カテゴリ:飯@中野( 553 )

カッパ@中野

c0016177_14551514.jpg

c0016177_14553157.jpg

看板を見て、え?と思った。 もしかしかて荻窪のカッパ?店に入ってみると、メニューも一緒。ガラガラだったのがちょっと気になったが、カウンターに座って、レバサシタレ2本とビール小瓶。店のおっちゃんに聞くと、荻窪が本店だ、とのこと。その後、いろいろ話を聞かせてもらった(声が小さすぎてよく聞こえなかったけど)。 相変わらず、トロは美味。残念ながらおっぱいはなく、リンゲル、子袋、レバちょい焼き、ハツ、ネギなどをいただいた。 おしんこはなんか器に山盛りで、あまりうまくなかったのが残念。 レバサシのタレ塩も、当たり前のように出してくれるし、ほんと中野への出店うれしい。焼酎を3杯飲んで、全部で2700円くらい。

中野のもつ焼きのレベルがさらに高くなった! どの店も特色があるので、それほど競合しなさそうだし。相乗効果の方が高いかも。
by atsushisaito | 2006-09-03 15:09 | 飯@中野 | Comments(4)

キッチン コトブキ@中野

c0016177_1253130.jpg

c0016177_1254071.jpg

白身魚フライ定食(650円)。入ると、長机が2個が並べられているだけで、少々面食らった。キッチンという名前からは遥かに遠い内装。なんでも昔はことぶき食堂という名前で、比較的最近、リニューアルされ現在の名前になったらしい。リニューアルといってもテーブルクロスや皿などを若干ファンシーにした程度で、無理やりな感じが漂う。 そんなアンダーワールドが大好きなので、全く気にはならないのだが、店主のオヤジがテレビに夢中なのと、僕の魚フライを揚げているだろうそのタイミングに怪しげなどっかの編集のハゲが、明日の18時30分に取材させてくれなどと、無理なブッキングを組もうとしたりするので、魚フライが揚げすぎてしまっているのではないか、とはらはらしながら待っていた。 が。 無事に到着した。
 フライ以外にも目玉焼き、マカロニサラダそしてキャベツとなかなかの量で食べ応えがあった。ご飯の盛りも多すぎず少なすぎずでいい感じ。 フライもまあ無難。定食屋さんとしてなかなかいいと思う。値段もいい感じだ。ったのだが、お会計の時に請求が680円。??なんか勘違いしてたかな?と帰り際、外の看板を確認してみたのだけど、やはり表示は650円。大盛りにされていたのだろうか。 まあでも700円でも文句のない定食だとは思う。
by atsushisaito | 2006-08-05 12:28 | 飯@中野 | Comments(0)

遮那王@中野

c0016177_2341685.jpg

ホットペッパーのクーポンを使用したので全のせラーメンで700円。 いつも人があまりいない店だけど、夜の8時に入店してから帰るまで客が僕だけ、というのはやばくないのかな。まあ夜更けてから賑やかになる場所なので、まだ早い時間なのかもしれない。 待つこと数分、その間、スープを子鍋で温めたり、チャーシューを炙ったりで手間隙かかっている感じ。 そして具だくさんのラーメン登場。  見た目、けっこうこってりした感じ。なんでも魚、豚骨そして鳥のトリプルスープらしいが、見た感じ、濃厚なとんこつラーメン。なかなかよさげではないか、と一口。 とんこつよりも魚(たぶん鰹)の香り、旨みが口に広がる。それもかなり強烈。とんこつもかなり濃厚なのだろうけど、なんか負けてる。もしくはバランスが悪いのかもしれない。旨みが相乗するどころか反発している。なんだかなあ。素人考えだけど、もっとうまくなる可能性あるのでは?と思う。 いや~しかし、メンマ。うまかった。 メンマ大好き人間なのだけど、ここのメンマはかなりうまい。歯ごたえはもちろんのこと、味つけが変に濃かったりせず、爽やかな感じでいい。 これは単品で立派なおつまみになりえる品だと思う。 なぜかキムチが入っていたのだけど、これはやめたほうがいいと思う。なんのプラスにもならないし、なんかとりあえず具一品増やしましたって感じで、冷めてしまう。 半年後くらいにまた行ってみたい。
by atsushisaito | 2006-07-25 00:00 | 飯@中野 | Comments(0)

