カテゴリ:飯@中野( 536 )

三好弥@中野〜尾仲浩二展

 三好弥@中野
c0016177_191986.jpg

 ランチセット。700円。鶏の唐揚げに、オムレツ。付け合わせ程度のものかと思っていたオムレツが意外にちゃんと作られていてトロトロでおいしかった。 唐揚げもなかなか。味噌汁がちょっとしょっぱめ。 店の外見がぼろっちいので、一瞬入るのを戸惑うのだけど、かしこまらなくていい手頃な洋食屋さんだった。 これからもたまに行くと思う。 それにしても三好弥っていう店名多いことに気付いた。 「大勝軒」みたいなものなのかな。

 それからギャラリー冬青へ。

尾仲浩二写真展 「フランスの犬」@ギャラリー冬青
c0016177_1913438.jpg

 ギャラリーの前にonakaと書かれたママチャリが停まっていた。平仮名で「おなか」だったかな。忘れた。 中に入ると本人がいた。けっこう近所なのか。 でも20キロくらい離れていてもチャリ漕いできそうなイメージがあるので、そう近くでもないかも。 冬青社の社長、作者と僕を勘定にいれると総勢7名もの人がギャラリーにいた。 今のところ最高記録。 
 写真はモノクロ。アグファの印画紙で独特のトーン。  特にめちゃくちゃ惹かれる写真ではないのだけど、かといってさらっと通り過ぎれない微妙な距離感。 なんでもない車のボンネットの写真で足が止まったり。 好きな写真ではないのだけど、確実に尾仲色みたいなのは感じられた。

 ところで新世紀展、優秀賞の作品より佳作の「豚」があちこちで好評だ。  前もなんで豚が優秀賞じゃないのか?と書いたけど、 ブックで異才を放つ豚が、優秀賞と同じく大きく展示されていたらインパクト強すぎて展示見に来た人、みんなが豚豚豚豚とうるさかったに違いない。 
by atsushisaito | 2005-12-03 19:22 | 飯@中野 | Comments(0)

第二力酒蔵@中野

 前から興味があったので行ってみた。 でも値段が高い。だいたい普段行く所の二倍。かといって特別美味いかと言うとそうでもない。貝の盛り合わせ(2000円)もちょこっとの盛り。あわびが一人で値段を上げているような。生牡蠣5個(850円)は安いが、そのとれた岩手の海岸でさんざん養殖所を目にしていて本場で食べなかった後悔がおしよせる。 マグロの中おち丼のご飯は3センチほどで食べ応えなし。 値段を考えると正直いまいち。
帰りに中野の路上に電波メッセージが。
c0016177_1582193.jpg
c0016177_1584074.jpg
c0016177_1585148.jpg
c0016177_159258.jpg
c0016177_203118.jpg

by atsushisaito | 2005-11-27 01:57 | 飯@中野 | Comments(0)

四国屋

 中野界隈でかなり有名な店。 本当は昨日の冷麺のリベンジでオジャンドンというところの冷麺を食べる予定だったが、閉まっていた。で近辺で有名な尚ちゃんというところに行くと、満席。並ぶのは嫌いなので、その近くで有名な四国屋へ。 情報不足で何を頼んでいいのかわからず、店の掲示でナンバーワンの肉刻みうどんを注文。 店内はけっこう空いていた。 周囲の人がみんな頼んでいたいなり寿司がけっこう美味そう。 で肝心のうどんなんだけど、四国?と疑問。うどんの歴史はわからないが、現在のいわゆる讃岐のうどんは、腰がありなおかつ麺を噛み切る際に、ここちよい歯ごたえを残してゆくものだと思っている。しかし、ここの麺は腰はあるものの、噛み切る際の歯ごたえがない。 なんといえばいいのか。 あっさり噛み切れてしまい抵抗感がない。 小麦粉の団子。  汁は今でこそ珍しくないが、澄みきった汁。 ただ
これでもかと出汁が凄いのだけど、それに舌がついていかないというか、化学調味料がきついのか?と思わせるようなビリビリ感。 肉のトッピングのないやつにすればよかった。 バラ肉の油がよけい。 次回はかけうどんとかそういうシンプルなやつにしよう。それか冷たいやつ。
c0016177_1301712.jpg

by atsushisaito | 2005-11-24 01:00 | 飯@中野 | Comments(0)

