<   2009年 06月 ( 41 )   > この月の画像一覧

北へ

c0016177_11533676.jpg

c0016177_11534448.jpg

c0016177_1153516.jpg

 宿も食べるところもなにも調べてないけど、とりあえず今から車で青森の下北半島へ行ってきます。  
by atsushisaito | 2009-06-30 11:55 | Comments(0)

チキンカレー

c0016177_20184648.jpg

 以前作ったチキンカレーのレシピをアレンジして作った。 アレンジといえば聞こえはいいが、ようは分量など適当に作った。 スパイスもあれやこれやらいろいろ足して。肉もよく行く八百屋の向いの、鳥肉屋で手羽元が100g40円だったのでそれを購入した。 いちおう、、、本当かどうかは知らないが大山鶏専門店なのでブラジル産ではないと思うだが、、、、。
 う~ん、、、、美味い。正直、お店で出してもなんらの問題はない(それほどカレーを意識的に食べてるわけじゃないんだけど)。もちろん、もっともっと改良の余地はあるのだが、家でてっとり早く作る分には、これ以上はなかなか難しいのでは。 反省点は、スパイスを目分量でばさばさ投入するのだが、ブラックペッパーも同じ調子で入れてしまい辛さが強くなってしまった。 カイエンペッパー、ブラックペッパーそして塩の分量は、繊細にならないといけない。
 お店したいなあ。 だけど、大量に作ったときに味を安定させるのは困難だろうなあ。そのあたりがプロとの違いか、と思う。 でもインドインドした感じのお店じゃなく、ちょっとしたカフェっぽい内装のカレー専門店でやればいけそう、、、、。中野ではいえば、カルマみたいな感じをもうちょいカレースタンド風に仕上げたような。 正直、原価率はかなり安く仕上げられる。 食後のコーヒーとセット(もちろん旨いコーヒー)で1000円くらいの客単価だと、なんとかなるんじゃないだろうか。 でも僕が生活する程度にはやっていけそうだけど、いま以上には稼げはしないだろうなあ。 毎日、玉ねぎ炒めるの大変だし。
 時間があるとこんなことばかり考えてるなあ。 
by atsushisaito | 2009-06-29 20:34 | Comments(2)

肉の万世@秋葉原

c0016177_11145310.jpg

c0016177_1115289.jpg

c0016177_11151098.jpg

 全部、万世が経営する飲食店が入っている万世ビル。 商魂たくましというか、、、。テイクアウトの万かつサンドは、宝くじと一緒に売られている。ちょっとカオス。 まあ、それほど旨いものでもないだろう、と近くの路地で食べたのだが、これが意外と美味かった。 しっとりしたパンはもとより、肉が柔らかい。味も男の子って感じの、ソース! ボリュームもなかなかあった。 本来なら、一緒に缶コーヒーを飲まなければいけないところなのだが、あまり好きじゃないのでパス。

 カメラを5Dから5Dmark2に替えてから、1枚あたりのデータが多くなってしまい、4Gのコンパクトフラッシュでも100枚くらいしか撮れなくなったので、サンディスクのextreme4の16Gを秋葉原で購入した。2万円。数年前から比べると驚くほど安くなっている、、、、。ついでにコンパクトデジカメのメモリーも購入。 これは初めに購入したF30の時から使っている512Mを2Gに。 撮ったデータは、だいたいすぐにPCに保存してから消すので、時代遅れともいうべきこの容量でも全く不満はなかった。 だけど交換してみて初めて気づいたのだが、転送スピードが高速化することにより、撮影後のカメラのレスポンスもよくなった。当たり前の話なんだけど、どこかでどうせコンパクトカメラなんだからという気持ちが働いていたのか、そこまで頭が回らなかった。
by atsushisaito | 2009-06-29 11:30 | 孤独のグルメ | Comments(0)

