<   2007年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

Berg@新宿


c0016177_6413969.jpg

 昼間っからBergでビール。ジャーマンセットにしようと思ったら、まだモーニングの時間帯で、できない、ということなのでマイスターミックスを注文。ハムやソーセージの評価が高い店だが、それほどうまいとは思わない。安い価格とつりあっているなあ、とは思う。 その後、ビールをお替りした後、ゆで卵。 原油高騰の波がここにも押し寄せていて、いままでパウチの塩が添えられていたのが、なくなってしまった。 
 そうこうしているうちに、ランチの時間になったので、最後はジャーマンセットにビールでしめた。
by atsushisaito | 2007-10-29 21:52 | 飯@新宿区 | Comments(0)

古奈屋@六本木

c0016177_15251929.jpg

 スープに牛乳が入ってる、ということに恐れをなしていままで入らなかった(僕は牛乳が飲めない)。一番安い(1050円)カレーうどんを注文。 けっこう辛いのだけど、飲み口はマイルドな汁。これはこれでけっこう旨い。麺は細い。熱い汁で辛いので、素早く食べられない。だから麺はどんどん柔らかくなる。 こうなってしまえば、麺はそばでも中華麺でもなんでもいい感じ。せっかくうどんなんだから、もっとしっかりとした腰で、この汁を堪能したかった。 
 基本のうどんの値段はともかく、トッピングの値段を抑えれば、割高感は少なくなると思うのだが。

by atsushisaito | 2007-10-27 15:36 | 飯@港区 | Comments(2)

六本木クロッシング2007

「六本木クロッシング2007:未来への脈動」展@森美術館
 
 よくわかってはいないのだけど、面白かった。春木麻衣子の作品をもっと見たい。個展やってくれないかなあ。 
by atsushisaito | 2007-10-27 15:23 | 写真展 | Comments(12)

海豚屋@新井薬師

c0016177_1446981.jpg

c0016177_14461752.jpg

c0016177_14462460.jpg

c0016177_14463144.jpg

 駅近くの海豚屋へ。 前も思ったのだけど、メニューが微妙に少ない。数だけ多くて、どれもたいしたことのない店よりはいいのだけど。
 ハートランドビールを注文して、まずは沖縄豚角煮。泡盛が入ってるのかなあ、ちょっと癖がある。普通に甘い感じのものを想像していたのだが。 続いて水晶体サラダ(たしかこんな名前)。レタス、水菜の上になんだか春雨っぽいものがのっている。そこに鰹節をぶっかけたもの。この春雨みたいなのが、ポリポリといい食感でおいしい。なんなんだろう。気になる。 トマトとチーズの煮飯は、リゾット。ジャンクな味だが、トロっとしておいしい。 串焼きは、白金豚カルビ、舌とろ、ハツ、トマトのベーコン巻き。サービスでこの店名物のブルーチーズのタレを出してくれた。確かに、モツとブルーチーズという意外な組み合わせは、おいしく違和感ない。だけど、ブルーチーズの個性が強すぎて、なにを食べてもチーズの風味が勝ってしまい、せっかくのモツがもったいないような気がする。そのまま素の状態でも、おいしい塩加減だからなおさら。
 店主の雰囲気が、なんだか尾中浩二氏みたく飄々とした感じでいい。
by atsushisaito | 2007-10-27 14:59 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

さくら水産@九段下

c0016177_14113218.jpg

 調子の悪いF30。シャッターを押し切ってから、ピントを合わせ始めて、適当なところでシャッターが落ちる。ピントの山がつかみやすいところでは、これでも十分大丈夫みたい。 このさくら水産のワンコインランチも、普通に撮れてた。
 修理して使い続けるのが、正しい選択かなあ。
by atsushisaito | 2007-10-27 14:19 | 飯@千代田区 | Comments(0)

北海道@飯田橋

 駅ビルの20Fでランチ。なんでも好きなものを食え、というので遠慮なく2900円のものを注文。最初に、カニの天ぷら、カニシューマイ、豚の角煮、そして蕎麦が登場。どれも旨くもなく不味くもなく。 それをたいらげると、寿司とお吸い物。よくできた回転寿司屋の方がよっぽどうまいのではないのか、という代物。 最後は甘味物として、なぜか器に入ったソフトクリーム。一口食べて残した。

 新しい食べ物カメラを購入しようと、マップカメラへ。GR deigitalを見せてもらったのだが、カメラのモニターではいまいちよくわからない。  他のカメラにせよ、結局、自分でPC上で処理してみないことにはなんともわからない。 今まで使っていた古いF30が現行のものより画像がいい、なんて言われると、もうどうしていいのか混乱してしまう。
by atsushisaito | 2007-10-25 23:12 | 飯@千代田区 | Comments(5)

