそうにないので、中断。。。 展示よかったです。
by atsushisaito | 2010-05-29 21:28 | 写真展 | Comments(0)

もめん屋@高田馬場

c0016177_2111082.jpg

 近くのビジュアルアーツギャラリーで展示中の滝口浩史氏のトークショーの打ち上げ飲み会で。 最終的に決定的な人数が見えない状態のままで当日になってしまい、開始するまでお店にはっきりと人数を伝えることができなかったのだけど、快く対応していただき大変助かりました。 料理よりは席数の確保と時間を重視したため、お店の売りの豆腐メニューは食べることができなかったのが残念ではありましたが、それは今度、ゆっくり食べにいかさせていただきます。 学生の街らしからぬ、落ち着いた雰囲気のお店でよかったです。 
 滝口さんの展示はビジュアルアーツギャラリーで 6月 5日 (土)まで。 近くの早稲田と学習院女子の人達は是非観に行きましょう。
by atsushisaito | 2010-05-29 21:13 | 飯@高田馬場 | Comments(0)

元祖 焼麺ちゃんぽん太郎@高田馬場

c0016177_22244615.jpg

 高田馬場のお店。 一風堂がてがけてるちゃんぽん専門店なのだとか。 僕にはどうでもいいことなのだが、お店が綺麗で清潔であったり、店員が丁寧だったりするところは、さすが一風堂がてがけるだけある。 僕は店が少々汚くても、店員が無愛想で怖かったりしても、美味しいものが食べられればそれでいいのだが、人を連れていくにはこういう形態が無難だったりもする。
 焼麺を使用したあんかけちゃんぽんが売りみたいだが、初めてなので普通のちゃんぽんを注文。僕以外の注文は大方すでに出ていてたみたいで、すぐに登場。 まずは、スープを一口。  むむむ、、、、汁がこってりしすぎる。まるでラーメンみたいだ。 本場のちゃんぽんって実際食べたことないので、とやかくなんて全く言えない立場なのだけど、あまりにも汁がこってりしすぎて、最後に汁と具を合わせて煮る作業が意味がなくなっているような、、、、、。 具材の味わいが溶け込んでこそのちゃんぽんだと思うのだが、この汁は具と合わせる前から完成してしまっている。 それが不味いということの繋がるわけではないが、面白みには欠けるところ。 これならラーメン屋でラーメンを食べればいいわけだし。

 
by atsushisaito | 2010-05-28 22:39 | 飯@高田馬場 | Comments(0)

古屋誠一 「メモワール. 」

古屋誠一 「メモワール. 」@東京都写真美術館
c0016177_22230100.jpg

 すでに何度も目にしている作品が中心なので、特別な目新しさは感じなかったものの、やはりいいなあと思った。 このクリスティーネにまつわる作品、何度も何度も写真集として編集されているのだが、その度にどう変化していってるのだろう。このあたりやさしく授業してもらえるところはないのかなあ。 かなり異例なことだと思うのだけど。 しかしそんなメモワールもこれで最後だとか。タイトルにつけられたピリオドがそれを表している。
 それにしてもクリスティーネの表情が豊か、というか少女のような表情からお婆さんのように老齢化した表情まで幅が広い。見ていて飽きないというか驚かされる。 
by atsushisaito | 2010-05-26 22:30 | 写真展 | Comments(0)

ラーメン博物館

c0016177_21211147.jpg

c0016177_21212870.jpg

c0016177_2121376.jpg

 新横浜のラーメン博物館。 横を通ったので寄ってみた。 2回目。時間もなかったので、ミニラーメンをさくさくっと食べた。 まずはらーめんの駅。 純連やすみれの原点の味なのだとか。僕はこの濃い味噌ラーメンはあまり得意じゃない。 寒い北海道で食べれば、その感想も違うとよく言われるのだが、どうなのだろう。高田馬場でしか食べたことないしなあ。 2軒目は中華そば坂本。 店の情報を知らないで食べたのだけど、これって本当に鳥しか使ってないのかあ、とびっくりした。岡山の方のお店みたいだが、ふと訪れた田舎でこんな中華そばが出てきたらとても嬉しい。 具の鶏肉の味付けはちょっと濃いかな。 年のせいか濃い味付けがだんだんきつくなってきている。 最後は支那そばや。別にここじゃなくてもよかったのだけど、前回来た時にも食べたので、懐かしくて。 塩のミニラーメン。600円というすでにミニでもなんでもない普通の一杯の値段、、、。 すでに最初の2杯でお腹いっぱいだったので、味もよくわからなかった。  
 食べすぎで苦しみながら車を運転して帰宅。 めったにこちらには来ないし、入場料も払うからつい欲張ってしまうんだよなあ。
by atsushisaito | 2010-05-26 21:42 | 飯@23区外 | Comments(0)