都そば@高砂駅構内

c0016177_0531058.jpg

 成田へ向かう中、遅い出発時間を利用して、変則的な行き方をしたので途中、駅で立ち食い蕎麦。 中途半端な時間のせいか全品20円引き。狭い店内、出来上がった蕎麦を受け取って自分のポジションへ。 まずは汁から拝見、、、、不味い。別に富士そばを持ちあげるつもりはないが、それでもそれなりのレベルには達していると思う。安価な値段で、そこそこ食べられるものを提供してくれている。 だけども、この店は出汁という概念が欠けているのか、それがすさまじく弱い。醤油と味醂、そして砂糖で作っているのでないのか、と疑うレベル。 最近、こういうのに当たったことがなかったので、面喰ってしまった。
by atsushisaito | 2009-06-29 01:00 | 飯@葛飾区 | Comments(0)

バンコクで食べたもの

c0016177_0191732.jpg

 ホテルの朝食で焼きそば。
c0016177_0192463.jpg

 屋台じゃないけど、似たような店で汁なしそば。別の容器に汁も入れてくれた。
c0016177_0193224.jpg

c0016177_0194790.jpg

 ホテルのルームサービスでヤムウンセンと鳥の焼き飯。 意外と美味かった。
c0016177_0195486.jpg

c0016177_0262269.jpg

 どっかのレストランで豚のサラダと蟹の揚げもの。殻ごと揚げているのだが柔らかくておいしい。こういうのもっと食べたかったなあ。
c0016177_020715.jpg
c0016177_0201673.jpg

 ZENというショッピングセンターのフードコートで。 通常、フードコートは入場時にクーポンを購入するのだが、ここではカードを渡され、退場時に払うシステム。 牡蠣の焼きものとカレー風味のそば。 

 今、見返しても少ない。 たしかにこれ以上にいろんな物を食べたのだが、もっともっと楽しめたはず。近いうちに長期でリベンジを果たしたいと思う。 あ、パクチーはなんとなく平気になったような、、、、。
by atsushisaito | 2009-06-29 00:33 | 飯@海外 | Comments(0)