長浜食堂@中野

高円寺に食べに行きたかったのだけど、突然の大雨で中止。
嵐みたいだった。 ので近場のラーメン屋へ。

長浜食堂@中野
c0016177_20375736.jpg

普通のこってりタイプを注文(590円)。 確かにこってりなとんこつラーメン。臭いは若干抑え気味かも。 出身の御天に比べると。  最初ちょっと薄いかな、と思ったけど、食べ進めていくうちに、ちょうどいい具合に感じるようになった。もちろん替え玉(130円)追加。そしてゴマ、紅しょうがに辛い高菜をたくさん入れて、ジャンクにいただく。 おいしかった。

サントクによると、セールでディチェコのパスタが2袋350円、と安売りしてたので、スパゲティーニとフェディリーニを2袋ずつ購入。1キロ350円はけっこう安いと思う。 横にバリラの1Kg入りが420円くらいだったし。 セコイ話ではあるが。

c0016177_20465020.jpg

by atsushisaito | 2006-05-20 20:47 | 飯@中野 | Comments(0)

台湾美食@中野

c0016177_1665181.jpg

魯肉飯大盛り(600円)。 中野五差路にある台湾料理屋。 一見テイクアウト専門に見えるが、中で食べることができる。厨房がやたら広くちょこっとカウンターがあるだけの変なレイアウト。 八角がきいた豚肉の煮込みをご飯の上にかけただけのシンプルなご飯。 味付けも濃すぎず、いい感じ。 値段も安いので、ちょくちょく行って他のメニューも食べてみたい。

by atsushisaito | 2006-05-10 16:16 | 飯@中野 | Comments(0)

タブチ@中野

c0016177_8523118.jpg

アジフライ定食ご飯大盛り(550円)。 以前カレーを食べた時に出てきたアジフライがおいしくて、注文。冷凍物なんだろうけど、やはり揚げたてのフライはサクッとしてうまい。ご飯の量が多くて、アジとのバランスが取れず、少々余ってしまった。 キャベツの量も多くていい感じ。 2つ隣向こうに座ったハゲが何度も立ち上がって、背中側にある鏡で身だしなみをチェックしてるのがうざかった。その鏡の下にある荷物置き用(?)の椅子に三脚と鞄(pentax67とEos5D入り)を置いてあったので、最初の数回は、いつハゲが鞄を持って走り去っても大丈夫なように身構えていたが、ただの変な人とわかってからは、安心して食べられた。 
by atsushisaito | 2006-05-06 09:03 | 飯@中野 | Comments(0)

梅林餃子@中野

c0016177_1585986.jpg

餃子定食ご飯大盛り(600円)。 新青梅街道沿いにあるこじんまりとした店。まず店に入って驚いた。店の人間が暗い。言ったのが聞こえなかっただけかもしれないが、いらっしゃいも言われず、もしやすでにランチタイムが終了していて、間違えて入ってしまったのかと思ってしまった。なんか相手してくれないので、適当に座り注文するタイミングを待つ。そうするとカウンターに座っていて、てっきり客だと思ってた女が水を持ってきた。 まあ別に特別な愛想など期待してないので、いいのだけど。 餃子定食登場。店名が餃子なんだからよっぽど自信があるのだろう、と期待して食す。??皮と餡が分離している。うまく説明できないが、皮のなかで餡がころころしている感じ。別に餡がとりわけ小さいわけではないのだが、余分のスペースが多いため小さくみえる。なによりも一体感がない。 特別うまくもない。まあ文句をいう値段でもないのかもしれないが。 餃子より他のメニューにすこし惹かれたが、金を渡して店を出て行く時に、支払いを受けたおばさんのみが「ありがとう」といい、ホールの娘、厨房のおっさんが、無言でいるような店には行く気はしない。客が2人しかいない狭い店の中での話だ。 普通、おっさんが無愛想なのをホールの人間がカバーするのはよくある光景だけど、おっさんと一緒にここまで陰気なホールも珍しい。 なんとも妙な気分で心が満たされなかった。