写真新世紀〜蜷川実花

 けっこう衝動的に帰ってきました。
 山間の道を100キロの移動など、面白かった反面、かなりの不満も。それは写真が撮れないということもあるのだけど、なによりも、周囲をゆっくり見れないということ。田舎の人は、凄い速いんですよ。平均80キロくらいでサーキットばりのワインディングロードをブイブイ行く訳ですが、僕は先の曲がりがどのくらいかもわからないし。それはそれで楽しいんだけど、それ以上に景色に気をとられて。
 あと、寂しさもありました。昼はいいけど、夜はテンション下がる。サル・パラダイスのような旅にはならなかったなあ。残念。
 食に関しても、やはり本当においしいとこを知ってるのは地元の人だと思う。そういう人のつながりがないところで旨い物を探すのは非常に難しい。
 次は、もう少し下調べをした上で、ディーン・モリアーティ並の無軌道さを発揮できるような旅にしたいと思う。

で帰ってきて写真展に行きました。

 写真新世紀@東京都写真美術館

 僕のグランプリ予想は西野壮平さんなんですが、いかがでしょうか?  順当に行けば梶岡禄仙さんとは思うけど、あんまり好きな作品ではないので西野氏に一票。全体的に今回は特にアクがなかったような気がする。 佳作の豚が、なんで佳作なのか不思議でした。三十路のやつとかよりは全然いい。あとエルグストン選のやつより。  あと、昨年度グランプリの個展もいまいち。  それなりのものは十分あるとは思うのだけど、もっと突き抜けて感動させて欲しかった。

横須賀攻光の写真魔術「光と鬼」
c0016177_0454248.gif


 めちゃめちゃかっこいい。んだけど場内暗くて目がしょぼしょぼ。「壁」なんて素敵だし、エロはエロだし。技術的なことは細かくわからないのだけど、凄いなあっと驚嘆。こういう目を持っている人が今のデジタルに触れたらどうなるのかな。ま、どうでもいいか。死んじゃったし。合掌。

 floating yesterday 蜷川実花写真展@Speak For

 入り口についたとたん、目に飛び込む花束。メーカーから芸能人まで様々。 で。写真はというといつもの蜷川テイストで、よくもなく悪くもなく。 でも広告などのフィールドで活躍しつつちゃんと作品を発表しているスタンスは凄くいいと思う。 でかいので一枚55万の作品を誰が買うのか、とは思うけど、やぱり買う人はいてそのへんはグルグル回っているのだなあ、と思った。

 原美樹子・田中哲郎写真展
 
c0016177_11882.jpg

 
c0016177_113275.jpg


 前回のPlaceMの展示よりはよかった。 いつも思う事だが、Epsiteは色がよくない。特に田中氏の写真においてはバラバラだ。撮った雰囲気のためにそのままだ、とかの理由もあるのかもしれないが展示を見るほうとしてはちょっとしんどかった。

 食の記録を少し。

 エチオピア@高田馬場
 
c0016177_151567.jpg

 ぷらぷらしてたら近所に。クローブががっつりきいていてよい。 ルーが少ないでも!美味いよ!