バラト@中野

c0016177_1901982.jpg

 中野に新しくできたカレー屋。店名を忘れてしまった。たしかこんな名前だったかも(後で修正する)。開店記念でランチセットが割引。2種類のカレーが食べられるBセットにした。 カレーはほんれんそうとマッシュルーム、そしてチキン。ナンかライスか選べるので、ライスにした。 辛さは通常より一段辛いホットにしたのだが、全然辛くない。また、どうもスパイスの香りが弱くて物足りない。ガツンとくるものがない。 そしてご飯が柔らかすぎ。ナンの方が良かったかも。
 ご飯お替り自由だったので、半分くらいで、とお願いしたのだが、店員全て外国人で、まったく通じていなくて、お皿に普通に盛られてきて泣きそうになった。残してはいけない、という責任感のもと、食べきったわけなのだけど、腹が膨れて苦しかった。
 ランチのメニューをぼんやり見ていたら、Cセットが開店セールで400円引きの800円になってることに気づいた。AもBも100円引きなのに、この破格な割引は?と思いながらお会計するとメニューには割引価格750円のBセットが680円とレジに打たれた。どうやら、メニューの値段は誤植のようだ。Aの割引が100円、Bが170円、そしてCが400円。この期間中にCも食べてみようか。でもCはなぜかカレーが一種類しかないのが問題。
by atsushisaito | 2007-10-20 19:12 | 飯@中野 | Comments(2)

カッパ@中野

c0016177_23564058.jpg

c0016177_23564942.jpg

 久しぶりにカッパへ。もう初期メンバーは入れ替わってしまったのか、見知らぬバイトのチャイナ系の人が。この人が、なんだかちょっと宮崎あおいっぽい感じで、かわいくていい!
 店内、相変わらずさびれている。だけど、カウンターには飲兵衛が数匹。うまい具合に安いつまみに安い酒を飲める場所を見つけたのか、ろくにモツ焼きも注文せず談笑。 カッパは飲み屋である前にモツ焼きやだ。そもそも酔っ払いお断りの店だ。 誰もがモツを頼むタイミングを見計らってギスギスしてるのがカッパ。 あおいちゃんぽい女の子と、焼き台の兄さんの会話が切れるタイミングを待っている自分が侘しすぎる。
by atsushisaito | 2007-10-20 00:03 | 飯@中野 | Comments(4)

Clare Langan 「Metamorphosis」

Clare Langan 「Metamorphosis」@nichido contemporary art
 
c0016177_2217237.jpg

 けっこうギャラリー見ているつもりだけど、まだまだなあと実感した。 京橋からちょっと歩いたところにこんないいギャラリーがあったなんて。 作品はムービーのフィルムから起こしたものなのか、そのあたりはよくわからないが、画質そのものは荒いのだけど、独特の質感。その本来の映像も、ちゃんと見られる。一人でそのスペースを占領して、ゆったりと贅沢な時間を過ごさせていただいた。 作られた場所なのか、本当にその場所があるのかはわからないが、映し出された映像にひきこまれた。

PUNCTUMに歩いて向かう途中、先日の火事後が。
c0016177_22383728.jpg

 まだ熱と臭いを放っていた。

鈴鹿 芳康 「SAMSARA(サンサーラ)」@PUNCTUM Photo+Graphix Tokyo
c0016177_22312122.jpg

 総じていえば、写真展とうよりゴミ展。 会場には大きい写真3点(もう一点あるらしいがみあたらなかった)、に様々な海岸で撮影した際にひろってきたゴミのインスタレーション。写真そのものは、バイテンとはいえピンホールと露光時間の長さのせいか、美しいとは思えなかった。ゴミはやはりゴミで、ぱっと見おもしろいのだが、それ以上の興味は持てず。 グーグルマップを使って、撮影場所、ゴミ収集場所を順次表示する映像は面白かった。
 
 その後、パストレイズに向かったのだが、中途半端な覚え方のせいか場所がわからず彷徨う。結局見つからなかった。

横浪修 「なんのけない」@ラップネットシップ
c0016177_22543471.jpg

 そして原宿のラップネットシップへ。EMONでの写真展が大変よかったので、楽しみにしていたのだが、期待したほど面白くなかった。祖父が主人公で、その祖父がカツラをかぶっている。通常、カツラというと毛を多くみせるためのものだが、そのカツラは地肌だけのカツラで、その横からはみでる毛といい、加藤茶を連想させるもの。 病気かなにかで、そういうものが必要でかぶっているのかと思っていたら、どうもそうではないみたい。最初はそれなりの奇抜さで見られるのだけど、だんだんと醒めてきてしまった。  期待が大きかっただけに、がっかりしてしまった。正直、つまらない。


 
by atsushisaito | 2007-10-19 22:51 | 写真展 | Comments(0)

洋々亭@九段下

c0016177_21483967.jpg

 この日はひどい二日酔いで、3時過ぎまでなにも食べられなかった。ようやくなにか食べられような気分になるも、ご飯はしんどい。塩気の強いラーメンが食べたい。が、おいしいものを求めて歩く気力もないので、近くの洋々亭へ。 
 店について気がついたのだが、なんとこの店2時から6時までタイムサービスで、ラーメンなどが安くなる。これはラッキーと店に入ると、ヤニ臭い店内。客の誰かのタバコの煙が、ってわけではなく、壁などにしみついた臭いが、換気の悪いせいで充満してかなり鼻につく。ちょっとげんなりしながらも、ラーメン(350円)を注文。すぐにでてきたラーメンは予想通りの町の中華料理屋のもの。もう少し塩気が欲しいなあ、と思いながらもそれなりにおいしくいただいた。
by atsushisaito | 2007-10-19 22:03 | 飯@千代田区 | Comments(1)