石塚元太良 氷河日記パタゴニア編

石塚元太良 氷河日記パタゴニア編@SLOPE GALLERY
c0016177_0211718.jpg

 千駄ヶ谷が最寄りのギャラリー。 僕は副都心線の北参道から徒歩で。どちらからも同じくらいの距離。 今話題のPhotoミシュランで星一つだったので、つまらないものかと思ってしまったのだが、いやいやそんなことはない。 確かに展示数は少ない。だけど、外のプロジェクターでのキャプションを読むとそれがどれほど大変な旅だったのかがわかる。 その過程を経て辿り着いた氷河。むしろ展示が作品というより、その旅が作品ではないかなあ、とそのキャプションを読みながら思った。 ただ、キャプションの反対側でスライドが映しだされていたのだが、昼間の光のためなにが写っているのかよくわからない状態だったのが残念。 日が落ちてからきちんと見たかった。 
 なので、これから観に行く人には夜の時間帯をお薦めします。27日にイベントもあるみたいだし。
by atsushisaito | 2010-05-26 00:34 | 写真展 | Comments(0)

映画館

アリス イン ワンダーランド@ミラノ1
c0016177_2371588.jpg

 初めて行ったのだが、新宿歌舞伎町にあるミラノ1、1000人入る大型の劇場で見ごたえあった。 残念ながら今話題の3Dではなく、2Dでの上映だったのだがパースペクティブが強調された映像で、2Dでも十分な立体感を楽しめたのだから3Dではさらに凄い驚きがあるのだろうなあ、と思った。 映画そのものは普通と言ってしまえば、それまでなのかなあ。特別な感動はなかった。 でも3D体験してみたいので、IMAXで上映してるところにもう一度観に行きたい。

グリーン・ゾーン @ユナイテッドとしまえん
c0016177_23134014.jpg

 ユナイテッドとしまえんの一番大きい8スクリーンでの上映。 初めての8スクリーンだけど、大きい!残念ながらレディースデイと重なってしまったので、少しながら混んでいたのだけど、それでもゆったり。 映画そのものは完成度の高いものだけど、主人公の設定にふに落ちないところがあって、いまいち納得できないところがあったので、素直には楽しめなかった。

エンター・ザ・ボイド@シネマスクエアとうきゅう
c0016177_23182220.jpg

 う~ん、最近見た映画の中ではかなり実験的というか、細切れに美術館で展示しても違和感のないくらい映像重視。 輪廻がテーマな映画で時間軸が交錯して、一見逆転しているように見えるけど、実はつながっている。 中絶のシーンとかかなり重いところもあるので、ちょっと注意が必要。 最後の方で不覚にも寝てしまった、、、。   光がパチパチするので目が疲れてしまう。
by atsushisaito | 2010-05-24 23:25 | 映画 | Comments(0)

あぶさん@神奈川県平塚市

c0016177_22591820.jpg

 平塚漁港のすぐ近くの食堂(夜は居酒屋になるっぽい)で、昼飯。 平日の昼間のピークを過ぎた時間のせいか、客は僕一人と空いていた。 小さいながらもカウンターとテーブルのフロアと屋根付きの屋外のスペース。週末はかなり賑わっていそうな雰囲気。
 注文は、いちばんお薦めみたいな定食。 生しらすを含む刺身にご飯とお吸い物。 魚のフライもついてきた。お値段は1200円ちょいと安旨とはいかないものの、値段相応の質を伴った食事だった。 魚のフライ、白身なのだけどなにかわからなかった、、、、、美味しかった。 こういうとき素直に聞けばいいのだけど、なんかそんな会話能力はないので、食べ終えてそのままお会計してもらった。
 出口の側につるしてあった魚も旨そう。 なんて魚かわからなかったが、、、、。
by atsushisaito | 2010-05-21 23:07 | 飯@23区外 | Comments(2)