 エチオピア前停車の愛車。
 
c0016177_17533.jpg


 味七@中野
c0016177_19515.jpg


 渋谷などにある味源などと変わらない。こういうラードが表面を覆うタイプはあんまり好きではない。でもまあまあかな。
by atsushisaito | 2005-11-20 01:09 | 飯@中野 | Comments(0)

恐山

って5月から10月までしか入れないらしい。
下北半島はなくなった。大間のマグロもなし。
というか現地での消費はあんまないみたいだし。

最近食ったラーメン屋。

 青葉@中野
 
 新宿では2回ほど食べたが、本店は初めて。行列がなかったので入店。支店よりうまい感じがしたのは気のせいかな。 おいしいけど、今風ではないね。あっさり。今のはもっとゴテゴテしてるというか過剰。この味をパイオニアの時代に食べれて感動したかったな。この店がモチーフにしたという 映画「たんぽぽ」は子供心に変な衝撃を植え付けられています。 病人が作ったご飯とか。

 純連@高田馬場

 ラーメン博物館と合わせれば、3回味噌ラーメンを食べたことがあるのだけど、どれもしょっぱすぎてなにがなんやらわからない状態だった。 で、1年ぶりくらいに立ち寄った。 もう味噌はいいので醤油を注文。 出てきた醤油はまずくはないし、まあそこそこ味だった。そこそこのボディに軽くかえし。 どこにでもある中華料理屋とたいして変わりがない。ようするにこんなもんなんですよ。風評はどんどん尾ひれがつき、変にしょっぱかったりするのも、土地柄だとかのエクスキューズがつき、結局はしょうもなかったで終わるはずが、変な持ち上げで収集がつかなくなってしまっている。 はっきり言うが純連はたいしたラーメン屋ではない。
by atsushisaito | 2005-11-09 00:37 | 飯@中野 | Comments(2)

青森

に行きたい。行ったことないけど。多分来週行きます。一週間ほど。
悩むのは、車で行くか、電車で行くか。
現地で歩いて動くほうが楽しいと思うけど、都会の感覚で行くと
多分、失敗すると思う。終電早いだろうし、店もすぐ閉まるだろう。
コースは適当だけど、恐山経由の大間でマグロを食べて、折り返し、岩手で冷麺食べてリアス式海岸見て、帰ろうかと。調子に乗ってたら、そのまま北海道に渡り、サロマ湖まで行き牡蠣を堪能。めちゃめちゃ無計画なものにしようと考え中。期間は最長で2週間くらい。でもMINIじゃなあ。JEEPのラングラーとかの方が似合うかな。

  そういうわけで。  というわけでもないが中野駅に向かう途中にカレー屋へ。

 YAMI YAMI@中野
 
 バイトの女の子がいい感じ。かわいい。トマトとナスのカレー。ランチで。 しまったー。ココナッツミルク入ってるやん。エスニックの料理屋さん好きなんだけど、いつも入って後悔するのはこれ。これとパクチー。ああパクチーも入ってるよ。 苦手なんだけどけっして嫌いじゃない。おいしく感じられるようになりたい。複雑。  でもちゃんと完食しました。 

 で、EOS5Dが気になり、フジヤカメラへ冷やかし。のつもりが新品で購入する気だったペンタ67の105/2.4が中古であった。しかも2万3千円。思わず店員に「なんでこんな安いんですか?」って聞くと不思議そうな顔してたので、「あ、こんなもんなんですか」と納得。相場らしい。でも新品で買うと10万するのに。 評価はABなんだけどかなり綺麗。いいんですか?フジヤカメラさん。 僕はそういうカメラやレンズの相場なんかに疎いので、よくわからないんですけど、これはかなりいい買い物だったと思います。 ありがとう。5D、おたくで購入します。

 で、そのまま電車で高円寺で古着屋巡り。

 で、帰宅後、Miniで鷺宮のTsutayaへ。 「黒沢」と「20世紀少年」の新刊、青森の情報を購入。

 宮崎あおいの写真集を予約してしまった。 1万円と高額。でもなんかよさげな雰囲気。いや、こういう写真集は普通買わないですよ。というか初めてかな。楽しみ。
by atsushisaito | 2005-11-07 00:34 | 飯@中野 | Comments(0)