<   2007年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧

Hotel Hollywood

c0016177_21285270.jpg

c0016177_2129361.jpg

c0016177_21304167.jpg

c0016177_2130243.jpg

c0016177_21305116.jpg

c0016177_2130592.jpg

c0016177_21311072.jpg

by atsushisaito | 2007-07-31 21:31 | Comments(2)

恵比寿麦酒記念館からマーティン・パー

c0016177_2045493.jpg

 写真美術館へ行く前に、左折して、麦酒記念館へ。平日の昼間だというのに、夏休みのせいか、外国人観光客で一杯。座るところを探すのがやっとの状態。エビスから始まって、エーデルピルス、黒エビス、そして最後にエールを飲んだ。ビールの原価を考えると儲けなんか全くない値段設定。クラッカーは食べないので、どんどんテーブルにたまっていくのがちょっと恥ずかしい。

 その後、写真美術館へ。
マーティン・パー写真展「FASHION MAGAZINE」@東京都写真美術館

 1000円の入場券を購入して会場へ。けっこう楽しみにしていた写真展だったので、わくわくしながらドアを開ける。初めに迎えてくれた作品はクチュールキスという、なんともつまらない写真。どうでもいいですよー、こんなの、と挨拶のキャプションを読んでみると誤植。気づいているだろう、職員。始まってしばらく時間が経っているのだし。 なんだかなあ、と奥へ。ちょっと面白かったり、そうでない写真が並ぶのだが、いまいち中途半端な展示構成。 点数が少ないのに、内容のないスライドが大きな場所をとっていて、酒が入っているせいかだんだんといらいらしてきた。 現実と虚構が入り混じっている(セットかそうじゃないか)なんてことより、写真が面白いかどうかが問題だろう。ポール・スミスとのアンケートは、少なくとも僕には全く興味のないもの。ほとんど人がいなかった会場の中で、一人会場をぐるぐる見まわし、つまんないなあ、とぶつぶつ呟いていた。もっと面白い写真家だと思っていたんだけどなあ。「FASHION MAGAZINE」という作品がつまんないだけかもしれない。
 なんだか我ながら支離滅裂な感想だけど、今年みた中で、一番がっかりした展示だった。まあ1000円という値段だからというのもあるんだけど。
 
 次の鈴木理策に期待。
by atsushisaito | 2007-07-31 20:27 | 写真展 | Comments(0)

大番@新井薬師

c0016177_0251680.jpg

 最近のカップラーメンは旨いので、それと同じくらいな感じのレベル。なぜか高円寺店では380円で食べられるのだが、新井薬師店では600円。さすがにそれを知ったうえでの600円は高いと感じてしまうし、隣の頑固一徹で600円払うほうが満足できる。

by atsushisaito | 2007-07-30 00:28 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

石松@中野

 石松の前に、ブリックに行ったのだが、カメラのマクロボタンを押し忘れて写真がぐだぐだになってしまった。外見はけっこう敷居が高い感じなのだが、そんなことはなくて、テーブル席に座ったのだけども、注文するたびに席まで来てくれるような丁寧な接客で、とても気持ちがよかった。 だが頼んだポテトサラダはちょっと塩気が強かった。

その後、石松へ。

c0016177_0103319.jpg

c0016177_012915.jpg

c0016177_021678.jpg

c0016177_022675.jpg

c0016177_0122064.jpg

 初めて石松でレバ刺しを食べられた。 ごりごりした歯ごたえで素晴らしい。やはりレバ刺しは豚が一番だと思う。その他の焼き物もおいしかった。惜しいのは、注文してから出てくるまでの時間。 注文を受けてから切り、串にさすのでそれはしかたないとは思うが、やはり待ち時間は少ないほうがいい。 一人で行くには、経験値が必要。今回は二人でキンミヤのボトルを空け、それでも4000円と安い値段。  レバのレア焼きおいしかったなあ。

by atsushisaito | 2007-07-30 00:20 | 飯@中野 | Comments(3)

味ノマチダヤ

c0016177_18534186.jpg

 選挙で、ドクター中松に投票した後に、味ノマチダヤへ。なにやらテレビの取材が入った後だった。 しばらく店内を物色した後、カップ酒を買って帰宅。
by atsushisaito | 2007-07-29 18:57 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

