<   2007年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

四文屋@新井薬師

c0016177_2132338.jpg

c0016177_2134312.jpg

 ひさしぶりに四文屋。おすすめの黒板がなくなっていた。 まず生ビール、そしてレバ刺しにナンコツ刺し。今日のレバはいまいち。まずいというほどではないのだけど、歯ごたえがなさすぎ。レバ刺しの波がけっこう大きい店だな。最高にいい具合のレバ刺しがでてくることも、時にはあるのだが。 けっこうお気に入りのなのがナンコツ刺し。刺しと言っても湯引きしているので、生ではない。焼いたものとはまた違うコリコリ感。 空いたビールの次はキンミヤ。焼き物はテッポウ、ハツにアスパラ。他の客が、レバーの炙り、なんて注文をしていた。そうか、そんなものもあるのか。次回は是非。
四文屋
 
by atsushisaito | 2007-03-27 21:18 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

石川直樹写真展『POLAR』@コニカミノルタ

c0016177_21101640.jpg

 DMを見た瞬間から、絶対いい写真展なはずだと思った。以前、ニコンのJUNA21の枠での写真展を見た時から、気になっていた。 コニカミノルタの会場では予想通りの素晴らしい写真で、溜息が出てしまった。僕も先月、雪の世界にいた。場所が違うので全く比較できないが、彼が北極圏の世界で、こんな素晴らしい写真を撮っているのに、僕は吹雪のサロマ湖のほとりで、毛蟹をむさぼり、牡蠣を食べまくった。同じ年代なのに、この差はなんなんだろう。しみじみと自分が情けなくなってしまった。牡蠣は旨かったが。いや自分が情けないは確かだが、それ以上に石川直樹という人間が凄いのであろう。 近いうちに木村伊兵衛賞もあっさりととり、その先へ行ってしまうんだろうなあ。 あと、文章もいい。理路整然としているだけでなく、深さと愛情を感じる(褒めすぎか)。 今後が楽しみだ。
by atsushisaito | 2007-03-26 21:26 | 写真展 | Comments(0)

十里木@新井薬師

c0016177_20324442.jpg

c0016177_20325652.jpg

c0016177_2033567.jpg

 一見パッとしない外見だが、なかなかいいものが出てくる店。量が凄い。凄いといっても一品一品は普通の盛り。この日はかき揚げセット(名前は忘れた)を注文。僕の食べるスピードが遅かったせいか、高菜ご飯、蕎麦、かき揚げが一気に登場。ご飯には煮物や漬物の小鉢や味噌汁、蕎麦には薬味、やつけ汁などがついてくるので、自分のスペースが大変なことになってしまった。 何度か来たことがあるが、こんなに間髪置かずに提供されたのは初めて。普段は、ある程度食の進みを見計らって出してくれていたような気がする。 高菜ご飯はたっぷり一人前。食の細い人ならこれだけで十分お腹一杯になる量。蕎麦はかなり細い。細いが心地よい噛み応えがあり、おいしい。が、汁はいまいちだった。いい風に例えれば「やさしい味」という感じになるのかもしれないが、僕はもっとガツンとした汁の方が、この蕎麦には合っていると思う(僕の蕎麦経験値が低すぎるのでなんとも客観性のない意見ではあるが)。 かき揚げは、普通。揚げたてだから、それだけでおいしいのだが、特に印象に残らない。 全部で850円
 定食のほかに、かなり安い晩酌セットなどもあるので、今度は酒を飲みに行こうと思う。
十里木
by atsushisaito | 2007-03-26 20:48 | 飯@新井薬師 | Comments(6)

鞍山@新井薬師

c0016177_15522859.jpg

c0016177_15523770.jpg

c0016177_15524719.jpg

 いつもは昼飯で利用しているので、たまには夜の鞍山へ。春雨の酢の物、水餃子、麻婆豆腐にビール。春雨は意外にオイリーで、味も濃い。もっとさっぱりしたものを想像していたのだが。水餃子は、さすがに皮が厚くもっちりおいしかった。麻婆豆腐はハズレかな。まずくはないんだけど、単純に豆板醤の辛さだけが目立って面白くない。もう少し複雑な辛さと旨みがほしかった。
鞍山
by atsushisaito | 2007-03-25 15:57 | 飯@新井薬師 | Comments(4)

竜宮@新井薬師

c0016177_23464140.jpg

c0016177_23465376.jpg

c0016177_2347692.jpg

c0016177_2347189.jpg

 五香菜館のすぐ近くの中華料理屋。なにもない住宅街の中に隣接している二軒なのだけど、うまくすみ分けができているのだろうか。中に入って、無難そうなもやしそばを注文。おやじが「もやしはあんけけだけど、、、あの片栗粉で、、」と一声注意してくれたが、それはそれでで面白いので、大丈夫です、と返事。外観と同じようなまったりとした空間の中でテレビをぼんやり眺めていると、登場。考えていたよりは、かなりゆるゆるのスープで、もうこれは分量間違えているのでは?というぐらいあんかけの様相を呈していなかった。
 これといって特徴のないスープで、そこらのラーメンオタッキーに食べさせると、これでもかというぐらい悪評を書くような感じではあるけど、醤油が主張しないぼんやりとしたスープはこのまったりとした空間では、これはこれでおいしいような気がした。 つまみ類が安いので、夜は近所のジジババでもしかしたら賑わっているのかもしれない。

竜宮
by atsushisaito | 2007-03-24 23:59 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