バンコク

c0016177_2215506.jpg

 10日以上の休みがとれたので、せっかくだからどこかへ行こうと計画。 ネットでHISのページを見ると、海外旅行が安かったのでなにも考えることなく予約してしまった。安いのにはさすがに理由があって、出発時間は遅く、バンコクへの到着は深夜、帰りは早朝でその日はまる一日移動でつぶれることになる。なので4日間の旅行だが、実際街を徘徊できるのは2日間。 一応、形はツアーなのだがタイでの空港からホテルまで車で連れて行ってくれるだけで、あとは自由行動。 飛行機、ホテル含めて4万円程度でかなり安いが、もう少し滞在の時間が長ければなあ、と思った。
 ツアーという形で旅行するのは、たぶん学生の頃の修学旅行以来。行きは、HISのカウンターでチケットを受け取るだけで、ツアーらしさは微塵もなかったが、スワンナプーム国際空港でその片鱗があらわれた。 入国手続きを終えて到着ロビーへ。HISの看板を持った現地職員がいたので、声をかけた。滞在するホテルによって担当がいて、僕を含めた5人が車でホテルへ向かうこととなった。 車内で日本語が流暢な現地人がいろいろ説明してくれるのだが、そのハイテンションについていけない。サワディカップ!とその人が挨拶すると、僕を除いた4人はそれに答える。40分ほどの短い時間ではあったが、僕はできるだけ前の人の影に入り、コンダクターの死角に入るように努力した。 ホテルに到着したのは23時過ぎ。日本時間で1時過ぎ。かなり疲れてたのだが、近くのコンビニでビールを購入。 一本100円しない価格でとても安かった。 ホテルはどちらかというとあまり良くなかった。後で調べると日本円で3000円程度。ダブルの部屋なので広さはあるのだが、アメニティがないのにびっくりした。 歯ブラシ持ってきてよかった。とはいっても、物価そのものがかなり安いので、購入してもどうってことはないのだが。 その日は「地球の歩き方 バンコク編」を読みながら、明日はなにをしようか、と考えていた。 いつも後悔するのだが、なにも考えていない。
 二日目、朝起きてホテルの朝食。焼きそばが旨かった。 さて、、、、なにをするか、といっても別に行きたいたころはない。じゃあマッサージでもしてもらうか、ということで地下鉄とBTSを乗り継いで地球の歩き方に載っていた足つぼマッサージの店へ。 その前にAsokというBTSの駅周辺を散策。うーん、タイの学生服かわいい。白いシャツに黒のスカートで、なんてことはないのだけど。 心配していた暑さはさほどではなかった。とはいっても長時間歩くとしんどい。 馬鹿だなあ、と我ながら思ったのは、捨ててもいいや、という気持ちで購入したユニクロのサンダルを持っていったのだが、それが足に合わなくて甲の部分がすれて痛く、最終的には皮が向けて、特に左足が靴を履けない状態になってしまい、日本で片足を引きずる状態にまでなってしまった。
 適当に歩いていたら道に迷ってしまった。 何度か道を聞こうと思ったくらい迷ったのだが、なんとかBTSの駅に辿りつけた。 で、マッサージ。300バーツでだいたい1時間、900円しないくらい。安い、そして丁寧。残念ながら言葉はあまり通じないのだが、なんとかコミュニケーションはできた。 そこで飼ってる犬がいて、その犬がネズミを家の外に運ぶ。 食べるの?と聞くと、ただ運んでいるだけ、だとか。 あと、なにしたのだろう。ホテル最寄のファランフォーン駅に戻り、チャイナタウンへ。混沌とした街。物凄く面白かった。 ここもひたすら歩いた。 が、、、、、、今回の目的は特になかったのだが、食は一杯食べたいと思っていた。だけど、正直、言葉の壁に怖気づいて、果敢な突入が出来なかった。 街中で呆れるくらい売られていたドリアンすら口にしていない。 なので、この日はホテルのルームサービス、、、、。英語が通じることに安心を覚えた。 だけど、よくよく考えると、日本でも外国人に、いきなり英語で話しかけられても慌ててしまい、よく理解できないことの方が多いし、おっちゃんおばちゃんだとそれがなおさら。 だからタイでもそれはしょうがないかなあ、と思う。
 