写大ギャラリー・コレクション展「ヨーロッパの写真家 Ⅰ」@写大ギャラリー
c0016177_15282049.jpg

ついでにそのまま工芸大学内の写大ギャラリーへ。 ここであんまり学生は見ないなあ。閑散としていていいのだが。 いろんな写真が見れて面白かった。特にドアノー。有名なキスの写真に見惚れてしまう。これだけのものは印刷では味わえない。逆にエルスケンはいつも思うのだけど、オリジナルで見るのと印刷で見るのとは印象が変わらない。写美で見た時と同じ感想。あと一人名前を思いだせない、、。ハイキーな写真で神父達が踊ってるやつ。よかった。
by atsushisaito | 2006-04-23 15:40 | 飯@中野 | Comments(0)

本城直季写真展「small planet」@(g)

朝、新聞をぱらぱらめくっていると、見開きでドンッと写真を使ったゲームの広告が目に飛び込んだ。思いがけない衝撃でしばらく固まった。新聞の広告にびっくりしたのは宮沢りえの「santa fe」とホリエモンの「ライブオート」くらいだ。それくらい惹かれた。 そういえばこの写真家 本城 直季 の写真展が代官山でやってるのを思い出して、行ってみた。

本城直季写真展「small planet」@(g)
c0016177_11443612.jpg

恵比寿からセブンイレブンを目印に適当に歩くと、着いた。 いくつかの写真は以前、新世紀で見た記憶があった。 何点くらいだろう。全部で20点くらいなのかな。どれも面白くていい。 かなりお勧めな展示。 
参考メモ:Miklos Gaal

あー。。speak forまで足を伸ばしていたら。ホンマタカシの展示が見れていたのに。 20日まで展示をやっているのを知ったのは帰宅した後。speak forといいここ(g)もかっこいいギャラリー。普段はspeak forにも寄るのだけど、時間があまりなかったので、すぐに写真美術館に向かってしまった。

代官山からガーデンプレイスまでかなりの距離。道々うまい店でもあれば入ってやろう、とあちらこちらより道するので、さらに歩く。結局食指が動かないまま到着。喉が渇いたので、写美に直接いかずにそのままサッポロビール記念館へ。 
c0016177_124466.jpg

まずは4種類の飲み比べ(400円)。エビス、黒エビス、ヒューガルデンみたいなオレンジビール、にエールみたいな上面発酵のやつ。100円払ってスモークチーズを追加。
c0016177_126980.jpg

エビス(200円)。
c0016177_1264668.jpg

エーデルピルス(250円)。普段Bergで飲むものより、やや苦味が強い気がする。
ここは本当に穴場。周囲は観光客の外国人くらい。ただ週末はやはり混むのだろう。ワインもあるが飲んだことはない。 しかし、昼間から飲む酒は好きじゃない。酔いつぶれられないから。僕みたいなアルコホリックな人間は、酔いつぶれるということに向かって酒を飲む習性があるので、途中で酒を切り上げてなにかをする、というのはなんとも物足りなく中途半端な気がするから。 かといってここで潰れてしまう訳にもいかず写美へ。

「私のいる場所 新進作家展 vol.4 」 @東京都写真美術館
c0016177_12172571.gif

入館前におっさんに話しかけられた。チケットあげます、と。残念ながらすでに持っていた。いつも思うのだけど、写美は少し入場料高い気がする。図書館もいちいち見たいの申請するの面倒だし。なにげなく手にして発見する面白さがない。 
 展示はけっこう面白かった。しかしB1の展示は必要なのか?おもしろかったけど、そんなスペースがあるならもっといろんな作家を紹介して欲しい。 ロモの写真は階段のところで十分でしょ。

で、中野着。
なんか食べたいと、ふらふらするが中途半端な時間で、目ぼしいところはやっておらず。入ったことないから入ってみるかと
和@中野
c0016177_1235560.jpg

A定食。中華丼にラーメンがついてきた。なんてことはない。外見と同様普通の中華料理屋。まずくもなくうまくもなく。ややまずいか。
by atsushisaito | 2006-04-21 12:33 | 飯@中野 | Comments(2)