横浪修写真展 「innocent」

横浪修写真展 「innocent」@emon photo gallery
c0016177_21473530.jpg

 広尾の高級住宅街の中にある、いい雰囲気のギャラリー。そのギャラリーにぴったりのいい写真展。以前、コマフォトで見たことのある写真だった。プリントの値段を見て驚いた。3万程度で、額装されたプリントが買える。 安すぎ。プライスリストを見て、買いたいなあと思ってしまった。まだ写真を買ったことがないので、その場では即決できなかったが、いま悶々としている。
 とにかくいい写真展なので、まだ見てない人にはお薦めしたい。
by atsushisaito | 2007-07-27 22:00 | 写真展 | Comments(0)

七鐘屋@中野

c0016177_18233086.jpg

 中野に新しくできたラーメン屋。注文は広島風つけ麺大盛り。広島のつけめんは辛いものだとは知っていたが食べるのは初めて。 つけ汁も冷たいんだ。大量に唐辛子が浮いている。ちょっと味見してみると、なんだか冷やし中華の汁みたいなものに、唐辛子、ラー油で辛味を加えた感じ。
 麺はかなり細め。大盛りにしては少ない。器のせいで実際以上に少なく見える。さらに麺がほぐれにくく、なかなか一口分をとりきられない。まったくつけめん向きではない。食べるのが面倒で、汁を麺にぶっかけようかと思ったほど。実際、それが可能な器だし、最初からそういう風に出してもいいんじゃないのかなあ。
 別にまずいわけではないんだけど、面白みのかけらもない食事だった。
by atsushisaito | 2007-07-18 18:33 | 飯@中野 | Comments(0)

駅前食堂@新井薬師

c0016177_18142359.jpg

 駅前食堂でカレーチャーハン。 どんな味かなあ、と一口。普通にカレー味でおいしい。家でも簡単に作れそうだ。今度やってみよう。 チャーシューがごろっと転がっていていい感じ。半分ほどはノーマルで、残りは生卵をくずして食べた、 
 最近、胃が弱くなってきたのか、通常の量ではけっこうしんどくなってきてしまった。
by atsushisaito | 2007-07-18 18:18 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

源来酒家@神保町

c0016177_1864616.jpg

 その日はずっと焼きそばが食べたくてしょうがなかった。だがメニューを見ているともっとボリュームを、という欲求に負けてしまい、醤油ラーメンセットを注文してしまった。セットには半炒飯がついてくる。
 ラーメンはまあごく普通の中華料理屋のラーメン。煮玉子は八角みたいな香りがして、なかなかいい。炒飯はさすがにいろんな具が入っていておいしかった。ただこれで980円はやっぱりちょっと高い。なんだか全体的に高いんだよなあ、この店。

by atsushisaito | 2007-07-18 18:12 | 飯@千代田区 | Comments(0)

ラーメン田中@水道橋

c0016177_2050414.jpg

 こってりな気分だったので、水道橋方面へ歩いてラーメン田中へ。屋号に「家」こそついてないものの、紛れもない家系の店。
 普通にラーメンを注文しようとしたんだけど、つけめんが目に飛び込んできた。家系のつけめんでおいしい思いをしたことがないので、ちょっと迷ったが食べてみることに。その他、券売機で気になったキャベツ(50円)も一緒に。 なんでもランチタイムはライスが無料とのこと。ラーメンとライスの組み合わせってあまり好きではないのだが、惰性で半ライスをお願いしてしまった。
 中盛りにしたので、ボリュームは普通。キャベツがとても多い。キャべチャーみたいのを想像していたのだけど、ただのキャベツだった。麺はけっこう細めで柔らかな茹で具合。つけ汁は、家系のスープにタレを多めにいれたような感じで、そのまんま。まずいわけでもないが、うまくもない。普通にラーメンにすればよかった。 メンマはまずかった。ほうれん草は中国産の冷凍ほうれん草なので、口に入れるを迷ってしまったが、残すことに抵抗があったので、食べてしまった。
 そして大量のキャベツとライスが余ってしまったのだが、つけ汁の濃さのおかげで、キャベツを汁に浸して、それをおかずにするという戦法が使えたので、なんとか食べきることができた。

by atsushisaito | 2007-07-15 21:11 | 飯@千代田区 | Comments(0)