たれ蔵@上野

c0016177_20405587.jpg

 予定外に上野にきてしまい、しばらくふらふらした先にあった店。チェーン店がよく作るような、本当かどうか疑わしいうたい文句を見て一度は通りすぎたのだが、ちらっと目に入った文字に反応してもう一度店の前へ。大盛りが無料、それだけなら別段どうってことないわけだが、盛りのグラム表示が最大900gだったことに驚いてしまった。並盛りが300g、大盛りが600gそして特盛りが900gと、これはなにか面白いものに出会えるのかもしれない、と店の中へ。やたらとメニューが多く、その時点で少し後悔。普通の、だろうと思えるしょうゆつけめんのチケットを購入。席について盛りを告げるのだが、どう考えても900gは無理なので、600gを注文。もし本当に600gの麺がきて、つけ汁がまずかったらどうしよう、とどきどきして待ったが、その心配は杞憂に終わった。
 登場した麺をみて愕然とした。どうみても300gすらない。せいぜい200gかもう少し多いくらい。大盛りです、と言って出してきたわけだから、間違いではないはず。えー、と思いながらカウンターのメニューを見直すと、麺の量は茹で上がり後の重さです、との表記。注意して見なかった自分も悪いのだけど、これはかなりずるいと思う。だいたい茹で上げる前、後の違いを考えた上で、このg表記を見る人は少ないはずだ。常人がちょっと考えると900gなど現実的ではないので、ほとんどの人は注文しないだろう。実際は特盛りにしても「べんてん」の並盛り程度ではないかと思う。盛りが売りになると思った上での戦略であるのだと思う。だが、なぜその売りをハリボテにしないといけないのかまったく理解できない。実際、ネットでの評判を見てみると、その量の少なさに肩透かしをくらった意見ばかりだ。人が流動的で一見さんの多い上野だから、閑古鳥が鳴くことはないだろうが、1年、2年後には違う店になっているだろう。
 つけ汁の味は、やすべえみたいな甘い感じに一味がかなりかかっていた。嫌いではない味だったが、もう一つインパクトが少なく感じられた。
 
 なんだかなあ、と歩いているとトンカツの文字が。上野がトンカツのメッカだということを思い出し、後悔しながら電車に乗った。
by atsushisaito | 2007-03-23 21:10 | 飯@上野 | Comments(0)

アカシア@新宿

c0016177_2148522.jpg

c0016177_21481688.jpg

 とにかくいろんなところで評判が悪い店で、怖いものみたさに恐る恐る行ってみた。中途半端な時間だったためか、空いていた。評判の悪い原因の一つは、他人との相席を強いられるということ。テーブル数が少なく、一つ一つがけっこう大きいので、ちょっと客が入ると相席になってしまう。この時も食べ終え際に相席することになった。しかし強引に端から詰め込んでいるわけではないので、悪い印象ではなかった。 注文は名物のロールキャベツ。これがまた不味いとの評判なんだけど、普通においしくいただいた。たしかに塩気が強すぎる感じもあるが、ご飯のおかず前提に作られているものなのでちょうどいいし、700円程度の値段を考えると、そう悪いものではないと思う。
アカシア

by atsushisaito | 2007-03-22 22:04 | 飯@新宿区 | Comments(0)

すしざんまい@築地

c0016177_13132060.jpg

 平日の昼間に初めて築地の場外へ。銀座からちょっと歩いたところ。予定外だけど、せっかく来たんだから、と名前を知ってる寿司屋に入った。ランチサービスで1500円。値段のわりにはまあいいかなあ、といった感じ。 今度来るときはもっと早くきて、場内の寿司屋さんや洋食屋にいってみたい。

by atsushisaito | 2007-03-21 13:18 | 飯@築地 | Comments(4)

イカとキャベツのスパゲティ

c0016177_20461724.jpg

 イカが冷蔵庫に転がっていたので、キャベツもいれてと適当に作った。イカは皮も向かず、なんとなくでワタもいれて焼いてみたらちょっとイメージと違う、どちらかというと焼きソバソースなんかが似合う香りとビジュアルになってしまった。茹でたキャベツを投入し、塩で味付けしてスパゲティと和えた。悪くはないが、皮を剥いたイカで作ればもっと爽やかなパスタになったのに、と少し反省。
by atsushisaito | 2007-03-19 21:02 | Comments(0)

ベジタブル・キッチン ゴーヴィンダズ@中野

c0016177_21194435.jpg

c0016177_21195623.jpg

c0016177_2120521.jpg

 普通のベジタリアンだけではく、さらに厳しいビーガンな人も大丈夫なハードコアなお店。二日酔いのおっさんにはちょっと敷居が高く、勇気を出して入店した後もしばらくそわそわして落ち着かなかった。カレーを食べたかったのだけど、日替わりメニューがいろいろついてお得だったので、それにした。
 登場したプレートはどれも手間がかかっている感じ。これに煮物の小鉢と春雨のスープ、食後にハーブティーがついて950円はかなり安いと思う。ただ正直、どれをおかずにしてご飯を食べればいいのだろう?という気持ちもなくはなかった。やはり、というかどれもかなりの薄味。その分、素材そのものの味はよくわかる(ような気がする、、)。
 びっくりするほどおいしい、という感じではないのだが、体にいいもの食べてるということをしみじみ実感しながらの食事で、量も多いわけではないのだけど、ゆっくり食べることにより十分満足できた。950円は普通のランチの感覚だと少し高め(中野価格と比べて)なのだが、料理にかけられている手間、素材を考えると安すぎるくらいだ。今日食べた以外のメニューもぜひ食べてみたい。
ゴーヴィンダズ
by atsushisaito | 2007-03-18 22:01 | 飯@中野 | Comments(0)