 3日目。タクシーでワットポーという寺院へ。そこはタイ式マッサージの総本山。寺院内の総本山でマッサージを受けた。 チップに50バーツ。 どこでもそうだが、チップを渡すと、笑顔。 基本は20バーツ程度だそうなのだが、50円程度のチップにでもこちらに感謝の気持ちが伝わる。 貰うのが当たり前といったNYとはえらい違い。 こちらこそ、といった感じで申し訳なくなる。 基本は渡す必要はないみたいなのだが、ホテルでもルームサービスの食器を片付けるといった余計な作業をしてもらうことから、20バーツ置いておいたら、タオルで象さんを作っくれた。 で、話はもとにもどるが、ワットポーのすぐ横にパレスがあって、そこも観光地で観ようと思っていたら、トゥクトゥクの人たちの勧誘が激しくて、それを無視して歩いてたら、パレスの入りくちが反対だよ!という声を聞いた。 聞いたのだけど、こちらは勝手知ったふりしている手前、戻るわけにもいかない。 、、、、それだけの理由でパレスの見学は諦めて大きなショッピングセンターが集まるサイアム駅へタクシーで向かう。 タクシーを拾った道をすぐ右折して直進すれば目的地なのだが、なぜかそのまま直進。 タクシーの人は地図を見るのが苦手だ、というのは本当だった。 しばらくすると渋滞に巻き込まれた。 時間がないから、ということでそれまでの料金は請求されず、後方のタクシーへ乗り換え。 なんでも、タクシーは会社から2人が借り受け、時間の都合上そういうことがちょくちょくあるらしい。 そしてかなりの時間がかかってサイアム駅付近へ。 ここらあたりは本当に都会。 伊勢丹前の広場でコンサートがあった。時間前だったがかなりの人。東方神起という人らだとか。 名前は聞いたことある。 適当にフードコートでごはんを食べた。 
 で、ナーナー駅へ。 タイの夜でゴーゴーバーに行かない手はない、ということで行ってみた。 バーで踊っている女の子がいて、それを指名して、キャバクラみたいにお喋りして気に行ったらホテルへ、というシステムらしい。 そして有名なナナエンターテイメントプラザのある通りへ。 デブな白人と女の子のカップルがいたることころで散見される。 それを見てると不思議とテンションが下がっていく。 そしていざその場所に行くと、どうも中に行く気がしない。 怖気づいていることも半分あると思う。 正直、かんたんにフラッと入られるところでもない。他の人はどうかしらないが。 暑さのせいか、性欲もいまいち。 しばらく、周辺をふらふらして、再度、中へと試みたが、入ることはできなかった。 別にSEXをしなくても、中に入るだけなら無料で、お酒だけ飲んでればいい話で、それくらいのことができなかった自分が情けない。 で、この日も、コンビニで酒。
 最終日は、帰国のための一日。ホテルのロビーで御迎え。 なぜか帰りは僕ひとり。 コンダクターがひたすら喋る。外国の言葉を勉強して初めてわかるのだけど、日本語って難しいと思う。 それを喋られるコンダクター、凄いなあと思う。上手いというと、まだまだ下手だ、という。 いやあ、全然そんなことないと思うのだが。 しかし最後、地球の歩き方を見せてほしい、と言われ、それを見せると、くれませんか?と言われた。ま、別にいいけど、今度行く時にまた買わなきゃなあ、と思った。 最後にコープクンカップ!と握手してお別れ。 短い時間だったけど、また行きたい。
 帰りの飛行機で、前の席の外国人にシートをフルに倒されたのがむかついた。 でもそれはしょうがないんだよなあ。倒すの悪いって思って、ちょっとしか倒せない僕がチキン。  
by atsushisaito | 2009-06-28 23:57 | Comments(0)

バンコク

c0016177_16175673.jpg

c0016177_1618577.jpg

c0016177_16181116.jpg

c0016177_1618196.jpg

c0016177_16182867.jpg

c0016177_16183741.jpg

c0016177_16184429.jpg
c0016177_16185170.jpg

 タイのバンコクに行ってきた。 とても短い日程だった。 雨季なのにスコールには一度も出会わなかった。残念。
by atsushisaito | 2009-06-28 16:21 | Comments(2)

ビー玉@新井薬師

c0016177_21135238.jpg

 たぶん新井薬師周辺で一番入りづらい居酒屋ではないか、と思う。掘立小屋のようなお店。 ほんとうに久し振りに行ったのだが、マスターが高齢で、以前のロボットのような動きにさらに磨きがかかっていた、というのはおかしいか。 錆びてきたというのが適当だろう、もの凄く動きが遅くなっていた。 なにかを作ってもらう雰囲気ではなかったので、食べ物はお通しだけ。 物凄い色の明太子にトマト。 ひどく不味い明太子だが、だからといって文句はない。 それをちびちびと舐めながらビールをひたすら飲んだ。
by atsushisaito | 2009-06-27 21:24 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

タンドール@新井薬師

c0016177_21213691.jpg

 チキンカレー。 なんとなく経営が変わったのかなあ。 どこが?と問われてもわからないが、なんだが雰囲気が変わっているような。 でもご飯盛りすぎなところは一緒なので、気のせいなのかも。
by atsushisaito | 2009-06-23 21:25 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

IKEA@港北

c0016177_2031115.jpg

 プレーンなホットドッグが100円。 なにものせていない状態で渡され、あとは好きにトッピングしてくださいよ、って感じ。こういう時に貧乏性な性格が表れてしまい、いろいろとたくさんのせようとしてしまった。 案の定、食べ始めるとボロボロこぼれて汚い。 
 デキャンタとワイングラスを購入。安いワイングラスなのでいくつ割っても大丈夫だ!  後かたずけが大変なんだけど。
by atsushisaito | 2009-06-23 20:35 | 飯@23区外 | Comments(0)