オリエントスパゲティ@中野

c0016177_9191047.jpg

 mixiのオリエントスパゲティコミュのイベントで貰ったスパゲティ一皿無料券で食べた。たらこクリームスパゲティ(1000円)。 制約があって普通盛りしかできなかった。もしかしたらお金を追加すればダブルとかにできたのかもしれない。 そのため、おいしいのだけど、ものの数分で食べてしまい物足りなさが残ってしまった。 もし無料券を持っていなかったら、これで1000円払うのかと考えると高い。 自炊をしてると外食の高さが気になってしょうがない。特にスパゲティ。 定食なんかも1000円近くすると、これ原価200円くらいかあ、などと思ってしまい楽しめない。 おいしければそんな考えは全くおきないのだけど。
 補足すると、オリエントスパゲティ、ランチは大盛り無料でサラダ付なのでおなかいっぱいになり、大変満足しています。
 デジカメ用のHDを購入しようとしてるのだけど、全くどれがいいのかわからない。しかし160G買ってもすぐに一杯になりそう。
by atsushisaito | 2006-04-09 09:38 | 飯@中野 | Comments(2)

福粋@中野 

c0016177_13304527.jpg

昨年、中野通りの新井の交差点近くにオープン。 僕が頻繁に見ているnakanohito.comではなかなか評判なのだが、2.chではかなりの悪評。悪評というかそれ以前のお話みたいな感じになっている。 店構えがどうしても食指が動く感じではないので、入ったことはなかった。 客も全然いないし。そんな閑古鳥がなく状況から打破すべく策として、毎月29日を福粋の日とし、普段650円のラーメンがなんと290円になる日を制定。 まんまとその策にはまり行ってきました。
 鳥白湯スープがメイン。鳥白湯は鳥を豚骨ラーメンのような感じでこってり炊きだした感じ。よく知らないけど。 その他醤油ラーメンも豚骨スープもメニューにはあった。 290円のラーメンはもちろん鳥白湯。 なんとなくいい感じの臭みがでている。スープの粘度が高い、という評判であったが、さほどそれは感じられなかった。麺をすする。!!!食べたことある! この麺は食べたことある。サッポロ一番だ。別に伸びているわけでもないのに、この柔さ。 そして麺の主張もなにもない淡白な感じ。 かなり安い麺を使っているのだろう。 大盛り50円も頷ける。 昔、といってもさほど昔ではないが僕の大好きだった番組「マネーの虎」で、500円で食べられる、その名も「ワンコイン屋台」というのが、見事虎から資金をゲットし、開業するまでの過程をテレビでやっていた。虎達がその事業に投資した理由の一つは、希望者が、コスト、在庫を考えラーメンに使う麺に乾麺を使用すること。ワンコインだから味は少々2の次だということだろう。しかし開業過程中、希望者は乾麺より安い生麺を発見! 簡単に当初の計画を変更してしまった。  引用が長くなってしまったが、そんなレベルの麺ではないだろうか、と勝手に推測してみる。
近くに有名な製麺所である大成食品があるのだから、そこで作ってもらえばいいのに。でも、もっと下品な味にして、長浜系の細くて硬い麺のほうが旨いかも。  2chで言われてるほど、まずいものではなかった。
しかし、そこそこ旨いラーメンでも一月に一度食べるくらいだろう。毎月一度290円になるのをわかっていて650円で食べる人ってどれだけいるかと。 仮に松屋が月に一度290円のカレーを100円にしたところで、290円でカレーを食べる人はさほど減らないだろう。むしろ松屋のカレーの旨さを幅広く知らしめることになり、売れ行きは伸びるかもしれない。 しかし福粋。290円にしてみたところで、あまりいい評判も流れず、普段の閑古鳥は相変わらず。絶対、やめた方がいいと思う。トッピング無料とかをじゃんじゃんやる方向で、基本的に払う金額は下げないほうがいい。ただでさえ少し高い650円という設定がさらに割高に感じられる。 食べてる途中、社長と呼ばれるおっさんが電話で話しているとこを聞いてると、どうよら会社で経営しているみたいなので、すぐには潰れないだろうが。 

elbowかっこいいな。Massive Attackのカバーもやっちゃったりで。

喉の痛み改善せず。 昨日、春だから俺もなにかスキルアップするか、とスーパーで99円の鯵を丸で2尾購入。初めて魚を下ろした。 頭と内臓とって皮を剥ぐと、あんまり食べるとこないのね。それなりの味ではあったが、あまり納得はしていない。一匹500円くらいの鯵を買って再チャレンジしたいと思う。 と、いうわけで抗生物質は引き続き、昨日できた手の傷用に変更してのみ続ける。

還付金!
by atsushisaito | 2006-04-07 14:11 | 飯@中野 | Comments(0)